助けて下さい

バレー部投稿掲示板より。


1    はるぴよ  [id : Md/WbBc1] [2016-03-27(日) 20:22:35] 削除依頼

助けて下さい。
私は小学6年生でバレーをやってます。セッターです。
私、この前インフルで休んだんですよ。
それで復帰したら、セッターの席がありませんでした。
下手になったのは確かです。でも、2年間必死に
セッターを練習してきたのに、どう思いますか?
そのセッターの子、すごくいい子で、その子の
立場を無くしたくないです。
監督もコーチも、相手にしてくれません。

私はどうすればいいでしょうか。
長文失礼しました。

2 らん  [id : fxc2UAB/] [2016-04-13(水) 21:59:59] 削除依頼

小学校6年生だから私の言うことは厳しいかもだけど、よく聞いてね!私も2年間セッターやってきてずっとレギュラーでは言ってたの。だけど先生が途中で変わってねその先生は私のこと気に入らなかったみたいで、2年間頑張ってきた努力は水の泡。レギュラーもユニフォームも自信も年下の子に奪われた。中学校になったらねそういうことたくさんあるの。だからこれからも常にそれを覚悟してスポーツに挑んで欲しいかな。あいてにしてくれなかったら、タックルしてでもこっち向かせる勢いで頑張れ!人1倍練習するとかね!

3 はるぴよ  [id : IMTcvdZ1] [2016-06-06(月) 18:32:41] 削除依頼

ご回答ありがとうございました。
いろいろ考えた結果、バレーを辞めさせていただく事になりました。
いつも支えてくれたエースの子が事故にあって、もう二度とバレーが出来ない状況に陥りました。
あの子がいないと、私がバレーをする意味はないんです。
ご回答いただいた以上、伝えておくべきかと思い、再度投稿させていただきました。

4 はるみ  [id : D86a.kl.] [2016-06-07(火) 17:50:55] 削除依頼

辞めないで頑張った方が良いですよ。
体操着着て、先輩の厳しい練習に耐えることが重要です。

5 123  [id : c.F6ym51] [2016-06-12(日) 20:19:00] 削除依頼

そうですよね。自分中学生ですが辞めるなんて言えば止める奴はいないし、
むしろ仲間からそんな覚悟か、という目で見られると
思います。頑張ってる姿をそのエース君に見せる事が出来ること
なのではないでしょうか。
厳しい言葉にはなりますがエースの立場になって考えれば
きっと怪我をした責任感や、自分が辞めさせた。
という事まで考えてしまうと思います。
今は必死こいて頑張るべきだと思います。
同じバレーという競技をやっているのでとても気持ち
よく分かります。頑張ってください?

6 はるぴよ  [id : wLhQWMN0] [2016-06-22(水) 17:50:11] 削除依頼

最近顔を出せず、すいませんでした。
皆さんの言葉を聞いて、もう一度頑張りたくなりました。
しかし、実は私も膝を壊してしまいました。もうずっと
飛ぶ、跳ねるなどの激しい運動は出来ないだろうと医者から
言われました。
無理してやったら、一生車イス生活だそうです。
エースの子にも相談しました。すると、自分を犠牲にしてまで
バレーしなくてもいいよ、と言われました。
なので、エースの子と少年団のマネジャーを一年間して、
中学ではバレーから離れます。
コメントして下さった皆さん、ありがとうございました。
私達の分まで、バレーを楽しんで下さい。

7 はるぴよ  [id : onZ3HuJ.] [2016-11-04(金) 18:44:58] 削除依頼

なんで、私達だけなんですかね
お久しぶりですね、皆さん。
この前、最近顔を出してなかった少年団の方に顔を出しました。
そしたら、うちの監督なんて言ったと思います?
最近来てなかったな、ただでさえ役立たずなんだから、練習にはこいよ。
笑いながら、そう言いました。
ふざけるなと思いました。でも、何も言えませんでした。
今でも怒りが込み上げてきます。
お願いです、助けて下さい。

8 ちーか  [id : vbgp27N.] [2016-11-08(火) 17:09:37] 削除依頼

ムカつきますね、その監督。
でもあんま気にしない方がいいですよ。
一生懸命練習してれば、絶対うまくなると思いますし
「あんなひどい事言ったのに根性あるな」と監督も見なおして
くれると思います。
自分に自信をもってこれからもがんばってください!

名前:

(書き込む前に利用規約の確認を) 掲示板ガイドと利用規約 (投稿前にお読みください)
助けて下さい - 最新50レスだけ見る。
このスレッドの投稿を全表示 - ここの書き込みをぜんぶ一気読み。
バレー部投稿掲示板に戻る