武田双雲&双龍ファンの人(*^_^*)

書道部投稿掲示板より。


1    パクリーナ  [id : ez-TNbFyio0] [2006-08-10(木) 03:06:45] 削除依頼

書道歴12年のパクリーナです。武田兄弟ファンの人はどうぞ集まって下さい★

33 だるまにおん  [id : QzKpF2R0] [2009-07-24(金) 22:09:48] 削除依頼

習字を馬鹿にした?いえ、私は馬鹿にしてなんかいませんよ。書をやるためにはどうしても必要な段階です。ただ、その段階にとどまり続けることは愚かだと言っているのです。あなたのお父様は、長いこと日本習字の「習字」しかやっておられないのですよね?それは恥ずべきことではないだろうか、と申し上げているのです。あなたも、本物の書に目が向けられる日が来るといいですね。

>まぁ芸術ってそんなもんじゃないですか?
確かに、あれを「芸術」と呼ぶのならば、おっしゃる通りでしょう。しかし、あれは、断じて書ではないのです。彼は、決して書家ではないのです。

>書道の世界もいろいろあります。
これは私の言葉ではありません。

34 なな  [id : nQzxpxg.] [2009-07-24(金) 23:11:34] 削除依頼

33>習字を馬鹿にしたとばかり思ってました

   そういうことですね、分かりました!

   父は自分なりに工夫して自分の字を書いていましたよ
   上手か下手かは別として、、、

   書家でないのならば「芸術家」ですか?
   双雲さんたちもそういうことでしょうかね
   だるまにおんsにとって

   だるまにおんsの言葉じゃないんですね、、
   では、だるまにおんsは書道の世界はいろいろないって
   思っているのでしょうか

35 JP  [id : vfN0j5y.] [2009-07-27(月) 17:38:57] 削除依頼

>>32
日本習字は悪の殿堂、観峰は教祖みたいなもんだな。決して勧められるようなところではない。

段位なんて不必要。会派によって全く基準が異なるのにそんなものでわかるわけがない。
その人の実力を示すものは8割以上が臨書力。創作力より遥かに重要だ。客観的に判断できる基準は、楷・行あたりの形臨のみ。

まあそれと、好き・嫌いと上手・下手の違いくらいわきまえた方が良い。
下手糞なくせに個性云々と抜かすような奴は居酒屋のメニューやらを書くのが精一杯だろう。

36 なな  [id : O6vVBcn.] [2009-07-27(月) 19:37:31] 削除依頼

JP>日本習字はそのように思われていたのですか!!

  まぁ、確かに
  段位何て実力見る上では何のあてにもなりませんけどね

37 だるまにおん  [id : vMrMfZh0] [2009-08-22(土) 13:04:13] 削除依頼

星弘道先生がこのようなことを仰っています。
参考までに。

最近若い「書道家」が丸太のような筆を持って駆けずり回っているのを
テレビで目にしますが、あれは書ではないです。
腕力さえあれば誰でもできる。

38 だるまにおん  [id : vMrMfZh0] [2009-08-22(土) 13:06:10] 削除依頼

私は別に、有名な書家である星弘道先生がおっしゃっているから、武田双雲が悪い、ということを言いたいのではありません。ただ、誰にでも出来るようなことを芸術と呼べるだろうか、ということが言いたいのです。

39 なな  [id : LfjLNsl0] [2009-09-12(土) 15:35:44] 削除依頼

そういうことなら・・・
ただ、最初があまりにも酷評していたので・・
だるまにおんさんの言いたいことが分かりました

40 QF  [id : QveBGkY/] [2009-09-15(火) 11:28:17] 削除依頼

日本習字は悪くないけど
あれはあくまで"習字"だから
書道やりたくなったら鞍替えする必要がある

41 だるまにおん  [id : ONfsXMS.] [2009-09-16(水) 22:27:24] 削除依頼

しかし…書でもない、芸術でもないとなると、武田双雲の書いているものは一体何なのでしょうね。

42 kio  [id : hcstFCK.] [2010-01-20(水) 13:01:52] 削除依頼

ん〜〜〜


筆で書いた字なんじゃないですかねぇw

43 JP  [id : kuYQo.u0] [2010-02-19(金) 17:00:25] 削除依頼

>>41
「書家かぶれの書いた、妄想と自惚れに満ちた殴り書き」です。

44 双雲  [id : PUsahDD0] [2010-02-19(金) 19:06:36] 削除依頼

>>43
うっせーよ
お前は書けんのかよ

45 JP  [id : xMnfKhZ1] [2010-03-08(月) 17:46:13] 削除依頼

>>44

双雲を擁護してるのか否かよくわからん人はスルーで

46 だるまにおん  [id : TLvmXNV.] [2010-03-10(水) 11:43:08] 削除依頼

双雲氏は、おもにどんな古典を学んだんですかね?

47 JP  [id : e5pyFTO/] [2010-03-10(水) 20:07:51] 削除依頼

本屋で彼の著作を立ち読みしたことがありますが、雁塔を半紙に臨書したのがわずかに掲載してあった記憶が……
まあ無論ただの素人書きにしか見えませんでしたが

彼の著作で古典臨書の重要性について書いたものは無いので、まあまずまともな臨書を行ったことがないというのが事実では?


むしろ古典を学んであの作品を書こうとは思いませんよね

48 だるまにおん  [id : TLvmXNV.] [2010-03-10(水) 20:50:20] 削除依頼

たしかにそうですね。「まともな臨書を行ったことがないというのが事実」というのに、まったく同感です。

彼の作品に古典的格調が備わっているとはおもえませんし、かといって前衛かといわれても首をかしげたくなる…。いったい、彼の作品のどういう点が評価されているのでしょうね。

そもそも彼を書家とよぶのが適切か、という点も気になります。ふだんはスーツを着てメディア各社に自分を売り込みに行っているわけですから、彼は、書家というよりもビジネスマンの類でしょう。この点は榊莫山氏も同様です。

49 JP  [id : tHHPDJw.] [2010-03-23(火) 21:59:34] 削除依頼

評価されているといっても、対象が何もわからない一般の人々だからどうにも面倒なもんです。
わけのわからない凄くもない経歴を持ち出してさも凄いかの如く恥ずかしげもなく振る舞っているんですから。
むしろあれを書歴と呼んでいいものかどうか。

そんで若くて話題性があるもんだからメディアが引っ張り、調子に乗ってヤツの思うツボってわけで。

メディアに情報操作されてるもんだからヤツの個展やなんかでオバサマ等が「わあすごいわ」ってなわけで賞賛したりする。
結局正当な書道の道で挑戦する技量も勇気もなにもかもが欠如した出来損ないのただのメタボですかな。


お習字教室に通い始めたばかりの子レベルから書に親しむということで「書家」と定義するならばひょっとすると良いのかもしれませんが、
まあ偉そうに「書家」というには技術的にも人間的にも経験もあらゆる面で欠損しています。

お習字教室に通って間もない子 + 体格 + 欲望 - 無邪気さ = He ですか。


ビジネスマンというよりも詐○師の称号を与えたいもんですが。

50 だるまにおん  [id : DGTDYfs.] [2010-03-24(水) 21:57:09] 削除依頼

そうですね。彼の根性は詐○師そのものでしょう。

それにしても、書道会は彼に対して声を大にして批判することはできないのでしょうか…?吹けば飛ぶような塵芥に構う必要な無い、ということなのか、いささか理解に苦しみます。彼に憧れる子供なんかでてきたらどうするのでしょう。現に、彼の教室には子供もたくさん通っているみたいですし…。

51 だるまにおん  [id : DGTDYfs.] [2010-03-24(水) 22:06:15] 削除依頼

>お習字教室に通って間もない子 + 体格 + 欲望 - 無邪気さ = He ですか。

これはちょっと面白いですねw。言い得て妙です。

もしどなたかご存知でしたら教えていただきたいのですが、原田観峰や武田双雲氏は、なにか宗教団体と繋がりがあるのでしょうか?

52 JP  [id : W9v6DYe0] [2010-03-24(水) 23:12:29] 削除依頼

それだけメディアの力が大きいというのと、一般人に書壇というのがあまりにかけ離れた存在だということが、批判が浸透しない原因でしょうね。
一般人やメディアはなにが上手いかなんてわからないし、番組等で取り上げられる機会が無くならない限り、活動は終わらないのかと。
テレビも批判的番組で視聴率下げたくないですから。

彼の影響は少なからずあるでしょう。しかしながらきちんとした書道界の中で変革が起きることはまずないでしょうから、メタボさんと洗脳されし哀れな大衆が井の中でなんやかんやとやっている間にこういう声が広がることを願うばかりです。


「なぜ武田双雲を書道家と呼んではいけないのか」で検索してください。いいページがあります。
右の”目次”というところから進むと便利でしょう。

53 日本習字関係者ですが…  [id : QXERyVR1] [2010-11-11(木) 17:36:50] 削除依頼

>51
あの、かなり前のコメントなので、今更かもしれませんが、これだけは言わせてください。
日本習字は宗教とは全く関係ありません。変な誤解をされたくありませんので…
(たしかに観峰氏は、宗教かぶれっぽいことをされていましたが、あくまで個人の信教のレベルでした。)

確かにうちの受講者様などには、観峰氏を崇めてるような方はおられます。(特に氏のご長男は財団にとっても迷惑なぐらい)
その上、一代で昭和50年代から60年代にかけて70万人からのご受講をいただいていたので、一人の事業家(あえて書家とは申しません)
としてみた場合、一種のカリスマ的存在であったとは言えるかと存じます。

ただ、誤解のないように、私ども財団の現在のスタンスは、広くあまねくの方々に“お習字”を通して、日本の一文化となっている
“書”の世界にふれていただくきっかけとなれるように、すそ野を広げたいとの思いで活動しております。
確かに“段級位”という概念は、書道の世界においては不要のものと思いますが、私どもとしては、あくまで一般の方々が通信講座で
受講される中で、ご自身の習熟度(日本習字の中でですが)がどのあたりまで来ているかを、視覚的に感じ取っていただくためのものです。

残念ながら、多くの方にはその辺が誤解を招く原因となっているのかもしれませんが、ご理解いただければと思っております。
ただ、現状お習字に取り組まれている皆様が、皆「書家」を目指しているわけではございませんし、「お習字」と「書道(家)」とは似て非なるものと
自覚はしております。
ですから、書道界と言われるところからの「ご批判」や「軽視」も致し方ないかもしれませんが、「日本習字」がそんなに悪いものなのか?と、
日本習字のおかげで今の生活のある自分としては、すべてを否定されたようで、物申さずにはおられませんでした。
長文になって申し訳ございません。

54 日本習字関係者ですが…  [id : QXERyVR1] [2010-11-11(木) 18:05:25] 削除依頼

>Jp氏へ

連レスにて失礼いたします。
色々なご意見やご批判はどこにでもあるものですが、あなたは日本習字のことをよくよくご存知の上で、35で

>日本習字は悪の殿堂、観峰は教祖みたいなもんだな。決して勧められるようなところではない。

などとおっしゃっておられるのですか?もし、よくよくご存知の上でのことでしたら、申し上げることはないですが、
よくご存じでないのにそのような発言をされたのであれば、常識的にも私には理解できません。
私は他の書団体のことなどについて、詳しく知らない無学者ですので言及する言葉を持ちませんし、批判めいたことを
言うつもりもありませんが、自分が関係者であるなしにかかわらず、よく知りもしないことを非難することはどうなのか?
ということです。(皆様、すばらしい理論武装されているので「けんか」したいわけではありません。負けるの必至ですから)

さらには、暴言に等しい断定的な発言の数々、さぞ立派な“書家”様なのかと存じますが、上から目線であまり発言されては
せっかくの“書家”としての品格を失いますよ。(一言苦言申し上げます。)

最後に、私自身は、武田双雲氏については、こちらに書き込まれているほとんどの方と同様に、書家としてはいかがなものか。との見解です。
しかし、残念なことにこの方、元日本習字の受講者でもあったようです…確かお母様(双葉)が現在も日本習字の教室も運営されてます。

さらに、もっと残念な(私としてはとても悲しい)ことに、双方とも経歴に“日本習字”の記述一切なし…
(双雲氏の自伝の中の写真にほんの少しうかがわせるものがあっただけ)だから余計に好きにはなれませんww
日本習字って一体…

55 JP  [id : ItuGuKJ1] [2011-01-11(火) 19:05:06] 削除依頼

>>54
昔すぎてどのような心境で書き込んだか忘れましたが、感情的且つ一面的ですね。お詫びします。
ただし、そのような側面が無いわけでわないことは承知なさってるかとは思います。
武田氏に関する発言に関してですが、彼は暴言も断定的発言も受けるべき人間です。わかると思いますけど。
そもそも武田双雲の書風は原田観峰の作品と酷似していることからも日本習字出身であることは明らかですし、幼少時代の作品に”観峰賞”と書いてあるのを見ました。
日本習字は手習い初めとしてどうか知りませんが、原田氏にしろ武田氏にしろ、特に武田氏に関して世間に発信する作品・思考の数々は本人の無学と思い上がりによる書芸術の冒涜以外の何物でもありません。
その源が日本習字であるとするならば、立場にもよるんでしょうが、決して好意を抱くことはできません

56 日本習字関係者ですが…  [id : cp.IvgY1] [2011-01-17(月) 14:40:01] 削除依頼

>>55
かなり昔のコメントにレスを立てたにも関わらず、お返事いただきありがとうございます。
おっしゃること理解いたしました。

私も縁あって今の立場におり、そこしか知らない狭い世界の住人なので、そこを全否定されると私自身の存在も???となる気がしたので一言申さずにはいられず、失礼いたしました。
決して全ての人に日本習字を好きになって(は欲しいですが)頂くことを強要するつもりもありません。
せめて、「今はそんなに悪いものでもないですよ。」ということを知っていただければ十分です。

結論として、最初に通ったお習字教室が、偶然「日本習字」の教材を取り扱っていたということと、その先生との出会いが自分にとっては良いご縁だったというだけですから…
要は、最初の師が後に大きな影響を与えるのは、たぶん、他の書団体でも同じだと思います。

 最終的に、このスレの主旨とはハズれるかと思いますが、私も双雲氏に対しては好意的にはなれないので、彼が日本習字を名乗ってないことがかえって良かったと今では思います。
(まぁバレバレですが)

以上、この件に関しましては、私の中で完結致しました。長文失礼いたしました。ありがとうございます。

57 日本習字関係者ですが…  [id : cp.IvgY1] [2011-01-17(月) 14:54:44] 削除依頼

すみません。
書き忘れてました。

>武田氏に関して世間に発信する作品・思考の数々は本人の無学と思い上がりによる書芸術の冒涜以外の何物でもありません。
その源が日本習字であるとするならば…

これについては、特に思考に関しては日本習字とは関連がないと言い切ることができると存じます。
(作品については、元日本習字経験者ということであれば、100%関連性がないとは言えないのがつらいですが)

58 ゆう  [id : vk-eD4Yx.d.] [2011-12-03(土) 01:57:22] 削除依頼

日本習字の観峰先生の字は学校の教科書に載るくらいだから上手いだろ!!批判する人って余程字がうまいのだろうね…いつ頃の教科書に載ったか教えて欲しいです(笑)

59 永世中立人  [id : vr29trA0] [2012-01-13(金) 21:16:46] 削除依頼


まぁ字を書くって行為は楽しいし

自分が良ければいいんじゃない

60 れいか  [id : 4s62Xr90] [2012-01-30(月) 17:00:46] 削除依頼

私も日本習字だよ
こんど8段うけるんだーー(*^_^*)

61 〜〜  [id : KSy6VD30] [2012-02-28(火) 18:23:12] 削除依頼

字を書くのが楽しい。だから書く。
ってのは全く異論無いけど修練積んだ書家が怒ってるのはそこじゃない。
その字でお金を、しかも時には考えられないほどの額を請求する人がいるから。

そして有名になって弟子を作って繁栄したら書の芸術性が疎かになってゆくから。
自分が良ければいいって考なら自分だけでその字を評価してれば十分。
ノートにでも書いて書くことを楽しんでりゃいい。

62 パンピー  [id : ez-mke6/og.] [2012-03-20(火) 03:21:24] 削除依頼

書は芸術でもありますか?

私はパンピーでどちらかというと美術が好きですが、
丸々派・丸々派と
時代で変化していくものと、認識しています。

言うように古典と鍛練が見つけられないというなら、
彼は従来の書家ではないのでしょう。
けど、一般人だって、彼の古典を見ているではないでしょう、古典との違いは感じていますよ。
彼がその他の丸太を引き摺っている方より優れていると感じるから、第一人者なんではないですか?
100年後、200年後
彼の書いたものが、その時重要な場所に掲げられていたら、高値で取引されていたら、
一つの亜流で大家になられたなぁって
感じで
懐大きく、眺められてもいいんじゃないですか?
生きてないかも知れないけど、
そんな未来を俯瞰して(^_^)
そんなことはないねって
思われるなら、
この時代だけの問題視も要りませんよね(^_^)v

63 g  [id : PaeOY/w.] [2012-05-04(金) 00:21:06] 削除依頼

>パンピーさん
少々日本語が意味不明ですが言いたいことは把握できます。

よく書道含め絵画音楽等をそれぞれと結びつけながら説明されがちですが、全て上手くいくものではないです。
勿論、共通する部分はありますけどね。
指摘されてる、時代で○○派と移り変わるというのは書道にはあまり当てはまりません。

書道はよく絵画と結びつけられがちですけど、どっちかというと音楽に似てる部分が多いと思うんですよね。
たとえば時間の流れが音楽と書道にはありますが絵画にはありませんね。

もうひとつたとえがあります。初めてバイオリンを持った人の出す音って聞いた事あります?大抵ひどい音出すんですよね。それって一般人にもわかりやすいものです。
そのひとつの”音”の質が、書道では”線質”に当たると考えてください。これは一般の人にはなかなかわからないので、素人が書道で飯を食っていけてしまう原因にもなります。
つまり書道という芸術においてもっとも基礎的な構成要素である”線”の質が、武田氏などは非常に悪く弱いのです。
非常に長い書道の歴史の中で、現代では古典と見なされているものでもその書風故に時代時代で批判を浴びたものもありました。
しかしそれらは、基本である”線”に関しては悪いものはひとつとして無いんです。それは書道を学ぶほどわかるものです。

武田氏の書はつっこみどころ満載で質の低いものというのが通説ですが、それに対して「将来の古典となりうる」と言いたくなる気持ちもわかります。しかしながら最も基礎的な部分が甘いこの人のような作品が将来そのようになることは、以上のような理由からまずあり得ないでしょう。

64 通りすがり  [id : d7LFRx01] [2012-05-24(木) 00:52:44] 削除依頼

今での発言を一通り読ませていただきました。

僕も最近、書道教室に入って書道が大好きになって、これからいろんな臨書をしたいなぁ
なんて考えています。現時点では、少しづつですが、雁塔聖教序を臨書しています。

どういう風に修練を積んでいけば、自分の字がうまくなれるでしょうか。


僕個人的には、双雲さんの字はかっこいいなーなんて思っていて、
わりと好きな部類に入るのですが。そういう素人考えでは上達しないのでしょうか?

ご教授お願いいたします。

65 g  [id : YEHihEw/] [2012-06-24(日) 01:36:07] 削除依頼

>通りすがりさん

書道お好きなようでいいですね。

雁塔は少し応用的な古典ではありますが、唐の楷書を学ぶことはいいことだと思います。
古典の学び方には多くの方法が言われていますが、やはり唐の楷書、特に九成宮を学ぶことが多いようですね。私は違う順序で学びましたが。
どうしてかというと、やはり整った楷書を学ぶということは、書の基本である”線”が鍛えられるということ、また字の骨格(形など)がしっかりすることが利点です。
草書などから学ぶ人もいるようですが、やはり初心者が真似すると、線も骨格も弱いだけの字に陥りがちです。
ですから、まずそういう基本的な楷書の古典から学ぶのがよいかと思います。


武田氏の字ですが、書を学ぶ前や学んで間もないときは華やかさに目を奪われることもあると思います。
しかし、古典に接し、臨書をすればするほど、何かが違うな、と感じると思います。

ひとつ言うと、私はばりばりの古典的作品主義者とかでは無く、近代的な「大字書」「前衛書」といった種類の作品も、とても好きです。
しかしそこには、臨書を経たからこそある、輝きのようなものがあります。

それと、臨書ばかりをしていろと言うつもりもありません。
臨書ばかりでは飽きてしまうでしょうし、好きなように、思うままに書くのもいいかと思います。臨書:創作=8:2にしてみるとか。
ただし、誰かの創作作品の真似をする、というのでは力はつきません。それどころか、変な癖がついてしまうこともあります。
(ただただ自由に書かせて「個性」として重んじる人もいるようですが、規律の無い自由はただの乱暴であるように、書でも臨書の無い個性は落書きに過ぎません。)

ひとつおすすめな方法は、自分が書いた古典風、たとえばあなたであれば雁塔風、の字で好きな詩文を書いてみる、というものです。
そうすると、古典のエキスは吸収でき、あなた独特の書きぶりや表現が少しずつでてくると思います。


というのが私の見解です。

素敵な書を書けるようになることを願っています。

66 通りすがり  [id : R9NyUda.] [2012-09-05(水) 23:46:35] 削除依頼

>gさん

ありがとうございます。ご返事が遅くなってすみません。
今現在は雁塔聖教序がすこし行き詰ってきたこともあり、
九成宮禮泉銘と龍門二十門(〜造象記)を気が向くままに臨書しています。
他にもまだまだ、孔子廟堂碑や、隋の時代の墓誌銘集(美人薫氏や蘇慈とか)、
行書(集字聖教序・蘭亭叙とか)や草書(十七帖・書譜とか)も臨書してみたいし、
かなの書(高野切・寸松庵色紙とか)にも興味が尽きません。

色々な書に興味がうつりすぎて、なかなか一つに絞り込んで臨書
できないのが僕の欠点ですが、書道は一生の友にしていきたいなと思ってます(笑)

またご教授お願いします!

67 過客  [id : BnuVSyL/] [2013-01-14(月) 07:18:13] 削除依頼

書は心

68 kuukai2013  [id : 16/yMtI.] [2013-06-18(火) 22:33:54] 削除依頼

書は臨書によって様々な用筆法、リズム感、構成力を学び、筆力・品格を高めることが重要。書の時代背景や用具用材や多くの文学(素材としてのもの)を学ぶことで創作作品(言葉も)を生み出していくものです。多くの良い古典を臨書することが書上達の近道ですが、書以外の芸術についても勉強していかないと良い作品は書けない。書は人なり。その時の実力以上の書は書けない。自分らしい素直な書がいい。

69 書道家  [id : lgzbAvs.] [2013-06-20(木) 21:14:48] 削除依頼

書道のことを知らない人が、想像で名指しで批判を書いている。

知らないのなら、知らないで、個別の専門的視点を使用し、科学的に説明して欲しいところです。

主観で書くのなら、芸術の本質を説明して下さい。

優れた芸術家の評価を、世間話のようにして、甲乙透けるのはやめて下さい。

今は、芸術学部でも芸術のことを知らない人がいる。

興味が無いし、芸術の概念を受け止める、土台がない。

土台を作る地面のない世の中なのです。

みな、プログラミングとロボット設計と、プロダクトデザインでもやって、

大量生産の感性人間になっていくのだろうと思うと、

芸術家としては、悲しい限りです。

70 あああ  [id : lgzbAvs.] [2013-06-20(木) 21:15:30] 削除依頼

書道のことを知らない人が、想像で名指しで批判を書いている。

知らないのなら、知らないで、個別の専門的視点を使用し、科学的に説明して欲しいところです。

主観で書くのなら、芸術の本質を説明して下さい。

優れた芸術家の評価を、世間話のようにして、甲乙透けるのはやめて下さい。

今は、芸術学部でも芸術のことを知らない人がいる。

興味が無いし、芸術の概念を受け止める、土台がない。

土台を作る地面のない世の中なのです。

みな、プログラミングとロボット設計と、プロダクトデザインでもやって、

大量生産の感性人間になっていくのだろうと思うと、

芸術家としては、悲しい限りです。

71 あああ  [id : lgzbAvs.] [2013-06-20(木) 21:16:19] 削除依頼

書道のことを知らない人が、想像で名指しで批判を書いている。

知らないのなら、知らないで、個別の専門的視点を使用し、科学的に説明して欲しいところです。

主観で書くのなら、芸術の本質を説明して下さい。

優れた芸術家の評価を、世間話のようにして、甲乙透けるのはやめて下さい。

今は、芸術学部でも芸術のことを知らない人がいる。

興味が無いし、芸術の概念を受け止める、土台がない。

土台を作る地面のない世の中なのです。

みな、プログラミングとロボット設計と、プロダクトデザインでもやって、

大量生産の感性人間になっていくのだろうと思うと、

芸術家としては、悲しい限りです。

72 taka  [id : VIaPewI/] [2013-08-26(月) 15:59:20] 削除依頼

芸術を科学的に説明しろだなんてナンセンスですね。
また芸術の本質について通底する観念があると思ってらっしゃるのですか。
それこそ芸術家を語るのは悲しいというものです。

73 ラブ  [id : ZUIGlMu0] [2013-11-25(月) 00:00:30] 削除依頼

わたしも、日本習字にご縁があり3才より今現在3※年習い、生徒さんへ伝える立場となったものです。
多くの事はあまり分からず日々勉強中です。
ですが、日本習字も昔からの観峰流を指示する者と観峰流も理解した上で臨書を勉強し書道に近づこうと試行錯誤している者と両者にわかれつつあると思います。
自分の生徒達には、かりにその道にいってもはじぬよう私なりに伝えております。
日本習字を選ぼうと他の書道会を選ぼうと根本的には文字を綺麗に美しく書きたいと言う気持ちにはかわりないですからね!
偉そうにスミマセン(>_<)

74 ラブ  [id : ZUIGlMu0] [2013-11-25(月) 00:02:46] 削除依頼

個人的に武田兄弟は、スミマセン(>_<)
指示しない側デス。

75 芸大志望  [id : yPmEup71] [2015-07-22(水) 00:28:27] 削除依頼

ここにいる書道家(なのかは分からんが)ってプライド高いのな。
俺なんかはただ芸術が好きな素人だけどさ、
もっとこう純粋に楽しめるもんちゃうの?
筆を握る楽しさとか、線を引く楽しさとか、形を造る楽しさとかさ。
誰がうまい、誰が下手とか、思うこともあるだろうけどさ。
そういうのって、公に出すもんかね?
俺が間違ってんのかもしれないけどさ、
このやり取り見てて、なんか書道界って嫌だなって思った。
もちろん、良い人もいるんだろうけど。

書道習おうと思って調べてたけど、
なんか始めんの恐くなってきたわ。
色んな人が見るんだから、もっと冷静になろうぜ。

76 芸大志望  [id : yPmEup71] [2015-07-22(水) 00:28:59] 削除依頼

ここにいる書道家(なのかは分からんが)ってプライド高いのな。
俺なんかはただ芸術が好きな素人だけどさ、
もっとこう純粋に楽しめるもんちゃうの?
筆を握る楽しさとか、線を引く楽しさとか、形を造る楽しさとかさ。
誰がうまい、誰が下手とか、思うこともあるだろうけどさ。
そういうのって、公に出すもんかね?
俺が間違ってんのかもしれないけどさ、
このやり取り見てて、なんか書道界って嫌だなって思った。
もちろん、良い人もいるんだろうけど。

書道習おうと思って調べてたけど、
なんか始めんの恐くなってきたわ。
色んな人が見るんだから、もっと冷静になろうぜ。

77 かおりん  [id : GJRuzVg.] [2015-08-24(月) 00:46:07] 削除依頼

どうして人の悪いところばかり探そうと必死なんですかね?
人、考え、捉え方みんな違うのは当たり前。
自分が信じることに純粋に入り込めばいいじゃないの。
何で、人のする事にごちゃごちゃいう人居るんだろうね。

78 まさ  [id : .Tuh3wJ/] [2016-07-21(木) 19:10:08] 削除依頼

宗論は勝っても負けても釈迦の恥…
こんな言葉が私の書に対する支えになっています
書写書道いかなる分野においても良いところに
目を向けて…
誉めてあげることは出来ないものでしょうか?
新たな自分が見えてくるかも…

79 まさ  [id : .Tuh3wJ/] [2016-07-21(木) 19:16:35] 削除依頼

どんな下手くそな…作品であってもきっと素晴らしいところがあるはずです
誉めて誉めて誉めて誉めて…笑顔にさせて
喜びをいただきましょう
ちょっと嬉しいですよね

80 書道ブラック  [id : i-zEYI2AI0] [2016-07-26(火) 23:17:37] 削除依頼

ほう〜科学的にですか!
墨に関してはすでに調査されてます。名墨の知識がどれだけあって、科学実験されたかという疑問は残りますけど。少なくても富士山の水がいいとか言ってるよりかは根拠あるデータかなと。 九成宮も本当に縦長なのか、書家の書いた本を信じていいのか!疑問ですね。
某有名書道家(トップクラス)でも年何が駄目か、得意そうに書いてる大字で寸法を合わそうと無理な構造を立ててる。王羲之にはない書法ですね。日展が羲之風を目指して再出発したなら致命的でしょう。
印泥のもきちんとした使い方は知らないでしょう!!道具に古典にとどのレベルの知識があるかは知りませんが。
土台がないって自身の事かな?

81 書道ブラック  [id : i-BWG9U5r.] [2016-07-27(水) 00:07:55] 削除依頼

中田勇次郎は書道芸術には「歴史的価値」「コレクション価値」「宗教的価値」を言ってる。楽しい=芸術でいいのだろうか。空海の書が実用から芸術的評価を受けのにも中田勇次郎が言う三つの価値があったからではないか?

土台がないって… 知りたい若者の育成失敗を棚にあげてるだけでは! 知識人が教えていかなくてどうする?興味がないのなら、興味を持たせたらいい?そんなに興味のない作品を作ってるのですか?

名前:

(書き込む前に利用規約の確認を) 掲示板ガイドと利用規約 (投稿前にお読みください)
武田双雲&双龍ファンの人(*^_^*) - 最新50レスだけ見る。
このスレッドの投稿を全表示 - ここの書き込みをぜんぶ一気読み。
書道部投稿掲示板に戻る