花言葉〜コンテスト〜684コメント

1 晴霞 id:TFNLwI6.

2015-10-16(金) 16:05:26 [削除依頼]
晴霞(はるか)です。
このたび、詩の参考も兼ねてコンテストをやろうと思い、このスレを立てました。
このコンテストのお題は、全て草花とその花言葉です。
締め切りは守れない日もあるかもしれないのでご了承ください。
詩は、その花についてでも花言葉を交えたものでも結構です。
感想希望は気軽に言ってください。拙い文章ですが出来る限り早めに書きます。
花のリクエストがあったら教えて下さい。リクエスト順にお題にします。

宜しくお願いします!
  • 665 晴霞 id:YC04Mbru

    2017-05-16(火) 22:35:54 [削除依頼]
    sアローさま、お久しぶり(?)です。
    素敵な詩をありがとうございます。
  • 666 sアロー id:erS7tdVn

    2017-05-16(火) 23:05:10 [削除依頼]
    晴霞SAN

    勢いで書いてしまったので
    お見せするようなもんでもなかったんだけど
    なんか書いてみたくなり、登高しちゃいました((ノェ`*)っ))タシタシ
  • 667 晴霞 id:s3IPTyEQ

    2017-05-17(水) 19:19:44 [削除依頼]
    >666
    そうなんですか^ ^
    ありがとうございます。


    まだまだご参加お待ちしてます。お題は「カーネーション」花言葉は>661をご覧ください。

  • 668 satellite id:RDAinGj9

    2017-05-17(水) 20:11:50 [削除依頼]
    少ない手持ちを切り崩して
    一輪、わたしの鼻の前に差し出す
    汚れのない白と
    土だらけの君と
    真っ赤な頬が
    ぶっきらぼうな言葉に色をつけてゆく

    幼い手を包んで
    背伸びした我が子に
    くすぐったい愛をもらって

    / スラムの花

  • 669 晴霞 id:A5oe4dZB

    2017-05-17(水) 21:47:36 [削除依頼]
    satelliteさま、お久しぶりです。
    素敵な詩をありがとうございます。
  • 670 晴霞 id:ZXHIE7dP

    2017-05-18(木) 21:58:00 [削除依頼]
    まだまだご参加お待ちしてます。
    お気軽にどうぞ〜
    お題は「カーネーション」>661です!
  • 671 灯 id:1VZfpdUb

    2017-05-18(木) 22:21:16 [削除依頼]
    母の日に送る
    労りの花束を
    私はどんな顔して
    渡しにゆこうか

    旅立ちの日に
    泣かないで見ようとした貴方の顔は
    白い靄で霞んでいた

    あの日と同じ靄が
    また私の視線を遮るけども
    貴方の顔をしっかりと見て
    成長した私を見てほしい

    あの時よりも
    少しの高めのヒールを履いて

    笑って渡そう
    決めたもの

    薄桃色のこの花が
    似合う娘に慣れてたらいいな。


    /母の日
    感想を貰えると泣いて喜びます。
  • 672 晴霞 id:lcPyJsnL

    2017-05-19(金) 16:05:56 [削除依頼]
    灯さま、はじめまして。泣いて喜んで下さるんですか!? ご参加ありがとうございます。
    カーネーションにちなんだ、母の日によく合った詩だと思います。母の日にカーネーションを贈る娘の心情が、細やかに綴られていて、伝えていない思いがとても丁寧に書かれていると感じました。
    母の日に渡しに行くのでしょうか、旅立ちの日の記憶と霞む情景、成長と笑顔に交えられた感情と微かな緊張感が、この詩を包み込んで、引き立てていると思います。
    最後の「薄桃色のこの花が〜」の部分で、花言葉を振り返ると、なんだかほっこりして、より作品の温かさを感じました。柔らかな薄桃色のカーネーションも花も、よく合っていますね。
    素敵な詩をありがとうございました。
  • 673 夜喇虍 id:BiGmjxPd

    2017-05-19(金) 19:39:03 [削除依頼]
    母の日は よくカーネーションが売れる
    たくさんの人が笑顔で買いに来る
    自分の母を思い浮かべ
    穏やかな顔で
    色々な花束を 買っていく

    子供の頃 お店の手伝いをよくした
    そのとき ある少年が 訪れた
    彼の体は ボロボロで 傷だらけ
    彼は 1本だけ カーネーションを買った
    お母さんにあげるんだって
    子供だった僕は 頑張って貯めたお小遣いで
    お母さんに 優しさをあげるんだって 笑顔で送り出した

    そのカーネーションは黄色だった

    母の日は よくカーネーションが売れる
    たくさんの人が笑顔で買いに来る
    自分の母を思い浮かべ
    穏やかな顔で
    色々な花束を買っていく

    その時僕はよく 花言葉も添えて贈る
    黄色のカーネーションはほとんど売れない

    彼は 花言葉を 知っていたのかな


    /花屋と花言葉

    なんか詩と言うより物語って感じになってしまいました!!
    伝わるといいなって感じの拙い文ですが!!
    お久しぶりです!!(遅い)


    感想お願いします(*・ω・)*_ _)
  • 674 晴霞 id:IepsPkS8

    2017-05-19(金) 22:45:31 [削除依頼]
    夜喇虍さま、お久しぶりですね!ご参加ありがとうございます。
    読んでいて、確かに短い物語のようだと感じましたが、それがこの詩の良さだと思います。内容の濃いストーリーなのにしつこくなくて、決して短くはないのに作品全体がよくまとまって引き締まっていると思います。
    そして、特にこの詩のメインとなるのが、黄色いカーネーションを買っていった少年でしょう。穏やかな笑顔溢れる母の日の中に、「軽蔑」の花言葉をもつ黄色いカーネーションを買っていくのが、この詩の中で小さな濃い影を落とし、それが興味深くてとても引き込まれました。 その花を渡した花屋の「僕」の心情も細やかで、この出来事があったので花言葉を添えて贈るのかな、という気がしました。
    素敵な詩をありがとうございました。
  • 675 晴霞 id:pgJNZ9ls

    2017-05-20(土) 19:38:44 [削除依頼]
    締め切りは、5月21日とさせていただきます。
    お題は「カーネーション」>661
    まだまだご参加お待ちしてます!
  • 676 梔子 id:DBUEkvtA

    2017-05-21(日) 00:32:41 [削除依頼]
    厭だ厭だ。嫌気が差しちゃう。
    地球を丸洗いした雨粒は、綺麗サッパリ姿を消して
    清々しい朝が来たの、つい今朝方のことよ。
    灰塵を地面に押しやったら空は澄んでる、
    そんなのって当たり前の道理だと思わないこと?

    私を産み落とした母親を私は恨むわ。
    だって望んで此処に居るわけでもないのに、
    どういうことか失う権利は私には与えられなかったの。
    きっと、何かの間違いね。
    あの虹の麓に、その権利が転がっていないかしら?

    取り留めのない空想を胸に向かう先はお花屋さん、
    でもねだってねと言い訳を並べる。
    感謝の気持ちだって愛だってある筈なんだけど
    照れくささも相まって、全部反骨精神に変わってしまうけど
    悲しみに塗り潰されてしまっているけれど
    ほんとうはすごく、嬉しいことだってあったのよ。
    選ぶのは赤一色。
    幼い日々に贈った花と同じそれに、お母さん、気付いてる?

    ああ、でも、ちょっとだけ違うみたい。
    色濃くなった赤を前に、立ち尽くすしかないみたい。
    道路の端っこに
    たおれないように供えた紅色のカーネーション、
    瞑ったまぶたの裏に映る薄汚れた血痕、
    塵の如く吹き飛んでいった唯一つのいのち。

    私の心に哀しみを与えた人、
    私の心に愛しさを残した人。

    ごめんねがもう届かないのなら、せめてありがとうをって


    太陽がまぶしくて目を眇めたら
    空の青さに少しだけ驚いてしまった。
    青い、カーネーションの花言葉は、


    / 永遠の幸福

    だらだらとすみません;;ギリギリとなりますがこれはセーフでしょうか?よろしければ感想も頂きたいです。日付厳守でアウトだった場合、スルーして頂いて構いません。
    青いカーネーションは永遠の幸福を意味するそうです。この主人公は幸福とは程遠いところに居るのですが(母親が亡くなったとかそういうところです)、ある意味では死は生からの解放でもある、と私は考えているので、そういう思考が前面に出ました。分かり辛くてすみません……長々と失礼しました!!
  • 677 晴霞 id:oMgBldez

    2017-05-21(日) 11:00:43 [削除依頼]
    梔子さま、ご参加ありがとうございます。全然セーフですよ〜。
    青いカーネーションもあるんですね。知らなかったです。花言葉も、少し他のものとは違っていて素敵だなと思いました。
    この詩に込められた深い物語と、それを紡ぐ言葉の連なりがよく噛みあっており、情景とともに「私」の心情がするすると入ってきて引き込まれました。
    「母」いう存在は私たちに生を与えますが、生きることの全てが幸せとは限らないですし、産まれたくて産まれたわけでもないのにとよく感じるので、読んでいて、この詩にとても共感しました。この作品は「母」という存在と、それに感謝をする「母の日」、そしてその日に贈るカーネーションの花言葉がよく絡み合い交わりあっていると感じます。赤と青の花の対比も巧いと思いました。
    梔子さまがおっしゃるように、確かに死は生からの解放かもしれませんね。改めて、生死の結びつきと、「永遠の幸福」について考えさせられました。
    素敵な詩をありがとうございました。
  • 678 晴霞 id:hMG1HinV

    2017-05-21(日) 16:38:10 [削除依頼]
    締め切ります。
  • 679 久遠 id:iWHu7sLF

    2017-05-21(日) 16:39:10 [削除依頼]
    やっぱり朱が定番かな。
    それじゃ王道すぎるよね。
    朱ってお母さんって感じだよね。
    うん。これがいい。
    あなたは白が好きだったよね。
    だからね?絶対今年は白だって決めてたの。
    愛。夢。希望。
    そんな幸せをあなたに贈ろう。
    かつて、あなたが私に与えてくれたように。
    喜び。悲しみ。怒り。楽しさ。
    私にとって、それはあなた。
    私の全てなの。
    生きる意味。
    それはあなた。
    あなたがいるだけで、世界は美しくなる。
    あなたがいるだけで、それだけで、幸せになれる。
    だから、これからも一緒に居てほしい。
    ずっと隣で、笑っていたい。
    そんな想いを、花にこめよう。
    「白いカーネーション」

    このスレッドに投稿するのは初です!緊張〜っっ!!
    カーネーションと言えば母の日ですが、視点を変えて恋人同士の想いを伝える架け橋として使わせていただきました!!
    皆様に比べたらまだまだかもしれませんが、せいいっぱい書きました!
  • 680 晴霞 id:E5FeGfn7

    2017-05-21(日) 16:43:57 [削除依頼]
    久遠さま、はじめまして。タッチの差で締め切ってしまいましたが大丈夫です。
    素敵な詩をありがとうございます!
  • 681 晴霞 id:yEaY214U

    2017-05-21(日) 20:25:40 [削除依頼]
    結果発表です。

    お題「カーネーション」

    金賞 夜喇虍さま

    銀賞 satelliteさま

    銀賞 梔子さま

    銅賞 灯さま

    カーネーション賞 sアローさま

    優秀賞 久遠さま

    佳作賞 新星*さま



    今回ははじめましての方や、お久しぶりの方にもたくさんご参加して頂き、嬉しかったです。
    カーネーションといえば母の日、ですが、人それぞれ捉え方や表し方が違い、どの詩も素敵で甲乙つけがたかったです。
    みなさん、ご参加ありがとうございますm(_ _)m
  • 682 晴霞 id:WjYcBFOm

    2017-05-22(月) 15:58:22 [削除依頼]
    次のお題は「ドクダミ」です。
    花言葉は「白い記憶」「野生」です。
    ドクダミ、というともはや雑草で、一度生えてくると厄介なようですが、割とみなさんとも馴染みの深い植物ではないでしょうか。あの独特な香りはかなり印象に残ります。
    ドクダミは、毒があると思われることがありますが、それは誤解で、昔から「十薬」と呼ばれ、毒や痛みを消すのに役立ってきました。
    花びらに見えるのは総苞と呼ばれる部分で、花は真ん中の柱状の部分に無数についています。(私はこの花を見かけると、少し涼しい気分になります)

    今回もご参加お待ちしてます^ ^
  • 683 sora id:PmweIJf7

    2017-05-25(木) 16:34:47 [削除依頼]
    日陰に咲くそれが嫌いだった
    何をされたわけでも無い
    けれどあの姿が私を嘲笑うように見えて
    私は嫌いなわけじゃあないのに
    一方的な同族嫌悪のよう
    だから手折った
    嫌いなわけじゃあないけれど
    その目に耐えきれなかったから
    そうして出たひなたは暑すぎて眩しすぎて
    じとりと体を包む熱の不快感に私はまた日陰に戻る
    手折ったはずのそれが
    だからあなたは中途半端なのよ、と
    ここに戻ってくるしかないくせに、と
    私を嗤う
    手に付いた匂いがどうしようもなく惨めに感じた
    遠い夏の日


    /夏、白い記憶



    初めて参加させていただきます。
    ドクダミとは特段何かがあったわけではないのに苦手意識があります。やはりあの匂いのせいでしょうか。
    白い記憶という花言葉を上手く使えなかったのが心残りですが、想像しがいのある花言葉だなあと感じます。
    拙いものですが、よろしくお願いします。
  • 684 晴霞 id:P90sU5fp

    2017-05-25(木) 18:48:31 [削除依頼]
    soraさま、はじめまして。ご参加ありがとうございます。
    ドクダミのあの匂いは何かしらの強い印象を与えてきますよね。
    それと「白い記憶」という意味ありげな花言葉で、難しそうだな、と思いながらもこの花言葉にひかれてお題をだしました(笑)
    素敵な詩をありがとうございました。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません