イケメン詐欺にご注意ください。6コメント

1 柚李. id:PQYtWVuB

2017-01-06(金) 19:16:31 [削除依頼]














『 気をつけて、

  女の子なんだからさ。』







あたしを助けてくれた先輩は、

確かに優しかった。







──── なのに、なんで !?























「 …… うっせぇよ。

  でけぇ声出すな、ばーか ! 」







同じ顔をした隣の席の男の子は、

優しくなんてなかった。



























  • 2 柚李. id:PQYtWVuB

    2017-01-06(金) 22:36:15 [削除依頼]












    前後に左右にどこもかしこも

    ギュウギュウな満員電車。







    スーツを着こなした男性女性、

    スマホをいじる男子高校生。

    本を呼んでいるおじいちゃん。



    少し動いただけで睨まれそうなレベル。











    ( これに慣れるなんて、

      絶対に無理だよぉ …… 。)















    そう思いつつもじっと耐え、

    真新しいスカートの裾を握りしめる。







    お母さんに怒られちゃう。



    折角 新しいのなのに、って。





















    《 次は、○△駅〜〜。》

    《 □■線は、お乗り換えです。》











    ちょっと気になる

    車掌さんのアナウンス。



    でも、いまはそんな場合じゃ無い。









    ( 降りないと …… っ、)















    生まれてこの方、

    電車なんかまともに使ったことはなくて。



    実は一人では初めてだし …… 。





    満員電車なんて

    漫画で目にするくらいで、

    初めて体験した。











  • 3 ばんち猫 id:4rixzaVA

    2017-01-07(土) 00:10:22 [削除依頼]
    うまいですね!

    応援してまする!

  • 4 柚李. id:YNnoD1HJ

    2017-01-07(土) 18:40:58 [削除依頼]
      
    >>3

    ありがとうございます。(*´ `*)


  • 5 柚李. id:YNnoD1HJ

    2017-01-07(土) 20:56:42 [削除依頼]














    隣のOLさんに睨まれないよう、

    そっと鞄に手を掛ける。









    ○△駅はこの辺ではなかなかの都会で、

    降りる人が多い。





    そのせいか、

    今まで座っていた人が降りやすいように、と

    ドア付近に集まってきた。















    《 ○△駅〜○△駅です。》







    ○△駅到着のアナウンス。













    降りなきゃいけないとは

    わかっているものの、



    人だかりに押し寄せられて

    どうやら開くドアに遠ざかったらしい。



















    ドンッ、





    そんな音が出そうな勢いで

    隣にいた人の鞄が私にぶつかる。















    ( えっ …… 。)











    左足にローファーの硬い感覚がない。

    さっきまでは平気だったのに。







    もしかして私、靴が脱げた …… ?













    ( どうしよう …… 。)















    目尻に涙が浮かんだその瞬間 ─── 。





















    『 …… 君、大丈夫 ?? 』









    「 …… っ、え ? 」







    知らないよ、こんな人。













  • 6 柚李. id:YNnoD1HJ

    2017-01-07(土) 21:16:03 [削除依頼]














    私の知り合いに

    こんなふわふわな髪の人なんか、いない。



    こんな色素の薄い目の人も、いない。











    こんなイケメンな人 …… いない。





    睫毛が長くて、ぱっちり二重。

    大きな瞳は不安そうにこちらを見ている。





















    『 君 …… 靴は、』





    「 や、あのっ …… ! 」







    降りなきゃ、



    脳がそう指示する。









    でも、靴が片方ない。

    どこに落ちたかさえわからない。

















    目に涙を浮かべながら 彼を見ると、

    彼の視線が下がる。





    す、と背中を曲げてしゃがむと、

    何か黒い物を持ち上げて ────



    あれ …… あたしのローファー !!















    それ私のです、



    そう言いたいのに

    びっくりして言葉が出なくて。







    ぱくぱくぱく、

    口を開けたり閉めたりで精一杯。











コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません