おひさしぶり さようなら493コメント

1 鎌剣 id:BKd3stj.

2010-11-07(日) 18:29:46 [削除依頼]
自由気ままに書き込みます

結構暗くなりそうなので、苦手な方はご注意を

皆様も書き込んでくだされば光栄です
  • 474 鎌剣 id:b0dUBBu1

    2016-08-03(水) 08:24:43 [削除依頼]
    朝を連れて
    密度を失っていく酸素を
    飽和した水底へ沈めて 虚空を待っている

    積み重ねた愛想笑いで
    愛されたいと思っていただけなの
    暗がりで泣いている僕を笑うだけで
    ひとは簡単にしあわせになってしまえますね

    あしたには紅顔ありて 夕べには骸に

    何故その白さが美しいかといえば
    完成形だからでしょう

    密度を失って
    あなたは完全になって
    熱のなかで忘却していくのでしょう

    記憶に残りたかった僕たちを
    置いてゆくのはしあわせでしょうか

    「焼却」
  • 475 鶲 id:GxMQh880

    2016-08-17(水) 16:52:28 [削除依頼]
    あなたを愛していたと
    感じたのはいつでしょうか
    星屑を拾って
    また問いかける 問いかける

    朝に背を向けて
    泳いでいた猫を横目に
    追憶にのさばらせた

    答えはもうわかっているのに
    それでも聞かずにはいられないのです

    夢みる時計に刻ませて
    芦を束ねていた
    眠たげなまなこを
    嘘つきがひっかくように

    あぁ また夜が来る
    思い出が
    またわたしをころすのだ

    「Hello,」
  • 476 鶲 id:vcqE9us/

    2016-08-31(水) 23:04:06 [削除依頼]
    藍色の空 不幸の色
    琥珀に融けた数列と 銀河のわらしべ
    きみはかなしいと言う

    永遠に夢を繰り返されて
    戻る道もなくしてしまった
    青い鳥を追いかけて楽しかった籠は
    いくら覗いても空っぽのまま

    透明にいくら形を与えても
    さみしいとねたましいだけは消えてくれない
    あたたかい寝床を忘れて
    いつか卵を殺すカッコウドリのように

    甘い蜜を飲んで ゆりかごで佇む
    きみはかなしいと言う

    世界がひとつ生まれ落ちて
    きみはかなしいと言う

    「憐愛」
  • 477 鶲 id:p.lt9F4/

    2016-09-03(土) 19:13:24 [削除依頼]
    陳列された静寂を選んで
    購入 売却 値段をつけてみて
    泡沫に希望を捨てて
    私を縛るもの は なに ?
    眠る世界へ贈る鎮魂歌

    あの青い花の名を覚えているか
    白 黒 焼けるような透明
    読み込めない
    飲み込めない
    盲目のまなこをひらいて
    惚けたように うつつを眺めているわ

    その肌の白を
    その棘の黒を

    思い出しては 気泡を吐く

    まぶたを閉じては 青を抱く

    「水面のアリア」
  • 478 ルチ id:RcbKUXY/

    2016-09-03(土) 19:22:15 [削除依頼]

    ねえ 食べてよ
    うふふ 古い川を

    奥に鹿がいて
    今日居なくなった
    なぜなら
    ブランコの鎖が切れたから

    小さな猿が花を好む
    それを見つめている大きな影
    こいつが 神だ
    あわれとも言えない 花のかほりは
    梅の咲く季節に 川を流れていたの
    写真があるんだ
    君の死んだ後の

    今になって 同じとこ見ても
    荒れ果て
    落ちぶれた
    小川があるだけ

    石ばかり拾った

    寒い日だった
    近くに自販機があって
    わたしは腕を入れ スープを抜き出して
    雨になった

    雨になって 自分の分厚い衣服を濡らした
    じと と 湿る布が
    出てこない涙みたいに居心地悪かったろう

    「Stone」
  • 479 鶲 id:yVaGkFS1

    2016-09-10(土) 22:05:36 [削除依頼]
    ルチさん


    白い夢を見ていた
    勝手に動く蛍光灯を見ながら

    透けたカーテンからのぞく
    縦長の瞳孔を
    えぐって転がしたのだ
    冬だからもうブランコには乗れないわ

    概ね全ての生き物が
    花を愛で死ぬ
    どれだけ花を愛したかで
    神は地獄と極楽を振り分ける
    キリストは君の手を取り
    奪い去っていった

    しにたかったと
    言葉を紡ぐわ

    その川を渡って 逢瀬を楽しんでね
    荒れた木と濁ったその川で

    草も生えない嵐のなかで
    まだ蛍光灯は点滅する
    どうして朝は来るのだろう
    それを思慕するだけで

    止まらない涙みたいに居心地悪かったろう

    「river」
  • 480 鶲 id:8.iWDlN/

    2016-09-16(金) 19:04:42 [削除依頼]
    あの山の上になら希望はあるかしら
    黒雲があってもまだ翼は折れないのかしら
    花柄のフレアスカートが揺れた
    だから鐘を鳴らすの

    月夜にクッキーをばらまいて
    俯瞰したおとなたちをバカにしていた

    だってあなたが嫌い
    どうせ私は許されない

    魔女になる
    冷たい脚をさすりながら
    私は飛べるの そうやって
    あなたは俯瞰して
    魔女たちは見下すのよ

    空飛ぶパラソルの行方を追って
    私は空を飛べる

    それはパンデミックであって
    救世主ではないのよ

    「ヴァルプルギス」
  • 481 鶲 id:qtm1vPa.

    2016-11-02(水) 16:29:04 [削除依頼]
    月夜だからちょっとだけ浮いてみた
    兎が跳ねてきては寒いって

    わかるわ、気持ちも、言葉も、

    (藍色になった空に、
    私の世界はビー玉の破片)

    秋は無くて
    意味も無くて
    とろかした星だけを見つめてた
    うつむいて歩くから
    どうか導いて、導いて、

    赤い頬の色をした空がまだ
    まだ、浮かんでいるの

    ネオンライトをなぞって
    明日の天気を占っていたわ

    「冬空」
  • 482 鶲 id:vyjGG1Y.

    2016-11-09(水) 18:01:56 [削除依頼]
    静寂を吸って

    とわと眠る

    「雪」
  • 483 鶲 id:Hp33tNh0

    2016-11-11(金) 17:01:21 [削除依頼]
    どうにも美しい狂気だけ
    この身に宿して生きていくの

    こぼれ落ちることのは ああ
    腐臭の底で溶かしてしまった
    私を笑わないで、
    私を責めないで、

    よごれていく
    嘘のように、虚構を巡る

    盲信するだけの心でした
    飴色の世界を融解して
    あふれていく、なみだ なみだ

    置き去りの蝶結び
    二度と会わないあなた

    膝をついて
    不幸を祈っている

    「better」
  • 484 柚希 id:ac7bn0E0

    2016-11-14(月) 15:36:21 [削除依頼]

    他人の不幸は蜜の味ですか
    あの子の不幸せは好きですか

    神様、仏様、そんなこと問わないで
    現実のことなんか考えたくないの

    今はただこのまま逃げ出したい
    あなたの偽りの言葉におぼれていたい

    だって神様も仏様もここにはいないから
    私を責める人なんてここには存在しないから

    嘘偽りで出来た世界に閉じこもって
    出てこないのはどちら様

    「それは私じゃないよ」って
    今日も私自身に魔法をかけるの

    「ゲンジツナンテミタクナイ」

    〜現実逃避〜
    お久しぶりです。
    久しぶりに書かせていただきました。
    こちらのスレも覗かせてもらっていますよ。
    また来ますね。
  • 485 鶲 id:uPP259d0

    2016-11-25(金) 16:32:06 [削除依頼]
    思うこと思うこと、楽しくない今を抱えて

    /もうしばらくお待ち下さい
  • 486 鶲 id:Lc5kwEzX

    2016-12-13(火) 22:13:40 [削除依頼]
    柚希さん





    あなたのことしらないふり

    毛布のなかで 笑みをかかえて



    私の悲しみはあなたの明日

    あなたの涙は私の言葉

    無常のままの 世界を創ろう



    あなたがあなたではなく

    私も私ではなく

    誰が等身大を愛するものでしょう



    自分すら

    自分を愛せもしないのに



    ああ、神様、仏様

    この世を儚みますので

    どうか死なせて下さいませ



    それでも夜は明けて

    明日がくる



    明日がくる



    「箱庭」



    /

    返詩が遅れまして申し訳ありません

    いつもご贔屓にありがとうございます

    完走までほんとうにもう少し、

    応援しております
  • 487 鶲 id:Lc5kwEzX

    2016-12-25(日) 16:09:18 [削除依頼]
    桜を待っていた



    私はその生暖かな水辺で

    空を見上げておりました



    微かな灯火を

    まだ追いかけている

    薄緑の恒星

    あなたを探していた



    丈の長いスカートを

    とっくに捨ててきたというのに

    あの頃と私

    変わっているのでしょうか



    冬にはポラリスを見上げて

    あなたの唄を聞いている



    「satellite」



    /

    また貴方を見られて、嬉しくて
  • 488 鶲 id:Lc5kwEzX

    2017-01-06(金) 21:33:34 [削除依頼]
    目が滑る

    こうしてネオンで散乱した言葉が

    私を取り囲んで



    無性に寒気がしている

    開いた口からは苦い唾液

    甲高い声が心を刺して

    不安だけがそこに残っている



    だからさむいのは嫌い

    その瞳が 私を殺しに来ているから



    「無題」
  • 489 鶲 id:Lc5kwEzX

    2017-01-07(土) 23:05:59 [削除依頼]
    おねがい

    おねがいどうか



    この天命を殺して
  • 490 鶲 id:Lc5kwEzX

    2017-01-28(土) 09:39:22 [削除依頼]
    螺旋が落ちた

    失速する私 相対 貴方は空を飛んでいた



    色とりどりの走馬灯を 絵本に押し込めていた

    私を永遠に捕らえておいて

    美しい制服は 翻って目に眩しい

    欠けた文字を差し出しては 追い綴っておりました



    メイビー、この心臓なら

    差し出してもいいと 思っていたの



    失われた時間だけ

    貴方と共にいられるような気がしたこと

    どうか 赦して下さいと

    微笑んだ退廃が 旅愁に喘いでいた



    ほんの少し 足を踏み出した衛星の後ろ

    道しるべにカンテラを下げて



    私はまだ 歩いています



    「& more」



    /

    またそのうちに。

    (会えるならば 花束を抱えておりましょう!)
  • 491 鶲 id:Lc5kwEzX

    2017-02-14(火) 21:25:25 [削除依頼]
    空中分解
    ノスタルジィの欠片を拾って
    伸ばした手のひら
    なぜか透けて見えるのね

    持っていたものをどうにも
    落としてきたのだと思う
    おとなになるにつれ
    私はなにが見えなくなってきたのかしら

    それすらも分からないみたいだ

    少しずつ盲目になっていく
    オリオンの先に 夢が待っていたこどもは
    透けた手を振り回して
    やっと眠りについてくれるよう

    おやすみ悪い子 なかないで

    「成」
  • 492 鶲 id:Lc5kwEzX

    2017-02-15(水) 13:31:52 [削除依頼]
    おかえり
    うつくしいひと

    「ブーケを添えて」
  • 493 鶲 id:Lc5kwEzX

    2017-02-26(日) 11:28:33 [削除依頼]
    遠い海に浸っては ぼおとしたまま
    長々しい世迷い事では 愛も恋も買えやしない
    がらんどうメトロに
    痛い喉だけ 空っ風を連れて乗り込む

    ごめんなさい
    許してね

    あなたを待ってられるほど純情じゃないの
    置き去りを恨むなら真正面からお言いなさいね
    怯えて隠れて 鬱陶しい

    こんな美しくない場所に
    誰がいたいと言ったの

    それはたぶんセンチメンタル
    ときにはアイロニィ
    そして砂糖漬けの殺意だわ
    どうせ飛び降りられもしないくせして
    SNSにしにたい。だけつぶやいてる

    どこの誰がころせなくても
    私だけは殺してあげよう

    永遠の旅路 あなたと歩んであげる

    「murder killer」

    冬来ては 白の匂いを 思い出す
    忘れたかった あなたの肢体を
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?