そこに咲く一輪の8コメント

1 % id:7t1nEWOP

2016-12-08(木) 16:20:43 [削除依頼]




ーー百合。



  • 2 % id:7t1nEWOP

    2016-12-08(木) 16:21:45 [削除依頼]
    そのまま百合のおはなしです。のーんびり進めていこうと思います。
  • 3 % id:7t1nEWOP

    2016-12-10(土) 00:05:23 [削除依頼]
    『とりあえずの約束』







    「ねえ、由美」



     はっとした。彼女に声をかけられて、初めて自分が呆けていたことに気づく。



    「なあに?」



     その声すらもまだ寝ぼけているようだった。がらんどうで、あまい。

    ーー砂糖菓子のようでイヤだな。覚めない思考のなかでぼんやりと考える。



    「あのね、時々おもうことがあるの」

    「ちぃたち、いつまでこうしていられるんだろーって」



     いつまで、って。そんなことは知らない。私はそんな先のことを予測できるほど聡明じゃないよ。なんて、言うのはまずいかな? どう答えるのが正解なんだろう。頭のなかで彼女の言葉がぐるぐると渦巻く。



    「……意味わかんない」やっとこさ絞り出したセリフである。「ちーちゃんと私は、ずっと一緒にいるんじゃないの?」



     しばらくの間沈黙が続く。これぞ100点満点の解答だろうと思っていたが、予想が外れたようだ。空間に糸を張りつめたかのように重くて、透明な空白。

     1分は経っただろうか。口を開いた彼女の瞳は、寂しそうに笑っていた。



    「由美は純粋だね。えへへ、ちぃも由美とはずうっと一緒にいたいっておもうよ。でも、そんなの続くはずがないんだぁ。だって、由美もちぃも、女の子だから」



     女の子だから。なぜだろう、その言葉に胸がズキンと痛んだ。考えたこともなかったな。女の子だから、だめなのか、どうして。数秒考えてもみたが、それらは脳で考えるよりも彼女の表情から彼女がなにを欲しているのかを察する方が、ずっとずっと容易かった。あぁ、そっか、今は理屈なんて必要ないんだ。



    「それでも、私はちーちゃんが好きだよ」



     それはほんの小さな慰めであり、それと同時に大きな愛の告白でもあった。



    「終わりなんて私やちーちゃんが決めることだよ。だから、そんなの望まない限り永遠にこないの。女の子だって同じだよ。たしかに、世間から見た私たちは少しおかしいのかもしれない。奇異な目で見られるかもしれないね。だけどちぃちゃん、私は全く気にしてないよ。上手に言えないけどさ、その、今はとりあえず好きのままでいいんじゃないかな。ちーちゃんが好き」



     ちーちゃんは泣いた。
  • 4 % id:7t1nEWOP

    2016-12-10(土) 00:06:06 [削除依頼]
    需要があるかは分かりませんが、ちーちゃんの名前は智里(ちさと)です。
  • 5 % id:sM4TOoHA

    2016-12-11(日) 18:50:39 [削除依頼]
    『とりあえずの約束※』









    「ねえ、由美」



     はっとした。

     彼女に声をかけられて、初めて自分が呆けていたことに気づく。



    「なあに?」



     その声すらもまだ寝ぼけているかのようだった。がらんどうで、あまい。

     ーー砂糖菓子のようで嫌だな。覚めない思考のなかでぼんやりと考える。



    「あのね、時々おもうことがあるの。……ちーたち、いつまでこうしていられるのかなぁ」



     いつまでと聞かれても、そんなことは知らない。

     私は未来を予測できるほど聡明じゃないよ。なんて、答えるのは反則かな。

     その答えの正解を見つけることはなかなかに難しく、しばらくの間フリーズしてしまった。

     頭のなかで彼女の言葉がぐるぐると渦巻く。



    「意味わかんない」やっとの思いで絞り出したセリフである。「ちーちゃんと私は、ずっと一緒にいるんじゃないの?」



     長い沈黙が続く。

     これぞ百点満点の解答だろうと慢心していたが、予想が外れたようだ。

     空間に糸を張りつめたかのように透明で、重い空白。

     長い時計の針が右に動くと同時に、彼女はゆっくりと口を開いた。その瞳は寂しそうで、口には儚い笑みを浮かべている。



    「由美は純粋だね。えへへ。ちーもね、由美とずうっと一緒にいたいっておもうよ。でも、そんなの続くはずがないんだぁ。だって、由美もちーも、女の子だから」



     女の子だから。

     何故かは分からない。分からないけれど、その言葉を聞いて胸の辺りがきゅっと締め付けられるように痛んだ。

     そういえば、考えたこともなかったな。

     女の子だから、だめなのか。どうして。

     数秒考えてみたが、それは頭で考えるより彼女の表情から彼女が欲しているものを察する方が、ずっと容易かった。

     あぁそっか、今は理屈なんて必要ないんだ。



    「それでも私はちーちゃんが好きだよ」



     まるで見当違いな慰めだが、それは同時に大きな愛の告白でもあった。

     愛の告白ともなれば、威力は大きい。



    「終わりなんて世間が決めることじゃないよ。だから、そんなの望まない限り永遠にこないよ。たしかに、傍から見た私たちは少しおかしいのかもしれないし、奇異な目で見られているかもしれないね。だけどちーちゃん、私は気にしてないよ。全く気にしてないかと言われれば嘘になるけど。えっと、上手に言えないけどさ、今はとりあえず好きのままでいいんじゃないかな。ちーちゃんが好き」



     ちーちゃんは泣いた。









    ※手直しです……うう。後から文のおかしさに気づきました。以後気をつけます、すみません。手直しの手直しはありませんが、他にもおかしいところがあれば教えてくださると嬉しいです!
  • 6 % id:PumZGalp

    2017-02-02(木) 18:19:45 [削除依頼]
    『ウサギ』

     ーー永遠なんてないんだなぁ。
     ずいぶんと久しぶりにそんな哲学じみたことを考えた。私は今、こう、イライラしている。イライラ? 嫉妬心? 深い部分までは分からない。とにかくそれに困っているのだ。

    「美紀ちゃんのバカ……」

     事の発端は今朝のこと。
     教室に入るといつも通り朝イチで美紀ちゃんに挨拶をして、おはようって二人微笑みあった。そうだ、何もない。何もないはずだった。そのまま普段のように楽しい雑談会を開き、二人だけの時間を楽しむはずだった。でも違った。
     あさりちゃん。あさりちゃんが話しかけてきたの。

    『美紀たーん! 今日はあたしも混ぜて!』
    『おお、いいよっ。話そ。麻衣もいいでしょ?』
    『うん』
    『やったぜー。あ、そうそうあたしね~』

     思い返しても腹が立つ。別に私があさりちゃんのことを嫌っているわけではない。単純に、私の美紀ちゃんを取られるのが嫌なのだ。

    『美紀たんさぁ、あ、まって。麻衣どうかしたー?』

     美紀たんじゃない。なにその変な名前。美紀ちゃんの名前を口にしないで。私の口以外から出る美紀なんて許せない。麻衣どうかしたじゃないよ。やめて、私だけの美紀ちゃんを取らないで。
     でも、あさりちゃんだって何か意図があって話しかけてきたわけではないのだ。きっと。やり場のない怒り。抑えられない嫉妬心。発狂しそう。
     ーーキリ、キリ、キリ。ひとつずつ丁寧に刃を出していく。ロクに食べないせいで痩せ細った左手にそれをあて、今の心情を吐き出す。こんなトイレの片隅に一人なんて、寂しいな。寂しいな。寂しい。次第に左手が綺麗な色に染まっていく。寂しいよ。
     五時間目の予鈴がなるのと同時だった。

     知っていますか美紀ちゃん。ウサギって寂しいとね。
  • 7 % id:PumZGalp

    2017-02-02(木) 18:21:11 [削除依頼]
    あれれ、改行できなくなったんですか…?
    内容もだいぶ気持ち悪いし、そのうちPCから修正をあげますね。
  • 8 だるま。 id:pTABCV6R

    2017-02-02(木) 22:11:10 [削除依頼]

    文章素敵です!
    心情描写が細かくて、私は好きです^ ^

    >7
    他にも改行できてない人を見ました。
    不具合ですかねー?
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません