おひさしぶり さようなら

詩投稿投稿掲示板より。


1    鎌剣  [id : BKd3stj.] [2010-11-07(日) 18:29:46] 削除依頼

自由気ままに書き込みます

結構暗くなりそうなので、苦手な方はご注意を

皆様も書き込んでくだされば光栄です

441 鎌剣  [id : Riexk/9/] [2015-12-31(木) 22:24:08] 削除依頼

ひととせなく
満ち足り希望溢るるか

どこまでも手前勝手でしたのね
私 を削ることをやめたんだ、
なのに泣いている お前を悩ますのは絶望じゃない

張り裂けそうなのは 私 貴方
手紙で伝われば儲けもの ありえもしない
ふかふかの布団は居心地がいいから
逃げおおせるのだって簡単なんでしょ そうでしょ

どこまでも手前勝手でしたのね

(リセットしたい人生ですか そうとは言わない
だけど少しずつ頭はおかしくなるの)

静寂の先に足跡は生まれるか
ならばしね それだけだ

「懺悔」

442 鎌剣  [id : 2E38zR10] [2016-01-02(土) 20:23:39] 削除依頼

くるひとゆくひと あなたは追わず
瞳が乾くほどに好きだったの
新しく手に入れた悦楽は決して広がらない
失うことを怖れるのは希望を知る人だけ
僕が哀しいのは お門違い でしゃばりだろう

茶色の猫が歩いていく 痺れた足引きずって
鳴き声高く 白い雨が手のひら 蒸発して
紫を掲げた鳥 弓をひいて空を舞う
きっと自由になったのだ 逝ってしまったのは何処

煙草と酒の残り香 綺麗な白だった

僕は靄の中であなたを見る
不透明なままの胸のからっぽを差し出して

「信秀」

常在戦場を旨とし
自在に扱えて尚麓
侍の道未だ遠し

443 ルチ  [id : OYe3oC21] [2016-01-03(日) 01:01:57] 削除依頼


それは 何が悲しくて

深夜の空港で こんな事を

わたしたちは まだ若かった

夢を打ち砕かれ
夢をまた建て直そうと

気付けばスプレーを振っている
何を生み出そうってのか

わたしたちは まだ若かった

地平線から昇る朝日

車がぶっ壊れてる
それは 反骨のあかし

わたしたちは
空想の中で血を噴き出した

何もかも
汚く見えて

脈々と受け継がれる 穢れた血を

ここで終わりにしよう


「Rebuild」

444 鎌剣  [id : K7oDK1h/] [2016-01-06(水) 09:13:39] 削除依頼

ルチさん


朝は来ないかもしれない
遥々訪れた月を追い返していく

わたしたちは まだ若かった

日くらし硯にむかいて
爪を隠しすぎて だってこんなものじゃないわ
生み出す価値もない 負け組かしら 赦しがたいか

わたしたちは まだ若かった

知っていた 嘘でしょう
どうせ夢で終わっているのだから
抗うだけ無駄なのに 何故理由がいる

ご愁傷様
赦されざる貴方はまた墓の中

本質的に
なにもかもはノイズで溢れている

貴方の血を啜って世界は回っている

なにも始まってはいない なにも

「restart」

445 鎌剣  [id : kli1rFb.] [2016-01-09(土) 17:10:28] 削除依頼

溜め息だけひとつポケットにしまった

あらかたあさり尽くした後になって
もういらないなんて

おいたばかり

袖すり合うだけでいいのに
あなたのことなんて誰も知らない
求めるものは同じなのに 自分だけ与えられるなんて

笑ってしまうわ なんて傲慢?

「すきよ だから わたしもみて?」

(あなたのことなんかこれっぽっちもわからない
だからお願い わたしのことなんか見ないで
しりたくない しられたくない なにもかも)

わたしに 理解を もとめないで !

嘘をついてまで仲良くなんてなれない
素直に嫌いだって言わせて お願いロミオ
嘘をつかないことだって恐怖なの
信じてよ

(ああいらない なにもいらない
そうやってなにを押し付けるの 申し訳なさ
馴れ合うだけの世界なんてごめんなの!)

空虚だけひとつポケットにしまった

受け入れられる現実だけ
飾ってとっておくの

(だって、そうでもなきゃ死んでしまうわ
否定される絶望を 受け続ける恐怖はご存知?)

「Collusion」

だからいらない
でもほしい

446 鎌剣  [id : mO.4GUd/] [2016-01-23(土) 13:35:24] 削除依頼

朝顔が牙を剥いております
不死鳥は肩に降りては灰になります
私はいつまでもこどものまま
ありきたりな幸せだけを願います

447 鎌剣  [id : 85D9ffg0] [2016-01-24(日) 20:54:41] 削除依頼

かたくなになった心ひとつ
窓辺に置いて、雪にひたして
朝になったらもう傷つかなくてすみますか

廃棄処分されたガラスだまとともに
融けてなくなってしまえばいいんだ
こんな割れやすいものなら
そもそも心臓にしまわなくていい
こんな痛みを抱えて生きる必要なんか

少しかじっただけで引きちぎられて
おとなの都合に合わせて
どうしてこんなものを抱えてるの?

ああ
なんておそろしいいきものなのか

凍った心ひとつだけもう一度拾い直したい
そうしたらもう傷つかなくてすみますか

ああ
なんてつめたくあさましいのだろうか

孤独でも絶望でもないのに
こんなにも不安でしかたない

刻まれては凍りついて
深々と刺さったおもいでばかり
こびりついた嫌いばかりを詰め込んで
腐らせたばかりなのね

「低温火傷」

448 鎌剣  [id : EaM8hJe0] [2016-01-26(火) 17:44:35] 削除依頼

嘘みたいなばかり口から放り出して
気泡になって天へ昇って
誰にも飲み込まれず消えていくわ
涙が出てしまいそうね

水底に横たえて 貴方を待つの
どんな泥濘を呼び寄せて迎えましょうか
罵倒なんかいらない 澱重ね 折り重ね

爪痕を残して還りたい
深々と突き立てて 苦しむのを見たいだけなの
苦い顔をしないで 被害者のつもりにならないで

痛いのは私だ 還らないのは貴様だ

ごちゃごちゃ抜かしてるのを知らぬ顔して
また気泡を吐き出すだけだ
悪意に満ちた言霊だけ
水面に辿り着くまで残してやるだけだ
誰にも飲み込まれず消えさせなんかしないだけだ

「言霊」

449 鎌剣  [id : SPge5ZF0] [2016-01-27(水) 19:55:06] 削除依頼

放された孤独に
慣れ親しんだのはもう三千億も

受け入れたくないと望んだのも
手を伸ばしても届かないのに気がついたのも
全て少しばかり遅すぎただけでしょう

アレグレットは止まらない
全ては加速しながら還っていくでしょう

原初の太陽に触れるような過ちと
貴方の退廃を飲み込んだ私
目が覚めるような 消え失せてしまうような
そんな衛星を飛び立った

腕の先から舌まで
どこを軸にして貴方は廻っているのだろう

てのひらをたゆたわせて
また私は廻ってゆく
廻ってゆく

「Galatea」

450 鎌剣  [id : RobnGb81] [2016-02-09(火) 13:37:35] 削除依頼

丸っきり全部捨ててしまえ!
世界なんてそんなもんだ私なんてそんなもんだ
期待なんて言葉かけないで

さようなら制服
お前が最後の心残りだ

451 鎌剣  [id : 5sMBDJa0] [2016-02-11(木) 17:11:55] 削除依頼

私の孤独は私だけのものだから
軽々しく分かるだなんて言わないでね

吐き気がしちゃう!

452 鎌剣  [id : lePwO56/] [2016-02-15(月) 22:38:59] 削除依頼

それはノスタルジー
模糊としたパンデミック
どんなに足掻いたって無駄だと
そう知らしめるんだろうアイロニー

ふざけるな
私はふざけてなどいない
どんなにか腹立たしいものか
自己中も一周まわればもはやリスペクト

鼻で笑ってやるよ

ありえないと繰り返さざるを得ないことすら
髪が抜けてしまう あああ
くすぶって喉元までせりあがった

爆発 愛想も無い 舌を出して噛み千切ってやる

胎内回帰、どこまで戻れば気が済むの
それはノスタルジー
模糊としたパンデミック
命をやり直したいほどの後悔だ
そう知らしめるんだろうアイロニー

「回帰症候群」

453 鎌剣  [id : GYgEafZ0] [2016-02-18(木) 09:10:14] 削除依頼

掠れた願いだけ心に染み付いて
あの頃に帰りたいと何処かが叫んでいる
どうせどうにもならないともう
諦めることすら諦めてしまったの

短い爪でなにをしたいの
私が分からないのはとうの昔からであるのに
今更望むことなんかないはずだ
誰よりも幸福なくせに
誰よりも不幸なことを知らないで

生きる罪を背負っていくだけの覚悟があるか
死ぬ罰を受けるだけの覚悟があるか

お前は無 人でなし

「リビングデッド」

454 satellite  [id : 3QfWwJ31] [2016-02-19(金) 23:24:24] 削除依頼



塗り潰したキャンパスの奥をねじるように
心の奥底の瘡蓋をねじるように
目の奥にこびりついたあのキスシーンを想起
バケツをひっくり返して被ったわたしの制服
いまじゃ茶色く色褪せて
まるで昔のように壁に掛かってる
絵画は美しいのですか、

映像は破かれて初めて立体を増すように
あなたが好きだったわたしのように
絵画は美しいのですか、

フラッシュバックをしてるんだ
間違った想いがいま
壁に掛かってる

/ 絵画

こちらももうちょっとで春が来ます。

455 鎌剣  [id : hsTQINl.] [2016-02-21(日) 13:32:59] 削除依頼

sptelliteさん


愛し愛され
What color ?
アンドロメダは収縮
水辺に茹だった環状線
まぶたの裏だけ
真っ白に
セピア

あなたを思い描く私
私を忘れようとするあなた
羽化するランタン
光輝いている それはなんだったのか
思い出のなかですら 思い出せない

ぼやけて見えない
私を愛していたのは誰だったのか
あなたを愛していたのは私だったのか
もはやそれすら

「目眩」

/
私はまだ春を過ぎたばかりのような陽気です
旅立ちの季節。嬉しくも、寂しい

456 鎌剣  [id : gHZsEaw/] [2016-02-22(月) 21:45:38] 削除依頼

嘘つき
雨曝しとフランネル
時計の針を逆に回して
散歩にいく
テリトリーは小さめ
天幕に落書き
光線銃を持ち出して
刺し違える

メゾン
貴方と若葉
日向ぼっこに向かない日
広々とした居間
噛みつく犬
トリコロールを飾った
燭台に火を移す
叩き割った鏡

集めた蜻蛉の翅
無い黒目
言葉を人質にした
無い脳ミソ
開けた口に潰したトマト
無い私



「0」

457 鎌剣  [id : pjuqHOc0] [2016-02-24(水) 23:52:05] 削除依頼

白雪に覆い尽くされ
私の足跡も気配も無くなっているわ
灰色の空にランプの橙
やたらに明るくて 目が痛くなってしまうの
真っ白なのは
景色 ? それとも 私の頭 ?

灯火にたかる蛾のように
向かう先があればよかったのかも知れないと
そう口に出したところで もう遅いのだ
私はこの道 あなたはあの道
二進数で数えたさようなら

私を覚えているか
あなたを忘れているか
誰かを踏みつけて生きていく私に
行き場をなくして迷うような
そんな雪だけが降りしきる
私をかき消す
そんな雪が

「存在証明」

458 鎌剣  [id : dvh35Xr/] [2016-02-27(土) 01:04:01] 削除依頼

ああイカれてる

存在すべて
なにもかも

私は私しか
たぶん、認識でない

459 鎌剣  [id : tLzYsNe.] [2016-03-06(日) 22:37:49] 削除依頼

日陰ばかり探して
嘘でもって作った世界で
悲しいのに楽しいの

(in what way ?)

猛吹雪の音がする
かつて噛み砕いた心を隠す
音がする
見たくなんかない

(in what way ?)

汚れた手を
アルカリに入れて溶かしている
罪悪を知っているのは私
罰を求めているのも私

(in what way ?)

頭が痛い
過去を思い出して震えている
記憶のすみからなにを辿ればいいのか
それすらわからないのに
捨てていく

(in what way ?)

なにもない自分をわかっているのに
毒のようにいたぶっているのをわかっているのに

私は生きている
それでも 生きている

(in what …)

「生きている」

460 ヒロト  [id : a0/bZlE0] [2016-03-07(月) 08:45:05] 削除依頼

手を踏まれても気付かないくらいに
痛みに鈍感だ
まるで錆び付いてしまったかのように
体がだるい

今日もまだ明けない空を眺めている

それでもまだ希望が
深いところで廻り続けて
僕を今を与えている

461 鎌剣  [id : N9J7Bb.1] [2016-03-07(月) 22:49:20] 削除依頼

ヒロトさん


希望を美しいとおもうのは何故かしら

狂おしい深海のなかでみつけたものは

だからまだ
ぬくもりに飢えて
陽だまりを探しているのでしょう

愛しいほどに哀しい世界

鉄の体に与えられた痛みと
ガラスのこころに穿たれた悪意で
視界を潰されてしまったのね

闇のなかをさまよって
恒星を求めていた

手の届かない世界に
美しさを感じるように

あなたはとっくに
希望を諦めていたの

それでも欲しいと
手をのばしていたの

「リテイク」

/
詩の投稿ありがとうございます
今後ともご贔屓に

462 鎌剣  [id : 5kFZjZS1] [2016-03-10(木) 10:37:29] 削除依頼

愛するとはどういうことでしょう
幸福に魘されていること?

指が震えるような
嫉妬に侵されること?

鏡を見て
頭を抱えてしまうこと?

永遠を怠って
燃え尽きてしまうこと?

カラカラに干からびた草原に
嘘つきだけ取り残して
タイルをひいた床に体を横たえる
うらぶれた私に
触角を引きちぎる喜びを
現実めいたファンタジーをお願い
私は大人になる

「幼愛」

なんてさみしい顔をして
末期になってから君がいとおしい

463 鎌剣  [id : /T6liZD/] [2016-03-13(日) 23:49:35] 削除依頼

微かな希望だけを生き繋いで
怯えて縮こまるだけになってしまった
散乱したティッシュ
呆れるような 恐ろしさか
わたしは泣いている

ひとの言葉を忘れた幼児が
なりふりかまわず牙を剥いているのだ
崩壊したこころに
鉈を与えてしまっただけ
反吐が出るわ ころしてしまえ

意味もわからずに叫んで
格下に嘲られる心地はどのようなもので

ふざけるな
世界は貴方を中心には回っていない

骨抜きになったパンドラの箱のなかで
わたしは泣いている

「close」

464 鎌剣  [id : EWCRy5v/] [2016-03-25(金) 20:47:52] 削除依頼

はらわたを抉るように
狂喜乱舞する
飢えるような興奮と
愛されるような吐き気と

孤独を嫌うくせに
馴れ合いを好かない
もうこんなのどうでもいいのに
体裁だけ保って
嘘つきロンド
終わらない舞踏をしてる

愛される罰があって
餓え死ぬ極楽があって
明日はきっとハッピー
世界が終わるから
終末の奇跡を願って笑っているから

「トリガーハッピー」

465 鎌剣  [id : NvM5zlz.] [2016-04-10(日) 22:03:37] 削除依頼

足跡をこぼして
止まらない涙の種を撒いている

あなたはひとり

わたしもひとり

決して埋まらない溝を
どうにかして埋めようとして
ボロボロの血を流し込んでいたの

秒針のように鳴り止まない血脈
なんて荘厳な気狂い
足音を鳴らしましょう

から か からか ら

空っぽの音
骨をたたいて
いつまでたっても空っぽのまま
きっとそこで立ち止まって

永遠に

(永遠に 私をころし続けていく)

「lost I」

466 ゆい  [id : OwgE68h0] [2016-04-11(月) 15:30:17] 削除依頼


ひとりでいること
一緒にいること

意識なんかしてなかったのに
ひとりきりじゃさみしい

まるで心の中に穴ができたみたい
ひとりでは何も心に残らない

あなたが隣にいてくれたこと
あなたがこんなに特別な存在だったこと

わかってるつもりだったのに
今更気づいたよ

あなたがこんなに大切だったこと

〜ひとり〜

お久しぶりです。
元里穂です。
このスレが久しぶりにあがっていたので
懐かしいなって思って来ました。
ちょくちょく覗かせてもらっています。
また来ますね!

467 鎌剣  [id : s0YGuZo.] [2016-04-14(木) 08:12:21] 削除依頼

ゆいさん


くちびるをひらいて
諦めを吐き出した本音と
脳髄を啜って回る嘘
背中でぐずる本物の私を置いて
君が訪ねる空白の館

エトセトラに全てを詰めて
きっともう上書き保存は出来ないのだ
緑色の舌の根も乾かぬうちに
あなたをせがんでいた

うらぶれたキスをして
ショールを顔に巻いていた
そして綺麗に忘れてしまった

声から 顔から 思い出から

私を抹消するの

「無源」

/
おひさしぶり
そちらのスレもしばらく上がっていない時期があって寂しくおもっておりました
いつもご贔屓にありがとうございます。願わくばお互い完走まで辿り着けますよう
今後ともよろしくお願いします

468 鎌剣  [id : bjIYLTz/] [2016-04-20(水) 07:44:58] 削除依頼

悠幻の琥珀の中にとじこめて

永久にひとり

469 鎌剣  [id : Vf.hVH1.] [2016-05-09(月) 17:11:24] 削除依頼

なにもない
てのひらで踊る私の蜘蛛
春霞に燃え尽きた世界の果て

限界を知ってしまった
もがくほどに深みへと
さみしいと溢して
気泡は立ち上って だれにも届かず
かつて手に入れていたものが
消えてしまって

この絶望を 誰か受け止めて

私はどこにいるのでしょう
剥離している姿
心あらずのうつせみだけ残して
私はどこにいるのでしょう
色眼鏡のなかで
モノクロのまま沈んだ世界

愚かしくも愛してた
失ってから気がついた
ああ おとぎ話にもならないわ

こんなに平凡な物語

「ピロウトーク」

470 鎌剣  [id : YNGYw7E1] [2016-05-25(水) 22:14:51] 削除依頼

たゆたうイノセーション
それを愛と呼んだ
クラビの音に耳をすませて

(メーデー、聞こえてる?)

肌寒いからホットミルク
まだわからないわ
地獄も恋も落ちるもの

(メーデー、聞こえてる?)

透明な世界に手をのばして
地球儀を回してプラネタリウム
色彩を忘れたモニタを
かじって、わらって、

(メーデー、聞こえてる?)

奈落に救いがあるのなら
身も蓋もなく抱き止めてほしいの
お願いメーデー
誰もが許さないくらい眠らせて

(メーデー、メーデー、)

「Can hear ?」

471 鎌剣  [id : nkEsn3./] [2016-06-15(水) 20:51:21] 削除依頼

かさついた肌
あなたのしかばね
透明な言葉

ほたり

紛れもなくそれは私で
朝が来るたびに死んでいた
骨まで喰らって

おごそかな夜を

私は逆らう

散らばったからすの羽に
集めて飛べる幻想をいだいていた

黒の淵にて
あなたを待っている

永遠に

永遠に

「夢」

472 鎌剣  [id : bbdncZf.] [2016-06-27(月) 09:26:50] 削除依頼

なりそこなったことばを
気泡のまま閉じ込めてあげたい
でき損なったことば同士を
どうにかたすけてあげたいのだ

中空に放り出されて
なんともかわいそうな
ことばたちを

消してしまうだけなら
あわれで

歪んでしまったことばも
黒くてつらいことばも
いっしょくたに
供養してやる

覚えておいて
どうか

「repeat」

473 鎌剣  [id : Z8Ubxt6/] [2016-07-07(木) 22:49:10] 削除依頼

僕を受け止めて
僕を打ち捨てて

脱け殻ひとつ残して
あともさきも考えずに

僕を受け止めて
僕を打ち捨てて

身のないことに身を寄せて
骨まであけすけに開いて
それでもまるっきり
だめなもの

僕を
僕を

指折り数えて
あなたが探しているかどうか

僕を

474 鎌剣  [id : b0dUBBu1] [2016-08-03(水) 08:24:43] 削除依頼

朝を連れて
密度を失っていく酸素を
飽和した水底へ沈めて 虚空を待っている

積み重ねた愛想笑いで
愛されたいと思っていただけなの
暗がりで泣いている僕を笑うだけで
ひとは簡単にしあわせになってしまえますね

あしたには紅顔ありて 夕べには骸に

何故その白さが美しいかといえば
完成形だからでしょう

密度を失って
あなたは完全になって
熱のなかで忘却していくのでしょう

記憶に残りたかった僕たちを
置いてゆくのはしあわせでしょうか

「焼却」

475   [id : GxMQh880] [2016-08-17(水) 16:52:28] 削除依頼

あなたを愛していたと
感じたのはいつでしょうか
星屑を拾って
また問いかける 問いかける

朝に背を向けて
泳いでいた猫を横目に
追憶にのさばらせた

答えはもうわかっているのに
それでも聞かずにはいられないのです

夢みる時計に刻ませて
芦を束ねていた
眠たげなまなこを
嘘つきがひっかくように

あぁ また夜が来る
思い出が
またわたしをころすのだ

「Hello,」

476   [id : vcqE9us/] [2016-08-31(水) 23:04:06] 削除依頼

藍色の空 不幸の色
琥珀に融けた数列と 銀河のわらしべ
きみはかなしいと言う

永遠に夢を繰り返されて
戻る道もなくしてしまった
青い鳥を追いかけて楽しかった籠は
いくら覗いても空っぽのまま

透明にいくら形を与えても
さみしいとねたましいだけは消えてくれない
あたたかい寝床を忘れて
いつか卵を殺すカッコウドリのように

甘い蜜を飲んで ゆりかごで佇む
きみはかなしいと言う

世界がひとつ生まれ落ちて
きみはかなしいと言う

「憐愛」

477   [id : p.lt9F4/] [2016-09-03(土) 19:13:24] 削除依頼

陳列された静寂を選んで
購入 売却 値段をつけてみて
泡沫に希望を捨てて
私を縛るもの は なに ?
眠る世界へ贈る鎮魂歌

あの青い花の名を覚えているか
白 黒 焼けるような透明
読み込めない
飲み込めない
盲目のまなこをひらいて
惚けたように うつつを眺めているわ

その肌の白を
その棘の黒を

思い出しては 気泡を吐く

まぶたを閉じては 青を抱く

「水面のアリア」

478 ルチ  [id : RcbKUXY/] [2016-09-03(土) 19:22:15] 削除依頼


ねえ 食べてよ
うふふ 古い川を

奥に鹿がいて
今日居なくなった
なぜなら
ブランコの鎖が切れたから

小さな猿が花を好む
それを見つめている大きな影
こいつが 神だ
あわれとも言えない 花のかほりは
梅の咲く季節に 川を流れていたの
写真があるんだ
君の死んだ後の

今になって 同じとこ見ても
荒れ果て
落ちぶれた
小川があるだけ

石ばかり拾った

寒い日だった
近くに自販機があって
わたしは腕を入れ スープを抜き出して
雨になった

雨になって 自分の分厚い衣服を濡らした
じと と 湿る布が
出てこない涙みたいに居心地悪かったろう

「Stone」

479   [id : yVaGkFS1] [2016-09-10(土) 22:05:36] 削除依頼

ルチさん


白い夢を見ていた
勝手に動く蛍光灯を見ながら

透けたカーテンからのぞく
縦長の瞳孔を
えぐって転がしたのだ
冬だからもうブランコには乗れないわ

概ね全ての生き物が
花を愛で死ぬ
どれだけ花を愛したかで
神は地獄と極楽を振り分ける
キリストは君の手を取り
奪い去っていった

しにたかったと
言葉を紡ぐわ

その川を渡って 逢瀬を楽しんでね
荒れた木と濁ったその川で

草も生えない嵐のなかで
まだ蛍光灯は点滅する
どうして朝は来るのだろう
それを思慕するだけで

止まらない涙みたいに居心地悪かったろう

「river」

480   [id : 8.iWDlN/] [2016-09-16(金) 19:04:42] 削除依頼

あの山の上になら希望はあるかしら
黒雲があってもまだ翼は折れないのかしら
花柄のフレアスカートが揺れた
だから鐘を鳴らすの

月夜にクッキーをばらまいて
俯瞰したおとなたちをバカにしていた

だってあなたが嫌い
どうせ私は許されない

魔女になる
冷たい脚をさすりながら
私は飛べるの そうやって
あなたは俯瞰して
魔女たちは見下すのよ

空飛ぶパラソルの行方を追って
私は空を飛べる

それはパンデミックであって
救世主ではないのよ

「ヴァルプルギス」

481   [id : qtm1vPa.] [2016-11-02(水) 16:29:04] 削除依頼

月夜だからちょっとだけ浮いてみた
兎が跳ねてきては寒いって

わかるわ、気持ちも、言葉も、

(藍色になった空に、
私の世界はビー玉の破片)

秋は無くて
意味も無くて
とろかした星だけを見つめてた
うつむいて歩くから
どうか導いて、導いて、

赤い頬の色をした空がまだ
まだ、浮かんでいるの

ネオンライトをなぞって
明日の天気を占っていたわ

「冬空」

482   [id : vyjGG1Y.] [2016-11-09(水) 18:01:56] 削除依頼

静寂を吸って

とわと眠る

「雪」

483   [id : Hp33tNh0] [2016-11-11(金) 17:01:21] 削除依頼

どうにも美しい狂気だけ
この身に宿して生きていくの

こぼれ落ちることのは ああ
腐臭の底で溶かしてしまった
私を笑わないで、
私を責めないで、

よごれていく
嘘のように、虚構を巡る

盲信するだけの心でした
飴色の世界を融解して
あふれていく、なみだ なみだ

置き去りの蝶結び
二度と会わないあなた

膝をついて
不幸を祈っている

「better」

484 柚希  [id : ac7bn0E0] [2016-11-14(月) 15:36:21] 削除依頼


他人の不幸は蜜の味ですか
あの子の不幸せは好きですか

神様、仏様、そんなこと問わないで
現実のことなんか考えたくないの

今はただこのまま逃げ出したい
あなたの偽りの言葉におぼれていたい

だって神様も仏様もここにはいないから
私を責める人なんてここには存在しないから

嘘偽りで出来た世界に閉じこもって
出てこないのはどちら様

「それは私じゃないよ」って
今日も私自身に魔法をかけるの

「ゲンジツナンテミタクナイ」

〜現実逃避〜
お久しぶりです。
久しぶりに書かせていただきました。
こちらのスレも覗かせてもらっていますよ。
また来ますね。

485   [id : uPP259d0] [2016-11-25(金) 16:32:06] 削除依頼

思うこと思うこと、楽しくない今を抱えて

/もうしばらくお待ち下さい

486   [id : Lc5kwEzX] [2016-12-13(火) 22:13:40] 削除依頼

柚希さん


あなたのことしらないふり
毛布のなかで 笑みをかかえて

私の悲しみはあなたの明日
あなたの涙は私の言葉
無常のままの 世界を創ろう

あなたがあなたではなく
私も私ではなく
誰が等身大を愛するものでしょう

自分すら
自分を愛せもしないのに

ああ、神様、仏様
この世を儚みますので
どうか死なせて下さいませ

それでも夜は明けて
明日がくる

明日がくる

「箱庭」

/
返詩が遅れまして申し訳ありません
いつもご贔屓にありがとうございます
完走までほんとうにもう少し、
応援しております

487   [id : Lc5kwEzX] [2016-12-25(日) 16:09:18] 削除依頼

桜を待っていた

私はその生暖かな水辺で
空を見上げておりました

微かな灯火を
まだ追いかけている
薄緑の恒星
あなたを探していた

丈の長いスカートを
とっくに捨ててきたというのに
あの頃と私
変わっているのでしょうか

冬にはポラリスを見上げて
あなたの唄を聞いている

「satellite」

/
また貴方を見られて、嬉しくて

488   [id : Lc5kwEzX] [2017-01-06(金) 21:33:34] 削除依頼

目が滑る
こうしてネオンで散乱した言葉が
私を取り囲んで

無性に寒気がしている
開いた口からは苦い唾液
甲高い声が心を刺して
不安だけがそこに残っている

だからさむいのは嫌い
その瞳が 私を殺しに来ているから

「無題」

489   [id : Lc5kwEzX] [2017-01-07(土) 23:05:59] 削除依頼

おねがい
おねがいどうか

この天命を殺して

名前:

(書き込む前に利用規約の確認を) 掲示板ガイドと利用規約 (投稿前にお読みください)
おひさしぶり さようなら - 最新50レスだけ見る。
このスレッドの投稿を全表示 - ここの書き込みをぜんぶ一気読み。
詩投稿投稿掲示板に戻る