風が窓を叩く音

詩投稿投稿掲示板より。


1    波風  [id : .iFIVak/] [2014-08-13(水) 21:40:12] 削除依頼



序章は静かに始まって
夜空に落としたエピローグ
終わりのない物語
いっそ呼吸を止められたなら

キャストのいないエンドロール
黒い画面の中に冴えない自分がいて
ヒビ割れた残像
もう後ろも振り向けない

閉じ込められたガラスの中
死にたがりのカナリヤはなんと鳴く
ゆらりと空気が揺れて
聞き覚えのない台詞

言葉を攫った風が
ゆっくり扉を押し出せば


//* 風が窓を叩く音

エンドロールは止まらない


***

自己紹介、ご挨拶等>2

149 波風  [id : G8vWfAD0] [2015-10-03(土) 08:31:16] 削除依頼



せかいはこんなにやさしいのに

なんでみんななみだをながすの

150 波風  [id : nV9Qbdu1] [2015-10-18(日) 21:27:06] 削除依頼



残した覚悟を地獄に変えて
障子越しに聞こえた貴方の言葉でも
置き去りにしてよかった
零れた雫は空の涙だと思わせて

いっそ幸せであればよかった
忘れ去って
思い出せずに
後悔ごと殺して
悲しみに溺れられたらどれだけ
できなかったから泣いた
枯れるほど叫んだ
もう終わらないのに

絡繰仕掛けのエンドロール
キリキリ巻いたぜんまいは回らない
回らない 回らない
終わらない
地獄の終焉はどこなのか

満開の桜が咲く
誰かが好きだと言った桜だった
秘密の意志も散らせて

どうかハッピーエンドまで


//* ハッピーエンドロール

ようやく幸せの幕を降ろすのね

151 波風  [id : nV9Qbdu1] [2015-10-18(日) 21:30:54] 削除依頼



貴方という空に溺れて
閉じない拓けた世界でふたり
過呼吸になって
どうか呼吸困難に
そうしてこの身を浮かべて
沈まない太陽に愛を誓う


//* 夕暮れ

152 波風  [id : nV9Qbdu1] [2015-10-18(日) 21:35:36] 削除依頼



言葉はいつでも不完全
伝えきれないもどかしさの片隅
すべて伝わらぬから言葉であれと
どうか無音に声を乗せて
君の知らない想いを囁くから

完全な言葉にしてしまっては
それはあまりに束縛されすぎてしまうね
曖昧なまま君にあげるよ

知らない言葉に不完全な想いを
知らない想いを不完全な言葉で
君にそんなたったひとつ
陳腐さだけの淡い空気で溶けさせて


//* Dear

153 波風  [id : nV9Qbdu1] [2015-10-18(日) 21:38:48] 削除依頼



貴方でよかった
貴方がよかった

ごめんなさい 愚か者で
ありがとう 断罪してくれて

泣かないから

貴方と がよかった

154 波風  [id : j65eoHt.] [2015-11-26(木) 21:23:38] 削除依頼



ああ、ああ
忘れてくれればよかったのに
待たなくてよかったのに
どうしても幸せな私がいる

遅くなってごめんねだとか
待たせてごめんねだとか
今だけは陳腐にしかならない

片手で数えられない日々の中で
溢れるほどの言葉に
どうか、どうかありがとう


//* 真っ赤な花束

受け取り期限も過ぎたけど
これからもどうぞよろしくね

155 波風  [id : j65eoHt.] [2015-11-26(木) 21:28:24] 削除依頼



ゆっくり歩くことの何が悪い
流れる時間の中
走り去っていくようなスピード
誰も彼も慌ただしく駆けては
置き去りにされた足跡
バラバラの方向に向かっていく

何が大切ですか
聞かれて答えるものはない
未来が大切ですか
何に急いてますか
どうして進みますか

白紙 白紙 白紙
急かされるように走る人々
明確なゴールのない行き先

なんで走るんだろうね
僕は疲れちゃったや


//* 小枝

156 波風  [id : j65eoHt.] [2015-11-26(木) 21:31:22] 削除依頼



***

なんだかみんな焦ってばっかりで
ゆっくり忙しいのね。

157 波風  [id : /C68Md00] [2015-12-03(木) 22:32:53] 削除依頼



***

こうやって忘れられていくんだなって
それにホッとしてるのかな。複雑。

158 波風  [id : JSAiRLC/] [2016-01-21(木) 21:45:06] 削除依頼



泣きそうになりながら生きるなら
いっそ言葉にしなければいいと
待ち合わせ時間五分前

待っててなんて言わなかった
待ってるなんて聞かなかった

だからお互い忘れてしまえば笑えるのに
まだ まだ 覚えてくれてるって
そう信じていてもいいですか
なんて
陳腐で傲慢で 酷く滑稽なのに

後ろ姿を見たときに
貴方の名前が口をつくのを
待っててくれてると信じていいですか

振り返って遅いと言って
名前を呼んでくれるのを
私は まだ


//* 夢幻

159 波風  [id : JSAiRLC/] [2016-01-21(木) 21:47:43] 削除依頼



いちご
おれんじ
れもん
めろん
そーだ
よーぐると
ぶどう

七つの飴玉の袋を並べて
虹みたいだねなんて言って笑った

それを聞いた君は何色を選んだっけ


//* シトラス

160 波風  [id : JSAiRLC/] [2016-01-21(木) 21:55:33] 削除依頼



過去を変えたいと願いますか
未来を変えたいと望みますか

息をしている
誰もが一度は焦がれる願い
いえす
いえすだよ
僕らはいつでも一等を望んでる
失敗も恥もない綺麗なレール
願っています
望んでいます
少しでも成功が欲しいと願っています

ただ実行しますかと問われれば
それはいえすとは言えない
きっとのー
成功がほしかったけれど
失敗を犠牲にした現在も好きだから
僕はそれを成功と呼びます
失敗した
それでも成功だよ
だって現在が幸せならば

過去を変えたいと願いますか
未来を変えたいと望みますか

いえす いえす
願います 望みます

現在を変えたいと祈っていますか


//* PARADOX

161 波風  [id : JSAiRLC/] [2016-01-21(木) 21:56:53] 削除依頼




過去を変えたいと願ったとして
変えてしまったとして

私はまだ庭に咲いたたんぽぽを見てないよ

162 波風  [id : meaaulE.] [2016-02-13(土) 21:29:06] 削除依頼



息を殺して闇夜に溶ける
掛け声は吐息
狼煙をあげる前に全てを終わらせよう

浮かぶ 海に 沈む
鮮やかなマリンブルー

ほんの少しの隙間から聞こえる
悲鳴 呻き
渦巻くような咆哮
声は呑み込まれたまま消えた

回し蹴りを脳天に一発
正義が翻る
己の誠は過去より
どうか忘れられないそこに夢を
影を背負って生きて ?

ぐらりと世界が反転すれば
そこに広がるは夜闇
駆け出したのは風か否か

揺れる 声が 波紋を描いて

生かした世界に未来がなくとも
いつでも真っ直ぐに
預けた心ごと
在れるのならばと信じて
消えた風音に終幕


//* 忠者

163 波風  [id : meaaulE.] [2016-02-13(土) 21:38:15] 削除依頼



君が明日の夕焼けを幸せと呼ぶなら

伸ばした手は触れることなく
冷えたぬくもりに縋る
奇跡のような魔法を辿って
いつかあなたのもとに
綺麗な
綺麗な明日を
綺麗な未来を
どうかその先に幸せな日々を

願った先で消えた誰かがいたとして

星空の中に淡く消えた流星
紛れて落ちた小さな涙
さようならと言うには悲しすぎるから
君が
君の守った明日に

ハロー、ハロー、
僕はきっと幸せです


//* 切那(せつな)

あなたが守った明日に
あなたはいますか

164 波風  [id : meaaulE.] [2016-02-13(土) 21:56:52] 削除依頼



亡くした清さで呼吸を乱して
欠けた剣で三拍子
お国の長もの切り落としてさようなら
尾ひれのついた噂話も
どうやら安い薬のようで
溶ける 泉に 深く 沈む

鶴の鳴き声に からから笑う
光も灯されないので前進不可
愛なんて嘘くさい秋色
夜に投げ込んで五回の瞬き
お月様こんにちは
今日は歌が聞こえないね

陸地に上がった川がうねる
青が消えて 蜂の警報
逃げて 逃げて 融けてしまう前に
狸が喰ったは狐の鳴き声
次はない
ひれ伏した祭壇のど真ん中

ちらちら雪が積もれば石に蛍
季節外れの現世
集めた王は平地で殺された
虎は王の座椅子に君臨す
一期の刻よ哀れでしたね

蜻蛉の手を引いてこっちへこいこい
幸せはどこに?
後腐れなく春告鳥が鳴く
春がくる 狐は冬眠
大和の国よ明けの夜に祝福を

笑った膝を叱咤して
今日も笑えと博愛の世界で


//* 我が子

165 波風  [id : meaaulE.] [2016-02-13(土) 22:02:04] 削除依頼



僕らの生きる世界はいつだって
明かぬことのない夜のもとにあるのだから
陽射しの向こう側
眩しい今を願っています


//* 拝啓、歩みを止めぬ へ

166 波風  [id : RJcxBzC/] [2016-02-14(日) 17:39:24] 削除依頼



粉々の夢の欠片に火をつけて
燃え盛る未来に乾杯
焦げた幸福を噛み砕いて
嗚呼 なんて美味なんでしょう


//* insomnia

167 波風  [id : kfGdInx1] [2016-02-22(月) 14:47:50] 削除依頼



桜が散る夢を見た
ひらひら落ちる花弁を掴むことなく
空が濡れる
半透明のガラスを翳して

線香花火が落ちる夢を見た
息を止めて酸素を殺す
ゆっくり落ちる
そうして寸前でいつも

紅葉を染める夢を見た
真っ赤な世界で逃げるように
どこまでも
消えることもない夢を
覚めることもない夢を

さようなら世界
大嫌いだったよ


//* また明日

168 波風  [id : kfGdInx1] [2016-02-22(月) 14:57:25] 削除依頼



はじめての挨拶を覚えてますか
やくそく覚えてくれていますか
べつに忘れたっていいんですよ
じかんはいつでも無慈悲だから
ゆめくらい見せてくれていいの
うんと泣いた後のことだけどね

君を忘れようと思いました
忘れてしまえばいいと思いました
だって会いたいと願ってしまうから
知っているよ
望んだら君は蹴り返すからって
だから君との約束を忘れようと思います
どうか君も忘れてください
時間なんてあてにせずにどうか

またいっしょに なんて


//* 雪山

叶わない約束なんてもう忘れてよ

169 波風  [id : kfGdInx1] [2016-02-22(月) 14:59:40] 削除依頼



あなたの呼んだ名を
ぼくの存在にして生きていたい


//* call me

170 波風  [id : Uzrq.w10] [2016-02-27(土) 22:36:49] 削除依頼



君への口付けに
細やかな誓いをたてます

171 波風  [id : 5AsifPZ/] [2016-03-19(土) 21:01:35] 削除依頼



唇にのせた曖昧な音が
今日も孤独を加速させては冷える
さようならなんて
言わなきゃよかった
会えないって知ってたなら

季節はゆっくり移ろって
空白の時間ばかりを積もらせて
今更遅いかな

暗闇の中 一人だと冷たいの
手を繋げばよかった
あの温もりを自ら捨てておきながら
またね なんて
だってさようならだったのに

閉じた扉の向こう側
桜吹雪
ただいまの声が


//* 百日草

172 波風  [id : 5AsifPZ/] [2016-03-19(土) 21:11:52] 削除依頼



本当は
本当は僕はただの

正義だとかそんな大義名分いらない
偽善じみた常套句なんて
消えない明日を願うことの何が
今日を生きることの何が罪だったの
慣れない世界のど真ん中
置き去りにされた過去の僕と
アンバランスな青空の下でなにを叫ぶの
いつかは夢から覚めるのに
なにを護っていればいいっていうんだ

僕は
僕はただの人間だよ

目の前にぶら下げられた利益より
ずっとずっと生きていた現在を
ぎこちないままで
捨てずに生きてきたんだ
未来なんか知らない
それは現在には必要ないだろう
忘れた頃に
エメラルドの羽根でいつの日か

ずっとずっと未来
いつかまた
出会った時には


//* ドラマチック

旅立つ理由を捨てないでよ

173 波風  [id : jwW.U.P/] [2016-03-22(火) 00:49:34] 削除依頼




貴方の隣を歩くのに恥じない人間でありたい

174 波風  [id : 00PzuyD/] [2016-04-04(月) 09:51:14] 削除依頼



喉がはち切れそうなくらい愛を叫んで
それでも貴方に届かないの
薄氷一枚 貴方と私の距離
届かないなら 知らなければよかった

毎日の一言が尊くなって
気付けば心の中心で貴方が笑うの
卑怯ね
気付きたくなかった
届かない幸せなんて捨てればよかった

気付かないフリ 知らないフリ
貴方が手を伸ばすなら
私はそれを
どうか 握ったフリをしましょう

束の間の幸福

知らなければよかった
気付かなければよかった
幸福の中に混ざる微かな苦痛さえ
甘やかな絶望さえ

届かない それでも私は
愛を叫びましょう
届かないから 喉がはち切れるくらい
その些細な幸福を貴方に
夢見心地な絶望ごとさようなら


//* 薄氷

こんな幸福な絶望を私は知らないよ

175 波風  [id : 00PzuyD/] [2016-04-04(月) 09:58:23] 削除依頼



ささやかな約束をした
遠い昔
夜闇の中心でこっそりと
浮かぶ月は船のようにゆらゆら
散りばめられた星屑に
集めれない夢の欠片を詰め込んだ

思い出すの
君のことばかり
取るに足らない小さな 小さな約束を
いつまでも待ってるの
忘れてしまえばよかったのにね
きっと君も笑うよ
そんなこと なんて

日常に溶けるようなささやかで
きらきらした約束でした
言い出したのは君で
忘れたのも君のほう
馬鹿みたいって過去の君が笑うから

忘れた去られた約束を
忘れた君と


//* うみ

176 波風  [id : 9Bc295E0] [2016-04-13(水) 19:47:10] 削除依頼




いつも決意ばっかりは立派ね

177 波風  [id : fu8FQ0z.] [2016-04-19(火) 23:13:11] 削除依頼



空の色が青いことに変わりはなくて
ただそのだだっ広さが怖い
鳥を撃ち落とすような光の隙間
星屑の欠片を落とす

貴方に夢を どうか翼を

羽をもがれた天使のごとく
貴方のその背に跡をつけたまま

青い空の向こう側
飛んだ鳥の行き先は知らず
雲に埋れて消えた雨

この程度の広さに絶望は早い


//* wing

178 波風  [id : VJBNjCE.] [2016-05-16(月) 09:59:19] 削除依頼



君が夢見て描いた未来が
そのまま道になればよかったのに


//* 贖罪

179 波風  [id : o1loE2L.] [2016-06-06(月) 00:33:38] 削除依頼



あなたの隣を歩く夢を見た
空白の隙間を幻想で埋め込んで
不完全ドリーム
一夜限りの淡い逢瀬にこんにちは
夜闇に沈めて刹那の幸福

繋いだ掌の温度さえも覚えてなくて
視線は 笑みは どこにいた?
霞んだ思い出の中
笑った気がしたのは思い込み

束の間の幸福も定かではなくて
消えたのはただの夢か 幻想か
あなたの名前も呼べないの
掴んで
願望は泡沫に覚めるのよ


//* 不完全ドリーム

ハロー、朝日の昇った世界

180 波風  [id : o1loE2L.] [2016-06-06(月) 00:39:11] 削除依頼



刻が経つのは早いもので
あなたを好きになってからのこと
もうどれだけだろうね
きっかけを忘れて
理由を並べた
いくつもの好意を携えても
あなたに勝てないなんて悔しいね
惚れた弱みってよく言うもの
きっと私はあなたに勝てないんだ
どれだけ過ぎた時間の中で
だって
あなたを嫌いになれなかった


//* precious

181 波風  [id : o1loE2L.] [2016-06-06(月) 21:36:55] 削除依頼



あなたを目指して歩みたい
たったそれだけでも許されますか

182 波風  [id : ZCQB84G/] [2016-06-28(火) 11:48:21] 削除依頼



君は僕の言葉のうちに
どれだけホントウが含まれてるか
考えたことはあるかい?

全身の七十パーセントは水でできてる
僕らの存在はほぼ水さ
だからきっと死ぬ時は蒸発して
この世から溶けてなくなるんじゃないかな
そんな淡い願望だよ
跡形もなくなればいいってね

じゃあ言葉の何パーセントが真実だろう
僕らの存在がほぼ水のように
言葉の七十パーセントくらいも嘘で
言葉の存在はほぼ嘘だったりしてね
結局は戯言さ
信じていたいなら聞き流してよ

僕らはほぼ水で
それでも溶けてなくならないなら
言葉はほぼ嘘で
それでもきっと消えないんだろう?
誰かの懐に深く突き刺さったまま
蝕み続けて
それが消えることはないのかな
似たモノ同士だからしょうがないかもね

跡形もなくなればいいのにね
僕はずっとそんな願望を抱いてるよ
ホントウの言葉も
僕の存在も

ねえ
君は僕の言葉のどれくらいを信じた?


//* うそつきディスタント

183 波風  [id : uJNPVqD.] [2016-06-29(水) 19:30:27] 削除依頼



どれだけの覚悟が必要ですか
両手で持て余してるこれじゃあ
まだ不足でしたか

まだあなたにあえませんか

184 波風  [id : ZbzVDYB.] [2016-07-01(金) 06:32:38] 削除依頼



簡単に裏切られる信頼なんて
なんだったんだろうね
私だけだったのかな
あまりにも一方的だった
君には私以外がいたんだね
そんなのも知らなかった私が愚かかな

人の視線掻い潜って
さあ どこへ逃げようか
当てなんてこれっぽっちもないくせに
走る足だけは止められない
どうか
君のいないところへ

涙隠すように顔を隠して
ありきたりだね
あなたの声も聞こえないフリ
愚か者は私

あなたがあんまりにも優しく
理由も知らないフリをして
置き土産をするから
隠された顔なんて一切無駄だった
だめになった
意味をもたせたままの
きすなんて


//* secret answer

だってあなたをすきになれなくなる

185 波風  [id : QkDBORE.] [2016-07-25(月) 07:50:06] 削除依頼



悪魔の囁きが聞こえる
信じていいものかと
どれが嘘かなんて分かるわけもなく
囁きと真実の狭間 疑心暗鬼
疑いたくない心の奥底
裏切られたら
それがただ怖かっただけなんだ

意気地なし
そうだったね 最初からそうだった
悪魔が嘲笑っていること知らず

あなたを信じましょう

悔しさに唇を噛む悪魔にざまあみろ
意気地なしはね
最後に自分を信じるの
あなたを好きになった自分をね


//* ポッキー

意味なんかないよ 一緒にいて

186 波風  [id : zjCC4np.] [2016-07-26(火) 11:27:16] 削除依頼



鍵盤の上を歌うように歩きたい
シャープとフラット飛ばして
半音置き去りに一音ずつ
歌うように 踊るように
あなたに届けるための歌にして

凍った指先を固めていたら
いつかあなたの掌に触れていたりして
溶かしていったその温度
音が
私とあなたの歌
耳触りのいい穏やかな歌

鍵盤をひとつずつ
踏みしめるようにして歩いてきたから
重い低い音乗り越えて
最後は軽やかにジャンプでも

あなたと歩んだ細やかな日々に
どうか名前をつけるなら


//* Slowly Crescendo

あなたと過ごす時間と幸福を比例して

187 波風  [id : zBh578r.] [2016-07-28(木) 22:42:23] 削除依頼



偶然寄り道した先に君がいたら
毎日通おうと思うのにね
命の香りが漂うその場所で
おはようございますと
たった一言交わせるだけの幸福でも


//* モーニングブレッド

188 波風  [id : daKmBhX.] [2016-08-14(日) 19:02:04] 削除依頼



誰も知らないお伽噺をしよう

むかしむかしあるところに
貧乏な河原で育った
たいそう綺麗な瞳をもった子がいました
その子は毎日生きる術を探して
他人に媚を売ることを覚えたのです
可愛くしてるから大切にして
綺麗に着飾るから捨てないで
そんな固定概念の話
とある男はその子の生き様を知らず
知らない故に大切に扱いました
その子にとって男は唯一で
いつしか泣くことを覚えて
笑うことを覚えました
それでもいつかは別れのくるもので
その子は男のために息を止めました
捨て切れなかった感情の隙間
子にとって男が唯一だったから
大切を護る術を
その子はそれしか知らなかったのです
さようなら
言葉の終わりに小さく
ずっと子を知っていた彼は笑いました
またあえたらいいね

誰も知らない陳腐なお伽噺
なんで私が
誰も知らないものを知ってるかって
それこそ野暮な話だよね


//* おかえり

189 波風  [id : F71yGhj.] [2016-08-17(水) 12:08:53] 削除依頼



君のいないベッドの上で
君のいた温もりを思い出す

君のいない食卓で
君のいたありふれた匂い

君のいない玄関先で
君のいた挨拶を口にする

君のいない時間の中で
君のいた思い出に縋ってみて

君のいない一日が終わって
君のいた昨日が過ぎて

君のいない明日を生きることで
君のいた過去を守ってるよ


//* キミガタメ

190 波風  [id : vtYad7x.] [2016-08-21(日) 21:56:29] 削除依頼



飲み込んだため息の行き先
幸福の中でぽつり
沈んでしまえたらよかったね
言葉は帰らないくせに
酸素はいつも巡っていて

信じるものが己でなければ
誰だって強くなれたはず
知っていたの
それも強がりだった過去の話だけど

真っ直ぐに生きて
それでも飲み込んだため息は死 んで
幸福の溜め池はずっとずっと先
呼吸を止めるならそこがいい
叶わない願望
鮮明なまでの未来ごと
そんな夢をみた

吐き出した幸福を抱き締めたまま
言葉の代わりに
巡り果てた酸素の欠片を
どうか


//* りんごじゅーす

おかわり十杯目の淡い幸福に乾杯

191 波風  [id : 69lO5Iu.] [2016-09-30(金) 21:19:40] 削除依頼



ひとなつを味わった日があった
青い空の下
キラキラ反射する海の上
きみがいて
わたしがいて
途切れた会話の隙間
こっそりキスを交わした
あまい味がした

君の心にいられる鍵がもらえるなら
その日だけの味だけで
精一杯を詰め込んだ夏の日に


//* しーじゅ

192 波風  [id : RRVWy8g0] [2016-10-31(月) 20:34:32] 削除依頼



砂糖菓子を噛み砕いて
いつまでも忘れない幸福を壊す
昨日のことばかり
信じてもいなかった明日
有限だったことに知らんふりして
鵜呑みにしたの

影法師追いかけたようで
幻覚だったのかな
ひとつ落とした砂糖菓子の欠片
ラブソングみたいね
見落とした幸福なんてそんなもの
過去の栄光さようなら


//* バニラ

193 波風  [id : RRVWy8g0] [2016-10-31(月) 21:02:53] 削除依頼



静かな昼下がり
のんびりお昼寝したい気分
晴れの日はぽかぽか
時間がゆっくり流れてる錯覚
目を閉じておやすみなさい

天気がいいって幸せだね
満ちたりちゃうの
光の中にいるだけのほんわか気分
真っ白な雲の隙間から
時計もいっそ止めちゃいたい
もしもこのままなんて
やっぱり思うのもやめたほうがいいよ

二度目の目覚まし
止めたらおはようの挨拶して
なにもない日常が
ずっと続いたらいいな
なんにもないだけのお昼寝日和


//* おはようラビット

194 波風  [id : WQCcyle/] [2016-11-02(水) 22:27:32] 削除依頼



君の心臓にスターマインを埋めた
何処までも輝く目印であれと
いつでも君を見つけ出せるようにと
僕の人生の半分の煌めきを
夢のような気がした

簡単に星屑の海に拐われて
旅を夢見る君のこと
きっと夜の海に溺れたんだよ
息も殺して
スターマインを守るために
一緒に溺れてしまえたら楽だったかな

僕と君とで半分にした煌めき
君の中で死んで
僕の中で褪せて
手放せなかったから泳いでた

君の心臓に埋めた半分が
どうか帰ってきますように
そうしてまた
君ごと
星屑の海に身を投げてしまえたら

待っててよかったって
言いたいから ねえ


//* らいおんはーと

おかえり 僕の半分 目印の煌めき

195 波風  [id : uFArXkm0] [2016-11-09(水) 23:29:22] 削除依頼



あの時の不格好なフレーズが
忘れられない時間のすべてだったよ


//* ちいさなひとつの

口から溢れるセレナーデの一節は

196 波風  [id : uj8A3IX2] [2016-12-31(土) 23:18:00] 削除依頼



さようなら 夏の夢
こんにちは 波の花


//* 南

197 波風  [id : uj8A3IX2] [2017-01-08(日) 21:19:19] 削除依頼



あなたと不幸になる未来を望んでる


名前:

(書き込む前に利用規約の確認を) 掲示板ガイドと利用規約 (投稿前にお読みください)
風が窓を叩く音 - 最新50レスだけ見る。
このスレッドの投稿を全表示 - ここの書き込みをぜんぶ一気読み。
詩投稿投稿掲示板に戻る