恋歌

詩投稿投稿掲示板より。


1    雛音海夜@夜喇虍  [id : iFy1tVj/] [2015-11-18(水) 20:43:38] 削除依頼

よらくだよ

詞をたまに捨ててくよ

普段は中学の方で詞かいてるけど
うまくできたと思ったのをこっちに清書として捨ててくよ

315 やんぐこーん  [id : JO/kfoq/] [2016-06-15(水) 17:46:24] 削除依頼

―――君のことは愛していたよ―――
誰もいない古びた教会の端で
もう動けない僕は 横になったまま
呟いて 息を吸って 涙が一粒溢れ

そのままもう動くことはなかった

316 夜喇虍  [id : IwREgCH.] [2016-07-05(火) 13:29:38] 削除依頼

落ちて 来なくなった 言葉の雨を
ひとつひとつ 殺して 握りつぶしたんだ
嗚呼 僕にはもう こんなもの いらないや

明日 すら
見えてこない 世界を 漂って生きていている
僕は クラゲ
ですらないや もう
プランクトン 以下 かも
しれない心を 僕は
もう一度 確かめた 

嫌いになった この世界を
壊して しまうのは とても簡単で
でも 大好きな 君を
守ることってとても難しいね

心臓が 高鳴る 夢が 眩んだ
僕はいま どこのたつのだろう
世界が 僕を おいていってしまわぬように
そっと 君を抱き締めた

ゆめを かけて くらんだ せかいをもどして
きみを あいしています
いつも いつまでも このせかいで
ぼくは ぼくを しんじてみます

317 夜喇虍  [id : uwYU4SP.] [2016-07-05(火) 19:43:19] 削除依頼

殺してしまった 心を埋めて
生きてしまった 涙を飲んで
君は 君は 消えてしまったのに
僕は 僕は 笑っているんだよな

罪悪感なんて とうに忘れた
いつもなぞって 消えた思い出
あの日のように笑いたいな
なにも知らない 無知な僕へ
消えてしまうんだって
いってあげたくて

死んでしまったら意味がない
いままで積み上げたものが消えてしまう
でも 生きていたって意味がない
積み上げたものはあの日においてきたから

今と言う素晴らしい息を吸って
昔の思い出すべて吐き捨てて
僕は生きています
動く心臓の拍を数えて
そのリズムのまま歌をうたえば
ぼくは もう まよわない

嫌いになってしまうんだ

ぼくを

318 夜喇虍  [id : QiyKuGt0] [2016-07-10(日) 18:19:16] 削除依頼

曇り空をかけてく 烏の翼を
ひとつ拾い 掲げて 羽がほしいと 捨てた

君の声を 僕は 聞いていたのかな
あの日 あのとき の銃声を思い出して

変わってしまった街 そのすみのほうで
僕は君との約束を 思い出しながら あの日を待つんだ

生きてるってなんだっけ
そんな こと 考えてる暇
ないくらいに 変わって世界
死んだ人のが多い そんな世界になった今
僕は 君を信じてて いいの?

一人 雨のなか
いつもの 場所でうずくまる
大人たちは 銃声と 悲鳴の うずのなかだ
僕の何百回目の すきは
君に届いたかな

319 夜喇虍  [id : QiyKuGt0] [2016-07-10(日) 18:19:52] 削除依頼

ミスったけどこれでいいや

320   [id : QjHzfLY/] [2016-07-12(火) 17:39:23] 削除依頼

夏の暑さ、キスの熱さ、思い出の厚さが
あまりにも温度を上げたから僕は溶けてしまう

去年のこの季節に君と僕は恋に落ちたんだよね
繋いだ手の温もり、身体の火照りが何故だかな
心地よくすら感じたのです

これから幾つもの季節を越えても、僕の中の夏
この優しい温かさときめく感情は続くと思ってた
でもね、馬鹿だったよ、終わらない夏など……

あるハズもないのに

夏の暑さ、キスの熱さ、思い出の厚さが
あまりにも温度を上げたから僕は溶けてしまう
布団の中で何もかもが涙と混ざっては消えていく  
溶けてしまったものはもう元には戻らない
二度と…二度と…

321 夜喇虍  [id : 7O9PE7w1] [2016-07-12(火) 22:58:31] 削除依頼

久しぶりです!!!
夏と言えばハイテンション恋愛曲が多いですが失恋曲……!!
すごく良いです!!!
やっぱり言葉の使い方とかそういうの大好きです!

322   [id : zqRGqKG/] [2016-07-14(木) 22:14:47] 削除依頼

今この瞬間を生きるその人を作っているのは
過去のその人が存在した物語があるから 

今君がその目から一筋の涙を流しているのは
過去についた傷跡を忘れることが出来ないから

今目の前で起こってる異常にも見える現象
でも過去には引き金になった原因が必ずある

その一つ一つが折り重なって今にいたる
僕と君が別れたそれは暑い暑い夏の日の夜 

飛び乗ったタイムマシーンで今向かうよ
過去の川、濁流を遡って、あの頃の時間へ
今度こそは君のサヨナラを阻止してみせるから

そして遂に見つけたんだ、笑い合う2人
未来の決別、2人の結末を知らないまま 
ただただ君と僕は愛し合っていたんだ

それなのに、それなのに僕の放った一言で
2人は徐々に崩れていってしまったんだ
僕は必死に別れた要因を潰そうとしたけど
その無数に存在する引き金に逆に潰された

そんな夢から覚めて一人で泣いたのは…
それは暑い暑い夏の日の朝のことです

323   [id : zqRGqKG/] [2016-07-14(木) 22:15:59] 削除依頼

お久しぶりです!
なんか失恋に流れてくんですよね…

324 夜喇虍  [id : 4LAfjpY1] [2016-07-15(金) 21:47:41] 削除依頼

うう、つらい……
最近ちょうど失恋したので心に来る感じですね
でもすごくこうかっこいいというかなんというか←

渉さんの失恋曲すごくすきです!
全部がかっこよくて悲しくて苦しい感じが……

325   [id : JwX2arm.] [2016-07-18(月) 20:01:17] 削除依頼

◇カット◇
今どんなに頑張っても最後は死んでしまうんだ
何かをやり遂げても何も持ってはいけないんだ

なら、どうせそうなるというのならば
何もやらずに死んだ方がいいと思ってた

君に出会うその時までは

利益のないことはやる意味なんてないし
僕のこの苦しみも報われることはないし

それでも、君の為なら意味のないコトでも
やりたいと思うことが出来たんだよ

今君が隣にいて笑っている場面を
僕と同じこの瞬間に存在していること
それを切り取って真空パックに詰めて
汚されないようにしたいと思ったんだ

時代の流れに酸化してしまわぬように
コレをもっていくことは出来ないけれど
もし生まれ変わったら僕はそれを開くよ


ありがとうございます。上の詩はハイテンポな
感じにしました

326   [id : Oy1/RvZ.] [2016-07-19(火) 14:17:19] 削除依頼

◇電子の行進◇
会えない時間が愛を育てるとはよく言ったもんだ
僕等の愛は時間を置きすぎて干からびてしまった

会わない時間を埋めるためにメールで繋いでいる
でも、君の好きの文字からは愛が微塵も感じれず
僕の愛してるもきっと君には伝わっていないだろ

どんなに思いは強くても文字や言葉では何も…
伝わらないってのがどうやら事実のようだ

電子の行進、先走って僕らの気持ちを置いたまま
何一つ伝えるコトも出来ずに消費された金と時間
気づかなかったんだ、電子の交換ただそれだけ

ちゃんと君の目を見て、ちゃんと僕の目を見て
話し合い、抱きしめることが出来たなら
今でも僕の隣に君はいたのだろうか

327 夜喇虍  [id : /utmGAP0] [2016-07-29(金) 20:20:37] 削除依頼

とうぶん忙しいのでたまに作った言葉を捨てていくだけになります
すみません

328 夜喇虍  [id : /utmGAP0] [2016-07-29(金) 20:21:57] 削除依頼

渉さんの詩はいつもいつもしっかり読ませてもらっていますが感想はとうぶんかけないですすみません
けどやはり渉さんの詩大好きです

329 夜喇虍  [id : /utmGAP0] [2016-07-29(金) 20:22:56] 削除依頼

君が僕を怖いと言うのなら
僕は君に黒く醜い愛を届けます
愛しい君を 誰にも渡さないために

330 夜喇虍  [id : /utmGAP0] [2016-07-29(金) 20:24:56] 削除依頼

恋は こうじゃなきゃね
微笑んだ僕
始めてのふりして 照れたふりして
君を弄ぶ

心のなかではわかってるけど
君がどうしても愛しいから
今日も君で遊ぶ暇潰し

331 夜喇虍  [id : aN2ngOH.] [2016-07-30(土) 22:18:26] 削除依頼

君のいる世界は 僕には 汚すぎて
少々 目眩が やってきています
君のいる世界は 僕には マトモすぎて
今にも 頭が おかしくなっちゃいそうなんだ

こんな世界に うまれおちた
君へ 哀しみの コンサート
こんな世界に まよいこんだ
僕の 狂った 演奏で

君は 僕に 何度伝えた
愛してる アイシテル
そんな言葉 は つまらないや!
僕の 君へ 最後のラブレター
拝啓 大嫌いな あなた様へ
次の 次の 世界で 会いましょう

332 夜喇虍  [id : KKCuWdg1] [2016-08-04(木) 21:44:47] 削除依頼

つまんないや こんな思考で
つまんないや やることあるのに
つまんないや つまんないや
ってまた現実みない振り 不利

めんどくさい こんな考えで
めんどくさい やらねばならぬよ
めんどくさい めんどくさい
ってまた無視して逃げただけ 馬鹿

明日はいつまでも来ると信じて
来なければいいのに思う
未来が明るいことを知って
暗くたって要らないと思う

どしゃ降りが今やんだとしたら
君は前を向けるのでしょう
すべて言い訳が消えたとしたら
君はどこまで行けるでしょう
変わらなかったはずの未来は
いつからか変化して消えた
僕の夢って名前の風船は
もう 割れて消えた

333 夜喇虍  [id : xOUPwdJ/] [2016-08-21(日) 10:02:35] 削除依頼

君をどんなにすきなって
君を心のそこから愛しても
過去の傷はまた僕を不信にさせる
君をどんなに抱き締めて
君のそばにいたとしても
僕の過去は容赦なく君を奪い去っていく

僕が愛しても 良いですか

334 夜喇虍  [id : xOUPwdJ/] [2016-08-21(日) 10:04:42] 削除依頼

何度明日を忘れて
何度君を手放しかけても
僕は未来を信じて行けるのかな
知らない わかんない から こわいって
逃げてばかりじゃ 駄目だったんだね
君を愛せていますか

335 夜喇虍  [id : xOUPwdJ/] [2016-08-21(日) 10:06:17] 削除依頼

どんなに心すれ違って
こんな二人でいいのかなんて
悩んだって変わんないものなんだ仕方ないだろ
辛くなって苦しくなって
それでも頭に 別れ って選択肢は ない

君の涙を見たくて 生きてきた訳じゃないんだよ
ごめん ありがとう そして 愛してる
僕は 君を みつめ わらった

336 夜喇虍  [id : xOUPwdJ/] [2016-08-21(日) 10:11:56] 削除依頼

夏の始め 期待と不安でいっぱいだった胸のなか
夏の終わり 君との思い出だけがつまった頭を
君との記憶だけを離さないように抱き締めて
そっとそばで 微笑んだ 僕らの未来はまだ明るいままなのかな

世界はいつも色を変えて 僕のもとへ 訪れるけれど

337   [id : XYVDdkM0] [2016-08-21(日) 22:42:34] 削除依頼

◇ゼロ◇
もし別れるコトが前提の恋だったのならば
僕は君をこんなにも深く愛せたのだろうか

負けることが決まっている試合や
定められたストーリーであったり
こんなつまらないものはないよ

誰にも行方がわからないそんなドキドキ
自分次第でどうにでもなるそんな未来 
だからこそ人は本気で向き合えるハズだ

それなのに、それ

338 夜喇虍  [id : REFwLXJ1] [2016-08-24(水) 13:16:47] 削除依頼

容赦なく僕の心を曲げた過去は
今の僕に影響しているでしょう
今こうしてあなたのことを思いながら
暗い気持ちになるのも 過去のせい

未来が見えないと不安で消えてしまう
僕の心を 抱き締めて

どんなことより君を愛し
永遠はさすがに誓えないけれど
信じて前を向いているだけで
僕の心は怯えてしまう
変わんない僕の魂を
受け止めてください

339 夜喇虍  [id : 4TpqZMt.] [2016-08-24(水) 14:12:08] 削除依頼

夢見ることにも 疲れて
そのままぐったり座り込む
変わんない 日々に 少し飽きて
変える気なんてないけど

明日は 君の ことを
もっと もっと 知れるかな
何て問いかけた 未来に
別れを告げた
 
僕の世界は いろんな色を
してる
君を 見つめながら
僕の言葉は 君を変えられたのかな
愛している

340 夜喇虍  [id : 4TpqZMt.] [2016-08-24(水) 14:15:44] 削除依頼

溢れた 気持ちと 涙に
込められた感情を無くして
君への ラブレター
を 僕はそこに置いたままで

341   [id : Qyxqe8n/] [2016-08-24(水) 16:29:09] 削除依頼

汚い言葉を吐き捨てて、汚れた言葉を喰らって
見事に黒くなってしまった僕の心は何なんだ

死んだ目で歩いた、午後6時30の名古屋の夕暮れ
白を探していたんだ、ただ僕は戻りたかった
空は僕の真似をしたかの様に黒色を描き始めた

誰かの助けや、誰かの励ましすらも弾いた
黒に何を足したってどうせ変わりはしないから
だから僕は探していたんだ僕を変えてくれる
この黒を変えてくれる、そんな白をもつあなたを

寝ぼけた頭、霞んだ目を擦って歩く朝の公園
池に反射した太陽の光が白に見えて涙流した
どこで何をしてるのか、早く会いたいんだ

誰かの助けや、誰かの励ましすらも弾いた
何者にも染まらないそんな強がりが邪魔した
だけど僕は探していた、確かに欲しがった
こんな僕を変えてくれるそんな白をもつあなたを

342 美恋  [id : LxrwSUU/] [2016-08-24(水) 16:58:06] 削除依頼


 空は 教えてくれた

 ひとりじゃないということ
 私のだいすきなあの笑顔は
 誰よりも輝いていて
 誰よりも儚い笑顔だということ

 夏は 教えてくれた

 この夏に味わった
 数々の幸せ
 数々の辛さ
 全て大切な経験だということ

 君は 教えてくれた

 たくさんの幸せを
 たくさんの笑顔を
 私の本当の気持ちを

 もう二度と
 この空を見ることはできない
 この夏を味わうことはできない

 君の姿も 一歩間違えば
 私のとなりから消えてしまうから

 空も 夏も 君も

 ぜんぶ 儚い

 ぜんぶ 宝物

343 夜喇虍  [id : ZXNyI8w.] [2016-09-01(木) 23:26:23] 削除依頼

壊れるのに怯えていたらつまらないよ

344 夜喇虍  [id : ZXNyI8w.] [2016-09-01(木) 23:29:09] 削除依頼

愛していると 伝えた空に
君の涙が 浮かんで消えた
世界でひとつ 僕と君だけにみえた
最高の虹を
僕らは守っていかなきゃいけないみたいだね
ちぐはぐな僕らだけど
きっと未来は美しく輝くさ

345 夜喇虍  [id : evW9LmR1] [2016-09-06(火) 23:41:35] 削除依頼

だいっきらいだ
君を囲むすべてのものが
もちろん君のことだって
だいっきらいなんだ

まるで今こうして生きている息さえも
君に僕の口から吹き込みたいくらいに

君のそばにいると 気持ちが高ぶって胸が苦しいんだ
もう死んでしまいたくなるほど 苦しいんだ
君がそうやって笑うと 心臓がはち切れそうにいたいんだ
もういっそこの心を止めてほしいくらい いたいんだ
僕は……

346 夜喇虍  [id : evW9LmR1] [2016-09-06(火) 23:42:03] 削除依頼

幸せに溺れたら大切なものを見失う

347 夜喇虍  [id : evW9LmR1] [2016-09-06(火) 23:52:28] 削除依頼

僕の心とリンクしたような空 曇天模様
路地裏でみつけた黒猫を眺め 平日午後二時

今日は良いことあったかな なんて
白い蛇に問いかけても 応えてくれないや

嗚呼 僕らを覆すような 世界の果てを
君とみている 気がした だけなのかな
あの日 から 変わらない 僕を 置いて

明日は良いことあるのかな なんて
汚い世界に訊いても 何にも言わないや

嗚呼 未来を覆すような 戦争の果てを
星がきえてく 気がした だけなのかな
あの日 から 変わらない 僕を 置いて

348 夜喇虍  [id : evW9LmR1] [2016-09-06(火) 23:58:54] 削除依頼

いつものような朝 少し違う胸騒ぎ
大嫌いな『生物』と 久々のご対面
これは良い前兆か? それとも『アイツラ』か?
不思議な森の奥の 大きな事件

俺の世界はあの日から 変わってしまった

笑顔のあなたをみるだけで 俺の心の 傷は癒えていくんだ
世界を包んだ恐怖を 俺はもう一度 『カレラ』にふるいたい
愛してるあなたのために……

暗い沈んだ過去 あなたもあるみたいね
招かれたお城は 不思議な世界だった
『アイツラ』の被害が こちらにも出てるようだ
あなたと君と三人で 解決させましょう

なんの ヘンテツもない フツウの ニンゲンに モドルタメ……

黒い猫と白い狐の俺の居場所は ここにしかないみたいだ
俺にも守るものができた 世界を救うための 理由はこれだけで良い
大切なあの時を 守る ために

愛しい 『ヒト』の ために

349 夜喇虍  [id : iEauUZ./] [2016-09-07(水) 00:05:38] 削除依頼

僕は生まれながらにして 王さまなのさ いつも僕の思い通りさ
お菓子が食べたいときは お菓子が出てくるさ 暑ければ 涼しくなるのさ
こんな世の中いきるのなんて簡単 あの時を 迎えなければ……

あー何年たった?今何歳?そんなん全部忘れちゃった
あの時の執事たちは もうみんな土のなか
僕だけなんで死ねない?見た目は昔のまんまだし
あらあら死ねない王様 独りぼっちのおちびちゃん

(ボ、ボクハ!チビジャナイ!)

独りで暗い世界に潜り込んだ 誰も入れない扉の奥で
何年?何十年?何百年? 独りぼっちのままで……

気紛れで窓の外を覗く 見覚えのある形なのに
見たこともない街になった 世界をみた
そして一人の女の子 ふと目に留まって追いかける
今だきっと彼女なんだそうさ僕を救う 女神様……

350 夜喇虍  [id : iEauUZ./] [2016-09-07(水) 00:09:45] 削除依頼

私は双子の妹だ 顔のにてないお姉ちゃん
ちっちゃい頃から可愛い可愛いと 褒められてたの お姉ちゃん
羨ましくない? 全然ないさ
妬ましくもない? 全くね
私だけの可愛いお姉ちゃんだから誰にも渡さないわ

ある日不思議な人たち 私たちのもとへ来る
あなたの好きなものをひとつのべなさい
私の好きなものはお姉ちゃんよ
ならこうしましょう あなたとお姉さんは二人でひとつ
不思議な人たち魔法をかけてアタシ等をひとつにしてしまう
嗚呼 こんなことって?あるのかしら?

351 夜喇虍  [id : QkHz7tq0] [2016-09-12(月) 17:56:04] 削除依頼

こんなに黒く荒んだ心じゃ
君のようなきれいな世界は見えないんだ
僕と君との間にある差は
たぶんそんなところからできてしまったのだろう

夢とか希望とか 明るい未来なんてもの
もう聞きあきたし 信じてないさ
そんなものより目の前の
欲望に忠実に僕はいきる

君の見てるきれいな世界に
僕なんて汚いものをいれてしまったら
汚れてしまうよ?穢れてしまうよ?
僕の世界が壊れてしまうよ
僕の見てる歪んだ世界に
君という純粋なものをいれてしまったら
もう戻れないほどに愛しくなってしまった
嗚呼 ごめんなさい 君へ

352 夜喇虍  [id : tHMSiDk0] [2016-10-05(水) 08:13:55] 削除依頼

小さな 駅の 前で 佇んでみる
ごみを 漁る 黒い カラスを眺めて
今日の日々を ただ切実に 
良いものであれと 願う

電車が目の前で去っていく光景と
自分の姿を恥じては
消え行く幻想のなか思う

僕の世界も悪くはないのだろう

生きていく 死ぬために
そんな滑稽なことがあるのかい
泣いてでも 叫んででも
変えようと 意思を見せろ

世界を揺れ動かす 革命は
僕一人じゃ起こすことができないから
君と二人で変えよう
僕らの世界を 写し出して

綺麗な ガラスを 拾った

353 夜喇虍  [id : tHMSiDk0] [2016-10-05(水) 08:18:03] 削除依頼

家の前に立ち オイルを撒いて
ライターで火をつけた 新聞を投げる
甘い赤い果実が 今燃え盛る

今日もふらふらと オイル片手に徘徊を
今日はどの家が良いかな
なんて 考えながら

あの甘い魅惑的な香りと
暖かい赤い果肉
僕の心と体はすべて飲み込まれた

354 夜喇虍  [id : MWZ3V2j0] [2016-10-25(火) 07:02:02] 削除依頼

暗い 世界に一人でいて
楽しいのか何て聞かれても
それは僕に 生きている意味を
訊いているようだよ

地の果てに 追い込まれ
それなのに君たちは まだ足りないの?

こんなところに生きていたって
もう 消えてしまいたいな

全然前は見えなくて
全然暗闇の世界で 
僕は 僕は
永遠に来ない 明日を願った

神様がいたとして
ソイツは きっとサボり魔で
僕の ことには 手が廻らなかったんだ

355 夜喇虍  [id : MWZ3V2j0] [2016-10-25(火) 07:24:13] 削除依頼

綺麗な姉と ヤンチャな妹
双子の二人は 二人仲良く育っていきました

大人になるとき 授かった力
姉は天使に 妹は魔女に

二人はお互いの力を妬みました
お互いの夢は お互いの力に
姉は魔女を 妹は天使を
夢見てた

そんなひとつのヒビと
なんの運命か
ある『ヒトビト』の実験会が
仲の悪くなった双子の元へと
訪れました

二人は ひとつの 人間にされてしまいました
天使の羽は盗られ 魔女の杖は折られ
二人は永遠と泣きながら
永遠の命を恨んだ

356 夜喇虍  [id : ov2WEhi.] [2016-10-31(月) 18:23:50] 削除依頼

町の外れの 獣道
ここで開くは 夏祭り
ひとっこ一人も いないけど
ここに集まるは 獣たち

あるものは 人々に 家族友人奪われて
あるものは 人々に すむ場所寝床も奪われて

そうさ 今宵崇めるは 死神様じゃ
人を喰う神 殺す神
讃えて 崇めて 呪って 殺そう
怪物のような 人々を

そんな祭りに 一人きり
人の子供が 迷いこむ
みんな人に よってたかって
人の子供を 捕まえる

嗚呼 こんなところへ
なにし来た
子供だろうと 化け物や
さあ 焼いて 食って 差し上げよう

飯が増えた 人の肉だ わっしょいしょい
生で喰うと 穢れる肉 わっしょいしょい
火炙りに? 煮付けるかい? それとも……

357 夜喇虍  [id : HdsPL46.] [2016-11-22(火) 18:49:03] 削除依頼

綺麗な びーだま ひとつ握りしめて
君の瞳に 心に よく似ているなって
大切に 仕舞い込んだ

大好きだよ 好きだよ
の言葉が
涙に吸われて 滲んで いく

僕は 君を愛しています。
心の底から 溢れる愛を

君のもとへ
いま
届けたいんだ
歌でも 言葉でも
何でもいいから
君のところへ
僕の 想いを伝えたいの

358 夜喇虍  [id : HdsPL46.] [2016-11-22(火) 23:34:40] 削除依頼

君の 言葉で できた 僕を
少しだけ 少しだけ 好きになった
君の 愛情で できた 心を
1度だけ 1度だけ 抱き締めてた

僕はいつも こんな世界 なんて嘆いてばかり
君とで会うまでは 知らなかった
こんなに 世界が 綺麗だなんて
ありがとう 大好きだよ

いつか僕の夢が叶うのなら
ずっと君と過ごしていたい
永遠とは言わないから
生きている間だけでも
いつか僕か空に願っていた
ヒーローである君と

359 夜喇虍  [id : xOvsHE0.] [2016-11-23(水) 00:11:19] 削除依頼

幸せに溺れたら大切なものを見失う


君との夢に溺れていたら いつのまにか遠くに来てた
ここはどこだろう? 僕は誰だろう?
ってまた僕を見失っていた

夢に溺れるのなら 幸せで溺れるのなら
現実と言う 地獄を みなくてすむからね

幸せで 幸せな 僕の夢の海は
僕を溺れさせて 沈ませていく
君に包まれて 幸せで またゆっくりと沈んでく
大切だった気がした だけの過去を置いて
沈んでいく……

君との未来に

360 夜喇虍  [id : NHdGb7FU] [2016-12-03(土) 19:26:28] 削除依頼

暗い 暗い 空に 警報が響き渡る街
今日の世界は少し狂ってるようだ

突然明るくなった 空から
たくさんの 海月が 落ちてくる
ふわり ふわり

くろい 円盤が 消えていった

突然 電気が 大量に流れはじめて
電線がすべて 爆発を始めました
唸る警報 大音量の爆発音
すべてが消える破滅の音……

かきけす声で君にウタを届けよう

どんな狂った世界でも
僕は君を愛しているから
今すぐにでも君を 抱き締めにいきたいな
きっと怯えているであろう
君を僕の体で包み込み
大丈夫って笑おう
世界が終わる瞬間さえ

すべてが消えて
静かな世界が生まれた
緩やかに降る海月は
キラキラと 輝くばかり

夜になると真っ暗で
冬の空は美しく見えるんだ
少し寒いけれど君を
探しに行くんだ

いつも 箱に乗ってた道
辿って君の家まで
大好きな君の笑顔を
まぶたの裏に張り付けたまま

どんな狂った世界でも
僕は君を愛しているから
今すぐ君のもとへ行く 愛しい君のもとへ
きっと僕を待つであろう
君の心を優しく包み込み
愛しているって笑おう
世界が終わる瞬間さえ

僕らは永久にそばにいる

361 夜喇虍  [id : NHdGb7FU] [2016-12-17(土) 15:36:45] 削除依頼

頭の悪い人達が 頭の悪いネタをして
頭の悪い人達の間で流行るんだ
頭の悪い人達が 頭の悪いこと考えて
頭の悪い世の中ができてくるんだ

頭の悪い人達が 頭の悪いジュースつくって
頭の悪い味がしたんだ
頭の悪い人達が 頭の悪いこんな世界で

夢は こんな人たちに
ならないこと なりたくないな

嗚呼、こんな頭の悪い世界なんてごめんなんだ

穢い黒い世界を見て
みんな知ってても知らんぷりをして
おかしいじゃんか どいつもこいつも頭の悪い振りをして
壊れ腐った世界を見て
みんな見てても見ない振りをして
おかしいじゃんか 気づいてるでしょ?
本当の問題は そこじゃないこと

362 夜喇虍  [id : NHdGb7FU] [2016-12-18(日) 12:48:18] 削除依頼

はじめて心が開けた
愛しいあなた
僕は 二度と 君を
忘れたりしないから

君の笑顔も 君の涙も
すべてが僕の宝なんだ
今までの大切なものすべて
捨ててしまえるくらい

君の優しさ 君の我儘
すべてが僕の愛を紡いでる
君のことだけを想うよ

363 夜喇虍  [id : NHdGb7FU] [2017-01-06(金) 22:48:44] 削除依頼

1面の花園 君に送る花たち
摘んで 花束にして
君に贈ろう

君が 遠くにいってしまい
花が 贈れなくなったとき

それは 枯れて 悲しい
モノとなるのでしょう

愛しい君へ 贈る
たくさんの
花束 言葉
を詰め込んで
今 僕は君を

空へ放つ 君への 花束に
愛している を 乗せて

名前:

(書き込む前に利用規約の確認を) 掲示板ガイドと利用規約 (投稿前にお読みください)
    恋歌 - 最新50レスだけ見る。
このスレッドの投稿を全表示 - ここの書き込みをぜんぶ一気読み。
詩投稿投稿掲示板に戻る