曖より愛を 3

詩投稿投稿掲示板より。


1    奈央  [id : 3utxBPV1] [2011-03-31(木) 20:01:23] 削除依頼



 曖昧よりも
 愛情を頂戴

 >2

557 N  [id : xi7X3Nh.] [2016-04-05(火) 00:37:03] 削除依頼


超特急 加速度 進化していく 都会の真ん中
自己犠牲で成し得た歌詞
流行るバンド 追いかけている
神様仏様貴方様貴様
小さな部屋で 底抜けた ピアノの音
まただわ、素晴らしいこの世界に再見
いないよ 誰も 神も仏も 私も貴方も
世界の中心で無になりたい?
愛 罠 優 but it's 暮れ地

/no title

558 N  [id : I3TPXyq.] [2016-04-09(土) 02:48:04] 削除依頼


スカイ 晴れ渡る青らしい
繋がる時と時 伝わりあう声と声
眼前の液晶にダイブ

かすれ声 咳払い 愛しく思いたいよ
思えない制約に身が焦がれる思いだよ
スカイ ダイブ 繰り返す模様らしい

たとえ話だとしても
ガラクタを蓄積したお伽話が面白可笑しい
給与のない笑い 悦楽と恐怖の間
ダイブ ダイブ 何処までも底へ行くらしい

/dive

559 N  [id : I3TPXyq.] [2016-04-09(土) 03:00:38] 削除依頼


路を逸れぬよう
発育不全の心を抱いた
知らぬだろう 此の情
あゝ別れが恋しくて唄う歌
師走の道に咲き誇る 紫陽花
場違いな子供心であることよ
またしくじった心を抱いた
お節介が過ぎていく
あゝ別れが恋しくて唄う歌
さして寒くもない未知を怖がり続けた人の結末
舞踏会の貴婦人みたいね 仮面夫人
逢いたい心を押し殺して 我を忘れて彷徨った
発育不全が進むにつれて 路はか細くなっていくの
あゝ別れが恋しくて唄う歌
愛してくれとはいえなくて 情を鬼にして食べ尽くす
太股に内臓に 悦楽編の声を刻み尽くせよ
何故私ではいけないの 何故私ではいけないの
そこにいるのは 此の情 踏み外した此の

/雪と??

560 N  [id : sHyQHYC1] [2016-04-10(日) 00:53:22] 削除依頼


時に全てを排除して探した
昨日の愛を感じては自惚れた
軽はずみの言葉を重く受け止めたくて
必死に意味を解釈しては狂いそうな心をなだめた
杯に身を焦がれ 熱いアルコールを摂取しては
無意識に小指の爪を剥ぎ取ることを続けた
掴んでいたはずの熱した想いが散乱して
いつの間にか失っていたけれど
決して気にせず宵を好んだ
あの匂いは遠く失せて 
もうただの想い出にして
ただ僕らは今を見つめていたいと願う劇をした
誰も知らない劇を密かに胸で踊らせた
この傷を舐めあうように
密かな甘い蜜を舐めあうように
口先だけの相手を信じ続けてしまった臆病な人
何も聞こえない
意識的に耳を閉ざして心を遠のける
僕らは今すぐ終わるべきだ

/自惚れ

561 N  [id : sHyQHYC1] [2016-04-10(日) 01:04:10] 削除依頼


差し当たっての事情よりも
貴方の事が気になるの
俯いてた昨日のこと
私自身が気になるの
夕暮れの帰り道 小石を蹴っては
明日の運勢を占った
誰が貴方を見つめるの?
言葉で事を告げるよりも
身体の方で事足りる
俯いてた昨日のこと
貴方もきっと気にしてる
そういうもんだろと 烏が啼く頃に
騙し騙されつつ 靴下から ほらね
さよらなと手を振って 背中を見つめて
今後の事を考えた
誰が貴方を見つめるの?

/占い

562 N  [id : LWaiiuC0] [2016-04-15(金) 00:57:00] 削除依頼


そこへ行ったって
迷走と迷い事
沈黙と恨み言
如月に感じた温もりは感じられずに終わるだろう
積極的選考 暗黙の了解 それがspice
身体中で感じている あたしが一番惨めで真面目
求めてくるなら受け入れれば
その場しのぎの橋渡し
愛と孤独
心情拘束と身体解放
あたしが世紀の馬鹿娘
求められずに終わるのに変な欲望で掻き乱れている
けれど 貴方も賭け狂い
師走の勝者は地獄行き

/spice

563 N  [id : BDktLY31] [2016-04-19(火) 02:20:53] 削除依頼


鳥の方杖を皆が愛す
例え話が滑稽な程 誰からの注目を得る
歳幅も行かぬ若い女に騙されるようだ
あたしは留守番電話に録音した声を何回も聞いて
違う人と結ばれる運命を辿る妄想を繰り広げる
青い鳥が羽ばたいて 誰かの元に行く瞬間
誰の目にも止まらぬ速さで 貴方の元に駆けつけたい本音
滑稽な話を噛みながら真面目な本心は挫いた
愉快極まりないバーチャル空間
現実との混合 文字列の無価値尊厳
馬鹿にしたってそれが世の中なのだから致し方あるまい
全部録音した長い独り言を聞く あたしはひとり

/録音

564 N  [id : 9h.Ht1X/] [2016-04-24(日) 03:08:57] 削除依頼


少し髪も伸びたみたい
あたしだけが気にしてる
時の流れと心持の行方
真っ黒な笑顔で
あたしだけを見つめてほしい
そう願うけど
馬鹿な考えなどはおよしよ
忠告が身に染みる
失恋して切ってしまえよ 髪とともに
短かく生きる子供は
容赦など知りゃしない
馬鹿馬鹿しい話をすれば
すぐに飽きる
あたしだけが気にしてる
繋がりかけた身体のこと
何もなかったと思えばこそ夢の中にある
伸ばし続けて切ればそれでいいじゃない

/二か月

565 くぅ  [id : Ddk5TcZ0] [2016-04-24(日) 19:46:18] 削除依頼

好き
絶対叶わない恋なのに
好きで好きでたまらない。
1度は忘れようとしたけど
あいつの走る姿みたら思い出しちゃったじゃん。
かっこよすぎて心臓破裂。顔が熱い。心拍数異常。
叶うことのない恋なんてしたくない。
だからあこがれでブレーキかける。
尊敬、その言葉で終わらせる。
でも、好き。

566 N  [id : j7YrRdK0] [2016-04-26(火) 18:51:47] 削除依頼


>>565

純粋な気持ちが伝わってきていいですね
青春って感じで……
投稿ありがとうございます

567 N  [id : j7YrRdK0] [2016-04-26(火) 19:05:58] 削除依頼


好きな匂いがあったけれど 既に忘れてしまった
思い出せない苦悩を現実に 時の流れを噛みしめる
取って置いた想い出のシャツから漂うわからない匂い
明日には思い出せるかもしれない 馬鹿な考えに陥っている
最後まで残った微粒子を生きるために吸い込む
くらくらする頭で考えた 応えることも諦めた
あなたがあたしへ送ってくる声は音となり消える
好きな人がいたけれど 既に忘れてしまった
思い出して悩むことにさえ 嫌悪感を抱いてしまう
とっておきのシャツを着たって誰の目にも留まらない
漂う匂い
明日には思い出せるかもしれない 馬鹿な考えに陥っている
最後まで残った微粒子を吸い込んで死ぬ鼓動
何もわからない頭で考えた 応える人はいなかった
あたしがあなたへ送る声はただの雑音だろう

/だらしない恋

568 N  [id : ZpxuNSr.] [2016-05-04(水) 03:44:14] 削除依頼


当たり前のことが気にかかっている
見なければいいページをわざと見る
知らない人で変な妄想 後の嫌悪に腹が立つ
新しい顔の女に危機感を覚える自意識過剰
可愛くないが魅力ありげな女
君はきっと惹かれていくだろう
生産性のないただの空想で心が沈む
9月の彼はどう思うか、知らない
そんなことより音楽で生きて
あっけらかんとしていたいの
とても不安で潰れそうなの
なぜ、メルシー ここは まだ未知の世界
妄想空想その末の結末
現実に起ころうとしていることが受け入れられないの
なぜ、メルシー ここは まだ不安定
知らない人とはにかむこと 即ちそれは良い事なのか
無意味にたどるネット上の世界に価値を見出して泣くのは私

/メルシー

569 N  [id : ZpxuNSr.] [2016-05-04(水) 20:04:22] 削除依頼



そうね 太陽が沈んでカーテンの意味なし
だけど閉めてね 見えないように
そうね 月を見るのも一つの風情ね
だけど諦めてね 見るものが違う

They said
「弱い自分を隠すためだけに抱かれる気持ちは価値がないのか?」
「多分、何も考えていない奴よりはいいよ。今を生きるのが人生だろう」

そうね 星が瞬いて望遠鏡がほいし
だけど許せない それは過去だから
そうね 雲がかかって闇が深まってく
だからこっちへ来て 一緒に夢へ

do u know "THE HEAVEN"?
あたしに任せて 逝くとこまで逝っちゃえば FEVER
過去なんて気にしないで
昨日の自分も明日の自分も 今日の自分じゃないのよbaby

そうね 快感を求めて神が降り立つまで
だけどあたしだけを置き去りにしないで
そうね 神様は嘘つき誰も信じられない
それが地獄へ落ちるよりも苦しい来世

i said
「貴方だけとは言わない。狂おしく愛して、馬鹿げたロックでキメていこう」

i know "THE HEAVEN".
あたしに任せて 怖くないことばかりではじけてFEVER
今だけを見つめて
昨日の自分も明日の自分も 今日には関係ないのよbaby

/TODAY

570 N  [id : XA1S52.1] [2016-05-05(木) 00:25:26] 削除依頼


ただならぬ予感 
相反する二人が乱舞する
どうでもいい伝手は放置しておいてよ
どこかで誰かが事故したって 誰も気には留めないように
どこかで倒れたって 誰も気には留めないのさ
「許せよ」「悔めよ」不甲斐ない僕らを
「崇め奉れよ」異次元の彼らを
こうして僕ら二人は離れていく
それが正しいと信じ込んでいる
別々の通りでのたれ死んでからまた戻ってくるのさ

/ただならぬ予感

571 N  [id : XA1S52.1] [2016-05-05(木) 03:15:20] 削除依頼


僕のことを知って
無意識に認識して
身体を触って 近頃の僕を体感して
踏み台にした先輩 
悪いとは思っていない
見られている姿 聞かれている声
「悪くない、はず」
見世物になりきって
全てを圧倒させたくて
気にしているのは君だけだった
無意識に認識して
身体を見て 近頃は痩せてしまって
薄紅の頬に気づいて 
誘い文句に翻弄されて
「わかっていた、はず」
見世物でいいと思って
君にまた罵倒されていく日々

/手癖

572 N  [id : Rkpy.8q0] [2016-05-06(金) 16:59:20] 削除依頼


貴方はいつも口酸っぱく忠告する
私はいつも頷いて聞き入れる
不利にならないように 言葉を掻き集めているんだ
カメラに納めた想い出も消えてしまうのに
貴方はいつも煩わしく見せたがる
誰もが嫌がるそれを受け入れてしまう
何処が好きかなんて 感覚でしかわからない
u are only 嘘よ 絶対に
苦し紛れに云うなんて
なんて薄情な人 馬鹿げた事 あしらった現実
浴室の光が眩しいから溺れている私なのよ
貴方はいつも嘘を吐きたがる
私はわかっているのに見抜けないふりをする
真実を告げちゃえば 壊れてしまうかもしれない
u are only 駄目よ 絶対に
つけ込まれるなんて
どんなに哀れな人でも 馬鹿げた事でも
嗅覚が刺激されて溢れ出すのだから
十三の古びたネオン すぐに閉まるドア
共有するものはその程度だろう
スーツの叔父様について行くと言ってもとめてくれないだろう
u are only そうあってほしい
願望が欲望と相まって朽ちる
なんて薄情な人 馬鹿げた事 あしらった現実
足枷になるの 昨日の自分に縛られて動けないわ
だからぎゅっとしていて

/足枷

573 N  [id : T.ofwuB1] [2016-05-11(水) 02:56:36] 削除依頼


野暮ったい妄想に抱かれて
彷徨った三条通り
誘惑されて見下される
相も変わらずにご機嫌気取りよ
写真なんてものも煩わしいんでしょう
実際、お荷物であることしかできない
お洒落な喫茶店でお茶でもいかが
夕暮れの雨に濡れたい気分よ

古びた固定観念を纏
行き交うは二条大路
否定されて潰される
相も変わらずに行方不明よ
写真なんて煩わしいまのでしょ
実際、お荷物であることしかできない
洒落た文句も持っていないし
明け方のシャワーで無くなりたい

まっとうな人生 隔てて持ってきたのは何物か
優等生気取って 化けて残ったのは何者か

I really do

/相も変わらず

574 N  [id : 8Jk3Uv00] [2016-05-12(木) 19:17:46] 削除依頼


革新的なstyle 気取ってんの粋がってんの
大阪なんて街に産まれて生命体の渦の中で舞っているわ
危険な言葉を耳にするとざわついてくるのよ
何もない様に 近づいてくる
その目に止まる私は何者なのかしら
ちょっと泊まってってよ 騒ぎたいの宵に
映画でも見ましょう 入ってって 三階よ
待っていてねsugar 甘いものが好きでしょう
粋がってblack coffee 後味が癖になるわ
今日も溶けていくわ

保守的なconnection 気取ってんの粋がってんの
裕福な家に生まれれば今頃こうなっていたわ
愛の言葉を信用してしまう馬鹿なのよ
物欲しげに近づいてくる
私の目に写っていつの 欲にまみれた生命
二人でいようよ 暗い路地の中で接吻
音楽がしたいの 考えてよ C7
待っていてねripper 許せないわ全部
気取ってんのEDM 煩いのが好きでしょう
今日も痺れているわ

夜明けのcalling 響く かましていないで
叫ぶ烏 明るくなっていくわ

こっちへ来てよ 騒ぎたいの今
軽く触って奏でてよ guitar
探さないでripper 許しがたいわ反抗
好きでいられるなら それでもいいわ
今日が溶けていくわ 痺れていくわ

/m24ぐらいに

最近歌詞です

575 N  [id : cL2oukJ0] [2016-05-15(日) 02:58:55] 削除依頼


息を止めて近づいて
僕らは確かめあえるのかい?
同様の事で 僕の技量では 何かを確かめたりはできない
電波で繋がったことに価値はあるのかい?
笑いながら消えた 言葉よりも重い事柄
瞳の奥で見ていたのは 偽りだったとしても
いい思い出に変えてしまいたい
それが僕らの罪
互いに傷つけあったことも全てそうだ
会いたい人などいなくなって 雨に打たれて切ない
君は何を見てたのか 僕は君を見てたのか
四六時中考えていたこと
何も伝わらなかったこと
全て飲み込んで遠ざかっていくよ
傷ばかりをおった今

/傷

576 N  [id : 6e/lGZ21] [2016-05-19(木) 02:54:31] 削除依頼


指切った瞬間に見えている鮮やかな心
秋空の運命なんて知れぬように
季節外れの雨音が響く
後戻りもできない 滴る鮮血に身を潜めた恋
そうだろう と こうしたって と
虚言ばかり嘆いて
傘を持たずに去っていくのかい
匂いがするだろう 雨の匂い
透明なだから透けてしまうわ

/?

577 N  [id : pIU5pZO.] [2016-05-23(月) 02:00:33] 削除依頼


ふいに きゅっと 繋ぐ ぎゅっと
悩む事は何もないのに
叫ぶ あゝと 霞む ふわっと
消える さっと 息を止める頃

騙されて蹴飛ばされて
それでもいいって思い込んでる
「漠然」をのみ込むだけもキャパシティ既にオーバー

試す きっと 繋ぐ ぎゅっと
願う事は間違っているのに
許す また 流す どこに?
二人 存在がsecret
迷う まだ いける? 終わり!
祈る事は馬鹿げているのに
嘆く また 叫ぶ あゝと
何を求めて生きているの

見入る じっと 惚れる はっと
気づく頃には遅すぎるのに
揺れる ふわっと 風に 乗って
飛んでいって海の外まで
やれる 何を? 繋ぐ ぎゅっと
嘘とわかって立ち止まっている
逃げる 何処へ? 何処も ないの
迷う事も馬鹿げているのに

Ah

/漠然

578 N  [id : hfDkqNk/] [2016-05-23(月) 02:00:48] 削除依頼


ふいに きゅっと 繋ぐ ぎゅっと
悩む事は何もないのに
叫ぶ あゝと 霞む ふわっと
消える さっと 息を止める頃

騙されて蹴飛ばされて
それでもいいって思い込んでる
「漠然」をのみ込むだけもキャパシティ既にオーバー

試す きっと 繋ぐ ぎゅっと
願う事は間違っているのに
許す また 流す どこに?
二人 存在がsecret
迷う まだ いける? 終わり!
祈る事は馬鹿げているのに
嘆く また 叫ぶ あゝと
何を求めて生きているの

見入る じっと 惚れる はっと
気づく頃には遅すぎるのに
揺れる ふわっと 風に 乗って
飛んでいって海の外まで
やれる 何を? 繋ぐ ぎゅっと
嘘とわかって立ち止まっている
逃げる 何処へ? 何処も ないの
迷う事も馬鹿げているのに

Ah

/漠然

579 N  [id : pIU5pZO.] [2016-05-23(月) 02:10:34] 削除依頼


堪能されたい 未知を知りたい
You make me wanna △
You make me wanna △
中途半端で楽になって 完璧なんか放り出して
特に何もする事なくて 退屈な日々繰り広げている

全部じゃなくていいの 1よりも2分の1
スタバよりもドトールみたいな
一つずれた感覚でいいでしょう 許してよ

堪能されたい 知り尽くしてよ
五感で感じて どうしてなの
全部の好きじゃなくてもいいわ
You make me wanna △
You make me wanna △
中途半端で楽になって 完璧なんか放り出して
特に何もする事なくて 退屈な日々繰り広げている

/△

580 N  [id : pIU5pZO.] [2016-05-23(月) 22:52:26] 削除依頼


いつも曖昧な態度ばかりでしょう
それでいいと思っているんでしょう
わかりにくさがイカシテルと決めちゃって過ごしているんだ

街角で出くわしても今はもう無視してしまうかい
阪急の中で恋した二人の目的地はどこだったのか
夢見心地でシルクの毛布 気持ちいいって思っていた
黄色の涙が溢れかえって 君はどこかへ行ってしまった

白紙になった古いノートを弄んでいるのは誰だ
探しているこの時に酔いしれて溺れてるんだ

11時のアラームで起きて駆け出して駅のホームで
ここからは友達と秘密のやり取りで脳も溶けてしまうから
You know 僕の心 知らないことばかりだ
曖昧に回避 憂鬱の種だけ残して消えていくんだろう

夕方のビルの影で手を繋いだ二人の事を誰も知らないさ
それが君の臨んだことだろう 踊らされてみたんだ

気付いてほしかったのは僕だけでわかりにくい愛情表現をしてみた
白紙になったノートにまた書き込んでほしいと願う

12月の風纏う降りてくる足音と緊張
それってただの恐怖?どうして望んでいたことが怖いっていうのかい
There is ここにある きっとわからないことだらけ
曖昧で踊る 君が踊り場から転落するのも夢みちゃう

「消えていった君のことを追いかけているのは間違いで」っていうのは建前
本音はなかなか言えないだけさ

分かり合いたいだけでどうしてこんな距離が生まれるんだい
夢見てはいけない わかっている 矢印の方向へ歩めばいいって
決め込んだ君のカラクリ わざと絡まってる僕って何なんだ

/曖昧

581 N  [id : pzg9bcH1] [2016-05-30(月) 00:18:29] 削除依頼


酸素を吸って生きている
全てを浪費して命を食べ尽くして
いつも言葉を飲み込んで私は歩いていく
西に沈む貴方の笑顔と別れ際にキスをする
昨夜見た怖い夢をまた思い出して眠れなくなるから
戸惑いの嵐にこうべを垂れても 誘い文句を蹴飛ばしても
ビクターが言っていたわ 伝える事の強さを
明日また逢えるから今夜は一先ずおやすみなさい
薬を飲んで目覚めた朝の光を貴方にもあげたい
罪と罰の繰り返しで覚えた快感さえ貴方のもの

/夢

582 N  [id : sRxmJfi1] [2016-05-31(火) 01:08:05] 削除依頼


麗しいのは仕方ないよ
金を集めて着飾って贅沢の限りを尽くした女
爪先から頭のてっぺんまで飾り尽くした装飾品
ルビーよりダイヤモンドより美しいだろう
ごらん、光り輝く指輪を
生まれてきた事を表しているんだわ
なんておふざけの戯言
荒んだ本体を隠している 秘密にしている
季節を振り払って美しさだけを求めて
麗しくないと意味がないよ
女は顔 何もかも 額も全て 輝いていて

/阿婆擦れ

583 N  [id : LgOPgYf0] [2016-06-04(土) 02:35:19] 削除依頼


遠い過去の記憶に執着
顧りみた行為に絶句、哀れな影
許されざる二人だから騒めいた夜を抜けられないよ
止め処なく溢れ出るのは嫉妬に似た欠片の破片
遺さず拾い集めて忘却炉に放たないでよ
不協和音が交差する 不安なこゝろを隠せない
幻から醒めてしまう前に
連れ出して、何処か遠くへ、海よりも先へ
樹々に埋もれて死んだっていいよ
貴方の生命に取り憑かれて逝くのと同様の意義
無価値な声をあげたのだから
頭の中で反芻するの、いつも
身体がおかしくなってしまったら
こゝろがおかしくなってしまったら
誰かの悲痛な叫び声が私の中を駆け巡る
どうか暖かな温もりで助け出してよ
それまでずっと耳を塞いでいるわ
過去の想いに取り憑かれているわ

/午前二時之非通知

584 N  [id : 9kLcdSt.] [2016-06-05(日) 04:07:43] 削除依頼


一夜の物語も君には忘れ得るものだったのかい
裸足の僕には刻み込まれていたのにな
回転する思惑と撹乱する鼓動が鳴り止まなくて困っている
現してはいけない愛しさを抱く
伝えたい事がまだあるよ 会えない今が心地いいよ
どうして矛盾した心を抱いてしまうのかわからないけれど
話したい事がまだあるよ 会いたい何時も思っているよ
だけど表したら駄目なんだ って抑え込むんだ
食べた物の味は僕でさえもわからないけれど
君が話した話は全て細かく覚えているよ
馬鹿にして笑うのかい 暗い夜道を歩いた事
見知らぬ商店街に心躍らせていた刹那
伝えたい事がまだあるよ 言いたい事しかないんだよ
どうして言葉にしちゃ駄目なのか ってたまに考えてしまう
笑う事ができないよ 真面目な顔でいてしまう
もう一度表してくれたらいいのにな なんて無理な話だ

/伝言

585 N  [id : YAwqVeT0] [2016-06-09(木) 02:50:39] 削除依頼


四六時中考えている 君の姿とあの匂い
僕の記憶に刻み込まれている涙は特に意味を含んでいない
機械仕掛けの箱の前で君はいつもリズムを感じては
僕のコードを無視したんだ
ゆるく抑えたG7 捨てたとは言わせないよ
間違ってなどいないんだ
笑わずに笑わずに僕の事を抱き締めてよ
放り出して紡いだ言葉を無視するのかい
笑わずに笑わずに僕の事を認めてよ
綺麗な顔で無くてもいいさ
片手で捕まえてよって願うのも野暮な話だろ
今となっては現実も非現実も混在してわからなくなったけれど
笑わずに聴いてくれよ

/楽曲提供

586 N  [id : XQsodxe1] [2016-06-14(火) 02:19:33] 削除依頼


感情が多いから 有名な言葉で破壊
とてつもない事情に鼻を効かせて待っていてよ
人生は長いからこのぐらいのスピードで丁度いい
逆さまな言葉も誰の目にも止まらずに消えるよ
裏の裏まで回っていったら
結局は表でしょう、いう言葉が理不尽
浮世でダンス踊ってみたり
有名な台詞は儚いけれどいつになく丁度いい

/crash

587 N  [id : aMda25g/] [2016-06-14(火) 10:00:23] 削除依頼


夕暮れの日が差し込む午後
5階の窓から街を見下ろした
白線沿いを歩く子供の手に持たれた赤い秋桜
季節は巡り 知らない街ともお別れ
ちらつく雪の寒さに凍えて手を取り合った
また今度と口で告げて走っていく電車に身体を委ねて
運命的な出逢いを夢見ている
明日は何かいい事がありそう
時々思い出す 貴方の匂い、甘いマスクの下の孤独
揺れ動くアイデンティティに私を埋め込んで
貴方の痛み苦しみも受け入れてあげようと
小さな器で努力してみた
生産性のない会話を繰り返した、離れがたい涙を流した
明日は何かいい事がありそう

/Tomorrow

588 N  [id : dRfdPnL1] [2016-06-16(木) 03:47:19] 削除依頼


女の子はいつだって可愛いと思われたいのよ
嫌な自分を手で隠して化けていく
見せる顔は作りもの その日限りの美しさ
明日には違って見えるのよ 日々の進化を忘れないで
この胸ははち切れそうな想いを抱いて空へ浮かぶ
夢と現の間で彷徨っているのが私達
決して可愛くないなど言わないで
それは不細工に同等なのよ
傷ついた羽根では飛べないわ
よく思われたいから偽ることは悪ではないわ
そうやって世の中は回っているって誰かの名言
品がない言葉と表裏一体
いつだってよく思われる身体でいたいのよ
気づかないのね、お馬鹿さん

/女のそれは

589 N  [id : cn/1z67/] [2016-06-19(日) 23:46:46] 削除依頼


変化するものだよ
絶えず「世は無常」
口づけの意義は失われるのが必然
笑顔の裏に隠した感情 多すぎてはみ出した欲望
最後まで騙しきれよ
意志の欠片を拾い集める愚行
僕らは然るべき姿でいたいだけだ
保守的なリファレンスと気取った口笛
何もかも変えてしまえばいいんだ
ステレオタイプにどっぷりはまった感情は捨てろ
常に客観的な視線で目くばせ、気取って、粋がって、誘惑
どこにいたって変わらない何かを探しているのは大間違いなんだ
僕らは然るべき進化を遂げよう
捨てたものを拾い上げるなんてナンセンスさ
平和と引き換えに孤独を奪え

/闘争
 


 

590 N  [id : itW33CK/] [2016-06-23(木) 22:36:10] 削除依頼


時に考えている 夕日の行方を
手にとった枯葉が彼の頬を切る
電車から見えるビルの森が瞳を焼いていく
夢の中で消える あの味が恋しい
触れた若葉が私の頬を切る
耳に残る音だけを過信していた私は
目前のことに心をまかせて楽しげな子供を見つめる
古い記憶を脳にまかせて街を歩いていくの
私はひとり ひとりきりよ 今も

時に考えている 明日は何者かを
足で踏んだ花も私と同じ生命
緑の信号機が怯えている彼を救う
目前にあるものに心をまかせて悲しげな私を捨てる
まだ弱々しい理論を盾にして置き去りにしていくの
彼はどこへ どこへ行くの 今は

唯鳴いている
靴の裏の声
聞いてほしい話があるの
歩いても歩いても たどり着けない未開の地

目前にあることに心をまかせて楽しげな子供を見つめる
古い記憶を脳にまかせて街を歩いていくわ
目前にあることに心をあかせて何も生まれない涙を流す
どこかに置いていった幼い心を探し回っているのかしら
私はひとり ひとりきりよ 今も

/music day

591 N  [id : jiTnoYC.] [2016-07-07(木) 03:05:54] 削除依頼


電波通信の連絡 異国の女の泣き声が騒めく
最低呼ばわりされた貴方は本当に惨めだわ
凄い煩悩 凄い本性 凄いせい欲 全ての制約
逃げ延びた虫螻の命 その先は暗闇のど真ん中
脱いで脱がれて妄想の中で反芻してよ
このまま愛情に包まれた骸の嘆きは憂鬱の種と枯れた華さ
確認か疑問かの悩みは私だけの情
苦行の褒美は皆無なのさ 馬鹿娘の独り遊び
気持ち良い関係 気持ち良い感覚 気持ち良い結び 全ての制約
咲きすぎた桜の動揺 あの道は誰もいないさ
脱いで脱いで最高の高揚感を伴ってよ
このまま沼に落ちて心中の情を勘違いする

/愁

592 N  [id : H3K0bVO0] [2016-07-13(水) 19:00:20] 削除依頼


すれ違った人の匂い ちょっと知ってる匂い
大事にとっておいたシャツは もう知らない匂い
小さな微粒子に吸い取られる私
違う匂い纏ってるかもしれない貴方
五感で感じれない好き 意味のない告白行事
通過儀礼は形だけでしょう
通った道は狭くても あとで違う道に行くのでしょう
知ってるのよ 知ってるのよ 全部私は知っている
不安定な妄想の中で溺れていく
勝手な想像 勝手な被害
これが貴方が救った私

/子供の文

593 N  [id : XewGj.i0] [2016-07-15(金) 16:54:09] 削除依頼


雨ノ薫、線路ノ脇ノ雑草、歪ナ蝉ノ喚声
意味の無い日常は飽きた
後何分待てばいい
鳴き出した空のコード進行
直ぐに忘れてしまうわ
黄昏は思っていたのとは違う
迎えに来た電車に飛び乗る

流離ッテ此処ノ街 貴方ノ生マレ故郷
コンクリートジャングルに粋がった誘惑
雨の中に佇む昭和のネオン
重ね合わせの見知らぬ男女を横目にする
現地調達で駆け込む華の金曜日

愛情に偏った芽と花さ
解らない事ならば何も考えなくていい
進んで行くだけの時と金さ
恐怖増版 売り子の叫きでいい
歪ナ者 感想文で許してくれ

/蝉時雨

594 N  [id : 1N/nCHM1] [2016-08-02(火) 03:25:39] 削除依頼


拳を握った奴等とノってんの
タイトにしようさ 粋がった反抗期
負け犬の遠吠えだらけ クラブの中はミダラフシダラ
君とのショウタイム 築き上げようよ ねぇ
もし君が博識なら黙ってしまうけどいい?
空けかけた缶ビール ちょっと飲んで見せてよ
神様よ 知らせてよ 新しい快感
刻むビートを無視して躍り狂えば興醒めbaby
ルックスだけが勝負の世の中とか思ったりして
Dancing on the night 君にもう夢中

夏の誘惑といってんの
マストな間柄 全ては思惑通り
負け犬の遠吠えだらけ クラブの中はミダラフシダラ
僕とのラストゲーム 勝てっこないよ ねぇ
君が逃げるなら追いかけていくけどいい?
入りかけた穴 最後まで押し通してよ
神様よ 知らせてよ 新しい俗悪
高らかなコーラス 無視して狂えよ若者の本分
中身なんて気にしちゃいないのさ
Dancing on the night 明けない明けない

/dancing 瞬く間に

595 N  [id : D4cctBr/] [2016-08-03(水) 02:41:50] 削除依頼


酸素と言葉と夕立とあてになら無い言葉だけを量産し続ける
少し前の時間に戻りたいと願っても届かない思い
目の前にある現実から彷徨って逃避して何処へ向かうんだい
目的のない旅路の終わりは見えない
ほんの少しの後悔が私の人生を苦しめるよ
ほんの少しの期待が私の人生を惑わせるよ
乾く前の涙を拭き取ってくれた君はもう居ない
愛してくれたことに偽りがないのなら私は珊瑚になったっていい
生命活動を終えた時は君が忘れてくれた時
白く消えていく私を見送ってほしいんだ
嗚呼もうすぐ咲うよ さあもう試すよ

/珊瑚

596 N  [id : /.yQlcw1] [2016-08-21(日) 13:20:15] 削除依頼


「逃避するだけの人生で何が楽しいのかい」
馬鹿なことは言わないでよ
何処にいたって僕は君を追いかけているんだ
何もかもが君中心に回転中
楽しみだって君の喜び 苦しみだって君の嘆き
言葉が偏って 電話越しの好きも聞けなくて
僕は生きている意味があるのかいって
紫陽花の味を覚えている
だれも感じたことのない味覚を探っている
いつだってひとりぼっち

/紫陽花

597 N  [id : tKf0elQ/] [2016-10-01(土) 02:28:01] 削除依頼


欠伸が出るほどつまらない会話
繰り返す事しかできないのか
透明なグラスが傾いて中身が溢れ出してしまったの
見つけてしまった大きな過ち
お金で買えない愛情をいつになく欲している
時が経つ事で得られないものもあるんだ、と初めて知った海外の夜
矢印の因果応報操って
時の狭間で揺らめいて
過去の君を噛みちぎって
約束通りに受け止めて
図らずも消える小さな言葉を塵にしてしまう君を横目で見る事さえ叶わない
今はない温かみ
真夏の部屋で凍える事は素直になれない人への罰

/lyric

598 N  [id : tKf0elQ/] [2016-10-01(土) 02:39:41] 削除依頼


頼み事をする貴方 横目に見てる知らない子
承諾をする私 見つめ合えない十七歳
忽ちに振り返る 春を先取るプラムクイーン
斜め後ろの男の子とあの子付き合っているんだって

アア ヤダな ヤダな
素直になれないこんな人
アア 無理だ 無理だ
嘘もたまにしかつけないよ

風は走っても私はただここで立ち止まる事しかできないの
何もかもを投げ出してあの場所に立って踊りたい
苦し紛れでもいいからって誰かに認めてもらいたい
存在する事が悪いのか!とにかく評価をつけてくれよ

ときめいてしまった八月が 遠い昔になっていく
横目で見ていたあの子と 付き合ったんだって良かったね

アア なんで なんで
うまくいかないこの人生
アア まただ まただ
悲観的な事で埋もれていく

夢に敗れても私はただ立ち止まることは許されないの
現実の中に引きこもり何処へも気が出せなくなったんだ
悲しみだけでは生きてけないって大人達は言うけれど
悲しみだけしかないんだよ!とにかく生き苦しいんだよ

街の中でくたばったって誰も助けてくれない事くらい
もう既に知っているんだよ!全てを悟った十七歳

/seventeen song

599 N  [id : mSJQoVD/] [2016-10-03(月) 02:21:14] 削除依頼


貴方の気持ちを知っていながら
私はこうして生きているんです
過ちをおされた代償に貴方を弄ぶ

あの夜の話を聞いてよ
誓い合ったはずの想いは虚無だった

ギターを片手に寝そべって
打ち込んだシンセサイザーで表していた
気持ちなんて残るはずかないんです
あの日の事を思い出しながら
貴方の隣で好きという
私を誰がせめるのだろう

/有罪

600 N  [id : ncfk0hHR] [2016-12-02(金) 13:54:47] 削除依頼


女は醜い生き物であって男は小汚い生き物
だれにだって良い顔するのは人間の性でしょう
またしても罪 今まさに此処にあるのが根拠
水曜日の午後五時から浮気の足音が高鳴る
待っていると言いつつ期待してる男の声
愛とは刀でぶった斬れるものさ

/Saga

601 N  [id : 9QhJEqs8] [2016-12-24(土) 03:49:52] 削除依頼


子供の時に考えた事は当てにならない
美しさの欠片を集めれば妖艶な大人になれると思ったいた
時が教えてくれたの 儚い世
全てを知った時こそ私達は妖艶になれる
変わってはならないのさ
言い聞かせながら変化していく矛盾
トワといった場所へ辿り着いた人はきっと誰しもが経験するのだろう孤独
固定化していく概念に目を逸らして走ってしまうのは老化ゆえ
紫色の雲の中に身を隠して変容していく
人肌の中で死を味わうのさ
それが代償 妖艶なる罪

/階段

602 N  [id : dLjCbknS] [2016-12-25(日) 04:17:31] 削除依頼


容疑で塗り固められた逸話
解かないで 放置して
昼間の関係は知った事ではなくて
夕闇に包まれてから始まる物語もあるじゃない
君は知らなくていいのよ
物の哀れも何もかも 仏様の御前で待機していて
片側だけを見ていれば幸せになれるのに
全てを受け入れしまった事の虚しさ
惨事を報じ損ねた空箱
利用して晴らせ

/生きる

603 N  [id : UZJgoA2M] [2016-12-28(水) 02:11:41] 削除依頼


私は自由奔放なんだ
レモン果汁を少し絞った甘酸っぱさ
私は飲み込むんだ
それが好きなんだ 構わないだろう
いつか幸せになりたいと願って唾液を吐き捨てる
モラルの欠片をポロポロ落としながら酔いの足取りに身をまかせる
それでもいいだろう
私は自由なんだから、誰よりも
貴方の人生の中をどうにかして闊歩したいんだ
血が滴ってしまってこその勝利だろう 粋だろう
私無しじゃいられなくなって 癖になって
甘酸っぱさでとろけていくんだ

/酸に

604 N  [id : jsCiY10l] [2017-01-01(日) 03:05:16] 削除依頼


心地がいつまでも続くと勘違いしてたんだ
命を無鉄砲に持て余して辛くなるたびに快感を得た
子供時代のように全てを忘れて夢の中で逢えたならば
僕らは二人だけの時間をいつまでも飲み込めたのに
伸ばす手が振り払われて痛みを覚えた
鈍った痛覚が僕らを大人にさせるというのに
何度も投げやりになって辞めてしまった音楽が哀しそうに僕を見るんだ
無口になった人の群れでささやかにも幸福を得られない僕は
君がきっと何処かで得ている快感に嫉妬してしまう
余裕のない笑みを浮かべて悲しく言うよ
「もう終わりだろう」

/lost

605 N  [id : QITSsuBU] [2017-01-02(月) 03:06:09] 削除依頼


この身体はいつしか朽ち果てて
涙の中に落ちてしまうけれど
貴方は何も知らずに何処かで嗜んでいるんでしょう
吸えもしないタバコを口に咥えて丸い息を吐いた人
知らぬ女に交わって知らぬ息遣いを見せた人
何も見たくないから 何も聞きたくないから
どうか私の五感を奪い取ってください
総てを取り除いてガラクタになった
未来永劫は無いの もうどこにも落ちていないの

/炸裂

名前:

(書き込む前に利用規約の確認を) 掲示板ガイドと利用規約 (投稿前にお読みください)
  曖より愛を 3 - 最新50レスだけ見る。
このスレッドの投稿を全表示 - ここの書き込みをぜんぶ一気読み。
詩投稿投稿掲示板に戻る