ミステリアスドリーム

小説投稿投稿掲示板より。


1    白衣  [id : cqCms4MW] [2016-12-25(日) 20:03:06] 削除依頼

「はあ…」
有紗はため息をつきながら教室の電気を消した。既に暗い校舎の中を1人歩く有紗は、毎日続くクラスの女子達のいじめの数々を思いだしながら、このただ憂鬱な日々から抜けだしたいと感じていた。
有紗はこの清崎高校1年C組の生徒である。
友達もいないのは地味な見た目と性格だという事は自覚している。
そんな有紗をリーダー格の女子・樹里は他の仲間を率いて、様々ないじめを繰り返していた。
先生にはバレないよう隠れた手段を実行してくる樹里達に、有紗の心は
ボロボロだった。
今すぐにでもこの苦しみから脱出したい。

2 白衣  [id : cqCms4MW] [2016-12-25(日) 20:36:41] 削除依頼

今日は親が2人共帰りが遅い。1人っ子の為帰宅しても誰もいない。
バッグから鍵を取りだし、有紗は家のドアを開けた。シーンとした静かな空気が伝わる。
「…ただいま」
家人がいなくても挨拶は日課である。有紗は自室に入った。
入って有紗は2つの事を確認した。
1つは机の上の紙。親への今までの感謝を文にまとめ表向きにし置いておいた。
2つは天井から垂れ下がった紐。輪も苦戦しながら作った。けど苦しみから脱出する為なら諦めるわけにいかなかった。
「っ…」 
有紗は輪に手をかけた。しかしそれを止めるように震えが急におそう。
首まで完全に紐に入った時、有紗の目から涙がこぼれた。両親の顔が先に頭に浮かび、いっそう止まらなくさせる。
「────…………」
 
 有紗は目を閉じ、足元の椅子を蹴った。

3 白衣  [id : ExQgNB1Y] [2016-12-25(日) 21:10:51] 削除依頼

冷たい空気が有紗の体に入りこんできた。
「…」
(ここはどこ)
見渡してもただ真っ白の世界に立っていた。
服装は清崎の制服のままである。
(…きっと私がいなくなったから…)
有紗はここが死後の世界だと感じた。
(こんなに穏やかな場所だったんだ)
ふとどこからか、かすかに足音のようなコツ、コツと軽やかな音がした。
(…人…?)


「…ん…」
有紗は再び冷たい空気で目が覚めた。
そこは狭い木の部屋だった。壁に囲まれ、前に扉が
一つあるだけ。
あるといえば有紗が座っている青い椅子ぐらいだ。
「どこなの」
あげた声は部屋の中に小さく響いた。体はうまく動かず、有紗は座ったまましばらく休んだ。
その時先ほどと同じ足音が耳に入った。
(何…?)
足音が近くになる。
やがて止まり、有紗は固く目をつぶる。
 「キイイイイ…」


4 白衣  [id : q0Eg8RkZ] [2016-12-26(月) 19:23:02] 削除依頼

誰かが部屋に入ったようだ。その人物は数秒扉の前に立ち、有紗に歩み寄ってきた。
「……」
沈黙が流れる。
すると、有紗の手につん、と何かが触れる。意識があるかを見ているようだ。
有紗が薄く目を開けた時、頬に冷たい何かが当たり
「ヒャアッ」
そいつは声に驚き後ずさった。 
もうごまかせない。有紗は顔を上げて、扉の向こうからやってきた音の正体を見た。
「………」

空のような澄んだ青い瞳と目があった。
その青は男の端正な顔立ちにより目立っており、有紗の心を一瞬でひきつけた。
「怖くない。立てるか?」 
男の口が開いた。低くも見た目より若く聞こえる声に有紗は我に返る。
「は、はい」
男が手を差しのべる。有紗はためらいながらも自分の手を置く。
細い指が強く握ってきた。
「お前、名前は何だ」
男が扉に向き直った。背中には黒く艶のある長髪がまっすぐに伸びている。
「えっ、た、竜見有紗…です」
「ではアリサと呼ばせてもらう」
「へ、その、あの、ここってどこ…」
「詳しい話は後だ。まずお前に行ってもらいたいところがある」
「行って…?」
男が扉に手をかけた。

5 白衣  [id : q0Eg8RkZ] [2016-12-27(火) 19:54:57] 削除依頼

その途端、有紗の目に目映い光が飛びこんで来る。
続いて目の前に広がったのは、向こう側にまっすぐ伸びる一本道。先には尖った形の何かが影となって現れた。
「わぁ……」
この小さな部屋が建っていたのは、その地から少し高くなった丸い段のような場所だった。
男は「ついてこい」と有紗に促し歩き出した。
「ま、待って」
男の背中を追いかけながら、有紗は辺りを見回す。
(私、家に帰ってきて…気がついたらさっきの木の部屋にいて…)
確かに有紗は誰もいない家の中で首を吊ったはずだった。それなのにこの男と突然出会い、分けのわからないまま歩いている。
「あのお…」
「何だ」
「行くってどこに…?」
有紗と20㌢程の身長差がある男は、歩く速度も緩めず答える。
「天地の神に会う」
「テンチノカ?神って神様のことですか」
「ああ。そしてここは天地界。お前のような者が行く場所だ」
「えっ…」
有紗は驚く。つまり人間のすむ普段の世界には既に存在しない、“死者”ということなのか。そう有紗は考える。
「私は…いじめられてて…耐えられなくて」
「……」
「弱いし…なにもできなかった」
立ち止まった有紗の頭に男が手を置く。

6 白衣  [id : q0Eg8RkZ] [2016-12-27(火) 22:41:51] 削除依頼

「心配するな。天地界にお前を傷つける奴などいない。むろんこの俺も」
「は、はい…」
突然の男の行為に、会って数分しかたってないにも関わらず有紗の胸がドキリと動く。
男について行くと、シルエットになっていた尖ったものの全体が浮かんできた。
そこにまるで宮殿のような白色の建造物が、ドッシリと建てられていた。
中央の外壁には巨大な太陽の形のシンボルが輝き、下にある門と共に有紗を迎えているようにも見える。 
上に向かって針ぐらいに尖った屋根は、日の光を浴びて煌めきを帯びている。
「大きい…ところ」
「天地界の神が宿る場【シンアージル城】だ。神はお前のようにここに来た者の意思を確かめる」
「つ、つまりどういう…」
さっきからわけがわからず戸惑う。
「これから神に、アリサが死を選んだ事について問われる。ーー大丈夫だ。難しくはない」
「私が?」
男が頷き、シンアージル城の門を開く。

7 白衣  [id : 02X3HB7a] [2016-12-28(水) 20:07:56] 削除依頼

あれちょい待ち、何で神様が城に…?
いえすみません感想もあったら、どうぞ(・ω・)
       ◆ ◆ ◆
城の内部は大聖堂を思わせるように広く、柱も装飾も、細部にまで豪華さが伝わる。 
歩を進めると、長い着物の女性や、反対に黒い服装の男たちとすれ違う。この城の者か。
「この先に階段がある。シンアージルの神がお出ましだ。」
「は、はい」
しばらく行くと、長い階段の前にたどり着く。
「これを上るのですか」
「あぁ。この上にいるんだ。大丈夫か」
「私は元気です」
「そうか。アリサ、先に行け」
「え…っ、わ、わかりました」
階段は上へ上へと伸びている。一体どんな姿の神 
が存在するのか。天地界をおさめるその神に期待が膨らむ。意思を確かめる、それは有紗にとって何の影響を及ぼすのか。
一段上るたびに、正体に近づく。
「アリサ」
「!何でしょう」
「天地界ではお前の望む事と望まない事がある」
「?」
「それでもこの世界で体験する全てが、お前の人生を支える道になるだろう」
「人生…」

名前:

(書き込む前に利用規約の確認を) 掲示板ガイドと利用規約 (投稿前にお読みください)
ミステリアスドリーム - 最新50レスだけ見る。
このスレッドの投稿を全表示 - ここの書き込みをぜんぶ一気読み。
小説投稿投稿掲示板に戻る