• TOP
  • 短歌
  • 部活の短歌!  *野球only*
部活の短歌!  *野球only*69コメント

1 あーす id:vmvH9ME0

2013-08-18(日) 16:29:47 [削除依頼]
野球に関する内容の短歌お願いします!

 *甲子園
 *野球部
 *練習
 *応援
  • 50 匿名 id:IHF1AP3.

    2016-05-10(火) 09:41:32 [削除依頼]
    青雲の 競う速さぞ ほとばしり
    一瞬早く ふれるベースよ

    後輩が同点に追いつかれた後に絶妙のセーフティーバントを決め塁審のコールの後
    感極まって塁上で雄叫びをあげたシーンを見た時、、、。
    いい歳をしたオッサンが思わず泣いてしまいました。
    自分は六大学に進みましたが高校生の時みたいにレギュラーになる事は程遠かったんです、
    その親友さんの息子さんの様に立派な精神力は持ってないです。
  • 51 匿名 id:SKA0gj./

    2016-05-11(水) 09:48:48 [削除依頼]
    大学時代の後輩(元プロ)の高校(史上最強の名門校)の後輩、やくざで言う「まわり兄弟」から依頼されて、、、。
    まわり兄弟の小3の息子(ややこしいなw)特別に二年ほど個人レッスンをしていますが、
    この子供は途中で野球やめなかったら間違いなく怪物スラッガーになります、
    既に高校野球の一般的な部員が持ってないものを体得した様です。恐ろしい程の打球を打ちますし。
    勿論、体格体力は普通の小学生ですが、ほぼ確実に投球に対応出来るツボを何カ所か作れました。
    この子がツボを増やし精度を上げて甲子園、神宮で暴れるのを観るまでは死なない様にしようと思ってます。

    ふりかえる ふりさけみれば 系譜かな
    この怪物の 振りの鋭さ

    長らく、中学生チーム、社会人チームを指導して来て感じたのは
    野球は上手いけど、もひとつ根性が無い子供に根性をつけるのは相当難しいけど(自分が見つけた方法はひとつ)
    技術は下手くそでも根性がある子供に野球を教えるのは簡単や、という事です。

    怪物の怪物たる由縁は元々の根性で、今のところそれを活かせて来た、精度を上げるのに成功中という事です。
    今まで、甲子園や神宮、プロで活躍した教え子は何人かいましたが久しぶりの大器出現で彼ら以上を目指して欲しいです。

    飛ばすだけ 強肩俊足 それだけじゃ
    一山いくらの いくらでも居る

    件の大学時代の後輩は立派に野球を全うしプロで首位打者を獲得しましたが、、、。
    まあ、それでも毎年一人(セパでは二人か)は必ず首位打者はいますし。

    やはり怪物の称号を得る人はただ者では無いんですよね。
  • 52 萱島 id:hY/XQMJ.

    2016-05-11(水) 19:20:12 [削除依頼]
    大半が 初の二回で 消えてゆく
    哀しき涙 どこか青春

    ホームラン テレビが叫ぶ また一つ
    誰かの夢が 壊れる音よ


    匿名さまの野球教育の考え方は味わい深いですね。一方高校野球は
    多くの敗北者を生み出す勝ち残りレースですので、、それはそれで
    清らかな美しさがあるとも思います。

    高校野球は面白いけどプロ野球はあまり面白くないという友がけっ
    こうたくさんいますが、自分の思うにプロ野球は勝利者だけでつく
    られたゲームですので、どこかまぶしすぎる世界があるからではない
    でしょうか?

    世の中は負け犬のほうが多くて多くの負け犬によってつくられた世界
    ですので、敗れた球児たちにも涙の声援があるのかもしれません。
    (かくいう自分も負け犬のひとりですから)

    負けたなら もう来年は こないから
    失恋さながら それも青春
  • 53 匿名 id:/FMNDmT1

    2016-05-12(木) 11:18:56 [削除依頼]
    自分の周りにはドラフトされた人間多いです。
    大学在学中に先輩同輩後輩を合わせるとちょっと数えただけで10人以上いますわ。
    ドラフト1位は直ぐに出て来るだけで5人、いや6人か、自分とは人間の素養が違いました。
    残念ながら当時知り合いで福岡出身ではプロに行ったやつは居てませんが、、、。
    大阪で少年野球の時から知ってるやつは何人かダイエー(現SoftBank)に行きました。
    同じ少年野球チームやった後輩はピッチャーやってましたが、高校は九州でしたね。

    夢叶え 一握りのもの 羽ばたいて
    白球握り 人に夢うる

    でも、プロへは行けなかった友達の中にも、野球選手として人間として素晴らしい人はたくさんいます。
    負け犬とは本当に自分含め数人です。でも、高校野球を金儲けにしてるカスも居てますけど(笑)。

    思えば、野球をやって精神力を養うという事はたしかに有るでしょうが、
    それより、元々の家庭、両親の背中を見せて貰えて躾られ学んだ素養というものが大きいと思われます。
    大学の同期に某スポーツ新聞でデスクをしていたやつがいますが、
    そのお父さんが一介の社員から傍系というか本家の本社で専務へ、そして同グループのテレビ局で社長になられました。
    小さな社宅で育ったそうですが今はお父さんが残された都内の大豪邸に住んでいます。

    親が困窮する、それを克服する、成功を収める、、、こんなプロセスを目の当たりにして来た人はやっぱり強いです。
  • 54 萱島 id:pl7ky.g0

    2016-05-13(金) 07:21:50 [削除依頼]
    球児らは はじけんばかりに 気合入れ
    球追い続け 投げ打ち捕え

    流星の ごとくに空より 落ちてくる
    勝負の決め手が この球だ捕だ

    五月晴れ 子供が飛ばす ホームラン
    やがて彼らも 球児にならんと、、、


    甲子園野球は、プロ野球への登竜門でもありますが優れた社会人に
    なるための試金石でもありましょう。進学校の学生が難関を目指す
    のと同じように、、、。野球も受験も基本は一発勝負ですからね。
    高校野球で甲子園出場まで頑張ったことを条件に推薦を受け入れる
    のも良い基準だと思います。真夏の甲子園球場の暑さはハンパじゃ
    ないですから、、、あの暑さを乗り切る精神力は受験以上の根性が
    要ると思いますので。(ちなみに自分は九大薬学部を現役で入って
    いますので受験は原則試験で受かるのが正道だと考えています。
    だが推薦入学の基準に甲子園出場歴というのは価値ある正道だとも
    思います。苦労もせずになんでもかんでも推薦は困りものですけど
    ね。)

    上の二首は甲子園場面をテレビで見ながら感じたことを詠んでみま
    した。三首目は幼い娘と、公園を二人散歩しながら見た草野球の
    心象風景です。ちょうど今の時期でしたでしょうか。(笑)

    当時じぶんにも、、、夜商売のお客様のリクエストでこんな甲子園
    野球に参加させられました。(ブル爺さんも大好きでした。)


    野球狂の歌と称して、、、

    甲子園 こういう具合に しませんか?
    (アウトorセーフ)(よよいのよい)と
  • 55 匿名 id:dwWkTwb1

    2016-05-15(日) 09:35:33 [削除依頼]
    流石に萱島さん、と思わせられるのがこの>>54の一文です。
    小学6年にもなると中学の野球部に入るか、シニアやボーイズなどの硬式に入るか
    硬式チームの中でもヨワタか強豪に入るかで野球人生が大きく変わってしまいます。
    強いチームは強豪高校と強力な繋がりを持っていますから。
    強豪高校はそんな特約店みたいな少年野球チームをたくさん持っていますが、、、。
    「なんで、あいつを使わんのや!あんたんとこには二度と大切なうちの子供は行かさん!!」
    という様な事も幾度となく有り、高校の監督さんは強豪少年野球チームの言いなりになる場合も多いです。

    名将よ 引き抜かず 育てよと
    大切な子たち 彩雲の如
  • 56 萱嶋 id:sMX0.1D0

    2016-05-15(日) 22:27:50 [削除依頼]
    夏野球 カーンと一打に 走り初む
    アウトかセーフか? 息のむ瞬間

    ホームラン この一振りで 勝ち決まる
    やがては彼の 将来さえも、、、、

    イチローの (球より速い) 盗塁と
    聞けば懐かし エイトマン歌


    何年も一日何時間も辛い訓練を続けて甲子園は一発勝負ですからね。
    勝負の行方は感無量です。

    さて大リーグでマリナースの解説をしていたアナウンサーが盗塁に
    成功したイチローを(さすがイチロー球より速い。目にも止まらぬ
    速さで盗塁に成功しました、、。)と叫んだとき、、昔なつかし
    こんな歌を思い出しました。

    (光る海、光る大空、光る大地、行こう無限の地平線)
    (走れエイトマン球よりも速く、叫べ胸を張れ鋼鉄の胸を!)

    今の球児たちにも教えてあげたいヒーローソングですね。(笑)
  • 57 匿名 id:FFF1gzA0

    2016-05-16(月) 10:00:53 [削除依頼]
    弾よりも速く、機関車より強く、摩天楼もひと飛び、、、。
    というのは確かスーパーマンのオープニングのフレーズかも(笑)。
    エイトマンのはその流用やったかも知れませんね。

    手を抜いて 監督の目を 欺くは
    容易きなれど 人の目抜けぬ

    練習中に手を抜いたり、治療の為と練習中に病院へ行って時間を潰してる…。
    甲子園という特殊な場所などでは、その疚しさからか集中力など消し飛んでしまいます。
    「どうせバレへんやろ」とか思っていても、自分は誤魔化したりはできないんでしょう。
    「甲子園には魔物が」とか言いますが、己れ自身が魔物を飼ってるんですから。

    夫に先立たれ女手ひとつで立派に育てられるぐらいの根性があれば…。
    野球なんか屁の突っ張りみたいなもんかも知れません。

    自分の中にも魔物を飼っていました。
    また、二死満塁という場面で回って来たりしてちゃんと三振しました。
  • 58 萱島 id:Ila/syN.

    2016-05-18(水) 19:19:50 [削除依頼]
    匿名さまの甲子園での気持ちを詠んでみました。


    最終回 二死満塁の 最終打
    支えきれぬほど 重き思いよ

    この時ほどのプレッシャーは人生で何度も味わえるものではないで
    しょうね。日本人の多くがハラハラする思いで画面を見ている。
    勝負の行方は、母校の興廃は次の一球にかかっている。ブル爺さん
    にもて遊ばれる苦労のほうが容易いような気がしています。(笑)

    甲子園とは人生の縮図であり哲学であると誰かが話していましたが
    わたしもこの言葉には同意しています。

    場外の 流れの底に ボールあり
    捨てられし徒の 孤独にも似る

    敗退し 涙を拭きし 球児らよ
    せめてつかまん 甲子園の土

    夏雨に 濡れてなお増す 熱気かな
    球児に負けぬ 応援合戦

    もう夏です。今年の夏もオリンピックとともに甲子園が
    間近にあります。球児たちはどのようなドラマを展開し
    てくれるのでしょうか?
  • 59 匿名 id:CilObNq.

    2016-05-19(木) 13:02:14 [削除依頼]
    二死満塁は最終回ではありませんでしたが、相手も自校も大会屈指の好投手同士の投げ合いで、、、。
    相手投手はドラフト1位?プロ入りし活躍したトッププレイヤーで後年監督も務めました。
    萱島さんがおっしゃる通り本当に「重き思い」そのもので、記憶でもプレッシャーは凄かったです。
    しかも、後でそのシーンのビデオを見て改めてビックリしたんですが、強気と冷静で鳴る好投手の顔が強張っているのがハッキリわかったんです。
    更に更に、1点リードし追加点の大チャンスに好投手が投じたのは、高めに上擦った棒球やったんです。
    「打って下さい」という、まさにそんなボールでしたが…肝心な己れの顔は相手投手よりもっとビビって引き攣ってました(笑)。
    結果、棒球二つを見逃して、完全に息を吹き返した相手投手の厳しい伸びのある速球を空振り三振という不様さっす。

    航海す 大海よりも おそろしや
    後で悔やむわ おろそかな日々

    次の打席では無の境地(なにも考えられなかっただけっす)的に来た球を弾き返して追加点を上げ結果その試合は勝ちましたが、、、。
    真面目にやってたらなあ、と、今漸く気づいたというアホですわ。

    でも、しかし、病身ながらあの好投手みたいに絶対に息を吹き返してやろうと!まず掃除洗濯から(笑)。
    今日もアリエールの漂白の力に感心しました(笑)。素敵な歌をありがとうございます。

    sageてこれでいいんかなぁ
  • 60 萱嶋 id:Q7DqTZz0

    2016-05-20(金) 23:48:20 [削除依頼]
    捕手示すサインに投手は首を振る見えぬ駆け引き息のむ瞬間
    (保守示すサインに党首は首を振る見えぬ駆け引き息のむ瞬間)

    三塁の走者がホーム狙ってる如何に封じん強打盗塁

    九回の優勢見事封じ込め逆転ホーマー投手はくずれ、、、、
    (王選手に逆転ホームランを許した江夏投手の姿を思い出しまして)


    匿名様が語られる真実の甲子園物語を熟読しかつて父が幼い自分に
    語ってくれた言葉を思い出しました。(久子よ、野球のポジション
    はどれも大事だがかなめは投手と捕手の連携だと思うな。好投手が
    強打者を抑え捕手がベースをうまく抑えることができれば要するに
    相手側に点を取らせにくい大勢が出来上がっておればそれだけで強い
    チームになれると俺は考えている。)野球の好きな父は会社に野球
    チームをつくり(昭和の昔ですが、、、)自ら監督になり福岡県で
    も上位の社会人野球に選ばれていました。自分も娘も野球は全然ダメ
    ですが父や匿名様の野球に賭ける強い思いだけは感じ取ることができ
    ます。野球勝負も選挙政治と同じで駆け引きが必要のようですね。

    野球に強い男は選挙にもお強いようでして、、、、(笑)

    一首目はそのような思いをもじって詠んでみました。
  • 61 匿名 id:jWEx4dg0

    2016-05-21(土) 10:09:33 [削除依頼]
    1番上の歌、メチャクチャ上手いですね。それだけじゃなく野球の醍醐味を本当に、、、。
    それも、タロウさんを身近に、更にそのブレーンのお一人やったお父様を肌で感じて育って来られたからなんでしょうね。
    やっぱり人って、ありきたりの教育や狭い世間でいう躾だけでは、それなりの人間になるしか無いんやと痛感します。
    しかし、そのありきたりの家庭で育った大部分の部員たちを指導する時に、その醍醐味を味わせて上げる事が必須なんかも知れません。

    中学生なんかに「首を振る為だけのサイン」を作って状況によっちゃ何回も首を振らせます。
    野球を知らん人には「なんじゃ?そんなサイン有んのか」とか思われそうですが。


    大投手 最大の敵に 成長す
    駆け引きの妙 追う背中ぞ

    江夏対王、、、子供心にしびれました。馴れ合いなんか全く無い真剣勝負の迫力を感じました。
  • 62 萱島 id:sVew43/0

    2016-05-21(土) 21:56:58 [削除依頼]
    匿名先生、身に余るご過分のお褒めの
    お言葉本当に有難うございました。
    心から感謝申し上げたいと思います。
    それでは駄作を少しばかり、、、、

    壁を越す球も捕える外野手よ
    強打泣かせのファインプレーで

    挟み撃ち尚も抜けんと盗塁手
    ホームにジャンプやっぱりアウト


    甲子園も強豪同士の戦いになるとファインプレー、珍プレーも目立ち
    最後の最後までハラハラさせるゲームになりますね。
    かつて蔦監督率いる池田高校とPLの戦いなどが遠い記憶に残っており
    ます。一点でも多く取ろう取らせんとする戦いは野球も受験も同じだ
    なとしみじみと感じるんですね。せこいようだけど人間同士の戦いと
    いうのはそんなものだとつくづく考えてしまいます。

    麻生タロさんが、nhkニュースに映っていましたが仙台市で行われて
    いる国際財務省会議で口をゆがめて演説されていましたね。麻生財
    閥は福岡県では良いお仕事をされており敵方の共産党からも実は高い
    支持を集めているといえば驚かれるでしょうか?BJさんやエンジェル
    さんが勤務されてる病院の支持母体である友永グループとも親密な
    関係にあります。水と魚です。ちなみに友永グループはロシア中国
    北国との関係が深いのですけど、、、、水面下における経済の繋がり
    は政治では及ばぬほどの底の深さと広さがあります。政治しか解から
    ぬ安倍総理大臣には、残念ながらタロ副総理の真意はあまり見えてい
    ないかもです!(苦笑)ちなみに父もタロさんも麻生グループのみ
    ならず友永グループからも株を保有し大陸諸国に対しても一定の発言
    力を有していることは言うまでもないことですが、、、(笑)
    bjさん、平石さん、エンジェルさんは友永グループの特別選抜であり
    十年以上の医業を通じてもはや筑豊にとってもなくてはならない医師
    と評されています。彼らが自由主義者であろうと社会主義者であろうと
    そんなことはグループにとってどうでもよいことなのです。どんな思想
    の持ち主であれ企業に、ひいては病院に一流の医療技術と適切な富
    をもたらすことが出来る科学者は大切な人々です。野球と同じです。

    将来タロウさんと父と匿名さまとbjさんとクリオ様とエンジェルさん
    そしてわたしが、
    福岡のホテルニューオータニで食事できる機会があればと夢を見て
    おります。その時ブル爺さんに苛められた(?)自分のプライベート
    ルームも紹介しましょうか?今は歴史ごうもん博物館のようになっ
    ておりますけれど、、、、(笑)

    忘れてました、薩摩の文士祐一先生も含めてですね。(笑)
  • 63 匿名 id:KFLLOCH/

    2016-05-22(日) 08:49:41 [削除依頼]
    猛ダイブ 抜ければピンチ 延長戦
    ダイジェストでみる 回を重ねて

    先に話した、このセンバツでセーフティーバントを決めベース上で雄叫びを上げた後輩は、
    勝ち上がった次の試合では延長戦に入って相手チームの放った抜ければ長打必至のヒット性の当たりを、
    長駆からのダイビングでキャッチ!見事なスーパープレイも披露してくれました。
    何回もYouTubeの動画を見ては感激しています。

    今年は脳から血を、目からは涙を流してしまいました(笑)。
    皆さんともお会いしたいけど、後遺症は少ないとは言えまだまだフラフラしてるので
    男として、好きな女の子の前に現すならしっかりビシッとした姿でお会いしたいです。
    萱島さんは病人を毎日見て見慣れてる事でしょうけど、、、。

    後輩たちは今、福岡に遠征中ですが本当に羨ましいです。

    礼拝す 西方浄土 阿弥陀仏
    防人偲ぶ 彼方思いて

    さきもり防人とは「さち幸を守る」が語源だという説を聞いた事があります。「き」「ち」は転訛しやすいとか。
    さき=さち、どちらも合わせて「先に幸がある」と信じて。
    まず、自分の幸である健康を取り戻したい、そして福岡へ是非とも行ってみたいです。
  • 64 萱島 id:vnx0lVo/

    2016-05-22(日) 09:32:32 [削除依頼]
    試合終えバットに顎のせ小休止勝っも負けても涼風の吹く


    甲子園はやはり人生の生き方の基礎になる生徒たちの社会への
    登竜門だと思いますね。選手らと同時に応援団も同様だと思い
    ます。将来プロ野球にいくも良し、進学就職もよし、ここで鍛え
    られたど根性と精神力はどの分野でも力を発揮することになると
    思います。
    あとわたしは麻生グループ、友永グループの小株主ではあります
    が医師ではないので患者様と直接接触することはあまりありませ
    ん。薬剤師が医療を知るのは内服薬や点滴メニューを通してです。

    医師の処方を通して間接的に医師の力量を知ることになります。

    先生方にお聞きすると脳出血梗塞の予防の順位を述べると、、、
    1)血圧を正常範囲にコントロールすること
    2)塩分脂質をひかえめにする。糖分の取りすぎにも注意する
    3)酒はがぶ飲みをしない。休肝日をかならず守ること
    4)お茶や水分をしっかりとる
    5)睡眠時間は六時間以上しっかりと取る

    小脳病変のふらつきは一年程度はつづくと思いますので症状が
    残る間はあまり無理し過ぎないようにということでした。(笑)
  • 65 匿名 id:NKgtB7S0

    2016-05-22(日) 17:40:42 [削除依頼]
    1)〜5)のアドバイスをしっかり守って、早く健康を取り戻したいと思います。
    御丁寧に指導して頂きまして、ありがとうございます。

    そして「バットに顎乗せ」の件りには見られてたんかと思う程情景がくっきり浮かびました。
    寮生活で毎晩、素振りをして一塁側ベンチに腰をかけ、確かに、顎をバットに乗せてぐったり休憩してたもんです。
    症状が少しも治まって無いのに、早く治したい一心で無理をしていました。

    若い日の 練習の日々 思い出し
    重き思いと 顎の力ぬく

    食事、水分補給と睡眠には気をつけてますので「ストレスが1番大きな原因やろな」とは思ってました。
    それが「早く治さないと」という気持ちが重き思いやったんかもと萱島さんの最後の行の言葉で感じました。
    気持ちを入れ替えて「じっくり治す」事に重きを置いた生活スタイルにします。
  • 66 匿名 id:NKgtB7S0

    2016-05-22(日) 23:24:16 [削除依頼]
    水物と 汚名を打線に 着せつつも
    個々の気持ちで 蜜の濃度も

    打線は水物と、充てにしてはいけませんよと長らく言われて来ましたが。
    一人々の打者が一球毎に狙い目をリセット出来る打線は強いです。
    水物は水物でも、さらさらの純水などでは無く
    とろーり甘ーい蜂蜜の様な水物になり相手投手に無言の圧力をベタベタに絡め続けます。
    打線は水物じゃなく蜜物にしないと強力打線は生まれないと思います。
    まさに巌となるべく機能するさざれ石、国民もさざれ石となって、、、。
    と言えば日本人の素養はさざれ石というより粉々の粉末状になっている様な気がします。


    D社かな 家付きカー付き ババア抜き
    大家族から 骨を抜かれて

    一家に一台 いつかはクラウン 3高 3K、、、などなど

    懐かしいフレーズですが、確実に日本社会の粉末化は進んでいると思わせられます。
    そりゃ、兄弟の人数分に分けられたら、家も車も家電も売れたんでしょうけど。
    麻生生コンみたいに粉末でもコネたらカッチカチやで、みたいな感覚は大切ですよね。
    「親と同居?絶対に嫌どす」的な花嫁さんが異常に増えた代わりに高度経済成長を享受しましたが。
    同じ長男でも六人兄弟のご長男と独りっ子の長男じゃあね。お話になりませんね。
  • 67 萱島 id:0jy87v2.

    2016-05-25(水) 21:38:42 [削除依頼]
    孤独だね 打席に立てば どこ見ても
    ライバルナインが 僕にらんでる

    声援が 僕の緊張 和らげる 
    無心で打つぞ 次の一球

    内野手を 何とか越えた 初安打
    ボールに追われ ぎりぎりセーフ


    匿名さまの文章を読みながら自分が打者としてマウンドに立つ姿を
    想像してみました。あまり能力はないけれど努力だけで鍛えた体で
    勝負に臨む姿です。打席から見れば周囲はみなわが敵、この敵陣に
    球を打ちこみ守備を切り抜けなければなりません。まるで戦争のよ
    うですよね。
    長打力はないのでなんとか内野手を越えるほどのヒットを打ちこみ
    一塁まで必死で駆け抜けます。イチローみたいに速く走れないので
    打ちこむと同時に一目散に走り抜ける、さながら敵の大将に銃を
    一発打ち込んで一目散に敵兵から逃げまくるような気分でしょうね。

    どこか人生の戦いにも似ていますよね。

    あと麻生さんはセメント工場でも有名ですが今は病院や医療専門学
    校を組織的に経営し若い人材の育成にも大いなる貢献をされています。
    筑豊の病院群は麻生専門学校出身の看護師さんや検査技師さんは意外
    に多いんですよ。(笑)昼間大学にいけない人のために働きながら
    正看の資格を取得する夜間コースも人気があるようですから、、、。

    自分のように九大薬学部や看護学部を卒業して国家資格を取っても
    麻生専門学校を卒業して国家資格を取っても資格の大きさに変わりは
    ないので病院のお給料は似たりよったりですね。九大のほうがはるか
    に難関なのですけど、、、。

    少子高齢化の時代は、長男も次男も同じように優遇され大事にされ、
    よいと思いますよね。中国ではひとりっこ政策でひとりっこは大事
    に育てられるので皆プライドが高くインテリに育ち小皇帝と呼ばれて
    いるそうですね。わたしたちの会社にも中国から菅君という青年が
    働きに来ています。御両親は満州の貧農出身ですが両親が共産党のコ
    ルホーズで朝から晩まで働き、菅君はひとりっこ政策の恩恵で小中高
    北京大学まで共産党のエリート教育を受け、中国語英語日本語仏語
    ペラペラですね。真面目で優秀なビジネスマンですが、どこか純粋
    すぎて、少しナーバスなところもあります。日本の資本家育ちのおぼ
    っちゃまと良く似ているのです。タロさんの言葉ではないのですが
    自由主義が目ざす理想も社会主義が目ざす理想も実のところ目標は
    あまり変わらないのではないかとつくづく感じ考えることがあり
    ますね。菅君とともに仕事しながら、、、、(笑)
  • 68 匿名 id:MiShzdx.

    2016-05-26(木) 09:26:58 [削除依頼]
    むなし吾が 気張る本腰 葉桜の
    桜散りなむ 気も散り果てて

    むかしの話ですが「打ってやる」などと本腰を入れると集中力が散漫になってしまいました。
    ところが何の塩梅か、極稀に打席で突然の様に無の状態になる事があり、そんな時は皆が驚く程の打球を打てたんですが。
    身長も180cmで身体的に恵まれていたからでしょうが、今となったらむなしい話です、、、(笑)。

    萱島さんのお話とちょっと似ていますが、指導者の頃、僕は打者を戦国武士9人が守る敵陣に単身切り込む若武者やと捉えていました。
    部員たちに「ランナーは敵に囲まれたお姫様や、打って姫を助け出したれや」とか言ってました(笑)。

    自分が持てなかった真のプライドを持って欲しかったんでしょうね。
  • 69 萱島 id:KkRuVMs1

    2016-05-27(金) 07:38:24 [削除依頼]
    ホームラン打てばお客の半分がアーチを見てる悲しみの目で

    サイレンが鳴れば明暗分けられる客のこころの悲喜こもごもに


    当たり前のことですが甲子園はどちらかのチームが勝ち他方が負ける
    わけですから選手の心も観客の気持ちもまふたつに分けられますよね。
    球児たちはある意味この日の勝負のために青春を訓練に捧げてきた
    わけですから負けて涙する気持ちはわかりますね。彼らを陰でささえ
    てこられた家族たちの気持ちも球児と同じではないかと思います。

    受験とも似ています。学生の頃、九大の合格発表があるとわたしも
    見物に行ってましたが自分の受験番号を見つけて声を上げて喜ぶ子も
    おれば見つけられずに涙を拭きながら自宅に引き返す子もおられて
    悲喜こもごもですね。いちばん印象に残っているのは見つけたとたん
    (あったああああーーー)と喜び叫んだかと思いきやその場に泣き崩
    れた少年がいまして、あまりにも印象的だったのでテレビ局や新聞記
    者らがパチパチとカメラを向けていた光景がありました。
    後ろに控えておられたご両親が取材を受けておられましたが(今度が
    三回目だったので大変だったんですよ。ホント神さまに感謝しますわ)と
    お母さんが話してましたね。

    甲子園や受験の勝負から学ぶのは、やはり人生の厳しさや矛盾です。
    生き抜くための哲学だと思いますね。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?