SS投稿投稿掲示板より。


1    古菓  [id : XNHKVEA.] [2016-05-24(火) 23:40:36] 削除依頼



じわり
じわりと

あなたに侵されていく心

2 古菓  [id : qIc/5rt.] [2016-06-04(土) 00:29:07] 削除依頼



好きだよ、と言われたのは10月ごろだった。
テスト期間中、1人残って勉強をした帰りにふいに。
ちょうど階段の真ん中にいた私は、
踊り場から聞こえた声に驚いて立ち止まってしまった。

3 古菓  [id : B06QzZB0] [2016-08-03(水) 23:31:01] 削除依頼



背後の声はもう1度、好きだよ、と言った。
私は振り返らなかった。できなかった。
誰がなんて知りたくなかったし、幻聴かもしれないと思った。
私は友達が欲しい。できるだけ沢山の友達が欲しいのだ。
恋人なんて甘い関係に溺れる時間はないし、必要もない。
確かに両親から受けるのとはまた違う愛も魅力的だけど、
いずれそれを失うことはとても悲しいから。

そして、私は、逃げた。

その癖に、その夜は泣いた。

名前:

(書き込む前に利用規約の確認を) 掲示板ガイドと利用規約 (投稿前にお読みください)
- 最新50レスだけ見る。
このスレッドの投稿を全表示 - ここの書き込みをぜんぶ一気読み。
SS投稿投稿掲示板に戻る