doll~永遠のトリデ~17コメント

1 チエリ id:4NhlKr8f

2016-12-26(月) 16:08:35 [削除依頼]
ここは、闇空館。悩む人しか見えないという不思議な館。

まず、館の主人を教えましょう。

  • 2 チエリ id:4NhlKr8f

    2016-12-26(月) 16:12:49 [削除依頼]
    闇空 千代。 年齢不詳。

    性格…気まぐれ。この世に激しい恨みを抱いている。

    でも時々、同情したときだけ助けてくれる。

    この館のドールを貸して願いを叶える。しかし、代償は大きい。
  • 3 チエリ id:4NhlKr8f

    2016-12-26(月) 16:16:18 [削除依頼]
    黒猫のミアス。 メス。

    物語の語り手。千代のペット。

    悩む人を闇空館に導く案内人。
  • 4 チエリ id:4NhlKr8f

    2016-12-27(火) 13:58:52 [削除依頼]
    私は、ミアス。千代様の館まで案内する案内人。今日のお客様を探していると。

    (あーあ、もっとカワイくなりたいな~。)ひとりの小学生の女の子がいました。この子の心の声でしょうか。「ニャアーン?」女の子は私に興味を示したようね。少し走って後ろを振り向くと。ついてきています。良かった。そしてそのまま、闇空館に着きました。
  • 5 チエリ id:4NhlKr8f

    2016-12-27(火) 20:31:11 [削除依頼]
    私は、千代。闇空館の主。「あなたの望みは何?」「え、えっと。もっとカワイくなりたい…です。」中にいらっしゃい。館の中は、たくさんの黒いドレスを着ている人形。その中のフリルがたっぷりついた黒いドレスを着ている人形を手に取った。一枚の紙に星を書く。人形に差し込んだ。「さあ、この人形を大切にして、あなたの望みを叶えて、あなただけの極楽を作りなさい。」少女は、笑顔で闇空館をあとにした。「ミアス、あの子の極楽を覗いてきて。」愛猫に頼んで、私は中に戻った。
  • 6 チエリ id:4NhlKr8f

    2016-12-28(水) 21:41:32 [削除依頼]
    私は、窓辺に座り、中の女の子をみた。女の子の名前は、中谷紀伊。あのドールは、カワイくなりたい女の子の望みを叶える。あの子は、知らないよね?



    ー欲望の代償は、大きいことを。
  • 7 チエリ id:4NhlKr8f

    2017-01-01(日) 12:56:45 [削除依頼]
    私、中谷紀伊!元気いっぱい少女。

    昨日不思議な館でお人形をもらったの。

    そのお人形に、リリアンって名前を付けたの。

    リリアンは、金髪のロールの女の子。まつげが長くてぱっちりとした青色の瞳を持っている。とーってもカワイい!この子が私のお願いをかなえてくれるのかな?

    ワクドキ!
  • 8 ルナ★ id:4NhlKr8f

    2017-02-07(火) 15:00:02 [削除依頼]
    >>1

    元チエリ、です!設定をいろいろ変えます!

    まず、キャラプロフィ。


  • 9 ルナ★ id:4NhlKr8f

    2017-02-07(火) 15:09:19 [削除依頼]
    >>1

    闇空 千代

    この世に1人しか持てない、不思議のカギの守り人。

    性格 ツンデレ、優しい。

    容姿 鎖骨にかかるくらいの長い黒髪。紫の蝶のバレッタをつけている。


    ミアス

    容姿 黒猫

    性格 穏やか

    千代に忠誠を誓っている。


    佐々木 暦

    性別 女

    性格 大ざっぱで、明るい。

    容姿 ポニーテール。水色のハートのヘアピンがお気に入り。



  • 10 ルナ★ id:4NhlKr8f

    2017-02-07(火) 15:21:47 [削除依頼]
    >>9

    序章~出会い~

    ポニーテールの少女が、ミアスに気付く。

    ドジな愛猫に呆れつつ、見守る。

    「可愛い猫ちゃん。」

    ミャア、ミアスが鳴く。

    私にそんな声出さないのに……。

    少し嫉妬した。

    ガサッ

    音たてちゃった。

    しぶしぶ出た私に、くりっとした瞳の少女が

    「この猫ちゃん、あなたの猫ちゃんですか?」

    と、聞いた。

    序章~出会い~
  • 11 ルナ★ id:4NhlKr8f

    2017-02-07(火) 15:22:02 [削除依頼]
    >>9

    序章~出会い~

    ポニーテールの少女が、ミアスに気付く。

    ドジな愛猫に呆れつつ、見守る。

    「可愛い猫ちゃん。」

    ミャア、ミアスが鳴く。

    私にそんな声出さないのに……。

    少し嫉妬した。

    ガサッ

    音たてちゃった。

    しぶしぶ出た私に、くりっとした瞳の少女が

    「この猫ちゃん、あなたの猫ちゃんですか?」

    と、聞いた。

    序章~出会い~
  • 12 ルナ★ id:4NhlKr8f

    2017-02-07(火) 15:25:10 [削除依頼]
    大岡  千明

    暦の親友、千代に警戒心を抱いていたが、後に姉のように慕う。
  • 13 ルナ★ id:4NhlKr8f

    2017-02-08(水) 20:56:34 [削除依頼]
    >>12

    黒瀬 ナナ

    ドールワールドに住む人間の少女。

    一人称「わらわ」

    二人称「そなた」
  • 14 ルナ★ id:4NhlKr8f

    2017-02-21(火) 18:56:16 [削除依頼]
    >>13第一章 一説 不可思議

    私は、佐々木暦。

    普通の中学生。

    毎日に、満足してる。

    けど、少し物足りなさを感じる。




    「こ
  • 15 ルナ★ id:4NhlKr8f

    2017-02-21(火) 19:03:19 [削除依頼]
    >>14ミス!

    第一章 一説 不可思議

    私は、佐々木暦。

    普通の中学生。

    毎日に、満足してる。

    けど、物足りなさを感じる。

    「暦~!」

    親友の千明と、学校へ向かう。

    いつも通りだなぁと、呟きながら、千明のもとへと走る。

    ふと、走りながら、目に留まる。

    夕暮れの色のような、不思議な館があった。

    思わず、止まり、見る。

    どうってことのない、館だけど、無性に気になる。

    知りたがり屋の技(?)だろうか。

    放課後、見ていこう。

    「暦~!遅刻するよ!」

    千明の声に、ハッとする。

    「待ってよ~!」

    そう叫びなから、学校に向かった。
  • 16 ルナ★ id:4NhlKr8f

    2017-02-23(木) 20:04:42 [削除依頼]
    >>15

    つまらない授業を終え、颯爽と学校を飛び出した。

    さわやかな風に、身を任せる。

    ……あ!

    夕暮れ色の館だ!

    よくよくみると、広い庭に、大きな館。

    お金持ちのお屋敷だなぁ。

    少し残念。

    と。

    「あら、どうしたの?ミアス。」

    女の人の声がする。

    ガサゴソ

    草の陰から、黒猫が現れた。

    可愛い!

    「ミアス、その子が気に入ったの?」

    「ニャーン!」

    鎖骨にかかるくらいの、黒髪の女の人が現れた。

    「まあ。……貴女。」

    ドキン!

    「は、はい?」

    女の人は、ふんわりと笑う。

    「屋敷に入って、お茶しない?」

    私の答えは、決まっている。
  • 17 ルナ★ id:4NhlKr8f

    2017-02-25(土) 15:46:01 [削除依頼]
    屋敷の中は、広い(当たり前か)

    そこら辺探したら、宝石とか、ネックレスとかありそう。

    「私は、闇空千代。貴女の名は?」

    「えっえと、佐々木暦です!」

    千代さんは、ショコラショーと、スコーンを用意した。

    「そこのテーブルにおかけになって。」

    エレガントな人だなぁ。

    「貴女は、不思議な世界って、信じる?」

    ほへ?

    「唐突でごめんなさいね。この子…ミアスが気に入った子だから。」

    う~ん?

    「信じます!」

    千代さんは、柔らかい笑顔で席を立つ。

    「少し待ってて。」

    しばらくして。

    千代さんの手には、さびた外国の古いカギ。

    「このカギは、貴女が望むカギ、よ。」

    私が望む?

    「私は、この暦ちゃんが望むカギの守り手なの。だから、暦ちゃんは、選ばれたカギのせかい行くことが出来るの。」

コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?