体育祭ってこんなやつだっけ18コメント

1 落ちこぼれちゃん id:X6bTDIU.

2016-06-27(月) 20:40:55 [削除依頼]

『嘘……ねぇ…冗談やめてよ……。』

はっっ。また思い出してたんだ、あの日のこと…。
あれから何年もたってるのにまだ忘れられない、あの日、あの時。
どうしたものか…はぁ…。    バリーンッ
教室の窓が割れたようだ。ここは教室棟一階の三年生の教室だから外から
の侵入は簡単だ。だからだいたい予想はついてたからすぐ対処できる。
引き金を引くだけで敵は死す。なんとも簡単だ、簡単すぎる。

え?私らがなんで戦ってるって?説明めんどいなぁ、
新しい体育祭だとさ、わざわざなんで生死を賭けるのかは知らん。
全校生徒を四つの軍に分けて殺し合うんだとさ。
ルールはそれだけ、あとは自由。


嗚呼、忘れてた、一週間以内に一つの軍以外全滅させなければ全校生徒 強制全滅。

つまり、生き残れるのは一つの軍のみ。
  • 2 ミヤビ id:X6bTDIU.

    2016-06-27(月) 21:30:59 [削除依頼]
    私の名前はミヤビ。二年三組 緑軍。
    落ちこぼれだ。頭脳、身体能力、顔面偏差値 全てにおいて落ちこぼれだ。
    (でもまぁ下を見れば私はまだ大丈夫な方だが…)
    どんなに努力しても結果は同じ。
    適当に高校行って、親の店次いで、ごくごく平穏な生活を送りたいのに…はぁ。

    バシッ
    突然後ろから叩かれた。奴だ、まさに奴だ。
    ???「みやびー!!」
    アキだ。同じ二年三組 緑軍。一年からの友達で、何かと五月蠅い。
    アキ「みやびー!!みィやびー!!!!」
    ミヤビ「うるせぇ。」
    アキ「みやび、弾持ってる?」
    ミヤビ「もうなくなったなか、ったく。適当に撃ちすぎなんだよ、おめぇはよー。」
    アキ「いいから!いいから!!早く頂戴!!!」
    ミヤビ「ちぇっ…はいはい。」
  • 3 ミヤビ id:X6bTDIU.

    2016-06-27(月) 22:42:46 [削除依頼]
    一日目
    午後を過ぎ、数名死者が出たらしい。
    アキ「みィやび〜。歩くの疲れた〜」
    ミヤビ「はぁ?今見回り始めたばっかだろぉ?」
    敵が来ないか見回りをしている時アナウンスが流れた。
    『転入生が来ました。二年三組の新しい友達です。』
    こんな時に転入生とかふざけてんだろ。
    アキ「うわあ!((*'▽')」
    いきなり敵がきた隙を付かれたようだ。(ていゆうか、お前半分喜ぶなよ。)
    でもまぁ雑魚だからすぐ死ぬさ、バーン。鋭い銃声とともに敵は倒れこむ。
    ???「うわぁアアアアアアアアアアア!!!」
    丁度それを見ていた奴が叫び気絶。意味不。てか誰こいつ。転入生?
  • 4 ツルタ id:X6bTDIU.

    2016-06-27(月) 22:54:25 [削除依頼]
    僕はツルタって言います。訳あってこの学校に転入します。
    緊張しながらも校門をくぐる。あれ、おかしい。
    学校全体が静まり反っている。あっちに人がいる。
    行ってみます。
    ツルタ「あのー」
    バーン。。。喋りかけようとしたらいきなり目の前の人が倒れた。
    その人からは大量の血が、
    ツルタ「うわぁアアアアアアアアアアア!!!」
  • 5 ツルタ id:v7cQx76.

    2016-06-28(火) 18:52:41 [削除依頼]

    誰かが僕を呼んでる。誰だろう…

    視界が徐々に明るくなってゆき、少女が僕の顔を覗きこんでいるようだ。

    顔立ちも良く、短めに切られた黒髪がよく似合う。
    ミヤビ「…起きたか。」
    声も綺麗だ。あっそうだ、さっき…。
    ツルタ「あのっどうなってるんですかここは?!」
    ミヤビ「何も聞かされてないのか、簡単に言えばカクカクシカジカ」

    ツルタ「はぁ、あまり状況が飲み込めません。」
    ミヤビ「無理も無い」
    話が終わったところで誰かが走ってきた。
    アキ「ミィヤビー!お腹すいたぁ、基地もどろ〜」
    ミヤビ「五月蠅い、わかったよ」
    緑軍の基地に帰るようだ。
  • 6 テンヤ id:v7cQx76.

    2016-06-28(火) 19:13:23 [削除依頼]
    遅い、やはり見回りは止めておくべきだったか。

    心配だ、ついさっき銃声が聞こえた…まさか…。
    血の気が引いた。やばいやばい。探しに出ようとした時、
    ミヤビ「只今帰りました。」
    嗚呼、良かった。安心したものの、まだ寒気がする。
    テンヤ「夕飯の配給がきたよ。みんな食べてるよ。」
    ツルタ「あの、僕の分は…?」
    アキ「無いみたいだよー♪」
    残りのパンの数が二つ。ミヤビとアキの分だ。
    ミヤビ「私要らない。腹減ってないから。」
    嘘つけ、君は誰よりも頑張ってみんなを守ってるのに。
    ツルタ「えぇ?あ、有難う。」

    ミヤビは何処かへ向かうように、すたすたと歩き始めた。

    その細く小さいが、心暖かい背中が     僕は好きだ。
  • 7 ミヤビ id:v7cQx76.

    2016-06-28(火) 19:41:21 [削除依頼]
    眠れない。まぁこんな事態だ、眠れる方がおかしい。
    そうだ屋上行ってみるか。普通なら鍵が閉まっているが、
    今なら鍵 壊しても大丈夫。
    銃声はやばいから怪力でドアノブをぶち壊す。
    扉を開けば、そこは素晴らしかった。
    真っ黒な闇を、月と無数にある星がほのかに照らす。
    夜空は好きだ。
    ???「みィ」
    振り向けばヨツバがいた。同じ部活の同じクラスの子。
    ヨツバ「みィ、パン食べてないでしょ。少しとっておいたんだ。」
    ミヤビ「嗚呼、有難う。」
    ヨツバは物静かで優しい。出来れば死んで欲しくない。
    ヨツバ「またみんなでバレーやりたいね。」
    ミヤビ「・・・・・・そうだね。」
    同じバレー部の部員は違う軍だ。だから、もう……。
    しばらくの沈黙が続いた。

    ズドーンッ     凄まじい爆発音がした。方向は?

          
         緑軍基地の方だ…!
  • 8 ツルタ id:v7cQx76.

    2016-06-28(火) 21:11:08 [削除依頼]
    ズドーンッ      凄まじい爆発音と共に強い爆風。

    視界を遮る煙と焦げ臭い匂い。
    僕は怪我はないが、みんなは?
    目を凝らして見たその光景は、血の海だった…。
    まだ話したこともない人達だが胸が苦しい。
    あれ、ミヤビさんがいない、ミヤビさんがいない!!
  • 9 ミヤビ id:v7cQx76.

    2016-06-28(火) 21:21:06 [削除依頼]
    急いで基地に戻ると、そこには残酷な光景があった。
    不思議と私は悲しく思わなかった。思えなかった。

    呆然と立ち尽くす私に誰かが声をかけてきた。
    テンヤ「みやび、良かった。無事だったんだね。」
    何一つとして良くない。
    嗚呼、また失敗。寝込みを狙われるのは予想できたはずなのに。

    アキは無事だ。
    ツルタも怪我は無いが精神が崩壊しそうだ。
    ミヤビ「鶴田ァア!!」
  • 10 ツルタ id:v7cQx76.

    2016-06-28(火) 21:26:30 [削除依頼]
    胸が苦しい。息が出来ない。
    ミヤビ「鶴田ァア!!」
    ミヤビさんが駆け寄って来た。無事だったんだ。
    ツルタ「み…みやび…さん……。」
    ミヤビ「無理に喋んなくていい。」
    ミヤビさんは必死に背中を摩ってくれる。

    ミヤビ「大丈夫。大丈夫。だいじょうぶ。」
  • 11 ツルタ id:v7cQx76.

    2016-06-28(火) 21:41:31 [削除依頼]
    緑軍の大半が死んだ。黙ってちゃあいられない。
    テンヤ「復讐するつもりか?止めておきなさい。」
    前を通せんぼするテンヤさんを強く押し倒した…

    爆弾を作れるのは奴だけだ。

    ケンスケ 二年一組 紅軍。

    実際に喋ったことはないが、賢いらしい。
    爆薬は…理科室か?学校に爆薬があるのか?
  • 12 ケンスケ id:v7cQx76.

    2016-06-28(火) 21:53:45 [削除依頼]
    理科室の教壇にどっかり座って彼女を待つ。
    一度着てみたかったんだぁ。白衣。

    理科室の扉を彼女は荒く蹴り倒した。かっこいーねー。
    やはり美しい。その怒り狂った顔は。

    ケンスケ「やっと来てくれたんだぁ〜。僕は嬉しィよお?」
    ミヤビ「黙れ。そんなもん着やがって。」
    ケンスケ「かっこいーでしょおー?君も着る?」
    ミヤビ「ふざけるな。自分が何やったかわからないのか?」
    ケンスケ「僕は君と戦えるならそれでいいよー。」

    彼女の怒りはさらに増す。嗚呼、美しい。
  • 13 ミヤビ id:kqccyYj/

    2016-06-30(木) 19:27:33 [削除依頼]
    奴の足元には大きめの爆弾が置いてあった。
    あの野郎、この部屋ごと吹き飛ばす気だな。

    ケンスケ「この爆弾はもうすぐ爆発するよ。そして、
         解除するにはこの鍵が必要だぁ。
         おっと、たたではあげないよ?」
    ミヤビ「自力で奪えってことか。」
    ケンスケ「うん。まあ、そゆこと。」

    私は奴に突進した。
  • 14 ケンスケ id:kqccyYj/

    2016-06-30(木) 19:51:37 [削除依頼]
    彼女は戦う気のようだ。
    僕はつい口が緩んでにたぁっとしてしまう。
    さぁ、どれくらい耐えられるかな?。

    彼女はそのまま前進してくる。
    嗚呼、危ないよ。そこには地雷がある…。
    だが彼女は、予め判っていたかのように避ける。
    流石だ。だが残念。避けた先にも地雷がぁ…。

    おお、すごいねぇ。爆発寸前で素早く避けた。
    地雷は効かないのか、なら…。

    小型爆弾。栓を抜いて投げるだけ。
    ほ^−い。彼女は避けきれず爆弾に直撃。
    効き目はどうかな?

    煙が退いてきたころ。
    彼女の姿はなかった―――。

    まさか。

    後ろを向いた時にはもう遅かった。
    彼女の拳が僕の帆を直撃。
    反動により教壇から二メートルほど飛んだ。

    彼女は無表情のまま僕を見つめる。

    迂闊だった。
    まさか爆発の時に起こる煙を利用して背後に廻られるとは。
  • 15 ミヤビ id:kqccyYj/

    2016-06-30(木) 20:04:03 [削除依頼]
    私は奴の手から鍵を取り解除する。
    はぁ、疲れたなぁ。爆弾を直撃した腹が痛む。
    黒いTシャツが微妙に深い紅になっている。

    私は銃を取り出し横たわったケンスケに向ける。
    目を閉じ、引き金を引いた。
    バーン。
    耳障りな銃声と共に胸が痛む。
  • 16 ツルタ id:kqccyYj/

    2016-06-30(木) 20:12:19 [削除依頼]
    ツルタ「みやびさん!みやびさん!」
    僕は先程精神が回復し、
    テンヤさんに聞いて、ミヤビさんを探している。

    特別棟二階廊下に来たらミヤビさんがいた。
    浮かない顔のミヤビさんは今にも泣き出しそうだ。

    僕は素早く駆け寄りミヤビさんを抱きしめた。

    ミヤビ「…ヒック………ヒック……………。」


    朝日が差し込み彼女を照らした。
  • 17 ごめんなさい id:kqccyYj/

    2016-06-30(木) 21:40:27 [削除依頼]
    11はミヤビです。
  • 18 テンヤ id:kqccyYj/

    2016-06-30(木) 22:08:36 [削除依頼]
    眩しい朝日を眺めた。やっと一日目が終わったんだな。
    初日にしては多くの人が死んだ。

    基地の扉が開き、ミヤビとツルタが帰ってきた。
    ミヤビの目は赤く腫れている。泣いたのだろう。
    彼女は人を殺したくないのだ。誰とてそうであるが彼女は得に。
    いつも心を鬼にし、引き金を引くのだ。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?