キタムラ楽器いかがですか。

詩投稿投稿掲示板より。


1    ぱーせんと  [id : ixlT4J1.] [2012-03-03(土) 18:09:21] 削除依頼

皆さんお気づきのように題名適当。
おはよう。
おやすみ。
そんだけの意思表示くらいは
ここでやらせて。
戯れ言welcomeなんでしょ。

226 ぱーせんと  [id : g/Fq41..] [2015-01-12(月) 08:18:19] 削除依頼

恨んではいけません
大人は悪くありません
私が大人になるとき
恨まれてはいけないから
私が子供になることは
もう二度とないから
だから
悪いのは子供です
大人を恨んではいけません

/究極論的な

227 ぱーせんと  [id : g/Fq41..] [2015-01-12(月) 18:55:46] 削除依頼

弱い自分は
認めてしまえ
そのほうが
楽だから
下を向いてあるくのは
正解じゃない気がしてこわいから

228 ぱーせんと  [id : b16z2wS1] [2015-01-20(火) 22:39:39] 削除依頼

あーあ
強い私にならなくちゃ
お母さんとお父さんが揉めるのは
私のためで私のためじゃなくて
あの先生が怒るのも励ますのも
私のためで私のためじゃなくて
あーあ
知ってたけど
楽しいときも寂しいときも
ふっと横で誰かが笑っている
弱い私を苦い目をして笑っている
あの子もその子も目の端を歪ませて
笑っている
あーあ
強い私にならなくちゃ

/自意識過剰

229 ぱーせんと  [id : b16z2wS1] [2015-01-20(火) 22:48:55] 削除依頼


レの音が
喉を叩く
湯気と共に
広がってゆく
桶を叩き
タイルを叩き
鼓膜を揺らす

/風呂場

230 ぱーせんと  [id : X6.gVFD/] [2015-01-26(月) 00:37:57] 削除依頼

あなたがいなくなるとき
きっと大泣きして
いやだいやだって叫ぶから

わたしがいなくなるとき
もっと大泣きして
いやだいやだって叫んで欲しい

あぁ、でも
本当に本当に最後の一瞬
笑いましょうね、潔く

/願い

231 ぱーせんと  [id : X6.gVFD/] [2015-01-26(月) 00:41:10] 削除依頼

指の先を眺めてた
なあんにもない。
そんな気がした一昨日に
ほうら、みてみろ。と

/魔法

232 ぱーせんと  [id : I.QPimt1] [2015-01-26(月) 22:29:05] 削除依頼

ほらほらほらほら
だってみんなほら
一番好きなのは
ぼくあたしでしょ
せせせせんきゅー
言うために身構えて
見てる見えてる
前髪伸ばしたって
メガネかけたって
マスクつけたって
にたっとにたりと
誰かさんの努力も勇気も
知らんぷりで
ねえねえねえねえ
だってみんなね
一番大切なのは
ぼくあたしでしょ
すすすすきなんです
ほめられるようなこと
した覚えなんてないくせして
図々しくも待っている
乙女のふりして
クールなふりして
期待どおりを期待して
せせせせんきゅー
が言いたいなら
ぼくあたし
それなりの
せせせ成果を

/せせせせんきゅー

233 ぱーせんと  [id : I.QPimt1] [2015-01-26(月) 22:40:22] 削除依頼

もし僕が
神さまなら
次のページに何を描こう
どんな幸せを君に送ろう
空は毎日晴らしておきたい
みんなの笑顔を毎日見たい

もし僕が神様なら
みんなを幸せに出来るだろうか
誰かを懲らしめたりするのだろうか

もし僕が神様なら
悪いことの1つもない世界が
つくれるだろうか

美味しいものがたくさん食べれて
暖かい布団でいつもぐっすり寝れて
学びたいことを学ぶことができて
みんなみんな
好きな人と一緒に過ごせて

もし僕が神様なら
そんな世界がつくれるだろうか

/だから、いやしない。

234 ぱーせんと  [id : a4XEA3P0] [2015-02-01(日) 22:08:57] 削除依頼

凡人であることを
心のどこかで恥じてしまう
皆々様へ
何よりも自分が好きだから
主人公に向かない自分を愛せない
感情がない振りをしてみたり
他人や自分を傷つけてみたり
いつだって
類似品のない
一人になりたいのに
独りになるのが怖くて
押さえ込んで
何もないのに涙をこらえて
でも大丈夫
だって私はいつも叫んでる
気づいて気づいて気づいて気づいて
祈ってる
偽物の過呼吸に狭心症に多重人格に怯えてる
忘れられまいと
必死に嘘を塗りたくる
凡人であることを心のどこかで恥じている
そして何より私を好きだ
皆々様へ
あなたがつまらない世界だと嫌っても
そのつまらない世界は
あなたを嫌わないし好いたりしない
だから何だって
たぶん大丈夫
主人公も
脇役も
たぶん何処にもいないんだ

/思春期

235 ぱーせんと  [id : 7XYc.GB.] [2015-02-16(月) 22:38:30] 削除依頼

私が小さかったとき
空を飛べるものには皆
魔法がかかっていた
風船もシャボン玉も
空の一番上で
幸せに暮らしてるんだと
ハッピーエンド以外は知らなかった
今じゃ空っぽのビニール袋が
飛んでちゃって
でもそこにたどり着く前に
悲しそうに戻ってくる
またよろしくを言う前に
タイヤと地面に潰される
ハッピーエンド以外は見えなかった
あの頃のように
そうして私は目を閉じた
/ビニール袋

236 ぱーせんと  [id : 7XYc.GB.] [2015-02-16(月) 22:44:52] 削除依頼


ぐーっと眉間にシワを寄せて
君を見つめる

ぐーっと両手に力をいれて
シワのついた包装紙

ばれるな気づくな
やっぱ気づいて

/ちょこれいと

237 ぱーせんと  [id : QmBL6Pt1] [2015-03-05(木) 22:09:32] 削除依頼

正解が選べる分かれ道は
いつも私の後ろにある
もう戻れないこの道の
この前通ったあの道に

/それでも選んでしまったのだ

238 ぱーせんと  [id : QmBL6Pt1] [2015-03-05(木) 22:23:21] 削除依頼

反応の悪いスマートフォン
鈍い笑顔は
緑色をしていたのかな
あの時を妄想したって
現実に近づくことはないのよ
そろそろ気づけよ
このまぬけちゃん
そうそう気づいてたけど
あなたのね
桃色に染まった耳が恋しかったの
マイペースなんて嘘だったのに
天然なんて偽ったのに
もう脱げないの
そろそろ助けて
白馬の王子
帰りたいのに
方向音痴だったんだ
忘れてたのよ
ね、そうでしょう
高い声で笑ってよ
もう怒らないからさ
鈍い笑顔で笑ってよ
お願いだから
だからなんだって
もう一度なんてないのよ
このまぬけちゃん

/一期一会

239 ぱーせんと  [id : IpzuAP6.] [2015-03-14(土) 22:47:28] 削除依頼

苦しいから
あなたを見ると
まだ多分苦しいから
わたしは逃げるの
新幹線で片道三時間の
遠くへ逃げるの
あなたを思い出のアルバムに閉じ込めるために
あなたがずっと前にわたしをそうしたように
寂しくない
悲しくない
怖くもない
いつも都合よく考える
わたしから逃げるの
ちょっとの不安を足枷にして
昔見た夢に転んで
それでも逃げるの
駄目なわたしから逃げるの

/新生活

240 ぱーせんと  [id : IpzuAP6.] [2015-03-14(土) 23:09:46] 削除依頼

肩をぎゅっと掴んでキスをしたい
君の驚いた顔がみたい
泣きそうな声が聞きたい
ごめんねと謝るけれど許さないでほしい
あぁ僕は嫌な奴なんだ

/自分勝手な奴なんだ

241 ぱーせんと  [id : lFfr.ZA/] [2015-03-23(月) 00:16:15] 削除依頼

いつか
さよならしなきゃいけないものほど
愛しくおもえて
いつも辛いなあ
最終回がもうすぐなんだ
いま
君といるのがこんなに楽しいのに
頑張れなんて言わないでほしい
大丈夫なんて嘘なんだから
ああ
さよならの手は握れないんだ

/期間限定

242 ぱーせんと  [id : TCGFwq81] [2015-03-25(水) 22:07:07] 削除依頼

収束を見せた僕らの未来
当たり前の結末を嘆くように
なりたくはなかったのに
爪先も髪の毛一本も
灰色に染めてしまった
光も闇も混ぜた君の声なんて
聴くつもりはなかったのに
子守唄だったなんて酷すぎる
発散しない僕らの未来
君の未来
小さい頃に読んだ絵本の結末みたいに
めでたしめでたし
気づくのが遅かった
そいつが僕らのためじゃないなんて
黒も汚れることがあると
誰も教えはしなかった
濁った瞳を鏡越しに笑っていた

/収束

243 ぱーせんと  [id : TCGFwq81] [2015-03-25(水) 22:16:55] 削除依頼

知らないふりをした子供と
知らないふりをしたのを知らないふりをした大人と
利害の一致が生んだのは
地獄か天国か
知らぬが仏は本物か
知識は自分のためだけに使うべきものだと
お母さんは教えてくれない
良くない大人は教えてくれた
自分のためだけに教えてくれた
無知なことは本当に罪か
賢いことが最良なのか
誰も答えることは出来ない
それぞれが選択を誤ったと思っていて
それぞれが自分の選択がそれでも一番ましだと
勘違いを繰り返す
ブランコに乗せられた子供は
今はただ揺られるだけ
勘違いのお門違いに放り出されるのを待って
揺られるだけに気づかないふりをするだけ

/なにも知らない

244 ぱーせんと  [id : n1HMzlr0] [2015-04-19(日) 00:33:53] 削除依頼


あぁ、そんなかおしないで
あなたのせいなんだから
きっとわたし
めのはしがゆるんでしまう
わたしががんばってもがんばんなくても
あなたのかなしみはあなただけのものだから
うすっぺらいきょうかんが
もしほしいならそういって
きっとわたしには
くうきをよんできれいにするきのうはついてないの
でも、わすれないでね
だれもそんなきのうもっていないんだから
あぁ、そんなかおしないで
だってわたし
あなたよりすこしものしりだから
じゆうがいいこととはかぎらない
いぞんがわるいこととはかぎらない
でも、あるきたいのなら
あなたはあなたのあしをいっしょうけんめい
もしくはめんどうだろうと
うごかさなくてはいけない
わたしはあなたのあしにはなれない
あなたもだれのものにもなれない

/じこちゅー

245 ぱーせんと  [id : AaNk6K3.] [2015-05-16(土) 18:17:13] 削除依頼

誕生日には鏡を買ってあげるから
ほら
顔を見て
メイクなんてしなくていいよ
ズボンの方が似合ってるよ
あのイケメンは諦めなよ
本当は彼女いるんだってさ
頑張んなくていいよ
意味がないから辛いから
あんた鏡みたいで辛いから
クリスマスには望遠鏡をあげるから
ほら
あの子をみてよ
きっとシャンプーが違うんだよ
元が違うんだよ
望遠鏡を使わなきゃ見えない世界だ
ほら
お願いだから諦めて
/同族嫌悪

246 ぱーせんと  [id : w0CeAhb.] [2015-05-27(水) 23:14:29] 削除依頼

非常灯のした
緑色した
能面レディーが笑うのさ
まるでホラー
僕はくすりと笑うのさ
踊ろうかと帰ろうかと
手を差し出すと
君は5秒悩んで
僕の手を取ったら3秒で走り出す
まるで青春をしているよう
時計の針は十分に進んだのに
空はまだ明るい
火照りが二人に夏を知らせる
続くコンクリートを君に引かれ走っていく
太陽のした
赤い顔して
能面レディーはどこいった
まだ僕の知らない彼女がそこにいる
まだ二人の知らない夏が来る

/しゃるうぃーだんす

247 ぱーせんと  [id : na493mu.] [2015-06-22(月) 22:52:49] 削除依頼

寂しくなんてないよ
恥ずかしがり屋な
君はきっとそこにいるから
おやすみ
手を繋いで寝よう
本を読んであげよう
僕はずっとここにいるから
おやすみ

/失ったものなんて無かった

248 ぱーせんと  [id : CSxMlkK0] [2015-07-03(金) 17:07:04] 削除依頼

音楽を止めないで
全部幻覚だったって気づいてしまう
丸まって小さくなったはずの思い出が
細く延びて首をしめる
こんな僕は僕じゃないのに
弱いはずの溜め息が
固くなって喉をつぶす
足元に咲いてた花は
枯れてしまって
空を飛んでた鳥は
打ち落とされて
僕は外れたイヤホンを握りしめて
走りたいのに走れない
耳鳴りすらも聴こえない
さっきまで晴れていたのに
ごめん嘘だって誰か教えて
真っ白な今に首がしまる

/たすけて

249 ぱーせんと  [id : CSxMlkK0] [2015-07-03(金) 19:23:18] 削除依頼

大丈夫だって笑った君を
そんなわけないって知ってた僕を
全部を隠したあの夏を
耳の奥に残るひぐらしが
君のいない夏を知らせる
麦わら帽子で太陽を避けて
カブトムシでも捕まえようか
なんて小学生みたいなこと
急に言い出して
ただふと思い付いたなんて
それを信じたふりをした
君に何かがあったことを
僕を支えにしたいと思ってくれたことを
自信がなくて
気づかないふりをした
本当はわかってたくせに
君はどんな気持ちだったの
嘘で紡いだ会話を
僕はまだ忘れられない
本当は疲れてなかった
水もまだあった
帰ろうかっていったとき
君は静かに笑ったね
きっと落胆したんだろう
きっと寂しかったんだろう
きっと諦めたんだろう
僕は見てみぬふりをした
自信がなかったんじゃない
僕は自分以外を助けることはできないんだ
ごめん
夏の日差しが僕を指差す
ああ、裏切り者はこいつだって
君のいない夏に探しにいこう
見つからなかったカブトムシを
そこにいたのに目をそらした君を
ここから逃げられない僕を

/カブトムシ

250 ぱーせんと  [id : uARZdkP0] [2015-07-21(火) 19:04:13] 削除依頼

蒸し暑い
夜空に私をほっぽって
もう飛べないけど
それでいいんだ
君が私をここに繋ぎ止めてくれるなら
ここに居ても良いって
そういってくれるなら
もう羽なんていらないの
君が要らないなら
それは世界が要らないっていってるんだ
大袈裟なんじゃない
私の世界はそこまでしかないの
だから要らなくなったら
曇り空にまた落ちていくから
ほっぽって
最期に君が私を見てくれるなら
何も要らない

/飛べた日のこと

251 ぱーせんと  [id : PD12Avl1] [2015-08-16(日) 22:58:51] 削除依頼

遅いって
遅いんだって
気づくのも走るのも
犠牲を選べないでもたもたしてたら
理性の期限が切れて
もう間違いしか選べないよ
ずるずるずるずる
おちていくだけ
気づくのが遅かったなんて
目をそらした君に笑われたって
どうしようもない
取り返すチャンスなんて最初からない
悩んだって喚いたって
一頁で次の日にはならない
次の命にはならない
ずるずるずるずる
不安に引きずられて時間だけ過ぎてく
煙の臭いが恋しくなって
喉の乾きが愛しくなって
僕以外のもの全部が僕より立派で
見えるとかじゃなくて本当にそうで
どうしようもないどうしようもないって
本当どうすることもできない
動かない足と脳みそを見つめて
嘲笑った君さえ遠い
遅かった
遅かったんだ

/フリーズ

252 ぱーせんと  [id : PD12Avl1] [2015-08-16(日) 23:02:04] 削除依頼

ここにいるよと
私の存在を認めてくれた気がするから
私の首を包むあなたの手のひらが恋しいのです

/ぎゅっと

253 泰霈  [id : JMAyBWF1] [2015-08-17(月) 10:55:52] 削除依頼


ひらがなの使いこなしがとても素敵です。個人的には>246のちらり韻の踏んだものと、>246+232が好きです。せせせせんきゅーはとりわけ。
通りすがりで申し訳ありません

254 ぱーせんと  [id : /DDVo4h1] [2015-09-15(火) 18:10:31] 削除依頼

泰霈さん
ありがとうございます
うれしいです

255 ぱーせんと  [id : /DDVo4h1] [2015-09-15(火) 18:27:18] 削除依頼

オレンジジュースを一口含んで
さっきまでそんな気分だったのに
甘いドーナツは虫歯になりそうで
もう十分だと笑ってる
君の笑い方になんだか似てきたな
似てきてしまったな
誰もそんなこと気づかないんだろうけどさ
なんだか目の奥があつくなるんだ
グラスに残ったオレンジジュースは
着色料とあと何が入っているのかな
自然なそれだけじゃなくて
周りから色々な影響を受けて
ここにいる
約束したのにな
ずっと一緒にいるって
そうおもって君のとなりにいたけど
今は手を伸ばしただけじゃ届かない場所にいて
でもあの頃もそうだったのかもしれない
なんて考えて
あの頃は物語はそこで終わるんだと思ってた
思ってたけど
思ったよりも分厚い本に
手の先が冷たくなるから
オレンジジュースとドーナツを
飲みほして食べきって
ここで今日もそうして笑って
また次の場所を見つけたって
その日もその次の日も
きっとこうして笑って

/予想なんてはずれるもの

256 ぱーせんと  [id : w88FKwO1] [2015-09-20(日) 15:57:30] 削除依頼

薄暗い部屋の窓から
小さな空を見るのが
僕は好きです
明るすぎて広すぎる世界は
いつも僕をさびしくさせる
これくらいがちょうどいい
今日もここから出れない理由をみつけて安心する
ちっぽけな僕には
これくらいがちょうどいい

/ひきこもる

257 ぱーせんと  [id : 24r65a//] [2015-10-18(日) 22:57:23] 削除依頼

僕が僕になる境目はどこにあるのかな
眼鏡をかけてりゃ僕かな
猫背が治んなきゃ僕かな
髪の毛黒けりゃ僕かな
なんだか虚しい夜だな
風が吹いて全部かっさらってて
最後に残るのは何かな
そこに僕はあるのかな
僕はどこにあるのかな
僕の好きな君はどこからどこまでなのかな
笑顔じゃなかったら嫌いかな
背が高かったら嫌いかな
頭が悪かったら嫌いかな
なんだか悲しい夜だな
確かに好きな君なのに
確かに僕は僕なのに
実体が宙に浮いてるような
なんだか不思議な夜だな
あと何時間で朝かな

/哲学入門

258 ぱーせんと  [id : kP1wiSh.] [2015-10-23(金) 08:43:10] 削除依頼

僕が小さくため息つくと
世界は少し汚れてしまう
君が小さく笑ってみせると
汚れた世界は申し訳なさそうに笑う
埃だらけの世界で
くしゃみする
僕と君と
君は強いからいつも笑ってみせる
ありがとうすら言えない弱い僕は
口の端を歪ませる
ごめんとかすみませんとか
浮かんでくるのはそればかりで
わかってはいても君には到底届かない
またため息をつく
僕が汚した世界にごめんなさいを
そんな世界を愛する君にごめんなさいを
愛しいのか怖いのか
わからない感情を気づいたときには持っていた
曇った空を眺めてもわからない
こんな僕と思ったところで
汚れた世界は申し訳なさそうに笑う
あぁ、まただめだったなぁ
君は涙目で僕を怒って
でもそのあとにちゃんと笑ってくれるんだ
ごめんねってそんな僕を抱きしめて
僕もいつか君のように笑えるように
もう世界も何も傷つけないように
なろうかな

/決意表明

259 ぱーせんと  [id : DdLSjw8.] [2015-11-16(月) 22:33:05] 削除依頼

星がするりと落っこちて
皆が願いを三回唱えるときに
月が嫉妬を振り撒いたって
そんなの僕には関係ない
全ての哲学から身を解いて
僕は空に浮かんでいたい
何にもせずに
寝息だけたてていたい
いたいいたい
僕の妄想を
つねって起こしてお月様
哲学なんて産まれたときから
一番近くて一番遠い
関係ない関係ないと
無視していたいのにちらちらと
視界にうつりこむ君はだれ
僕が熱にうかれてたって
そんなの君には関係ない
そんな当たり前に締め付けられる
そんなうちは
僕は空には浮かべない
皆と同じように
するりと落ちる星に三回唱える
嫉妬するくらいならば
あなたも落ちては、お月様
こんなの僕には関係ない

/無関係という関係性

260 ぱーせんと  [id : 28DLUpL0] [2016-02-11(木) 12:53:23] 削除依頼

それでもまだ君は
悪意に汚されたくはなかったと嘆くのか
僕はプカプカと煙を浮かべて
泣いて喚いた君の隣で
とんでもないワガママだなあと
曇り空に星を捕まえる
赤く腫らした目でこちらを睨む
君の肩は震えて
僕は冷たいふりをして
蔑んだ目をした
蒼い夜だ青い夜だ
そうすることで僕達は
あともう少し一緒にいることが叶うんだと
時計の針が唱えてる
きづいている
僕も君も
季節外れの線香花火が
碧い光を青い光を
結んだ紐を解いてゆく

/おわかれ

261 ぱーせんと  [id : gIvp3zn.] [2016-03-02(水) 00:20:35] 削除依頼

あぁ
なんなら一生そこにいて
僕の目の前にいて
楽しそうに暮らしていて
君はいつだってそんなやつだって罵りながら
どうしようもないやつだって軽蔑しながら
そこで微笑む僕を目の前に幸せでいて
こんなちっぽけな星だから
そんなちっぽけな君がいたって
致し方ないし
怒っていたって
なににぶつければいいのかも分からないし
そもそも君を嫌うならば避けるならば
いままでそうしてこなかった僕が悪いね
そうだね
君と僕を隣り合わせにした
こんなちっぽけな星が悪いね
そうだよね
あぁ
なんにもいらない
テレビの向こうで意気揚々としゃべる
気に食わないタレントとか
小説の中のずうずうしくて暑苦しい
主人公とか
君とか
消えなくていいよそこにいていいよ
致し方ない
僕は何も望まないし受け入れてくよ
駄々こねるほど子供じゃない
今更目を背けたりもしないから
どうせなら幸せになってよ
醜い考えを1粒でも宿した僕が悪いね
だからそんな僕より幸せになれよ
なぁ
そうしろよ
悪いのは君じゃない悪いのは君じゃない
悪いのは
多分僕だね
僕の目の前でニコニコと笑う君を
ニコニコと笑う僕を
きっと何千回目のこの気持ちを
あぁ
君がいちゃあ僕は幸せにはなれないんだけど
悪者はずっと悪者でいて
何も君は悪くないんだから
あやまらないで
幸せになって
だって僕も
だから僕も
君を許さない
悪いのは君じゃない悪いのは君じゃない
悪いのは
あぁ
はやく

/きらいだからはやく

262 ぱーせんと  [id : hJjlSIq.] [2016-05-22(日) 14:25:48] 削除依頼

まだ眠いのに
くるっと夏の匂いがした
脱ぎ捨てたまんまの靴下とか
騒がしい窓の外とか
まあるく区切られた時間の中に
ひとりだけ
置いてかれたように
ゆっくりとここだけの時間
焦燥感と不安感がおそったって
いつも通りのこの部屋で
まだ深くて浅い夢を見てる
寝てたいのに
くるっと夏の匂いがした

/狭い夏

263 ぱーせんと  [id : 0o4Gddz1] [2016-07-19(火) 22:17:58] 削除依頼

画面に浮かぶそれぞれの不満や不安全部が
自分に向けられた敵意に思えてしょうがない夜
不安を挟んで添い寝する
知らないあなたとわたし
うまく打てない文字
連結しない思考と言葉
暗い部屋に浮かんで消える泡沫
理解出来ない不安を前に立ちつくす
画面を挟んで遠いあなたとわたし
自意識過剰な人人人人人人
わたし
おちつけわたし
おちついて
大丈夫と誰かが言ってくれなきゃ
わたしが言ってあげなきゃ
いってあげるよ、大丈夫
不安と一緒にわたしと一緒に沈んでく
沈んでこう
大丈夫、おやすみ

/しずむ

264 ぱーせんと  [id : pg9xyYB1] [2016-07-20(水) 13:47:44] 削除依頼

汗で少しひんやりとした首筋に
つめをたてて
青い空に連なる雲を睨んでいた
カーブミラーで反射した太陽と
命を燃やして焦げるようになく蝉と
鉄板に影をおとす大きな鳥と
ああ、困った
ここにも奴が来たらしい
最期かのように力をふりしぼる
彼らの溢れる生命力に
僕は全く歯が立たない
睨むことしか僕にはできない
ぐるぐると回るようにじりじりと
彼らの眩しさにやられてしまって
ここから僕は逃げられない
ああ、なんてこった
頬を落ちるのは汗なのか涙なのか
熱を帯びて空に還る
頼んでもないのに頑張れと言わんばかりの
晴れ渡る青
頭を抱えて叫びたいような
もう何もしたくないような
下をみて歩けば蟻が笑う
あはははは、はあ
火照ってしまった右手にぐっと力を込める

/なつ

265 ぱーせんと  [id : s5AlcwC1] [2016-08-29(月) 00:54:50] 削除依頼

終わりが見えてしまう気がしてしょうがないんだいつも
見えるはずもない永遠をこの一瞬に望んでる
永遠にいまのままでいれたら
この平凡な日常を羨ましく思わずに済むのに
明日の自分が今日の自分を恨んでそうで怖いんだ
続かない幸せなんて最初からいらない

なんて嘘

それでも追い求めて期待して
転ぶのは見えている気がしているのに

明日の僕が今日の僕を笑ってくれていたならいいな

なんて希望

なんて都合のいい思考

それでも朝日を追いかけて月に追われる私達
本当に今だけを見れたらきっととても楽なのに

なんて不都合

ルールも何も知らないボードゲーム

いつもより赤い夕焼け

誰もいないシャッター商店街
のように
不安はいつも終わりが見えてしまう気はしないのに

なんて苦悩

生きてるかぎりあるいは死んでしまっても

なんて哲学

/よなかのしこう

266 ぱーせんと  [id : eZX2lQL1] [2016-09-06(火) 00:34:14] 削除依頼

良く考えたら本当は相性悪いんだろうなって
そんなの今更言われたって
やっぱり本当は好きじゃないのかもしれないって
そんなの今更気づいたって
もういっそのこと消えてくれないかな
なんて考えて
暗い部屋に同じ曲を何度も流しこんだ
幸せだったはずの時間も勘違いだった気がして
そんなわけないって胸張って言うことなんかできなくて
情けないなあとかめんどくさいなあとか
ぼーっとしてたらコーヒーが冷めてしまった
結末はたぶんそれしかないのに
解き方は何個かあって
どれも正解でどれも不正解だって
何となくわかったような気にもなっている
あまのじゃくな自分のせいで
相手を困らせていることだってわかってるのに
そんなの今更言えないなんて
またダダをこねるあまのじゃく
小さな光が掴めなくて
一つしかないように思える解決策を掴みたくなくて
四畳半、カーテンは閉めたままだった
1人、冷めたコーヒーをすすってた

/さめた

267 ぱーせんと  [id : b./J/dh.] [2016-11-19(土) 22:46:16] 削除依頼

自分とは何かみたいな
ありきたりな問を
天井に浮かべてた
曖昧なもやで
部屋を埋めてた
いつもどこかでいつか
だれか
迎えに来てくれるなんて
都合のいい答えを求めてた
僕はまだ気づけない
きっとまだ気づけない何か
つかめない何か
そのまま終わってしまいそうな
なんか泣けそうだった
いつも今日で今日が終わってしまうのに
みんな気にとめないから
気づかないふりをするから
なんやかんや
掴んだらいけない気がして
君から視線を逸らしてた
明日はくるのかいなか
たぶん当たり前にくるんだろうと
おもっているけど
もう来なくたっていいよ
なんてどこかで思ってて
なんだか
どんどん1人だけ
下に下に沈んでくような気がして
なんか
しらない誰かに乗っ取られて
そのまま置いてかれるような気がして
不安をカップに注いで
つまらない答えは飲み込んで

/かすみをつかむ

268 ぱーせんと  [id : b./J/dh.] [2016-11-19(土) 23:13:52] 削除依頼

何年もたってしまって
年ばかり増やしてしまって
見たことあったものは減ってしまったな
愛してたうたも
嫌いだったあなたも
今は平等に愛しいきがするよ
ここに
消えてしまう記憶を残した
消えてしまう私を残した
置いてかれてしまったかな
みんなどこへ行ったかな
まともになってしまったかな
黒歴史だと笑っているのかもな
ちょっとだけ、かなしいな
ほんとはすごく。
仲良しこよしなんて出来なかったけど
私も連れて行って欲しかったかな
どうせなら道連れにして欲しかったかな
残り香を探して
まだここに

/5年前くらい

269 ぱーせんと  [id : UrApYXT0] [2016-11-20(日) 12:25:17] 削除依頼

うたをつくろう
晴れたから
269%の愛を今君に届けよう
Gからはじまるこのうたを
青い空に浮かべよう
安っぽい歌詞でいい
安心できるコードを並べて
高くないギターを鳴らそう
今はそんな気分だから
なにも昨日と変わらなくって
なにも特別じゃない今日が好きだ
素直すぎてにやけてしまう
素敵すぎてほころんでしまう
269%の今を君に届けよう

/269%のうた

270 ぱーせんと  [id : OSOwoiS.] [2016-11-25(金) 07:00:46] 削除依頼

はいと渡された今日に今日も
はいはいと
highで行きましょ
やっとこさたどり着いた今日だって
はいはい渡しちゃ
勿体ないぜジャポネーゼ
昨日も明日も
僕らのために
空の青
輝く月も
はいはい流しちゃ
どうしようもないぜ
どうせなんだからハイにいこうか。

/躁

271 ぱーせんと  [id : JTF3NemS] [2016-12-02(金) 08:12:52] 削除依頼

何が悪いのかわからなくて
君の涙がただただ流れるのを
ただただ眺めるだけで
きっと壊れてると思ったものが正常で
正しかったものが間違ってたんだな
ヒーローも先生も
ややこしい気持ちはこれっぽっちも教えてくれなくて
刷り込まれた正解は
時に君にとっちゃ不正解で
僕は
ただただ困るだけで
自分で考えろなんて投げないで欲しかったな
僕は天才じゃないよ
うまくはやれないよ
もう泣かないでと拭えたなら
君は笑ってくれるだろうか

/なみだ

272 ぱーせんと  [id : JTF3NemS] [2017-01-07(土) 15:35:02] 削除依頼

一年が終わって、また始まって
特別だと騒ぎ立てた人たちは
しばらくしたらもう忘れてて
寒くて耳が千切れそうだと
愚痴をこぼす
水溜りには大嫌いだったあの子
違う道を進んだ先の僕みたいで
嫌いだったんだ
後悔と羨ましさで
吐き気がしたんだ
一日が終わって、また始まって
何かを忘れた朝
冷めたコーヒーにうつったのは
新しい僕

/凍った水溜り

273 ぱーせんと  [id : Nzxl1y2b] [2017-01-15(日) 01:17:42] 削除依頼

完全無料に踊らされたあほうが集うんだ
愛を求めて集うんだ
そこにはなんにもないのに
一人で歩く君を見るのが辛いんだ
そばにいてはくれないんだ
だから私は逃げるんだ
同情を同情を同情を
愛情を頂戴
こぼしてしまう程の
愛と憎悪を
それはどこにもないのに
隙間風で寒いんだ
誰でもいいから埋めてくれないか
埋めてくれないか
ひとりじゃ歩けないのに
君がどんどん離れてゆくんだ
やめて
やめてやめて
ここにいて
今度あったら
今度あったら鎖に繋いでしまおうか
はあ
光る画面だけ
同情は同情は同情は
愛情は
ここにはないんだ

/ぽっかりと



274 ぱーせんと  [id : Nzxl1y2b] [2017-01-19(木) 01:51:31] 削除依頼

夜の海を泳ぐのならば
僕の見えないところで
見えないところへ
すいすいと
踊ってしまえよ
溺れてしまえよ
沈んでしまえよ
ふらふらと
好かれて釣られて
そのままさ
一生戻ってこないでよ
ただそれだけだよ
くらくらと
雪の粒が踊る夜に
静かな怒りを
僕は
夜の海は泳げない
ただそれだけだよ

/夜の海

名前:

(書き込む前に利用規約の確認を) 掲示板ガイドと利用規約 (投稿前にお読みください)
キタムラ楽器いかがですか。 - 最新50レスだけ見る。
このスレッドの投稿を全表示 - ここの書き込みをぜんぶ一気読み。
詩投稿投稿掲示板に戻る