明日の天気は曇りのち星だそうです。34コメント

1 りつ id:zTlQBUF3

2016-12-08(木) 20:52:12 [削除依頼]
明日の天気は曇りのち星だそうです。

落ちてくる星のかけらにご注意ください。
  • 15 りつ id:zTlQBUF3

    2017-01-31(火) 19:52:46 [削除依頼]
    マグリットさん

    返信、遅れてしまい申し訳ありません。

    お褒めの言葉ありがとうございます!

    二人の会話は面白く、そして可愛らしくなるように意識していますので

    そう言っていただけるととても嬉しいです。

    更新がんばります。
  • 16 りつ id:zTlQBUF3

    2017-01-31(火) 19:55:46 [削除依頼]
    ぱたぱたと階段を下りてダイニングキッチンの扉を開く。





    「おはよう」



    「ん。おはよう」





    そこでは、もう仕事のスーツに着替え終わっていた母さんが髪を束ねていた。





    「仕事?」



    「こないだ具合悪くて休んだからね。休日出勤になっちゃって……

     あ、朝ごはん作っといたから」



    「そっか。ありがと」





    朝ごはんくらい自分で作れるのにな。

    忙しそうな様子を見て、これからは私も早起きしようかなという気になる。どうせできやしないけど。

    椅子に座って少し焦げたトーストにジャムを塗った。





    「あと、わかってると思うけど、昨日星降ったから。

     ちゃんと星集めしとくんだよ。二号に任せてもいいけど」



    「あ~……」



    「はい。奥様。お任せください」





    この野郎。私と態度がまるっきり違うじゃないか。

    呆れながらも目玉焼きの目玉に箸を突き刺した。どろりと黄色い黄身が垂れてくる。

    垂れてきた黄身を包み込むようにして白身を箸でつかむ。

    私はそれをジャムを塗ったトーストの上に乗せた。





    「それ、おいしいの」



    母さんが少し眉を寄せて聞く。

    私はそのパンを銜えながら答えた。





    「ん?おいひーよ?」



    「へぇ…そう…

     あんたの味覚って少し変わってるよね」





    ま、いーわ。と母さんは玄関へ向かう。

    戸締りしっかりね。という言葉が聞こえたあとガチャンと扉が施錠された。



    味覚についてはみんなそう言うけど…そうかなぁ。おいしいのに





    「ね、これ、おいしいよね?」





    そう、二号の口にトーストを押し込む。





    「…まず」

  • 17 りつ id:zTlQBUF3

    2017-01-31(火) 20:31:25 [削除依頼]
    ぱらぱらと星が落ちている地面を見下ろす。

    素手で星を拾うとぱちっと静電気が走って痛いので、ゴム手袋をしっかりと装着して、ひょいひょいと星を拾ってはかごに入れる。





    「あら、星集め?偉いわね」





    隣の家のおばさんに話しかけられた。

    おばさんはどうやら買い物にでも行くようだ。





    「はい。ありがとうございます」



    「うちの甥っ子は星集めはいつもAIに任せきりなのよ。

     ちゃんと自分でできるようにならないと、

     大人になってから困るって何度言って聞かせてもね……」





    くどくどとお説教のような、でも確実に私に向けてではないお説教が始まる。

    正直、つらい。あまり人と話すのは苦手だというのに……。

    こういうおばさんという生き物はなぜ自分の身の上を話すのが好きなんだろう。

    聞き手がどんな適当な返事をしようとそのマシンガントークは止まらないのだ。

    相手に悪気はないのだろうけど、だからこそ迷惑な話である。



    助けを求めるように、ちらと二号を見たが目をそらされてしまった。

    あの目には確実に『めんどくさい』と書いてあったな。うん。



    あぁ、使えないAIだ!

  • 18 みつば id:XtQ7rcFY

    2017-02-01(水) 16:39:55 [削除依頼]
    曇りのち星

    ってなんか幻想的で素敵ですね!

    あと、登場人物のやりとりも和みます(*^^*)

    続き、楽しみにしてます!

    応援してます

    失礼しましたm(_ _)m
  • 19 りつ id:zTlQBUF3

    2017-02-01(水) 20:59:13 [削除依頼]
    みつばさん

    コメントありがとうございます!

    そういった素敵な世界というものを生み出そうと書いているのでそう言っていただけると、上手く表現できているかなと嬉しくなります。

    ありがとうございます。更新頑張ります!
  • 20 りつ id:zTlQBUF3

    2017-02-01(水) 21:01:21 [削除依頼]
    「あぁ…めんどくさい」





    ゴム手袋をせずに星を拾う二号。人間にそっくりではあるが機会なので素手で星を拾っても平気なのだ。

    しかし、その動きは鈍い。





    「さっきのおばさんがいたときもそう思ってたんでしょ。

     あ~あ。せめて星集めは全部AIがやってくれれば

     楽なんだけどなぁ~」



    「あんたはこれを望んだんだろ。

     昨日友達からの誘いを『星集めだから』って言って断ってたじゃん」



    「はぁ!?なんでそれを知ってるの?」



    「ふふん。AIですから。

     ついでに言うとさ、あの星傘。誰のなの?」





    あの星傘。

    玄関を出るときに目に留まったあの傘を思い出す。

    得意げに言う二号を見て、あぁこいつ勘違いしてるなって悟った。





    「コミュ障のくせに、いっちょ前に彼氏でもできた?」



    「コミュ障で悪かったですね。

     残念ながらそんなコミュ障さんには彼氏なんてできませーん」





    友達だと言ってくれる人にすら、あまりうまく話せてるとは言えないのに。心の中で呟く。

    これを口に出したらこいつはきっと馬鹿にするだろう。





    「ま、だと思ったよ」





    そう言って二号は拾った星を、ひとかけらだけつまみ食いした。

    私はむっとしながらも星をまた拾い出す。

    だと思ったってなんなんだよ。こいつ……。





    「だったら、最初っから言わないでよ」
  • 21 あーや id:ymKbR6L2

    2017-02-01(水) 21:34:33 [削除依頼]
    思わず見てみたくなるような素敵な題ですね♦♦♦
  • 22 りつ id:zTlQBUF3

    2017-02-02(木) 22:37:52 [削除依頼]
    あーやさん

    コメントありがとうございます!

    題名は授業中にふと浮かんだもので私自身もなんか素敵だなぁと思いそこからストーリーを展開しました

    そう言ってくださるととても嬉しいです。
  • 23 りつ id:zTlQBUF3

    2017-02-02(木) 23:33:46 [削除依頼]
    休日が終わってしまった。



    布団の中で暗くなった部屋の天井を見上げぽつりと思う。

    右手の甲の携帯を確認する。現在、0:17。もう平日だ。

    眠いような眠くないような、そんなよくわからないまどろみ。

    携帯をなんともなしにいじってみる。



    あ、フォトタイム更新されてる。

    フォトタイムとは全世界で利用されているSNSのことだ。

    友達は今日行ったマースランドのことについて書き込みをしていた。





    『マースランド行ってきたヽ(*’-^*)。』





    一言だけ書き込みをした後には何枚かの写真が載せられている。

    可愛らしいキャラクターの着ぐるみ、おいしそうな食事、そして笑顔で写る友達とその彼氏らしき人物。

    写真の中はきらきら輝いて私には眩しいくらいだった。



    うん。これだよ。リア充というものは。
  • 24 りつ id:zTlQBUF3

    2017-02-02(木) 23:49:10 [削除依頼]
    なんとなく見るのも嫌になって携帯の電源を切って腕を投げ出した。

    薄暗い部屋の中、月明かりに手を伸ばしてみる。



    正直、私はリア充ではないと思う。



    リア充の定義なんてよくわからないけど、人によれば恋人がいればリア充だという人もいるけれど――それが正しい意味だとしても私はリア充ではない――なんかそれは違う気がする。



    要はリアルを充実すればいいのだ。簡単なこと。



    しかし私のリアルは充実していない。全くと言っていいほど充実していない。

    じゃあ、なぜ充実していないと思う?

    いじめられているわけでもない。昔にあった戦争というものがあるわけでもない。

    今の生活に不自由などない。一つもない。



    でも充実していないと思った。例え不自由なく今の暮らしがあってもそれはリア充とは呼べないらしい。

    だって、なにも満たされていないから。

    それは私の中でのリア充の定義だけれど。



    …あぁ、お腹すいた。ちょっと慣れないこと考えすぎたんだ。

    だったら空腹よりも睡魔が来てほしいものだな。



    その夜は頭まで毛布に包まって必死で目を瞑っても何度か浅い眠りにつくだけで、空腹に襲われたお腹はくぅぅと悲しい声をあげた。
  • 25 りつ id:zTlQBUF3

    2017-02-05(日) 17:02:16 [削除依頼]
    昨日の夜になかなか眠れなかったせいで重たい瞼をこすり朝の支度を整えた。
    顔を洗って、トイレにいく。朝食を食べて、歯を磨く。制服を着こなし、髪を結う。
    毎朝、毎朝、同じことの繰り返しにそろそろ飽きがきている。
    そう感じるけれど、それが生活というものなのだから仕方がない。

    忘れ物していないかチェックして二号に声をかける。


    「いってきまーす」

    「いってらー」


    適当な二号の返事を聞いてドアノブを握る。
    そして玄関前に置いてある自分のものではない星傘を片手に持つ。


    あ、これだけ。いつもと違う。
  • 26 りつ id:zTlQBUF3

    2017-02-05(日) 17:03:27 [削除依頼]
    あ、改行がされてませんね。
    また上げなおします。
  • 27 りつ id:zTlQBUF3

    2017-02-06(月) 22:43:41 [削除依頼]
    試し
    打ち
  • 28 りつ id:zTlQBUF3

    2017-02-06(月) 22:45:09 [削除依頼]
    う~ん…
    スレを開けば改行がされているのですがね…
  • 29 りつ id:zTlQBUF3

    2017-02-08(水) 16:57:02 [削除依頼]
    改行のしかたを知ったので。
    >>29

    ――――――――――


    昨日の夜になかなか眠れなかったせいで重たい瞼をこすり朝の支度を整えた。
    顔を洗って、トイレにいく。朝食を食べて、歯を磨く。制服を着こなし、髪を結う。
    毎朝、毎朝、同じことの繰り返しにそろそろ飽きがきている。
    そう感じるけれど、それが生活というものなのだから仕方がない。

    忘れ物していないかチェックして二号に声をかける。


    「いってきまーす」

    「いってらー」


    適当な二号の返事を聞いてドアノブを握る。
    そして玄関前に置いてある自分のものではない星傘を片手に持つ。


    あ、これだけ。いつもと違う。
  • 30 りつ id:zTlQBUF3

    2017-02-08(水) 17:00:17 [削除依頼]
    >>30

    十五分ほど歩いて学校に着く。
    正門を通る時にやたらと声のでかい先生が挨拶してきたものだから私は小さくそれに返す。
    靴箱には何人かクラスメイトがいたのでまた挨拶をする。

    さっきと違って今度は笑顔で。


    「おはよう」

    「おはよ!」


    相手は私の何倍も可愛い笑顔でその一言を返す。
    きらきらきらきら、眩しい。
    途端に自分がどんな顔をしているのか不安になる。
    きっと変な顔してるんだろうなとか、なんか不気味ににやけている感じかなとか。

    そして朝から暗い気分になる。
    挨拶をしたら気持ちよく朝を迎えられるなんて嘘だ。実際は気分が沈む。
    そんなこと思ってるのは私くらいだろうけど。


    「あれ?星傘?今日って星降るっけ?」


    クラスメイトは私の手元を見て聞いた。
    あぁ、そうだ。これ返さなきゃ。


    「この前、借りたの」

    「あ、そうなんだ」


    よかった。私今日、傘持ってきてないんだよね。
    そんなことを言いながら彼女は靴を履き替えて行ってしまった。
    はぁ、とため息をつきながら私も靴を履き替えて教室に向かおうとする。
    あ、傘。どうしよう。
    私の手にはまだ星傘が握られたままだった。


    「置いとくか」


    教室に持っていくわけにもいかないので靴箱にある傘立てにいれておく。
    帰るまでにはちゃんと返せばいっか。


    廊下へ小走りに駆けてから、なんとなく気になって後ろを振り向く。

    晴れているからほとんど傘の入っていない傘立てに一本だけぽつんと置かれた星傘が小さく寂しそうに見えた。
  • 31 りつ id:zTlQBUF3

    2017-02-15(水) 20:09:36 [削除依頼]
    教室のドアを開けて席につく。
    マースランドに行ってきたという友達が声をかけてきた。


    「おはよ~!」

    「おはよ」


    また変な顔したかも。


    「どしたの?元気ないねぇ」

    「え~?そうかな?あ、ちょっと寝不足かなぁ」

    「そっか。大丈夫?ちゃんと寝ないとだめだよ~?」

    「うん!大丈夫。ありがと」


    こんな他愛もない話。

    毎日毎日、みんなは楽しいのかな。
    にっこり笑って、最近のドラマの話とか、流行りの音楽とか。
    正直、どれもこれもわかんないけどわかるふりをする。

    あの俳優さんかっこいいよねって、結局ドラマのストーリーには触れてないし。
    あの曲共感しすぎて泣いちゃったって、嘘くさい。


    でも私は毎日首を縦に振る。


    うんうん。かっこいいよね。相手役の女優ずるいよね。
    うんうん。いいよね。私もすごい共感した。


    とりあえず肯定。はいはいうんうんYESYES


    別にこういうのが嫌なわけじゃない。
    だってみんなと一緒にいるにはこれが一番のやり方だし。
    ただ、私の態度で誰かが私のことを嫌いにならなければそれでいい。

    誰かに私が必要とされればそれでいい。
  • 32 りつ id:zTlQBUF3

    2017-02-15(水) 20:11:07 [削除依頼]
    >>32

    教室のドアを開けて席につく。
    マースランドに行ってきたという友達が声をかけてきた。


    「おはよ~!」

    「おはよ」


    また変な顔したかも。


    「どしたの?元気ないねぇ」

    「え~?そうかな?あ、ちょっと寝不足かなぁ」

    「そっか。大丈夫?ちゃんと寝ないとだめだよ~?」

    「うん!大丈夫。ありがと」


    こんな他愛もない話。

    毎日毎日、みんなは楽しいのかな。
    にっこり笑って、最近のドラマの話とか、流行りの音楽とか。
    正直、どれもこれもわかんないけどわかるふりをする。


    あの俳優さんかっこいいよねって、結局ドラマのストーリーには触れてないし。
    あの曲共感しすぎて泣いちゃったって、嘘くさい。 でも私は毎日首を縦に振る。

    うんうん。かっこいいよね。相手役の女優ずるいよね。
    うんうん。いいよね。私もすごい共感した。


    とりあえず肯定。はいはいうんうんYESYES

    別にこういうのが嫌なわけじゃない。
    だってみんなと一緒にいるにはこれが一番のやり方だし。
    ただ、私の態度で誰かが私のことを嫌いにならなければそれでいい。

    誰かに私が必要とされればそれでいい。
  • 33 りつ id:zTlQBUF3

    2017-02-15(水) 20:14:17 [削除依頼]
    >>33

    教室のドアを開けて席につく。
    マースランドに行ってきたという友達が声をかけてきた。


    「おはよ~!」

    「おはよ」


    また変な顔したかも。


    「どしたの?元気ないねぇ」

    「え~?そうかな?あ、ちょっと寝不足かなぁ」

    「そっか。大丈夫?ちゃんと寝ないとだめだよ~?」

    「うん!大丈夫。ありがと」


    こんな他愛もない話。

    毎日毎日、みんなは楽しいのかな。
    にっこり笑って、最近のドラマの話とか、流行りの音楽とか。
    正直、どれもこれもわかんないけどわかるふりをする。


    あの俳優さんかっこいいよねって、結局ドラマのストーリーには触れてないし。
    あの曲共感しすぎて泣いちゃったって、嘘くさい。


    でも私は毎日首を縦に振る。


    うんうん。かっこいいよね。相手役の女優ずるいよね。
    うんうん。いいよね。私もすごい共感した。


    とりあえず肯定。はいはいうんうんYESYES

    別にこういうのが嫌なわけじゃない。
    だってみんなと一緒にいるにはこれが一番のやり方だし。
    ただ、私の態度で誰かが私のことを嫌いにならなければそれでいい。

    誰かに私が必要とされればそれでいい。
  • 34 りつ id:zTlQBUF3

    2017-02-15(水) 20:15:13 [削除依頼]
    上げ直し三回も……。申し訳ありません。
    一応、排除依頼だしますがやってくれるかどうか
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?