夢へ ~昔からの

小説投稿投稿掲示板より。


1    MIHANA/  [id : mRkYZFOt] [2016-12-28(水) 10:37:18] 削除依頼

こんにちは、これから小説を書いていきます、MIHANA/です!

アドバイス等ございましたらお願します!
ぜひ、楽しく読んでいただけたら幸いです!


主人公/////まい
・小学6年
・オッチョコチョイかも…?
・甘いもの好き

幼馴染み//未来 

友達//////なのか 久美 麻

↑↑↑他にも出てくると、、(笑)

転校生とかくるかも…?(笑)

~内容~
主人公のまいは将来漫画家を目指しています。努力してきても…まいは漫画家になれそうな作品が書けません。諦めようかと思い………

2 NIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-28(水) 10:40:40] 削除依頼

私はまい
小学3年の頃からずっと漫画家を夢にみてたー

今も…思ってる…けど…

私は小学生で漫画家になりたかった

もう中学生になってしまうのにー・・

3 MIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-28(水) 10:50:31] 削除依頼

↑↑>>2 名前間違えてます(笑)

*******************
幼馴染み、っていうか親友の未来。
未来は私の夢を知っている。

親友になる前ー・・

未来は将来の夢なんてなかった時
私はその時はもちろん漫画家になりたかったー・((未来は知らない

未来ってどんな絵がかけるんだろうー・
そう思って言った。
私「未来、女の子の絵かいて~!!」
そしたらあっさりOKしてくれた

レシートの裏にかいてくれた。
私が思うには漫画家さんまではいかないけれど
上手かった気がする。

未来「、なんかアタシ、絵上手いかも~!」
って言った。
その時チャンスだと思っていった。私がー・・漫画家になりたいってことー・・・

4 MIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-28(水) 10:55:26] 削除依頼

言うときー・
男子に告白するみたいに緊張してたー・
今も思い出すとドキドキする

未来はそのこと初めて知った。

ーーーー・・・
 
それから秘密なしの親友になれた

告白した後、未来も漫画家一緒に目指すって言ってくれてー・・・

嬉しかったー・・

今は違うケドねー・・。
今はー未来には夢はないらしい。
漫画家って夢はむいてなかったんだって

5 MIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-28(水) 11:07:06] 削除依頼

夜ー・ずっと漫画、書いてる。
2時過ぎまで書いてるときあったなー

ーーーーーーーーーーーーーー
キーンコーンカーンコーン~

一日の始まりのチャイムだ

隣の席は高(男子)。
結構しゃべりかけてくるけど
シカトしちゃう

いつもバレないように教科書とか自由張に女の子の絵かいてる

学校は楽しい。
友達とおしゃべりしたり
楽しい。

ーー休み時間ーー

なのかが私の机にきてしゃべりかけてきた

なのか「ねぇ、昨日のテレビ見た~?」
だとかー・・(笑)
結構どうでもいい話たくさんする(笑)

なのかは男っぽい
色も普通よりは黒っぽいしー・・
背が女子のなかで一番高い。
スポーツ万能で男子と比べたりしてる(笑)女子なのにね

私の夢は未来しか知らない。
未来も私の机にくる

いつものこと
私も未来の机にいつもいく

そしてなんかしら話す

6 MIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-28(水) 11:23:36] 削除依頼

「まい…まい!!!聞いてるの!?」

なのかだ。
「あ、ごめんごめん」
笑って言った

なのか「次、体育だよ!」

「ダンスじゃん!ヤバイヤバイ!!」

思わずさけんでしまいクラスの人が見てくる
「なのか!ダンス最後らへん、教えて!」

なのか「しょうがないなぁ~」

笑いながら言ってくれた
と、
未来が来た。

未来「うちもダンス教えて~?」

なのか「ええよ~」

こんなふうにいつも会話してる


7 MIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-28(水) 11:29:24] 削除依頼

学校ではいつも同じで普通に過ごす

家では違う

私は弱い。周りで強気になって
うちでは泣いてばかり

漫画がかけないとくやしくて泣いてしまう

今の漫画は12作目
青春とかー・・
色々かいてる

漫画じゃ、なんでも思い通りで

私もそうなりたいよー・・・

8 MIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-28(水) 11:36:11] 削除依頼

友達の麻が好き

その思い、漫画でかいてる

「私は漫画の世界に行きたいよ~」
一人の部屋で呟く
「もし漫画の世界に入れたらー・・幸せかもねー・・」
笑いながら言ってしまう
「ふふふ、もし私が漫画家になったらみんなびっくりするだろうな~……麻だって…ビックリするよね…」

ポツリと言った

「付き合ってみたいなぁ…両思いになりたいなぁ………」

9 MIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-28(水) 11:47:33] 削除依頼

ーーー次の日ーーーー

未来が私のとこにもうダッシュで駆け寄ってきた

未来「ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイ!!」
「ど…どうしたの!?!?!?」
未来「あの…あのね…、、ハァハァ…。」

息がきれててうまくしゃべれない様子

「何があったの…?!?!」
未来「私…私ね…麻に…告白して両思いだった…の……。」
「え!?!?!?」
私は大声を出した
だって…未来は私の好きな人…知ってるよね…?
「み、未来は…私の好きな人…知ってるよね…?前…協力するっていってたじゃん!!!!」
下級生がいる廊下でどなってしまったが…もうどうでもいい…
今は…怒りしかない…
未来「知ってるよ!協力したかったけど…その時は私も麻君が好きだったの!ごめんなさい…。」
もう疲れてない様子。

私はー・・・言い返さなかった
悔しいとしか心の中にない

10 MIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-28(水) 11:59:24] 削除依頼

家に帰って…漫画かくスピードが
早くなる
麻への思いをかいていた…漫画に

ライバルがきたこと…かいた。
かいてて未来のこと思い出して
悔しい気持ちにしかならない。
急に涙が出てきた

下書きしてた紙にポタッポタッ…
とおちる

私は夢にむかって頑張りたかった…
でもそれだけじゃない…

好きな人への気持ちがとどくように…
頑張ってた…
しゃべりかけたりした…何回も…
未来より…何回も多く…
なのに…

「私は…ウッ…」

また涙がたくさんながれてきた

こうなったら…好きな人に私の思いもつたえて…漫画だって応募して…

漫画だって青春だって頑張って

未来に負けないからな…!

11 MIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-28(水) 15:39:25] 削除依頼

麻に告白した
ふられるの分かってても
悲しいのに…悔しいのに…
もう泣けない…泣かない…
未来…未来…
頭の中でずっとまわってる

未来が不安そうに話してくる
「まい…ごめん。私、まいの好きな人知ってるのに…やっぱりとられたくなくて…ごめん…。」
「………」
私は返す言葉、なかった

しばらく無言だった
その時ー
「どーしたの~???」
なのかが来た
「おぃおぃ空気読んでよ」
私は思わず笑って言った
「ん~?何があったの~?」
なのかは空気読まないで楽しそうに話してくる
正直ムカッとしたがもういいか、
と思い
「未来、もういいよ!私が悲しんだ分、幸せになれよ!別れたりしたら許さないからね!」
心の底から言った
ふられて悲しかった
ー・・けど、ずっと悲しんでたらダメだと思った
「なのか、なんでもないっ!」
「まい~何かかくしてそう~。」
私は笑った
未来は口を開かない
親友でー・・・大切な人ー・・
私はいつでも未来が大好きだった
プリクラもたくさんとって
私の好きな人、とられちゃった
でも…一番に私、夢…叶えたい
漫画家…になりたい

12 MIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-28(水) 15:49:37] 削除依頼

~~~~~~~
私は友達のすすめで漫画を読み始めた
面白い。
そう思って。あこがれた先生がかいてる絵
きれいでキラキラしてた
勉強中に絵、かいてみた
それで…なりたくなった夢、漫画家
私はなりたいんだー・・・
~~~~~~~

「未来、笑って笑って!笑わないとかわいい顔が台無しだよ!」
もう未来に対して怒こってない
自然な気持ち
「まい…ごめんね…」
まだあやまる未来
「未来!あやまらなくていいんだから!私も新しい恋、見つけないと!親友だったのに…未来の気持ちに気づかなくてごめんね!未来、大好きだから!」
「あれ~、なのかは~?なのかのこと好き~?」
なのかがふざけていう
「うん!なのかも未来も大好き!ずっと友達でいようね!」
「ありがとう…。」
未来がポソリという
「ん~!!うちもみんな大好きだからね!」
「未来、笑え笑え。」
楽しく言った
私は漫画家になって
未来をビックリさせてやる!

13 MIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-28(水) 16:09:13] 削除依頼

家~~~自分の部屋~
「ん~あ~~~~~!!!」
思わず叫んだ
今日は色々あったな~
私は机にむかった
そしてかきはじめる
カリカリカリカリカリ…
手がとまらない
私が漫画にしてるの、だいたい学校であったこと
今日は色々ありすぎてどんどんかける

前ー・一度だけ私が読んでいる『ハート』という少女漫画に応募したことある
その結果は佳作
下のほうだった
だから…デビューまでいかなかった
悔しかったあの時ー・・・
今度はー金賞目指す
目標はでっかくないとね!

心の中で叫んだ

「お、お母さん!また応募していい~?」
お母さんは私が漫画家になるのを反対しない
初めは少しは反対したけど
「いいよ~。住所とかちゃんとかいてね」
「うんっ!」
ーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー
そしてー・・・
「入賞だぁ~~!!!!1コ上に上がった~!!!」
私は叫んだ
いつも一番に知らせるのが未来だ
私はお母さんの携帯を借りて未来に電話した
「未来!私ね、今回応募した漫画入賞したよ!前より上がった!」
叫んで言った
「まい!よかったね!」
そう言われた
まだあのことを気にしてそうな声だっ

「未来、私は失恋したけど私なりに夢、追いかけるから!未来も麻と仲良くやってよ!私のこと心配して麻のことさけたりしたら私がとっちゃうからね!」
「うち、麻君にもっと好きになってくれるように頑張るよ!まいは漫画家になって!応援してるから!」
未来は心にあった心配とかがなくなったのか力強い声で言ってきた
「うん!でっかい漫画家目指してるよ!未来も頑張ってな!」

「うんっ!」
私達はさっきまでの不安とかが一瞬にして吹き飛んだ

14 MIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-28(水) 16:32:25] 削除依頼

ーーーーーーー
もうすぐ宿泊学習がある
私はその準備をしていた
宿泊学習の場所はー・・海だ 
海が近くにあってー・・・最後の日は
海で遊べる
未来は麻と遊ぶのかなぁ~

いいな~
と思う
色々バッグにつめながら思う
そしてー・・私がかいている漫画を
もっていって、あっちでかけないか考えた
私は毎日少しでもかかないと眠れない
前ー5年生のときは
布団の中にいてー疲れてるのに
眠れなくて次の日、倒れてしまった
もう、そんなことで先生や友達を
困らせたくない
こっそりバッグのすみっこに漫画をかく道具などを入れた

ーーーーーーーー学校

「未来~!!!宿泊学習のことで話あるんだけど~!!!」
漫画のことだ
「ん~?いいよぉ~。東トイレ行く~?」
東トイレはほとんど誰もこないから
私達が秘密の話をする場所にむいている
「東トイレにいこ!」
私達は向かった
そしてー・・宿泊学習の夜に漫画を
かきたいことを話した
「うん!じゃ、うちも協力するよ!同じ部屋だしね!」
同じ部屋の人は未来と私ふくめて5人

私、未来、なのか、桜、みり

桜とみりはいつも2人で行動してる
でも、グループになるとしたら
この5人だ。桜とみりは感じ悪くないし、みんなからも好かれている

この5人で私の夢を知ってるのは未来だけー・・・っていうか
未来しか私の夢、知らないか
親は知ってるけど…

そこが一番困った
ほかの3人に私の夢は知られたくない

「ばれそうだよね…。」
私は思った
と…未来が何かいい考えが思いついたらしい
「トイレは!?みんなが寝てからトイレでかけば!?」
トイレって…
正直嫌だったけど…
ずっと甘えてられない
「うん。トイレにしよう!」
私はトイレに決めた
「あ、未来はその時寝てていいから!私がこっそり抜け出すよ。」
笑いながらいった
「いや、うちも行く!親友なんだから離れないよ!」
嬉しかった
「ありがとう…。」
泣きそうになりながら言った…心を込めて…
「まい、なくなー!!」
その後大笑いした

15 MIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-28(水) 20:00:06] 削除依頼

宿泊学習ーーー

夢への思いは誰にも負けない。
心で強く思った

昼の活動をおわして夜ーみんな寝る準備
みんなは11時くらいまでこそこそ話している
これじゃ行けそうにない
明日の活動は海の砂浜で何かやるらしい
それはお楽しみらしく私も分かない

とにかく疲れるから早く寝たい
みんなは寝静まらなくて…

10時いこうは廊下に出たりするのが禁止
みんなの前でしたら怪しまれる
「みんな…寝そうにないね…。」
ぽそりと未来がいう
「うん…。」
また未来に迷惑かけちゃうな…

ーーーーーーーーーーー

12時過ぎ~ 
だんだん寝静まってきた
「未来、やっぱり寝ていいよ。」
未来にしか聞こえないくらいの小さな声でいった
「ううん、親友だもん。うちら、いつでも一緒でしょ?」
未来は真剣に答えてくれて
嬉しさで心がいっぱいになった

12時50分過ぎには私と未来以外は
寝ていた
部屋の出入り口は本の少しの明かりがついてるので気づかれないように
そっと部屋を出た

16 MIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-28(水) 20:18:31] 削除依頼

そして…集中してかいていたらもう2時をまわっていた
未来はずっと寝ないでつきそってくれた
「未来、こんな時間までごめんね…。」
それから部屋につき
私と未来は寝たー・・

ーーーーーーーー
2日目ー

朝食を食べに食堂に部屋のグループで行動した

「こんな日なんだがー・・転校生が来た。」
宿泊中に来るなんて普通、ない
みんなそろっていて、もう食事をはじめているグループもあった
みんながもう席について用意をはじめてたりするなか、先生がおおごえでいう
「宿泊が終わってから来るはずだったがー・・・。」
どうやら無理矢理来たらしい
「俺は聖夜!ヨロシク!」
元気な男子だ
私のタイプ
顔はスラッとして色はちょっと黒っぽい感じかな…?まぁこの男子が美肌っていっちゃ気持ち悪い
スポーツ万能そう…
体型も筋肉とかあったりしていい感じじゃないかなぁ、まぁ…デブとは言えない。これでデブとなったら
私達、終わってる
もとの学校でも人気そうで何でもまとめたりリーダーシップとかもってそう…
「かっこよくね?」
となりに座ってる未来が言った
「私…タイプ」
私は本音で言ってしまった
「まいなら両思いなれるよ!まい、かわいいし性格いいし!」
「かわいくないし、性格も悪いけど頑張ってみる!」
かわいいと性格は否定した
けど…私は両思いになってみる!

17 MIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-28(水) 20:32:08] 削除依頼

2日目はこんな感じ
砂浜のはー・・・貝を探してアートを
つくった。いや、貝探し思った以上に
疲れた…。ずっとかがんでるの、キツかった。
それに…寝不足とかふくめて今日は
早く寝たかった
「未来、今日はかかないよ。今日の疲れ、昨日の疲れでやばいわ…。」
未来も目の下にくまができていた。
「うん、今日は早く寝ようね!」
そう思ったがー・・・
グループの他の3人はやはり寝ようとしない
私達は早く寝ようと布団に入ろうとしたらー・・・
バサッ
布団をとられてしまった
なのかだ。なのかは昨日、ぐっすり眠っていたから今日は普通に元気。
やっぱり11時過ぎても寝ようとしない。未来は疲れきっている。
「ねぇ、私達もうねせてよ!疲れてるの!」
私は未来以外の人に言った。
「ん~じゃぁ、一つだけききたいことあるの。」
なのかが言った。
私はもう怒鳴りたかった
けど、その怒りをおさえて
「何?」
「未来~~。前から気になってたんだけど~。」
桜が口を開いた。
「ん…?」
ねむそうに未来が反応した。
そしてー・・・みりがいう言葉が
私と未来を起こす

18 MIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-28(水) 20:47:28] 削除依頼

「未来って、麻のこと好きだよね?」

未来は私以外に告白したこと、両思いだったってことを言ってない
みりがいう言葉ー・・
未来はどんなふうに答えるのかな…
私は不安だった
桜も続けていう

「まぃはー・・・聖夜くんだっけ?が気になってるよねぇ。」
からかうように言ってくる
「朝食の時ィ、聞こえちゃった~。」
桜は私の声がきこえてしまったのか…。
なんてかえそうか迷っていると …未来が口を開いた
「うち、麻のこと…っ。」
未来は顔を真っ赤にしていう
それを3人はニコニコしながら見ていた
「うち、麻のこと好きで、麻もうちのこと好きって言ってくれたよ!」
未来は言った。全部。
「やっぱりかぁ~。」
「最近未来、麻といること多いからねぇ~。」
「そう!それ思った!で?で?誰が告白したの~?」
なのかが聞いてくる
「もぅ、いいでしょ!」
未来は怒って布団にもぐりこんだ
「ん~。」
3人はまだききたいことあったらしいがこれ以上はきかなかったー・・・
そして私へとうつった
「まいは聖夜君のことぉ~?」
もぉいうしかないか…
「そうだよ、お休み。」
言い捨てて布団にもぐりこんだ
「チィ~。もっとききたかったな~。」
3人ともくやしそうに布団にもぐりこんだ

ーーーーーーーーー
12時過ぎー
やっぱり眠れない
漫画ー・・・かきたい
みんなねてた
未来は疲れ過ぎてか起こさないでオーラがなんだか見えてきた

19 MIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-28(水) 22:04:20] 削除依頼

ガサッ

やっぱり私は起きてトイレへ向かう

また2時過ぎまでかいた…

次の日は最後。宿泊最後。

海で遊べる自由時間だ

ーーーーーーーーーー

「おはよ~」
桜が眠そうにいって私を起こす
どうやら私が一番最後に起きたらしい
私もさっさと準備をはじめる

朝食の時、時々聖夜くんのことをみてしまう
そのたびに桜、みり、なのかが冷やかす

20 MIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-29(木) 13:00:54] 削除依頼

私の前に座っているみりがこそりと言う
「まい、今日の海での自由時間に少しでも近づいたら?」
「いや、初対面で無理だよ!」
「いや、聖夜くんって誰でも仲良くできると思うよ!」
「いや、私が固まるよ!」
こそこそ私とみりは話す
未来はとなりで聞いていた
「まい、頑張りなよ。」
未来がそっといった
「まいがずっとそんなんじゃ何も変わらないよ。」
未来は私を勇気づけてくれた。
「……。」
私は何もいえない
麻をとられて悔しいから私も誰かと両思いになりたい
「しゃべりかけてみたら?」
みりがコソリという
「うん…。そうだね。」
私は今のままじゃ何も変わらないから
喋りかけるだけ、だけだから頑張ってみよう。
「まい、頑張って!」
未来が応援してくれる。
「うん!」
私…頑張らなきゃ。

ーーーーーーーーーー
朝食をおえて海にむかう
水着に着替え少し寒いので上からTシャツを着る
そんなにあたたかくならないけど
少しはまし
みんなは決められた範囲で遊ぶ
やっぱり未来は麻と遊ぶと
私達のさそいを断った
「いいなぁ。」
つい声がもれてしまう
するとなのかが言ってきた
「まいも、聖夜くんとこにいってきなよ!」
「いやいや、無理無理!」
遊ぶメンバーは未来ぬきの4人
なのか、桜、みり、そして私
でも、ホント未来はうらやましい
かわいいし勉強もできる
「だから喋りかけたら?」
みりが言う
「私一人じゃやだよ!」
「じゃあ、私達後ろにいるよ!」
なのかの言ったことにみんな賛成
聖夜くんは今
もうクラスの男子と仲良くなって
聖夜くんをかこんで遊んでた

21 MIHANA  [id : mRkYZFOt] [2016-12-30(金) 21:46:50] 削除依頼

「やっぱ無理だよ~!!!」
情けないと自覚しているが本当に無理
「やってみなきゃわからないよ!」
みんなが口々に言ってくる
そして桜が私の背中をおす
「………っ。」
恥ずかしさでいっぱいの心
私は……
みんな、ついてきてくれる?

名前:

(書き込む前に利用規約の確認を) 掲示板ガイドと利用規約 (投稿前にお読みください)
夢へ ~昔からの - 最新50レスだけ見る。
このスレッドの投稿を全表示 - ここの書き込みをぜんぶ一気読み。
小説投稿投稿掲示板に戻る