大切なもの。8コメント

1 まりん id:vm9pL03Z

2016-12-27(火) 21:41:58 [削除依頼]
~プロローグ~

「さようなら、五中」

 ポニーテールの小柄なその少女は、そう書いたメモを1-5の教卓に入れた。

 そして、少女は教卓をあとにした。



 このメモで騒動が起きるのは、しばらく後のことだった。
  • 2 まりん id:vm9pL03Z

    2016-12-27(火) 21:51:58 [削除依頼]
    1.不登校少女!?



    「凛ちゃん、もう、不登校なんじゃない?学校最後に来たのいつ?」

     古びた1-5の教室の窓辺で、彩が優美に言う。

    「2週間前。どうしてだろう。あんなに元気で楽しい子だったのに。家電も出てくれないし。でもさー、不登校の原因って?」

     優美はうなずき、顔をしかめる。

    「私たちは凛の大親友なのに。なんかあったのかな?あ、もしかして、病気とか!!」

    「うーん」



    「大変だっ!!」

     1-5の担任、吉崎明子が叫んだ。手の中には、「さようなら、五中」とかかれたメモがった。
  • 3 まりん id:vm9pL03Z

    2016-12-27(火) 21:53:10 [削除依頼]
    ※すみません。2の最後の行の、「と書かれたメモがった」となってますが、「と書かれたメモがあった」です。
  • 4 まりん id:vm9pL03Z

    2016-12-27(火) 21:53:59 [削除依頼]
    ♪よかったら、感想もお願いします。

  • 5 まりん id:vm9pL03Z

    2016-12-27(火) 21:59:37 [削除依頼]
    2.どうして?



     明子の手の中にあるメモを見て、彩と優美は愕然とした。

    「あの字って、凛じゃない!?」

    「うん!!」

    「先生、そのメモ、多分凛が書いたやつです!!」

     彩のその言葉に、明子は目を丸くした。

    「えぇ!!?大山、そういえば、最近学校来てないな」

     

  • 6 まりん id:vm9pL03Z

    2016-12-27(火) 22:06:49 [削除依頼]
    「さようなら、五中ってことは、五中にはもう来ないの!!?」

     彩が泣きかける。

    「お、落ち着いて!!きっと、どこかにいるって。ああ、でも、どこに……!!」

     優美も慌てている。そして、明子まで泣き出した。

    「うっうっ。大山はどうしたんだろう。うっうっ。すまないが、二人で協力して探してくれぇぇ。必ず見つけ出すんだぁぁ」

    「先生、わかっています」

     担任なのに頼りない明子にあきれるどころではなく、彩が思いつめた声で言う。

    「今から、探しに行こう」
  • 7 まりん id:W2Pn6T1a

    2016-12-28(水) 13:35:58 [削除依頼]
    3.どこ?



    「もう、どこなの?」

    「いないね」

     二人は、今、図書館にいる。

    (どうしよ……、私、凛になんかしたかな……)

     彩は、今にも泣きだしそうな顔だ。

    「んもう、大丈夫、大丈夫。凛のことだからね)

     泣きそうな彩を、優美がなだめる。

    「あっ、いたっ」

    「ううん、違うよ」

     

     ところが、いくら探しても、凛は見つからなかった。

    「仕方ない。もう、家に行く?」

    「うん」



     ピンポーン。

     優美が凛の家のマンションのインターフォンを押す。

    「はーい」

     出たのは凛の母だった。

    「あの、凛ちゃんに会いたいんですけど」

    「あっ、凛……は、いま、熱で会えないの」

    「じゃ、じゃあ、お見舞いに来ました」

     優美が無理やり明るい声で言う。

    「それも無理なの……。う、移すと困るから」

    「えっ……」

     二人は心配そうに顔を見合わせた。

    「ごめんね…………」

     凛の母は、困ったように笑った。

    「じゃあ、また来ますねっ」

     彩は泣きながら言い、二人は凛のマンションをあとにした。



    (もう、なにもかも嫌)

     凛は泣きながら、布団に入った。

     ピンポーン。

     その時、インターフォンがなった。

    (誰だろう……)

     のぞくと、画面には親友の彩と優美が映っていた。

    (でも、今は会いたくない。会ったところで何を言えばいいのか……)

    「お母さん、『今は出れない』て言って」

    「わかった」
  • 8 まりん id:KPto3xCI

    2016-12-29(木) 02:31:13 [削除依頼]
    「どうしよ」

    「うん……。ふさぎ込んでるのかなぁ」

    「明日、学校で情報きこう」



    「ねぇ、凛ちゃんなんて永遠に学校来ない方がいいよーねぇ?」

     朝の学校では、相変わらず騒がしい。そんな中、彩たちのクラスメイト、安藤エリのその言葉に二人はぞっとした。

    「いじめじゃない?」

    「うん」



コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?