クラスメートA5コメント

1 ゆーさん id:i-15QFrQL.

2016-06-02(木) 20:50:53 [削除依頼]
「 さようなら 」
君は笑った。
  • 2 ゆーさん id:i-15QFrQL.

    2016-06-02(木) 20:57:37 [削除依頼]
    何気ない朝
    登校中の女子高生
    ゴミ出しに急ぐ
    サラリーマン
    おばさん達が
    やたら大きな声で笑う
    そんな、朝
  • 3 ゆーさん id:i-15QFrQL.

    2016-06-02(木) 21:01:13 [削除依頼]



    どなたか読んでいて
    下されば、光栄です。
    まだまだ下手ですが…
    感想、ご指摘など
    書いていただければ、幸いです。
  • 4 ゆーさん id:i-aU/lQtC0

    2016-06-03(金) 20:11:16 [削除依頼]
    何の変哲もない
    そんな日になるはずだった
    私は
    友達も多い方でも無いし、かといって、勉強が
    バリバリ出来る訳でも
    無いし、
    運動が得意な訳でも無い。そんな、平凡以下の
    女子高生だ。
    まぁ、少ない友達と
    そこそこ楽しい学校生活を送っているわけだ。
    いや、[ 送っていた ] と言うべきか。
  • 5 ゆーさん id:i-aU/lQtC0

    2016-06-03(金) 20:30:03 [削除依頼]
    「 莉乃! おはよ。」
    「 ……。」
    「 なーにー? ふざけないでよー 」
    笠原 莉乃は私のクラスの友達だ。
    たまに、度の過ぎた
    おふざけをする事がある。今日もいつもの、おふざけだろうと思っていた。
    「 莉乃ー? いい加減に…」「 加織、あっち行って。」機嫌でも悪いのだろうか。「 え? どうしたの? 」
    「 あ、あっち行ってって
    言ってるでしょ!! 」
    莉乃は、怒鳴って
    走り去ってしまった。
    後に残ったのは、
    呆然とする私。
    そして、クスクスと笑う
    クラスメート。
    何なんだ、これは。
    どうして皆、私を見て
    笑ってるんだ。
    「 加織ざまぁー 」
    小声でささやいているのが聞こえてきた。
    加織…?
    加織って私じゃん。
    なに? 何なの…?
    頭がついていかない。
    状況が理解できない。
    考えても分からないなら、とりあえず、席につこう。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません