黄色信号

詩投稿投稿掲示板より。


1    スイートスポット  [id : TUkrbgv1] [2016-10-25(火) 21:52:35] 削除依頼

皆さん好き勝手詩を書いていって下さい
見つけ次第拙いですが詩の感想なんかを書かせて頂きます
詩のジャンルは問いません
誹謗中傷は控えて下さい
では、よろしくお願いします!

2 スイートスポット  [id : TUkrbgv1] [2016-10-25(火) 22:14:12] 削除依頼

題:デジタルデバイド

アンテナの死角を見破って
GPSの包囲網掻い潜って
電波を意図的に相殺させて
赤外線を蔑ろにして
AIの深層心理読み解いて
オンラインさえ蹴散らしても
君は
分かってくれないんだね

3 スイートスポット  [id : YDJo4bu/] [2016-10-27(木) 21:18:59] 削除依頼

題:貴婦人の午後3時半

言葉を呑み込んでは
徒労を吐き出して
動く私は蒸気機関のよう

今日は紅茶が飲みたい気分


真実を孕んでは
嘘を隔離して
話す私はピノキオのよう

できればストレートが良いな


愚直を誉めそやしては
無能を危惧して
走る私はインパラのよう

いいややっぱりレモンを添えて


熱気が篭るカップの水面に
揺れる波紋に映る私
そしてレモンの酸っぱい香り
陽は南の空を優雅に漂い
カップの上でも漂う湯気が
鼻孔に入って包んだならば
感じ取りながら口に含んで
今日が終わるまで後8時間半
残りの燃料使い切る迄

4 スイートスポット  [id : 1bh24gK1] [2016-11-01(火) 23:31:02] 削除依頼

題:霧雨

理想が希望を欺く前に
三面鏡で己を覗き込んで
泣いてばかり屹度今日も
霧雨が我が身を冷やして行く

理想が希望を裏切る前に
万華鏡で我が身を融け込ませて
笑ってばかり屹度明日も
コートは湿ったままなのだろう

噫不意に埋もれた
死に物狂いの結果が顕著に表れて

噫故意に溺れた
悪足掻きの効果が如実に呼んでいる

逸そ土砂降りにでもなれ
中途半端は厭だ
今は唯共に流れたいだけなんだ

逸そ豪雨にでもなれ
不完全も嫌いだ
今は唯足が浸りたいだけなんだ

ああ明後日まで
外は雨の予定なのか
そうかそうか

5 スイートスポット  [id : j5S.rFz/] [2016-11-06(日) 00:51:35] 削除依頼

題:発展途上

四葉のクローバーを引き千切れ
頼れば頼る程嵌って行く
自虐的資質を持つのならば止めやしないけど

タロットカードを引き千切れ
藻掻けば藻掻く程堕ちて行く
自虐的資質を持つのならば好きにすれば良い

強運を鵜呑みにすれど
寝たら忘れる正に夢心地
高みの見物解って頂戴
貴方を思って言ってるの
生かすも逝かすも己次第

折れ線グラフは鰻上りよ
此処で奮激させろよ我が人生
一度切りと思うなら
昇り龍にでもしてみなさい

6 スイートスポット  [id : gVgLlUQ/] [2016-11-09(水) 01:11:07] 削除依頼

題:慢性的金銭感覚

輩が蔓延ってるようだ
怒号と歓喜の応酬
流血が茶飯事のようだ
罵声と愉悦の交錯

砂混じりの万札が
飛び交っては埋もれて
破れかけの万札が
宙舞っては踏まれて

嫉妬も憎悪も小さい物よ
感嘆符が出る由もない
山積みの札束が貴方を
彷彿とさせる
羞恥も嫌悪も小さい物よ
声を荒らげる迄もない
乱雑な金塊が貴方を
彷彿とさせる

慾望が態度に出てるわ
耳を揃えて貰うわよ
利子も意思も返済して
幼気な崩れ様

アタッシュケースも用無しね
福沢諭吉に威厳なし
貴方って熟熟
洗い浚いって言葉が似合うわ

ガソリンの匂いが漂えど
嗅覚も途絶えて
紙幣の束にはタイヤ痕
高笑い響く夜夜中

7 スイートスポット  [id : bxZpW1h/] [2016-11-10(木) 01:45:25] 削除依頼

題:及第点

途轍もない壁が立ちはだかって
それを乗り越える努力と
壁を打ち砕く勝ち気に
壁を無視する選択を

途方もない敵が群がって
それを相手にする勇気と
敵を唖然とさせる頭脳に
敵から逃げる選択を

西日が差し込めど18度の空間
寒気が前方往来しながら
反復運動繰り返しながら
黄昏に吸い込まれて

決して善い訳では無いが
認めてやらない訳でもない
狼狽と歓声の狭間で
壁を無視して
敵から逃げて
寒気を追って
黄昏に吸い込まれて

空虚が蝕めど
木枯らし一号猛威を振るい
待てど暮らせど来ない皆んなを
西日が優しく包み込む

壁を無視する選択を
敵から逃げる選択を
其れ等を慕う選択を

8 スイートスポット  [id : bxZpW1h/] [2016-11-10(木) 21:56:08] 削除依頼

題:予知夢

汗水垂らして弱音を漏らして
溜め息を吐いては宙に浮かんで
風と共に流れて
解ってはいたけど
知りたくもなかった
夢の中
世界は次元は
案外気紛れで

泪を零して弱気が溢れて
泣き声が響いては空に向かって
騒音に掻き消されて
祈ってはいたけど
叶いたくもなかった
夢の中
宇宙は光は
案外鈍感で

一致も合致もしなければ
相対する事もないまま
時は過ぎて人は消えて
犬も蜘蛛も木々も何処へ
孤独を誘発

日が昇り日が沈み
反芻が襲いかかって
栄光も絶望も
今なら笑い話さ

晴天も土砂降りも
退屈と化してデジャヴュで
伝説も捨鉢も
今なら笑い話さ

予想が的中しても外しても
夢が夢見させてくれたんだ
夢の事も過去の事も
笑って

夢の栄光も夢の伝説も
夢の絶望も夢の失望も
夢が孤独を誘発しても

其れは

戯れてるだけさ

9 スイートスポット  [id : 02Zk0yE.] [2016-11-11(金) 23:27:12] 削除依頼

題:観測史上最大風速

木々の騒めきも雄叫びも
耳に入る前に消え失せて
描いた構想も頓挫に終わり
何だかんだ解らないね

アスファルトの悲鳴や
家屋の歯軋り
耐えれば耐える程
惨めになるよ

山場越えれば収まる
今日の事も数年後かに
笑い話になる筈さ
此処を凌ぐぞ

文明の発展が
我々の首を絞めてる
でも満たされているのは
我々でも分からないさ

謎秘めた進化した
最先端科学成果を
使い熟せずに腐らせるのは
やっぱり勿体無いから

其処は我々の器量で
帳尻合わせてもらうから
宜しく

兎に角今は轟音が止むまで
時を待とう

10 白戸遥  [id : FFX.qa5/] [2016-11-12(土) 17:51:36] 削除依頼

春の風に吹かれて


さぁ夢の続きを
一緒にみよう

笑えないなら
笑わなくたっていいんだよ?

だれがそんなこといったの?

きみはもう自由だよ
なにしたっていい

よし、
抜け出そう

この真っ赤な世界を

蒼さとは、行方。//

11 スイートスポット  [id : kJx1e5i.] [2016-11-12(土) 23:16:01] 削除依頼

題:未来を置いて行く

ヘッドホンから音が漏れてる
自己を奮い立たせる
周りは見えていない
単なる応援歌なら
誰も苦労しない
寸暇を惜しんで
細胞醒まして

一日前が
一時間前が
一分前が
一秒前が
酸化している

だから
過去の空気を
今へ吐き出して
過去の言葉を
今へ叫んで

なけなしの希望が
僕を開花させる
その時まで今は
ヘッドホンの中の虚構に埋もれていよう

12 スイートスポット  [id : kJx1e5i.] [2016-11-12(土) 23:29:47] 削除依頼

>10 白戸遥さん
来ていただきありがとうございます
あなたが来てくださった一人目ですよ!笑

ではではおこがましいですが感想の方を…
真っ赤な世界に幽閉されてた人を抜け出そうとするという感じよりは
真っ赤な世界の殻に閉じこもった人に新しい世界を見せたいというように捉えました
閉じこもった人の世界を真っ赤、新しい世界を蒼とする事で、世界という壮大な物が色という身近な物で表され、詩全体が身近に感じ、自分の今までの人生をこの詩に当てはめる事ができるなと思いました
また、この詩は全体的に、閉じこもった人を諭すセリフ調なのですが、多々ひらがなが用いられていて、そのひらがなの持つ特有の暖かさがこの自分の世界から新たな世界に導く少し重い情景に優しさを与えていました
ですが「きみはもう自由だよ」と言うわりには
「夢の続きを一緒に見よう」や「抜け出そう」など
いろいろと行動を促してるのは矛盾してるように思えて、若干引っかかりました
これで以上です。白戸遥さんの意図した物とは違う解釈だったらすいません

これから寒くなる一方だと思うので、お身体に気を付けて、またいつでも来て下さいね

13 スイートスポット  [id : ELlSNHO1] [2016-11-15(火) 00:22:45] 削除依頼

題:うたたね

あぁ嫌になっちゃうな
毎日毎日辟易な気分
あぁ厭になっちゃうな
毎日毎日不完全燃焼
あぁ嫌になっちゃうな
空っぽの冷蔵庫を眺めて
あぁ厭になっちゃうな
砂嵐の画面が闇を照らして

70億人の内の1人として
命を請け負ったけど
もっともっと自分よりよっぽど
良い奴は山程居たのかな
知らないまま死に行くのは
少々不甲斐ない気もするが
無理に知るのは我儘だから
断末魔の中答え見出すよ

あぁ嫌になっちゃうな
毎日毎日今が過去になる
あぁ厭になっちゃうな
愛情が我が身を蝕んで行く
あぁ嫌になっちゃうな
また日が僕を照らすのだろう
あぁ厭になっちゃうな
だから今くらい夢に逃げさせてよ

14 スイートスポット  [id : 7Y7H63A.] [2016-11-20(日) 01:35:00] 削除依頼

題:大どんでん返し

誰にも言える事の中で
虚偽は何割あるだろうか
誰にも言えない事の中で
真実は何割を占めるだろうか

血眼で探した僕の足跡
皆の足跡は無数にあって
何も残せない無の世界で
費やした時間は成果に比例しない

瀬戸際が抜き足差し足忍び寄る
正念場が届きそうで届かない距離に
浮島に利き手掛けて

集中力だけじゃ如何にもならない
座布団投げる準備は出来たか
自分の脳じゃ理解出来ない
幸運の女神だけじゃ如何にもならない
胴上げをする準備は出来たか
自分の体じゃ把握出来ない

人生は博打の連続だ

我が限界の境界線が
風化して朽ちていく

15 スイートスポット  [id : 7Y7H63A.] [2016-11-20(日) 21:42:01] 削除依頼

題:無駄の無い無駄な話。

新しき時代の風が強過ぎて
世論に着いて行く事が出来ずに倦ねるよ
一抹の不安が一度寝れば忘れて
でもいつも大事な場面で思い出してしまうよ

こうして素通りして行く日常とは
また何時か巡り合わさる時は来るのか
でもその時が来た時は
ただ戸惑って終わるんだろうな

逃した先の発見を我流で見つけていくよ
水面に映る孤独が執着を孕んでる
非現実な黒魔術に縋る自分が不甲斐ないよ
そんな日常を見逃しているのか
そんな日常が閑かに閉じていく
勿体無いな勿体無いな
勿体無いな勿体無いな

でも巡り合わす確証もないし
逃した先の発見を我流で見つけるよ
黄昏が民を宥めるように
僕もこんな日々を宥めたいよ

16 スイートスポット  [id : MT.V3ie0] [2016-11-23(水) 21:17:17] 削除依頼

題:大都市界隈

五車線の信号待ち
午後10時半気温21度
霜月にしては行った方じゃない
密室に響くラジオDJの声は
マールボロの煙と交じっては融け合う

午後11時誘惑の土曜日
雨の外とは無縁の場所で
最早棄てたも同意のビニル傘を
畳んで乱雑に置いて頼めば
出された蒸溜酒慾を充たせば
訪れるのは仮死状態
其れすら悦とし愉しむ姿
盛者必衰とはよく言ったものね

仮死状態も昨日の出来事
右手首見れば1時半
ジンと煙草で充電された私は
其の身をシャワーで浄めるの
意識と匂いを洗い流せば
後は委ねて戯れるだけ
五感が奪われ我が遺伝子までも
染み渡ってと懇願しては
夢と現の狭間の中で
栄枯盛衰を一晩の間に

17 スイートスポット  [id : tpTyZA/1] [2016-11-26(土) 22:23:37] 削除依頼

題:生ぬるく、淡白

常夜灯の光さえも
入らない我が瞼
ついさっき浴びたブルーライトは
脳裏に厭な程留まっている

憂いも知らない幼い心よ
夏の砂浜
水平線の先の蜃気楼で燥いだ自分が疎ましい

目覚まし時計の音さえも
遮断する我が鼓膜
ついさっき流れたギブソンの音色は
脳裏に厭な程残っている

可憐も知らない幼い心よ
冬のベンチ
枯葉の下で凍える虫達で胸高鳴った自分が忌々しい

大人になって芽生えた羞恥心を
曝け出してこそ有りの侭に
自己嫌悪の成れの果てに
美しさを確立させて

底を尽きない元気を持った頃の私へ
御破算で願いましては

18 スイートスポット  [id : K5BQhVSf] [2016-12-11(日) 22:02:18] 削除依頼

題:答え

朝焼けが黄昏が星空が
総てを包み込む
捉え方は人其々
背徳と道徳の錯誤

嵐の前の静けさ
暦を逆走する事の気高さ
偶然が原動力の吾等に
受動と能動の連鎖

何て情けないのだろう
自然が泰然自若と居るのに対し
どれだけ目の前の事の為
吾々は身体を傷付けるのだろう

何て痴がましいのだろう
崩れた成れの果てを知ってると思い込んでいた
吾々の姿を
大地は微笑みに似た嘲笑を浮かべ
この世の倫理を否定する

言葉では表せない
死が煽っても解らない問を
自然は平気で答を見出す
抑もこんな簡易的な命で
立ち向かおうなど
時間の無駄に過ぎないのだろう

19 スイートスポット  [id : K5BQhVSf] [2016-12-23(金) 12:28:04] 削除依頼

題:前夜祭

大概の事は常識で済まされるけど
今日はまた別物
敵味方曖昧な方が楽しめる
過去を持ち出しちゃもう終わり

宴なんて大層なものじゃないけど
そんな情報は直ぐに忘れる
そうこの一瞬の為に名誉を棄てるんだ

日頃は出来ないあんな事こんな事
脱いでしまえばこっちの物
羞恥を投げて返ってきた金で
飲む酒は格別だから

乱射すればする程耳を劈く程
ほら口角が上がっていく
分かり易いね

一生が短いとか長いとか
今はそんな事関係ない
どうせ皆の命は平等だから
大事なのは濃さなんだ
永遠を帳消しにするような
出ました特大四尺玉
細胞から宇宙規模まで
狂ったもん勝ち

聖者も悪魔も英雄も雑魚も
皆平等の伝説へ
長針が何周もしていてもこの時だけは
「今」で片付けられる
申し訳なさそうに昇る朝日
無尽蔵の興奮

さぁまもなく開戦

20 スイートスポット  [id : K5BQhVSf] [2016-12-25(日) 23:58:30] 削除依頼

題:隣り合わせな芸術

何の変哲も無い部屋の中
目の前にたった今「一人」から「一個」になった物体が
そんな物の周りを小躍りして
靴下に着いた赤い染み
気にせずに僕はステップを鳴らす

芸術の好みは人それぞれ
安直な意見が飛び交ってる
レベルの低い批評家達は
自我の秩序の押し付け合い

血液を指に付けたなら
壁に何を描こうか
脳味噌や脾臓を投げ付けて
世界に一つだけの芸術を

許してよ許して
知らない方がよっぽど良いんだよ
捕らえてよ捕らえて
着実に向かってくる足音に
響き渡れど此処は深淵

呑気な顔して今何時
腎臓を持ってジャグリング
大道芸でも始めてみようかな
肝臓使ってリフティング
これはかなり難易度高い
それでもせっせとこなします

21 スイートスポット  [id : K5BQhVSf] [2016-12-31(土) 23:49:09] 削除依頼

題:足並み揃えて

潔いままで良い
履き違えたお前の本音は
薄れる事はない
風化する事はあっても
本質はなくならない

あどけないまま育った
若さ癒えぬ日々が砕ける
裁く者もいなければ
俯く者もいない
冷たい風を浴びたら
揺らめく影が一つ

今輝き放つ
恋を僕は謳いたい
今異彩を放つ
愛を僕は認めたい

青々とした大地が
時を蔑ろにするのなら
春を知り
夏を越え
秋を呼び
冬を彩った
運命が焦らしに焦らして
待ち焦がれたよ

足並み揃えて
またね
って突拍子もなく言われても
僕は顔色一つ変えずに
またねって
言えるようにしたい

22 スイートスポット  [id : K5BQhVSf] [2016-12-31(土) 23:50:07] 削除依頼

それでは皆さんよいお年を
来年もマイペースに詩を書いていきます

23 スイートスポット  [id : K5BQhVSf] [2017-01-09(月) 03:04:26] 削除依頼

題:孤独の先駆け

事務的な動きをする公転
でも陽も届かない床の間
築12年のワンルーム
有るのはテレビの無機質な光

周期的に軋む地下鉄
乗車率は優に130を超えて
ハンカチ越しに掴んだ吊り革
イヤホンから漏れる私の好きじゃない
音楽が耳に入る

曖昧なLINEの返事を無視して
アスファルトの上を闊歩する
一度呼吸が乱れた途端
人混みに呑み込まれ

嫌い嫌い
嫌い過ぎて
人工の光に照らされた夜空
本物の星は見えない
本当の夜を知らない
劣等に自惚れている

好き好き
好き過ぎて
対岸を照らす信号機
本音は何処までも聞こえない
本当の誓いは使えない
涙さえも躾けてる

名前:

(書き込む前に利用規約の確認を) 掲示板ガイドと利用規約 (投稿前にお読みください)
黄色信号 - 最新50レスだけ見る。
このスレッドの投稿を全表示 - ここの書き込みをぜんぶ一気読み。
詩投稿投稿掲示板に戻る