荷物を枕に うたたねを

詩投稿投稿掲示板より。


1    ゴーゴース  [id : CCRVG30.] [2015-03-29(日) 16:28:04] 削除依頼

夏場の河川敷に寝そべって

青空見上げ なに思う

枕にしたその荷物

潰れてしまい慌ててた

そんな事が どうでもいい事が

ふしぎと記憶に残ってる


詩で始めさせて頂きました
ちなみにこの詩の題名はスレタイと同じです

拝啓、春眠の候
改めまして、ゴーゴースです
この度、詩投稿掲示板にて、詩を書いておよそ一周年が経ちました
ですので、私も自分の詩を投稿するスレが欲しいな、と思い立ち、この様なスレを建てました
まだまだ未熟な私ではありますが、どうかこれからも、お付き合い願います

                敬具

追記
このスレは皆様も自由に投稿して下さっても構いません
皆様の詩にたくさんふれたい、と言う思いも込めて建てましたので
あなたの詩を、いつでもお待ちしております

276 ゴーゴース  [id : wpFgwjP1] [2016-07-29(金) 15:43:26] 削除依頼

“しゃなりと凱旋”

和らいで霞んだ罪を 貴方は
いつまで抱えながら生きるのだろう

時おり見せる 深い淋しさ
孤独と共に有る今を
何故そんなに笑っていられるの
儚くて優しい笑顔だったね

¨それでいいの¨と問いかけても
振り向かず 進んで行った
そこには貴方が愛するものも
貴方を思う人も居ないと知って

私は 私は手を伸ばせず
ただ見送っただけだ
後悔 苦しみ あの時の貴方と
同じ気持ちになれたのかな

愛を知った幼子には
この世は醜く見えるだろう
それでも私たちは生きる
生きて 生きていかなくちゃ
幸せにはきっとなれない

だから どうか貴方にも
いつしかその罪を捨て去って
心の底から笑って欲しいの
幸せであって欲しいの

277 紅奏  [id : TzUMq7Z.] [2016-08-05(金) 23:32:14] 削除依頼



夏の暑さに彼への想いが溶けてゆく
飴玉が転がるように軽やかな音色で
中身は深く濃くぎっしりと詰まって

甘酸っぱい青春はいつか終わりを迎えて
彼と私はけっして交わらない道を歩んで
そしてまたいつか再会したとき思い出す

そのとき私たちはお互い違う人を愛して
あの頃を懐かしんで笑えているだろうか


//さよなら、夏の恋



お久しぶりです。
時間が出来たのでまた来ちゃいました(笑)
ここ最近は猛暑日ばかりの日々なので、
体調には十分注意してください!
もう既に私は何度か体調崩してしまったので……(暑さをなめてたら痛い目に遭いました^^;)

278 ゴーゴース  [id : Mchvvz01] [2016-08-08(月) 01:16:44] 削除依頼

紅奏さん、投稿ありがとうございます
先ずは、諸事情により返信が遅れたことお詫び申し上げます

どうも、お久しぶりです
体調にはどうかお気をつけくださいませ

一時の恋と、その後を描いた詩ですね
この詩は愛しさに満ちているような
¨私¨が幸せであることがひしと感じられる、素晴らしい詞です

またの投稿、お待ちしております

279 にこ【嵐に夢中なう】  [id : mnK5O3R0] [2016-08-08(月) 15:41:24] 削除依頼


あなたに出会ってから

世界が変わった

私はあなたに運命を感じた

でも何もかもが完璧なあなたが

なぜ私の目の前にいるのだろう?

私とは比べものにならなくて

私が見苦しくて

でも私はあなたと一緒にいたい

だから

だから

お願いこっちを振り向いて


《運命》

この板初投稿です!!!
センスがないので何とも言えませんが、
読んでくれると嬉しいです!

280 ゴーゴース  [id : 9ZYmDZI.] [2016-08-21(日) 11:52:21] 削除依頼

にこさん、初の投稿ありがとうございます
先ずは大変長い間待たせてしましたこと、深くお詫び申し上げます

¨あなた¨を強く思う気持ちと、¨あなた¨との間にある壁を越えられない
そんな切なさが滲みでるような詩ですね
粗削りではありますが、光るものをお持ちだと思います

またの投稿、お待ちしております

281 ゴーゴース  [id : 9ZYmDZI.] [2016-08-21(日) 11:54:12] 削除依頼

私事ではありますが、先日希望の大学から合格通知が届きました
AOでの入試でしたので、早々に決まり嬉しい限りです
まだ宿題が終わってませんがね、頑張ります

282 ゴーゴース  [id : 9ZYmDZI.] [2016-08-21(日) 12:22:48] 削除依頼

“腹を探って疑って”

寂しさを紛らわしたくて
つい 君の手を握ったんだ
他意なんてないよ ただそれだけさ
いつまでも続く沈黙が物語る

優しさに触れてしまったから
君に好きになったのか
それよりももっと前から
君を好きでいたのだろうか

時々 分からなくなるんた
君にとって僕は何のため
君の傍に居るのかって
僕の価値はどれ程なのかってさ

霞んでいく思いを追いかけて
僕は君を好きでいるのなら
捨ててしまった方が楽なのかな

それでも君が好きなんだ
だから追いかけるんだろうな
そうやって自分を言い聞かせて

本当は気付きたくないだけさ
君をもう 君をもう
思ってなんかいないってことを

でも それでも君は僕にとって
大事なものなのだから
だから 君の隠し事くらいなら
受け入れられるって そう思っていた

ごめんね

僕も君とおんなじ 嘘つきなら
互いに嘘をついて生きていこうか
それがどんなに悲しくても
僕は君と一緒が良いんだ

それだけは本当さ

283 ゴーゴース  [id : sAP9nch0] [2016-09-02(金) 23:50:35] 削除依頼

“知らぬが仏”

¨忘れる¨ことは幸せなことだと
前に誰かに聞いた気がする

それを身を持って知ったのは
今日みたいな鬱蒼とした
暗い部屋の中の出来事だった

手紙を見つけたんだ
拙い字で書かれていたよ

¨また会おうね¨って書いてあった
もう会えない事実を知らずに
丸っこい字で書かれた手紙

この事を覚えていたら
きっと今より僕は
深いところへと沈んでいただろう

幸せだと思ったけれど 同時に
言いがたい悲しみに襲われ
僕の顔にはそれを形容する表情が無いから
泣けもしなかった 暗い部屋の中


だからもしも何かを忘れたとしても
それを不幸だと思わずに
目の前にある今を生きていこう

知ったところで 僕らにはそれが
幸せか不幸かの区別なんてつかないさ
知る由も無いのだから

284 ゴーゴース  [id : AOqNmsg.] [2016-09-04(日) 20:48:58] 削除依頼

“光陰矢の如し”

君を見つめた
僕はこの手で抱いた

これから来るであろう
苦痛を 困難を思い
僕は涙を流して
君は不思議そうな顔をした

君は頭を撫でた 僕の頭を
¨大丈夫¨と耳元で囁きながら
僕はまた涙を流す

薄く微睡んだ正午
木陰に射す陽光
そんな君の温もりを感じて
僕はそっと目を瞑る

君が歩むこの先が
平穏であることを祈った

<><><><><><><><><><><><><><>

それは一瞬 故に美しく輝く
人はそれに憧れを抱く
決して届かないと分かっていながら

285 ゴーゴース  [id : WTQlHdi.] [2016-09-06(火) 20:23:58] 削除依頼

“悲しみをありがとう”

周りの人から見れば
ただの時の積み重ねかもしれない

でも それが人生だ
生きた証なのだと
貴方が居なくなった今だから
私はそう思える

悲しみをありがとう
貴方がくれた悲しみを
これからも抱えて生きていこう

それが私の人生だ

どうか見ていてくれ

<><><><><><><><><><><><><><>

「別れだけが人生だ」

別れのその先にあるものを
私は手に入れたよ

286 紅奏  [id : kAXFuW91] [2016-09-06(火) 20:46:17] 削除依頼

>>281

大学合格したんですね、おめでとうございます!

私は無事、評定がクリアしたので11月が本番になります。
だから今からドキドキしています。精一杯、自分の力が出せるよう頑張って来ようと思います。

ーーー

僅かに彩り始めた葉っぱたち
通学路から微かに薫る金木犀

ああ、秋が来た
君を喪った哀しい秋が

だんだん薄れていく君の面影
だんだん記憶の底に眠る思い出

ああ、秋が来た
線香の匂いが鼻につく季節が

//秋が来た

287 ゴーゴース  [id : 6pIXmJv1] [2016-09-08(木) 20:43:37] 削除依頼

紅奏さん、投稿ありがとうございます

重ねてお祝いの言葉、誠にありがとうございます
此度は無事、希望の大学に合格しました
しかし気が抜けない毎日です
卒業まで成績を落とさないよう頑張ります

涼やかな秋風を感じる詩ですね
大切な人を失った心を通り抜けていくように
そして朝の日と落葉が混じった香りもしますね
すっとする大変爽やかな詩であると思います

またの投稿、ありがとうございます

288 ゴーゴース  [id : buzTryq/] [2016-09-12(月) 22:55:17] 削除依頼

“死を向き合って”

私は聖人でも仏でも無い
だから死ぬのは怖い

動物も 私と同じように
死の恐怖を感じるのだろうか

もしも感じないのなら
私は獣になりたい

種を残し その日の命を繋いでいく
生きることだけを考える獣に
私はなりたいと思う

だが私は獣でも無いので
この様に死の恐怖に悩んでいる

命あるものであれば 皆等しく
訪れるこの¨死¨に悩むことは
端から見ればおかしいのだろうか

きっと死ぬ日が既に分かっていれば
こんな風に考えることも無かった

ある日突然死んでしまったら
今この瞬間にでも逝ってしまえば
やはり後悔しか残らない

だから私はこう言い改めよう
死ぬのは怖くない しかし
いつ死ぬのか分からないのが怖い

ああ 私の心の中の本棚の
その隙間にすっと入ったような
そんな心地よさを覚える

生きるのが少しだけ楽になった

<><><><><><><><><><><><><><>

備えあれば憂いなし
心残さず逝きましょう

289 ゴーゴース  [id : Fwo5DL4/] [2016-09-13(火) 23:50:28] 削除依頼

“愛が違えば疑いを”

悲しいことに 私の心は
貴方の心を受け止められるほど
思っていた以上に狭かった

だから私は貴方のことを
嫌ったとか そういう事じゃなくて
ただ少し距離をとりたかった
近すぎて貴方が見えずにいたから

そうしたら 途端に
貴方を愛せなくなっていた

貴方の良いところが見えなくなった
遠くなったせいか なんだか
私の目には貴方がぼやけて映るんだ

冷めてしまえばもう終いだ
元には戻らない 決して
二人の距離は二度と縮まらない

ありがとう 私は私を
少しだけ知れた気がする

その為に貴方と会ったなら
一度でいいからお礼を言いたい

届かない距離から貴方を思う
¨恋愛¨じゃない¨親愛¨を
深く 深く 心に刻みつけて

<><><><><><><><><><><><><><>

互いの手を握れる距離
それが一番 愛しい距離

290 ゴーゴース  [id : Fwo5DL4/] [2016-09-13(火) 23:54:51] 削除依頼

なんやかんやありまして、もう少しで300に達しそうな現状です
最近はあまり来れず、更新が滞る日々が続きました
いっそ何処かで区切りをつけて、中途半端でも止めるべきかと悩んでおります

でも、300に達するまではやります
そこから先は状況次第で決めたいと思います
どうか温かい目での応援、宜しく願います

291 ゴーゴース  [id : 7yO01Iw0] [2016-09-17(土) 01:09:03] 削除依頼

“dive in dream”

暗く冷たい深海の中で
孤独を愛して 息を止めて
ようやく¨一人になれる

そんな夢を見たんだ
とても目覚めの良い朝だった

抱えた荷物も 悩み事も
まるで全て流れていったようだ
本当に良い朝を向かえられた

きっと私はこれからも
あの海に潜るだろう

何度でも 何度でも
あの海に還って
あの海を愛するだろう

この先の幸せのために

<><><><><><><><><><><><><><>

私の原点 時に戻ろう
帰り道の何処かに
落とし物があるんだ

それを拾って また進む

292 ゴーゴース  [id : XibJAAS/] [2016-09-18(日) 23:18:54] 削除依頼

“ ”

世界で一番 誰よりも
私のことを知っているのは私
それが一番 嫌なこと

本当の意味で私を知ることは
私以外には居ないのだから

だから私は孤独だ
誰も私を理解できやしない

だから私は孤独でありたい
誰にも触れられたくない私が
この胸の中に潜んでいる

寂しくもないし 悲しくもない
私はただ¨安らぎ¨を求める

私のような人達が
世界にどれだけ居るのだろう

例え世界中の人達が同じでも
私は結局 独りなのだ

ああ 涙は出てきても
心は更に深く沈んでいく

私は一人 独りで居よう

<><><><><><><><><><><><><><>

手を繋いでも温もりは無い
まるで生きてないみたい

心音は 確かに感じたのになぁ

293 ゴーゴース  [id : XibJAAS/] [2016-09-18(日) 23:22:18] 削除依頼

>>292
タイトルつけ忘れていました

¨赤い糸も断ち切った¨

いつも詩を書いた後にタイトルをつけるので
しかしタイトルは一番最初に持っていきたい
そんなジレンマ、あると思います

294 ゴーゴース  [id : .H1F8V80] [2016-09-19(月) 22:20:05] 削除依頼

“確たる心 ここにあらず”

恋をする相手なんて
初めから誰でも良かった

私はただ 知りたかった
恋を覚えたあの人が
あんなにも輝いて見えたから
どんなものか知りたかったんだ

でも 誰を見つけようとも
つい比べてしまうから
私を恋することができない

胸が痛くなるらしいけど
いつも心は落ち着いている

その相手を考えてしまうと言うなら
思うのはあの人のことばかり

ああ やはり私は恋ができない
今までしたことが無いから
どんなものかも分からないんだ

だから だからこれが
あの人のことを思う気持ちが
恋なのかも知り得ないのだ

きっと私には一生できない
この答えが出ない限り

でもそれが 何だか楽しくて
止められなくたってそれで良い

それで それで良いよ

<><><><><><><><><><><><><><>

その曖昧ささえ 今は愛しい

295 ゴーゴース  [id : lW/WBFv0] [2016-09-20(火) 00:10:45] 削除依頼

少しだけ語らせて頂きます

私は詩を書くと気持ちが整理されます
乱雑に落ちている本を一つひとつ拾い上げて、それを棚に戻していくように
言葉を紡いで、自分の気持ちを形に変えて
そうして新しい私が見えていくのが、大変楽しいのです

私にとって、詩というのは
鏡のようなものであり、記憶を探る道具でもあって
時に優しく包み込み、時に私を見つめる目となって支えてくれるものです

詩と出会わなければ、こうして考えることも
自分の気持ちに気づくことも無かったでしょう

もう少し書きたいと思う反面、満足しているところもあるので
これからも書き続けるかどうかは分かりませんが
もし見てくださってる方が居るなら
出来る限り、最後まで頑張りたいと思います
一人よがりな思いを綴るだけですがね

以上です、失礼しました

296 ゴーゴース  [id : wCvrxhl.] [2016-09-27(火) 00:07:46] 削除依頼

“諸行無常”

信じられるものがあったとして
それが不変であるならば
どれほど安心できるだろうか

そびえる大木に寄りかかって
木陰の下で熟睡できる
そんな安心感があったなら
きっと人生は楽しくなる

そんな夢物語を語るときは
楽しくて止められない

きっと変わらないものは無い
時が全て奪い去って
そして 残していくんだ
灰色になった思い出を

それでも やっぱり
悲しみと痛みは癒えないや

<><><><><><><><><><><><><><>

心の支え、ありますか

297 ゴーゴース  [id : Ksko5NQ0] [2016-09-28(水) 23:51:35] 削除依頼

“行き止まり 右向け右”

慣れてしまえば退屈を覚える

退屈を覚えればため息をつく

ため息をつけば幸せが逃げていく

ならば 君が知らないような

新しい¨何か¨を見つけなさい

その新しいものの中に

一つとして退屈するものは無い

<><><><><><><><><><><><><><>

世界は広い 広いから
貴方の知らないものがたくさんある

それって何だか素敵なことね

298 ゴーゴース  [id : Sv3Ji1C1] [2016-10-01(土) 18:37:56] 削除依頼

“相思相愛”

愛して 愛して 愛されて
きっとそれで良かった

でも貴方は 貴方は
それ以上を望んでいたんだ
そして二人が別れるのも
貴方が望んだことなのだろうか

なら 貴方は私を
愛していなかったのかな

二人一緒にいた思い出すらも
否定してしまうならば
私は泣くことすら止めて
思い出と共に貴方を忘れよう

それが 貴方の望んだことなら

<><><><><><><><><><><><><><>

心の底から信じてみたい

299 ゴーゴース  [id : QAkDjXI1] [2016-10-03(月) 22:40:05] 削除依頼

“掌におさまる温もり”

子供たちが一ヵ所に集まって
何やら楽しそうにしていたから
つい 好奇心で覗いてみたんだ

彼らは 笑いながら蟻の胴を引き千切っていた

純粋でいて 狂気的な光景を
ふと目にした時ほど 寒気がする

当の蟻は体の半分になっても
前へ 前へと進もうとしていた

彼らは そんな蟻を摘まんで
頭部の触角をひっこ抜いたんだ

蟻は遂に 前も後ろも分からず
その場でもがく事しか出来なくなった
そんな蟻を見て 彼らはまた笑った

実に惨い 惨いことを
彼らは容易く成し遂げたのだ

彼らからして見れば 蟻とは
数多くある遊び道具の一つに過ぎない
遊んで 壊れれば捨て置く
そうして また新しい玩具を探す

蟻からして見れば 理不尽だろう
今日の今日まで生き延びて
一時の興として使われたのだから

もしも 蟻が人間と同じように
何かを感じる¨心¨があったなら
そんな蟻を思うだけで 私は
私の胸はこんなにも痛くなる

それは ただの哀れみか
それとも 優越感からくる同情か

多分 私は後者なのだろう
どこかで¨死なない¨と安心している
だからこんな事を思うんだ

すぐ側で命が消えたと言うのに

動かなくなった蟻を拾い上げて
そっと 土を被せて埋めた

もしも来世があるならば
どうか 自由に生きて

<><><><><><><><><><><><><><>

上から目線の同情ほど 嫌なものは無い

300 ゴーゴース  [id : 1RsSwKg.] [2016-10-06(木) 01:38:49] 削除依頼

“夢の架け橋”

夢を見た

真夜中に 波打ち際を
裸足で歩く夢

時おり足にかかる波
心地よい冷たさが
私を満たしてくれる

夜風が吹く 涼やかに
草木は揺れて さざめく
寝言を呟くように

もうすぐ 朝が来る

それ見るまで 私の夢は
どうやら終わらないみたいだ

時は満ちた 朝が
地平線から日が昇る

空は色を得て 海が煌めきを放つ
世界は今 目を覚ました

誰もが美しいと思える
そんな風景を見て 私は
そっと孤独を感じた

<><><><><><><><><><><><><><>

『朝が来るから 目覚めるのではない
 目覚めるから 朝が来るのだ
 目覚めぬ者に 夜明けは来ない』

<><><><><><><><><><><><><><>

祝 300です、嬉しいですね
更新が滞る時期が多々ありましたが、よこうやくここまで辿りつきました
折り返しまでは、まだまだ遠いようですが

ここ最近、自分の詩に変化がありました
1つは、長い詩をあまり書かなくなったこと
もう1つは、難しい言葉を使わなくなったこと
短くて簡単な詩の方が、自分の気持ちを一番表現できるみたいです

これからも頑張ってまいります

301 ゴーゴース  [id : 1RsSwKg.] [2016-10-06(木) 01:42:55] 削除依頼

>>300
『夜が明けるから 目覚めるのではない
 目覚めるから 夜が明けるのだ
 目覚めぬ者に 夜明けは来ない』

正確なのは、こちらです
ちょいと変えさせて頂きました
>>300の詩は「夜明け」と言うより「朝が来る」の方がしっくりくるので

相棒、いいですよね

302 ばんち猫  [id : XN.LvAq/] [2016-10-07(金) 20:08:17] 削除依頼

こんにちわ

303 ゴーゴース  [id : TVFkXGd0] [2016-10-07(金) 21:26:58] 削除依頼

>>302
ぱんち猫さん、はじめまして

拙い詩ですが、どうぞ見ていってください

304 ゴーゴース  [id : bveWJIX0] [2016-10-09(日) 23:50:50] 削除依頼

“待ち惚け”

背中丸めて うつ向いて
何か寂しそうな顔をして
歩くんじゃないよ
隣の僕まで悲しくなるだろう

ふと足を止めて 君はそっと振り返る
まるで誰かが来るのを待つ様に

その手に残る温もりを 君は
忘れずに生きていくのだろうか
いつまでも いつまでも
あの駅で待ち続けるんだろうか

しとしとと しとしとと
降り注ぐ雨は止まず
少しずつ 濡らしていく
あの頃の思い出を

<><><><><><><><><><><><><><>

誰かに会いたくて 会えない
そんな思いで胸を焦がす

305 ゴーゴース  [id : cPnPV9l1] [2016-10-12(水) 00:18:52] 削除依頼

“人の在り方 命の在り方”

私が私で居られる理由は
貴方が 私のことを
私だと言ってくれるから

ただそれだけ ただそれだけで
私は私のままで生きられる

鏡の中の私の輪郭は 何だか
ぼやけて 見えるものですから
ちょっとだけ 不安になるの

そんな時 貴方にぎゅっと
抱きしめられたいの

確かめさせて 私のことを
私の命を 流れる血潮を
今 私が生きていることを

一瞬だけしか輝けないから
瞬きせずに どうか見届けて

<><><><><><><><><><><><><><>

手を重ねた その温もりは
命が流れている証 忘れないで

306 ゴーゴース  [id : d8tvMca1] [2016-10-13(木) 00:22:08] 削除依頼

“貴方と共に”

貴方が居なければ 今ごろ
私は何をしていたのか
きっと 毎日をつまらなさそうに
無駄に過ごしていたことだろう

¨希望¨なんて言葉は これまでに
嫌になるほど聞いてきたのに
今は本当に分かるのさ
貴方と居ることが そうなんだと

明日がもうすぐ来るのだと
思う度に嬉しくなる
また明日も 貴方に会おう
また明日も 貴方に会おう

手を鳴らせ 声は高らかに
世界の何処に居たとしても
貴方に聞こえるくらい
私は貴方に 愛を伝えたい

世界を愛し 貴方を愛して
幸せの意味を初めて知ったんだ

二人で水際まで 歩いていこう

<><><><><><><><><><><><><><>

貴方を抱きしめるには
両の手だけじゃ 足りないんだ

307 ゴーゴース  [id : N2N4crO/] [2016-10-26(水) 17:56:35] 削除依頼

“天秤”

子供の頃に聞いた台詞を
ある日 ふと思い出した

誰かが幸福である時
また別の誰かが不幸だと

ならば 私が不幸であるなら
何処かの誰かが幸福であるのか

ああ なんて幸せなことだろう
私も誰かの役に立っているのかと
そう思うと 心が満たされる

模造品でも 代用品でも
何だって良い それで
他の人が幸せになれるなら
私はそれで良いんだ

笑って生きられるなら それが一番だ
しかめっ面して生きているよりも

今の私は 人生で一番
楽しそうな顔をしているんだ

心に隠した陰を背負いながら
朗らかに笑うんだ 私は

<><><><><><><><><><><><><><>

釣り合うとか 釣り合わないとか
そんな事も考えられない程の恋がしたい

308 ゴーゴース  [id : Fl0UMBQ1] [2016-11-14(月) 00:54:42] 削除依頼

“他人至上主義”

私が消えて 悲しむ人が居るなら

私はその人のために生きたい

私の人生はそれだけでいい

誰かのために使えるのであれば

それが私の生きた証だからだ

どうか私の命が 意味あるものであれ

<><><><><><><><><><><><><><>

自分の命を削ってでも尽くしたい
そんな人に、未だ出会えず

309 ゴーゴース  [id : WhHcdw4/] [2016-11-15(火) 00:19:59] 削除依頼

“懐古”

¨子供のままではいられない¨
¨いつかは大人になって行くんだね¨と
君が悲しそうに笑って言ったことを
いまでも私は覚えているよ

今ごろ君は 大人になって
人に揉まれて流されて
手の届かぬ所へ行っただろう

でもね そうやって流され続けて
いつしかまた出会えたなら
その時は子供に戻って話をしよう

出会い 別れた幾人の行く末の
全てを知ることは出来やしないが
ただ貴方が 貴方がいつまでも
幸せであることを遠く祈っています

<><><><><><><><><><><><><><>

光陰矢の如し 恋せよ乙女 駆けよ青年
命は生きているだけで輝いて見える
それは実に素晴らしいことだが
今の君には それが見えていないだけだ

人生 終わりが来るまで終わらない
遮二無二走れ 命ある限り
君の人生の終わりは まだ来ていないのだから

310 ゴーゴース  [id : 5T4xOEo1] [2016-11-19(土) 02:05:42] 削除依頼

“輪廻”

人は死んだら 何処へ行く
死んだらそれで終いなのか
¨私¨という¨人間¨は
もうそこで消えるのだろうか

今もこうして詩を綴っているが
来世で もし虫に生まれ変わったら
詩を綴るどころか 字も書けない
ましてや¨人間¨として生きる事も出来ない

¨私¨が¨人間¨で居られるのは今だけだ
そう考えると なんて短いのだろう

私が今まで殺めてきた虫たちも
前は¨人間¨だったのかもしれない

命は死んだら 何処へ行く
私が愛したものたちも
生まれ変わっていくのだろうか

分からないことばかりだ 生命は
長く生きることが幸せなのか
ならば 獣のまま長く生きるのは幸せか

¨私¨は¨人間¨でありたい
心からそう思う
いつか死ぬ命と分かっていても

<><><><><><><><><><><><><><>

苦しみ もがいて 足掻いても
結局は最期を迎えるのです
生きとし生けるもの 全てに訪れる

311 ゴーゴース  [id : 0mUmLu5.] [2016-11-21(月) 23:55:08] 削除依頼

“ ”

この風景も この温もりを
無くなってしまう事が怖い

必死にしがみついてみて
確かめた 私の命を
今もなお止まらぬ鼓動を

前に進めても 後ろには戻れない
繋いでいくしかないのさ

廻り廻って 戻れたとしても
それはもう¨私¨では無い

床に伏す自分を思い浮かべて
ぞっとするんだ なんて惨めなのかと
こんな終わり方は嫌だけど
どんな終わりでも 嫌だと思う

要するに私は死ぬために生きるのが
この上なく嫌なのだと思うんだ

いつでも前に誰かが居る訳じゃない
いつか私も前に立って 繋いでいくんだ

今日もまた 死に近づいた
いつ来るのか分からないけど
確かに近づいたんだ

やっぱり怖いや 死ぬのは

<><><><><><><><><><><><><><>

若いって素晴らしい
もうこんなに年を取ったんだ

312 ゴーゴース  [id : Zoci7u00] [2016-11-23(水) 22:24:13] 削除依頼

“ ”

¨命¨も ¨時¨も
人が作った概念でしかない

それに囚われてばかりの君は
何だか哀れで 見てて心が痛むのさ

人が勝手に決めて作ったのに
ああ 君はどうして悩むんだ

魂なんて有りもしないものを
勝手に作ったのは人だろう

死ぬのが怖いって 悲しい事言うなよ
¨死¨だって作ったのは誰だい
それに君たちには¨輪廻¨があるんだろう
なら安心すれば良いじゃないか

透けて見えるな 君という存在が
¨何故生きるのか¨ってのを
分からないまま生きているんだから

分からないまま生きるなら
生きる理由が無いのなら
どうして君は ここに居る

与えられた¨命¨だからか
¨時¨は進んでいくからか
なら それらを捨てる事も出来た筈だ

でも 君はそれを選ばなかった
君はそれでも生きようとした
ならば 相応の理由がある筈だ

生きるなら 生きたいと願うなら
その先を見つめるんだ
踏み出すことよりも大事な一歩だ

君がこの先も生きようとするなら
目指す場所を決めることだ
そうすれば きっと真っ直ぐ進めるさ

終わりを終わりと感じぬように
日々の一つひとつに 目を向けて

<><><><><><><><><><><><><><>

それでもやっぱり怖いのです

313 ゴーゴース  [id : Zoci7u00] [2016-11-23(水) 22:27:48] 削除依頼

二回連続でタイトルつけ忘れたァ!

>>311
“石橋すらも噛み砕く”

>>311
“生の概念と理由”

こんな感じですかね、はい
今後はこういった事が無いよう、心がけます

314 ゴーゴース  [id : Zoci7u00] [2016-11-23(水) 22:39:58] 削除依頼

題名云々で少し言いたいことが一つ

自分は詩を書く上で必ず題名をつけるんですよ
まぁ今回の様につけ忘れてしまうこともありますが、そこはなぁなぁで

と言うのも、詩に限ったことでは無いですが
詩というのは自分の時間、置き換えれば自分の命の中から生まれてるような物だと思うんですよ
それはまた、私の分身でもあり子供でもあります
そして子供に名前を付けぬ親が居ないように、私も詩に題名を付けているのです
本当にその子を愛しているのであれば、の話ですがね

だから私はせめてこの子たちには名前を付けてあげたいのです
他ならぬ、私から生まれた子ですから

まぁ、そんな理由から題名を付けているんですよ
だからと言って付けないことを否定する訳じゃありませんが、それは個人の自由ですしね

もしここまで見てくれた方がいらっしゃいましたら、感謝の極みです(こんな無駄に長い文章、途中で飽きそうだな・・・)
以上です

315 ゴーゴース  [id : J1CgyZaD] [2016-12-05(月) 01:41:53] 削除依頼

“堂々巡り”

命があるから 死ぬのは怖い
温もりを知っているから
凍えることに怯えるのだろう

だから そんな時は
愛する人と寄り添って
互いの命を感じて
この寒さを凌げばいい

そうすれば 春はまた来る
命は廻り続けるだろう

どんな事も繋がっているのだから
孤独なんて事は決して無く
誰しもが何かと繋がっているのです

切りようにも 見えない糸でして
それは歪な円を描いて
私たちを繋げているのです

だから私たちは生きている
明日を迎える理由はそれだけさ

明日の私も 誰かの隣で
笑えていられますように

見えない糸をたぐり寄せて
明日へ向かわなきゃ
この命 尽き果てるまで

<><><><><><><><><><><><><><>

生きるのって 苦しいけれど
同じくらい楽しいものなのですね

316 ゴーゴース  [id : J1CgyZaD] [2016-12-05(月) 19:16:49] 削除依頼

“I am”

名前を一つ あげましょう
ごくありふれた名前を
貴方につけてあげましょう

貴方が生まれた記念として
貴方が貴方でいられるように
名前をつけましょう

どんな名前がいいでしょうか
誰からも愛される名前
深い深い意味を持つ名前

ああ 心踊るひとときですね
こんなにも嬉しいのです
貴方に 名前をつけられるのが

だから どうか忘れないで
貴方につけた名前は
私たちが貴方を愛する証だと
貴方は愛されているのだと

だから どうかこの先も
笑って生きて欲しい
どんなに辛くても 苦しくても
いつまでも笑っていてね

貴方を抱いた温もりが この幸せが
いつか貴方にも分かる日が来ますように

私の命を分かちあった貴方
強く優しい人であれ

<><><><><><><><><><><><><><>

誰かに愛して 愛されて
ただそれだけを望んだ

膝を抱えて願ったあの日を
私はいつまでも忘れない

317 ゴーゴース  [id : J1CgyZaD] [2016-12-07(水) 18:45:08] 削除依頼

“忘却の遺物”

朝に見た夢が どんなものか
寝起きは覚えていたのに
ご飯を食べる頃には忘れていた

でも 悲しいようで 嬉しかった
そんな夢だった気がするんだ

幸せかと聞かれてしまえば
素直に頷けは出来ないが
だけどやっぱり 嬉しいのかも

明日の僕は きっと
考えていた事すら
忘れてしまうだろう

過ぎ行く日々はまるで夢の如し
さらさら流れては 落ちて
何も掴めないけれど それでも
僕は明日も同じ事を思うのさ

日記に綴って 書き残そう
今もなお消えていく¨時¨を

<><><><><><><><><><><><><><>

奇怪な言葉を並べたとしても
それは真に私が伝えたい事ではない

Simplicity is best.
ありのままの言葉で伝えよう

318 ゴーゴース  [id : J1CgyZaD] [2016-12-17(土) 11:03:36] 削除依頼

“酸いも甘いも もう一杯”

苦し紛れの言い訳を聞けるほど
もう貴方を愛していない
だから 何も言わなくていいよ

貴方はそうね 優しい人
クリームを食べているような
甘い 甘い優しさをくれた
そんな優しい人だった

でもね 私にとってその甘さは
喉が焼けるくらい痛くって
虫歯が出来てしまうほどだった

私は結局 受け止められなかった
優しくされること 愛されることに
ただ一方的に 受け入れるだけ

だから今度は そんな貴方の優しさを
飲み込めるような人に出会えるといいね

今の私には苦い現実だけあればいい
砂糖もミルクも 何も要らない
あるがままの現実を望んでいるのさ

コーヒーを仰いで 飲みほした
ケーキを一口残して席を立つ

貴方は今 何を思っているのかな
窓から射す西日だけが
貴方の横顔を見つめていた

<><><><><><><><><><><><><><>

愛しているなら何をしてもいいの?

319 ゴーゴース  [id : J1CgyZaD] [2016-12-19(月) 00:37:05] 削除依頼

“過去 未来 現在”

時が過ぎては 戻れないと知り
いつもの悲しみにふけると
思い出すのは 笑い声とか
そんなありふれた日常だった

そうか それがつまり人生だ
¨過去¨が積み重なって¨今¨で
¨今¨を続けていく事が¨未来¨だと

僕がそれを知った時
生きるのが少し楽になりました

<><><><><><><><><><><><><><>

過ぎ行く時に美を感じて
向かう未来に輝きを見る

320 ゴーゴース  [id : J1CgyZaD] [2016-12-21(水) 00:35:28] 削除依頼

“八方美人は孤独を嫌う”

私が持つ価値観は 世界から見れば
凄いどうでもいい事で
それが何故だか悲しかった

私という人間の価値そのものが
まるで否定されているようで

でも 所詮は私の空想妄想
ただの一生命体に
世界が目を向ける筈も無い

分かっていたさ こんな事くらい
それでも悲しい事に変わりはない

こんな事 考えるだけ空しくなる
私の存在価値なんて分かりっこない
他人がつける価値だ 意味も無い

私の価値は 私の人生の価値は
私自身で決めていくんだ
毎日 少しずつの右肩上がりで
誰もが羨む人生にしてみせよう

この悲しみを埋めるのに
それ以外の方法を思いつけない

それがまた悲しいけれど

<><><><><><><><><><><><><><>

前向きであること それが必ずしも
¨幸せ¨って訳じゃないんだ
後ろ向きな幸せだってある筈さ

321 ゴーゴース  [id : J1CgyZaD] [2016-12-24(土) 03:15:19] 削除依頼

“信頼と捕縛”

心から信頼できる人は
片手で数えるには少なすぎる

人間 誰彼構わず信じることはできない
¨絆¨なんて言われても分からない

ましてや¨信じろ¨ってのは嘘つきの言葉だと
そう思っているから 尚更信じられない

でも 結局のところ
人は誰かを信じていたいんだ

誰でもいい 誰か一人でも
掛け値無しに信じたいんだ

愚かさものさ 人間というのは

¨絆¨はまるで鎖のようだ
絡め取られて 重くのしかかる

だが 人はその重さに
温もりを 愛しさを覚える

だから 人は信じてしまう
馬鹿みたいに信じては
裏切られてを繰り返すんだ

嗚呼 これまた厄介なことに
私の全身も鎖だらけになってしまった

この鎖を止める釘は
錆びてる癖に 中々頑丈で
そう簡単には取れなくて

だから それで良いのさ
¨人を信じる¨って事は
つまり そういう事なのだ

<><><><><><><><><><><><><><>

もし その鎖が外れ落ちた時
貴方は心から喜べますか

私には虚無感しか残りませんでした

322 ゴーゴース  [id : J1CgyZaD] [2017-01-10(火) 02:04:06] 削除依頼

“生涯”

君が旅立つのを見届けて
僕は少し 涙を流して
もう二度と振り返らない
その顔を 今もしかと覚えている

行けよ 遠く 地平線すら越えて
もしも君がその向こうで
愛する人に会えたらそれで良い

ねんね ころり ねんころよ
昔に母が歌ってくれた歌を
君もいつか歌ってくれ
腕に抱いた その小さな命に

辛い事もあるだろう それでも
命はいつも前にしか進めない

一期一会 出会いと別れ
命を繋いで生きていく

こんな時代さ 生きていくのも
しんどくて 止めたくもなるだろう

だけどその時は 思い出してくれ
君に命を繋いでくれた人を

¨さらば¨と言うにはまだ早い
また何処かで会うために
この言葉は胸にしまいこんでおこう

今はただ 嗚呼 今はただ
君の後ろ姿を見届けよう

<><><><><><><><><><><><><><>

¨こんな風に生きてみたい¨
今までで何度思ったんだろう

323 ゴーゴース  [id : DMp6LEc0] [2017-01-22(日) 02:45:32] 削除依頼

“ ”

人生を

324 ゴーゴース  [id : DMp6LEc0] [2017-01-22(日) 03:07:22] 削除依頼

“ ”

人生を 自分の歩んできた道を
振り返る時 その時は
きっと何かを後悔している

積もり積もったその気持ちを
誰かに聞いてほしい
誰かに知ってほしい
そうやって 孤独を紛らわそうとしている

だけど 貴方はそれを知られるのが恥ずかしいから
いろんな理由をつけて誤魔化すんだ

大事なものを失くしただとか
誰も聞いちゃいない事を
蛇足よろしく語っちゃいるけど
もうさ 全部ばれてるんだ

後ろを振り返った その後ろに
誰も居ないのが寂しかったんだろう

たった一人で 何処に行くのかも分からず
この先を進むのが怖かったんだろう

でもね 人間なんて所詮そんなもんさ
誰だって誰もを理解出来ない
心の底から分かり合う事なんてない

生まれた瞬間から人は孤独だ
死ぬまで いや 死んだその後も
変わらず孤独のままさ きっと

さぁ 行けよ 貴方の道を
貴方だけが歩む道を

もう振り返るな 振り返ったって
貴方が望むような安心はそこには無い

さぁ さぁ 進む他ないぞ
引き返せると思うなかれ

笑って進め 笑って生きていけ
私もすぐに貴方の元から去るのだから

行け 日が沈むその前に

<><><><><><><><><><><><><><>

温もりは いつか冷めるもの

(PS.誤爆したので削除依頼)

名前:

(書き込む前に利用規約の確認を) 掲示板ガイドと利用規約 (投稿前にお読みください)
荷物を枕に うたたねを - 最新50レスだけ見る。
このスレッドの投稿を全表示 - ここの書き込みをぜんぶ一気読み。
詩投稿投稿掲示板に戻る