先生、恋ってなんですか16コメント

1 りいい!(りい志乃共同) id:mFgrc8Qh

2016-12-11(日) 22:29:42 [削除依頼]
「先生、恋ってなんですか?」

ある生徒がきいた。

この物語は、その生徒と先生の会話がキッカケ-…

  • 2 りいい!(志乃りい共同) id:mFgrc8Qh

    2016-12-11(日) 22:47:34 [削除依頼]
    「え?恋…先生、恋っていまいちわからないんだ。」

    「えぇー!?先生、恋とかしたことないんですか!?」

    「うーん…あっても、しっかりとはわからない。夏菜(なな)ちゃんは?」

    「………いま、恋ド真ん中です…!無理ですが…」

    「今の小学生はすごいな。無理?希望をもちなさい。

    あ、そうだ。先生が教えられることは、

    希望をもてば叶う

    ということだけ。頑張って、夏菜ちゃん!」

    「…はい!!華菜海(かなみ)先生、有難う!!」

    華菜海(先生)は夏菜に手を振り、職員室へ入った。



    翌日の朝。



    「失礼します!前野(まえの)華菜海先生いますか?」

    夏菜が職員室に入ってきた。

    「山野(やまの)夏菜さん、どうしたの。」

    「先生!例の件なのですが。」

    「?あぁ、あれね。今?放課後でいいかしら?」

    「はい!放課後!」
  • 3 夜月志乃 id:U4OTXMnP

    2017-01-11(水) 13:33:12 [削除依頼]
    あ、これだ。

    更新たのしみ☆
  • 4 りいい!(志乃りい共同) id:mFgrc8Qh

    2017-01-11(水) 15:04:59 [削除依頼]
    イエイあげありぽよ


    あの件とは-
    "学級が乱れてる"件だ。
    そして、もう一つ-
    "恋"。



    ー放課後ー
    「ねぇ、夏菜(なな)。一緒帰ろ!」
    仲良しの”心野(こころの)美七海(みなみ)”と、
    同じく仲良しの”如月(きさらぎ)穂花(ほのか)”だ。
    「あ、ごめん-。先生とまた話し合わなきゃだから。明日ね!」
    夏菜はそういうと、職員室まで駆けて行った。



    久しぶりの更新です!
    目線がわかりづらいですが、宜しくお願いします!


    >2は、
    翌日の朝。までは華菜海(かなみ)先生目線、
    翌日の朝。以降は夏菜目線です!!

    >4(今の)は、
    ー放課後ー後は夏菜、
    ー放課後ー前は誰でもない(ナレーター?)です。

  • 5 りいい!(志乃りい共同) id:mFgrc8Qh

    2017-01-11(水) 15:05:47 [削除依頼]
    訂正

    >4
    (今の)直前の安価(>)は、4です。
  • 6 りいい!(志乃りい共同) id:mFgrc8Qh

    2017-01-11(水) 15:18:32 [削除依頼]
    (夏菜目線?)



    夏菜は学級委員だ。

    だから、美七海や穂花に事情("恋"以外-)は話してある。



    ダッダッダッダッダッ





    「はぁ、はぁ…前野(まえの)せんせ、い…いま、すか…??」

    私は職員室に入り、目の前の先生-先生かはわからないが-に言った。



    「あぁ、居ますよ。

    前野さんー?」

    その先生-だと私は確信した人-は言った。



    「はーい。

    あ、な…山野(やまの)さん。

    ちょっと待ってて。



    …行きましょう。」

    先生はそう言い、歩き出した。





    「…あれって、前野華菜海先生じゃない?」

    「あ、ホントだー。誰といるんだろ?」

    「山野さんかなー?

    またあの件ー?

    うわぁ、そんなので呼び出すなんて、サイ。テー」

    そこら辺にいた女子達に言われる。



    うううう。



    「待ちなさい!

    あなた達、何年何組?氏名は?」

    と、いきなり華菜海先生が怒鳴った。



    「うわぁ、」、

    「うげぇ、」、

    「でたぁ、」、

    「きたぁ、」、

    などとうるさい。



    「あっと…」

    その女子達は戸惑っている。

    「山野さんに謝りなさい!!」

    先生は言う。



    「そんな、いいですよ…」

    私が弱々しく言うと、その女子たちはバツの悪そうな顔で

    「うげ…ごめん」

    とだけ言い、そっぽをむいた。



    「…」私が黙っていると、



    「うわ、謝ったのに答えないとかサ。イテー。

    先生に庇ってもらったからって…あれはないでしょー。」などと、陰口を叩かれる。



    「ううう。」私が唸っていると、

    「大丈夫?あんな人達、無視すればいいのよ。」

    と先生が言った。

    「シカト…ですか?」私が聞くと、



    「えぇ、そうね。ああいう人達、羨ましいだけよ。

    ただの嫉妬。ただ…」

    先生が何か言おうとした。

    「ただ-?」

    私が聞くと、



    「…ただ、段々いじめにエスカレートしないように、気をつけるのよ。いじめられたら、すぐ先生(私)に言いなさい。」

    先生は優しく微笑んだ。

    けれど、どこか寂しげな

    表情をしていた。



  • 7 朝比奈あやの id:8BCreWSH

    2017-01-11(水) 17:56:39 [削除依頼]
    これ、すごい続き気になる!!

    楽しみにしてます♪

    頑張ってください!
  • 8 りいい!(志乃りい共同) id:mFgrc8Qh

    2017-01-11(水) 18:31:51 [削除依頼]
    あやのっち



    ありがと!

    うん、がんばる☆







    ー教育相談室にてー



    私たちは、いつも教育相談室(ときには会議室もだが)で話し合っている。



    「先生、暴れすぎて気になる生徒いますか?

    わたしは、小宮(こみや)隆聖(りゅうせい)くんかなぁ…?」



    「あぁ、小宮くん…結構、暴れますね…

    でも特に、他の人で言えば…

    女子なら花野(はなの)葵奈(きいな)さん(ちゃん)、城井(きい)彩(あや)さん(ちゃん)…



    男子なら三宮(みのみや)純汰(じゅんた)くん、

    同じく三宮魁斗(かいと)くん…ですかね。

    あとは、やっぱり、小宮隆聖くん、です。」

    先生が久しぶりにたくさん喋った。



    「あぁ-葵奈か…

    でも、彩…?…たしかに、彩は暴れる時はすんごく暴れますね。暴。走族かと思うほどだった…でも、彩はストレスなければ大丈夫だとおもいます。

    きっと大丈夫ですよ!彩には私から言っておきます。

    あと…」

    私は声を潜めた。



    「仲良しの、美七海…」

    「え、心野さん…?」

    「はい。美七海、私と穂花…如月穂花と一緒に3人で遊んでいたら、いきなり暴れたんです。

    ゲームで連敗、したからかもだけど…

    本読んでる時も、短い話だからって声かけたら怒鳴られて…美七海は暴走要注意人物です!!」

    私は潜めながらも-小さい声で-叫んだ。

    「あぁ、たしかに、怒る時は怒りそうね。気性が激しそう。わかった、気をつけます。三人の友情は難しいから、夏菜ちゃんも気をつけるのよ。」

    先生は何故か、懐かしそうな笑みをもらした。



    「あと…"恋"の件なんですが、良いですか?」

    「いいわよ。まだ、4:30だし、夏菜ちゃんの時間が許す範囲なら。」

    「っ、ありがとうございます!!

    あの、実は…

    美七海と、好きな人、被ったんです!!」

    「え?もうちょっと詳しくお願い。」

    「あの、美七海が結構 関原(せきはら)夏海(なつみ)くんの事が好きで…あ、まぁ、今年になってからなんですけど。

    私は美七海に言ってないんですけど、小4…二年前?から夏海くんが好きで。でも、なかなか言えなくて、応援してって言われて…一応応援はしているけど、でも、もう、ツラくて…」

    私が言うと、先生がやっと口を開いた。

    「あぁ。

    じゃあ、応援できないって言った方が、良いかもしれない。

    ずーっと心野さんの応援ばかりしていたら、取られる可能性もあるし。

    それか、親友の…如月さんに言わないで貰って、相談するとか。

    または、…事情があって、応援できない、とか。

    嘘も方便、昔からの友達が夏海くんを好きで、もうすんごく仲良くて…とか言うしか、無いわね。この中から選ばなきゃ…あ、でも。

    最後の方法は、友情関係が壊れるかもしれないから、気をつけて。」

    「はい。ありがとうございます!!

    先生、もう暗いし、今日は帰ります。

    先生も早めに帰った方が良いですよ!!

    今日はありがとうございました!!」

    私はぺこりとお辞儀し、ランドセルを背負い、駆け足で校門を出た-いや、出ようとした-。そうしたら、いきなり視界に穂花が映った。

    「あれ?

    穂花!おーい!」

    そしたら、穂花は振り向いた。

    どうやら、美七海はいないらしい。

    案外、嬉しい。



    「穂花、なんでそこにいるのー?」

    私が聞くと穂花は、

    「待ってたの。

    夏菜がくるの。」

    といった。

    「え、待たなくっても、いいのに…!美七海には、なんていった?」

    「実はね…

    美七海には、用事思い出したから、先帰っててって。」
  • 9 りいい!(志乃りい共同) id:mFgrc8Qh

    2017-01-13(金) 20:33:41 [削除依頼]
    「え、いいの?」



    「…実は、ね…

    私、美七海のこと、そんなに好きじゃないの。

    …強引で、すぐ暴れて-。」

    「そ、そうだったの…!?私も、実は。

    それにね…絶対、だれにも言わないで!!

    穂花だけにしか言わないから!!



    …美七海って、関原夏海くん、好きでしょ??」



    「あぁ。だね。」

    「実はね、私も…夏海くんのこと…す、き、なの…!!」

    「まじか!薄々気づいてたけど、まさかほんとだとは!」
  • 10 文乃 id:fnPVQLrj

    2017-01-14(土) 19:20:24 [削除依頼]
    りいい!さんこんにちは。

    やっぱり上手いですね。憧れます。

    あーあ、華菜海先生みたいな先生がいればな~w
  • 11 りいい!(志乃りい共同) id:mFgrc8Qh

    2017-01-25(水) 17:32:39 [削除依頼]
    文乃さん

    ありがとう!!

    うまくないよー汗

    文乃さんの方がすんごいうまい!!!



    それな!華菜海先生きて…!w
  • 12 りいい!(志乃りい共同) id:mFgrc8Qh

    2017-02-10(金) 15:25:32 [削除依頼]
    ちょっと更新おそくなります
  • 13 りいい!(志乃りい共同) id:mFgrc8Qh

    2017-02-23(木) 23:50:53 [削除依頼]
    こうしんめちゃおそくなります!
  • 14 りいい!(志乃りい共同) id:mFgrc8Qh

    2017-02-26(日) 22:08:47 [削除依頼]
    「華菜海先生に、”例の件”以外も相談してたでしょ? 誰にも言わないから!!」
    穂花がいった。
    「…なんでもお見通しですねぇ、穂花さまぁ…☆」
    私は驚きながらもぼやかした。
    「そうやっても仕て退けられないよぉ?w」
    「うん…言わないでね!!”恋”の件…!!
    美七海のこととかも。」
    「あー。
    華菜海先生、優しいし、なんでも教えてくれるよねー。
    来年も華菜海先生がいーなー。
    怒ると怖いけど、面白くて…かげ.ぐちいったひとには徹底的に叱り…ほんっといい先生!!
    ね、夏菜!うちもこんど、いっていーい??」
    穂花が一気にしゃべった。

    わぁお…*^笑^*


    「いんじゃない?
    あ、やばい!!もう5時なる!!
    かーえろっ!☆」

    ♥♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♥

  • 15 りいい!(志乃りい共同) id:mFgrc8Qh

    2017-03-02(木) 23:12:48 [削除依頼]
    「あれ?山野じゃん!!どーしたんだ?」
    いきなり、後ろから声をかけられた。
    みると、自転車に乗った、関原夏海君だった。
    「あ、関原くん!!ちょっと、学級委員として先生にきいたりしてて…そしたら穂花とぐーぜん!あっちゃった!☆」
    「へーえ。
    俺は、友達家の帰りー。」
  • 16 りいい!(志乃りい共同) id:c3CbtG6V

    2017-03-22(水) 13:37:24 [削除依頼]
    「っていうか、山野たちこっち方向なん?」
    夏海君に聞かれた。

    「えっ、あ、うん!な、夏海くんこそ、こっちだったの―?」

    「おう!じゃ、今日一緒に帰ろーぜ?近いんだし、さ。」
    「えっ!?」
    私は驚いた。
    「だって、もうくらいし。」
    「あ、ありがと…」
    場を読んだかのように穂花が、
    「あ、うちこっちだし、じゃーね!明日☆」
    といった。
    「…?ほ、穂花、じゃーね!!」
    というと、
    「折角だから、二人にしてあげる♡」
    と穂花がこそっといった。
    「え!?あ、ありがと!!」

    「なー、な、夏菜…って、よんでいい?」
    いきなり夏海君に聞かれた。
    「え、うん、いいよ!!」
    すると突然、
    「さっき、如月とこしょこしょ話してたけど、どんな内容なーん?」
    と聞かれた。

    「えっ…」
    私が戸惑っていると、
    「ふーん。俺にも言えないことあるんだー?
    ま、いーよ。」
    といわれた。
    「あ、ごめ、ん…!!」
    「え?何が?別に全然いーけど。
    あ、ここ、な、夏菜んち?表札が山野だけど…」
    と聞かれた。

    「え、あ、うん!」
    「おれんち、このほそみちいったとこ!近くね?」
    「あ、ありがとう!!」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません