あなたを好きになれたなら

小説投稿投稿掲示板より。


1    ゆい  [id : toXm5Xm0] [2016-06-22(水) 19:54:55] 削除依頼

はじめまして.ゆいです.。

今回が1作目になります。

『あなたを好きになれたなら』
この話は.全て私の体験談をもとに書いていきます。

実はこの物語は.少し前に始まった恋なのです。

書いていこうと思ったきっかけは

“この気持ちを残しておきたい?
その一心のみです。

長くなるかもしれませんが.。笑

(((現在中学生です。

2 ゆい  [id : toXm5Xm0] [2016-06-22(水) 20:07:08] 削除依頼

私の初恋は5歳。

誰かとぶつかり合う事を嫌った。

決して派手な人柄じゃなかった。

バスケに出会った。

友達が変わって性格も変わった。

喧嘩も増えた。


それから..

初めて本気で好きになれた人が出来た。

そんな私の物語。

3 ゆい  [id : toXm5Xm0] [2016-06-22(水) 20:15:17] 削除依頼

私は白石結衣(シライシユイ)。一応小3の時までは勉強できた。
それからは無理。授業もだるいとしか思わなかった。
6年になれば授業中に爆睡…。
でも幸い先生から頼りにされていた。
でも友達はそれなりに多くて、小学校では楽しい学校生活をおくれていたと思う。

4 ゆい  [id : toXm5Xm0] [2016-06-22(水) 20:29:14] 削除依頼

嫉妬深い、めんどくさい、重い、しつこい。私はこう言う所が多いんじゃないかな?。
だからこそ、傷つきやすい。

私が恋した人は
この全てを理解してくれた人。
…そこから始まる猛アピールっ。!
今思うと恥ずかしいし、申し訳ない………。でも受け入れてくれた。5年の時だった。ありがとう。初彼だからって言うのもあったけど、毎日が幸せだった。あんなにだるくて仕方なかった学校も、その頃は彼に会って話をするだけで楽しくて。あ、授業は頭に入ってないんだけどね笑。

5 ゆい  [id : toXm5Xm0] [2016-06-22(水) 22:30:21] 削除依頼

それから6年になってクラスが別れた。あのときは結構テンション下がったなぁ。でも交換ノートしてた!。毎日交換ノートに触れられるのが嬉しくて。あぁ、どんな事書いてくれたかな、とか、私の文見てどう思ったかなとか、どれぐらい書いてくれた?とか。細かい事でもなんか気になっちゃう笑。それぐらい大好きでした。

6 ゆい  [id : toXm5Xm0] [2016-06-22(水) 22:34:18] 削除依頼

でも、ある日のこと。
突然の別れ。好きな人ができたみたい。どうして、、なんで、、。どうしようもなく、ただ泣いた。涙なんて乾かなかった。ただただ泣いて泣きまくって、彼が最後に交換ノートに書いてくれた一文、「今までありがとう最高の時間を刻んだよ、これからもよろしく、友として、、。」泣いた。どれだけ優しいの?私は彼を忘れられなかった。
その後、彼はその子と付き合った。

7 時雨革命海月隗月魔王歩獲歩獲死  [id : S.j1akI/] [2016-06-22(水) 22:45:33] 削除依頼

初めまして!作品名に惹かれたので読んでみたのですが、突然の展開ですねw
一作目でこれだと結構すごい…(;゚Д゚)
頑張って下さいね!!応援しています!

8 ゆい  [id : 6mcEe.m0] [2016-06-23(木) 20:29:46] 削除依頼

((ありがとうございます!!、
はぃ…私もその頃は突然の出来事で辛かったです…。
でも応援してくださって嬉しいです!。ありがとうございます。よければ続きも読んでってくださいね笑!。))

9 ゆい  [id : iAK5fQy.] [2016-06-24(金) 20:40:58] 削除依頼

彼が付き合った子は、陽奈。私と仲が良くて、彼と付き合えたのもその子のおかげ。とにかく優しくて面白い。
陽奈は、「今なら、まだ返事しないから、やり直してもいいんだよ?」そう言ってくれていた。そりゃ、やり直したい。また好きっていってほしい。私の好きな、大好きなの人は、龍也。なのにそんな思いは淡く崩れおちる。私は陽奈に、「今龍也が待ってるのは陽奈の返事だから、私の事は待ってないよ。陽奈が好きならいいんじゃない?」……言ってしまった。自分に嘘つくとこんなにも辛いんだね。ほんとは付き合って欲しくなんてなかった。でも、龍也の幸せだけは邪魔したくなかった。龍也が自由になれるなら、私なんていなくていい。いない方がいい。私がいなくなることで龍也は笑ってくれるんだよね、そう言い聞かせ、彼への思いをむりやり絶った。

10 ゆい  [id : iAK5fQy.] [2016-06-24(金) 20:56:51] 削除依頼

龍也への思いは絶った。つもりだった…。最後に1つ言いたいことがあって…。、陽奈に呼んでもらった。…私が言おうと思ったこと……それは、“ 最後まで迷惑かけてごめんね ?だった。でも…1番伝えたかったのは…“今までありがとう?。せめてごめんとありがとうは言いたかった。…本当に最後になるかもしれないのだから.。
…龍也は表情一つ変えずにこちらを見てスタスタと歩いて来る。緊張した。
…来た。…目は合わせられない。こんなの初めてだった。でも龍也はまっすぐな瞳で見てくれた。…「最後まで……」緊張。死ぬんじゃないか?いや、マジで思った。「迷惑かけて……ごめん…….。」言葉が震えている。唇の震えも止まらない。「……。」涙をこらえて龍也の後ろ姿を見つめる。…結局ありがとうは言えなかった。今でも後悔している。ぁぁ。なんでこんなに龍也を好きになっちゃったの?。「ゆい」龍也の声が過去からよぎる。あんなに好きになれた自分の名前。もう嫌い。

11 ゆい  [id : iAK5fQy.] [2016-06-24(金) 21:04:49] 削除依頼

…まだ傷が癒えない頃。2週間ほど後の出来事だったかな。陽奈からのLINE。『龍也と別れた笑』…うそ…。陽奈の“笑”の一文字に複雑な気持ちになった。理由は、きもい。手を出したりしたらしくて。そうゆうの耐えれなかったみたい。また、心が曇った。そして、嬉しいどころか、傷が1つ増えた気がした。

12 ゆい  [id : iAK5fQy.] [2016-06-24(金) 21:14:07] 削除依頼

それから少し経ち、ある日の昼。急に龍也の事考えちゃって……やり直せるかなとか。私ってまじでないよね。ありえん。どうかしとる。…だって…今…龍也に連絡…取っているんだもの。そこで、心の声が漏れた。「やり直さん?………」…なんてこと言っちゃったのかな…うわ…「……………」あれ?聞こえてる?、おーい。…ふられるのかな…?改めて尋ねた。「だめ?」…焦らせたみたいでごめん。「え?!、あ、…………………いいよ。」その答えが正直じゃないってことくらい気づいてた。だからぎこちなかった。

13 ゆい  [id : iAK5fQy.] [2016-06-24(金) 21:25:00] 削除依頼

修学旅行の3日前、龍也は私の教室にきた。めずらしっ。そう思いながらチラチラ見ていた。すると、ちょっとずつ近づいてきて、ひときれの手紙のようなものをさりげなく渡された。
その手紙には…「やっぱり俺もゆいが好き。…」みたいな事が書かれてたんだよね。何故かわからないけど、この手紙をずっと大事に持っておきたいと思った。「私も好き。」そう書いて渡した。
…今度は交換ノートを渡して来てくれたの。懐かしい。ずっと持っててくれたんだね。私はもう捨てられたかと思ってたのに…。嬉しかった。そこには今までよりたくさんいろんな思いが書かれてて…。龍也の気持ちを気づかなかった自分が情けない。その思いに感動して涙した。
こんなにも素敵な人はいる。そう実感させられた。一緒にいたい。あなたが好き。絶ったつもりの恋心。また芽生え始めた。

14 ゆい  [id : iAK5fQy.] [2016-06-24(金) 21:32:48] 削除依頼

龍也とやり直したけど…あんまり話せない。交換ノートを渡す瞬間がただただ幸せだった。

そして、小学校を卒業。友達と喧嘩した教室。先生と話してる時は心軽くなれたぞ!。いろんな思いで入った職員室。コンピュータ室での正座は予想以上にキツかったっす.。5年間バスケでお世話になった大好きな体育館。いっぱい走った校庭。走って怒られた廊下。…龍也との思い出が詰まった校舎。
楽しかった。次は中学生。少し大人になれますか?

15 ゆい  [id : iAK5fQy.] [2016-06-24(金) 21:44:14] 削除依頼

入学式。クラスは龍也と見事に別れましたぁ…。私は6組で龍也は2組。まじか…。まぁそれでも上手くはいっていた。
新しい友達もでき、充実した毎日だった。…勉強は今もずっと苦手…。
そんな時に……中間テスト……。やめてくれ…マジ頼む……。国語、数学、理科、英語、社会の5教科で500点満点。テストに向けて連絡は一切とらず、初の中間テストくらい頑張ってやろうじゃねえか!笑。…正直ノリであります…。でもその時の私は少なくともテストに向けて燃えていたと思う。…バスケ出来ないのは辛いけどね。。そっから自分との戦いスタート!。

毎日のように何時間も何時間も、

間違えてはやり直し。

それでも頑張った方だと思う。


…そこから迎える中間テスト当日。
難しかったけど、とにかく全部うめる!、後は運にまかせてって感じ。
結果は、383/500だった。個人的には微妙。400いけなかった事に満足は出来なかった。それに…龍也に負けた!390〜??…忘れたけどそれくらい。悔しい〜〜〜~。

よしっ!、期末に向けてもうちょい燃えてみますか!

先の見えない新たなスタート

16 ゆい  [id : iAK5fQy.] [2016-06-24(金) 21:53:02] 削除依頼

キンコーンカンコーン。

授業の終わりを知らせる鐘が聞こえる。やった。部活↑↑♪ルン
テスト終わって久しぶりに部活に出られる事でテンションが大分高かった。
先輩とも仲良くできていて部活が楽しくてほんと仕方ない。
幸い龍也もバスケ部。私より1年経験多し。追い付けるようになる!目標でもあり、少し憧れも持っていた。

…けど…2年の先輩、大野先輩。それが、めっちゃかっこいい!。試合にもバンバン出てるしそれだけあってバスケも上手い。前までは凄いな〜。くらいしか思ってなかった。なのに…最近は目が合う。それが気になって気になって…。私、そんなガン見してる?。…そう、最近は先輩が気になってました。

17 ゆい  [id : iAK5fQy.] [2016-06-24(金) 22:15:05] 削除依頼

同じクラスの、ゆな。天然っぽい。「ゆいちゃ〜ん」…小3からの付き合いなのに、今だにちゃん付け…。まぁ、いいだろう笑。「お!ゆな-。やばい、めっちゃ眠いわ〜。」2限目が終わって早速お疲れモード。授業だるいんですけど。「わかる-…。」そういってゆなは大きなあくびをした。つられあくび…。「ふわぁー…」「え、ゆいちゃん、つられた?」笑いながら言うゆなに「うん、つられた笑」と私。些細な事でも笑いあえた。
「ゆいちゃん、下の階行こっ」「おっけー」一年生は7クラスまであって、6組までは3階になっている。7組は二階にあるから時々下におりたりする。
「やばーい、天気良すぎ〜。ゆな、ちょい窓開けてー」「いいよー、あっつい。風生ぬるっ」「まじじゃん。……あっ。」思わず声を出してしまった。目の前には先輩がいる。
「ゆいちゃんどうした?笑」声をかけられたけど「いや、別に〜」で流した。やっぱ気になる。気になってしょうがない。どうしよう

18 ゆい  [id : iAK5fQy.] [2016-06-24(金) 22:22:23] 削除依頼

毎日のように目が合っちゃう。そこで、ゆなに相談してみた。
「ゆなぁー、ちょい来て、」「なんですか♪」やたらテンションたけぇなぁ、おい。いいことあったか笑。「どーした笑…てか、あのな…先輩と最近目が合うだけぇ。」「先輩?誰?」あ、ゆなには話してなかった。そこで大野先輩の事を話した。話終えると、
「まじかぁ…で、好きなん?」おぉ…いきなりかよ!「……れん……。」「え?」「…好きかもしれん…….。」このとき初めて気持ちに気づけた。

19 ゆい  [id : iAK5fQy.] [2016-06-24(金) 22:27:17] 削除依頼

ー−本当の恋ってどんな感じ?

どんな味。? 分からないよ…

すぐ妬いちゃう、ずっと頭から離れない。

これが恋してるってことですか?−ー

20 まる  [id : x7ZtvlZ0] [2016-06-25(土) 09:57:40] 削除依頼

おもしろいと思います
しかし、読みにくいので工夫してほしいです

21 ゆい  [id : OcvRen40] [2016-06-26(日) 20:52:28] 削除依頼

(((アドバイスありがとごさいます.。工夫はあまりできていませんでした。読みにくくてすみません(*´⌒`*)

22 ゆい  [id : OcvRen40] [2016-06-26(日) 21:19:37] 削除依頼

…自分の気持ち…理解できない…

パソコンのメモを開く。

……気がつけば先輩への思いを、綴っていた…。。

『 先輩へ 初めてあった時から気になる存在でした。話したこともないし、名前も知ってもらえてないと思います。でも良かったら?

手が止まった。


…話しかけてください。』

やっぱり、勇気なんてないよ。

なに打ってんのか…。

自分でもバカみたい。
なのに、
先輩への思いが止まらない。

マウスをクリック。
“保存”

…。はぁ……

23 ゆい  [id : OcvRen40] [2016-06-26(日) 21:32:51] 削除依頼

翌朝。ピンポーン

朝早くから家に響くインターホン

「ガチャ」

ドアを開けて外に出た。

「やっほ」
「陽奈おはょ.。」

私は陽奈と毎日一緒に登校している。
眠い目をこすりながら二人で学校へ向かった。

すると、陽奈が口を開いた。

「岸田先輩かっこいいんだけど」

「わかる。かっこいいでな−」

−岸田先輩。
2年のバスケ部。結構顔立ちよくて、かっこいい方だと思う!!

「ゆいは〜?」
いきなり振るなぁ笑
「え、ぁ-.と、かっこいいと思っとる先輩ならおるよ。」

「え、だれだれ?!」
「、言っちゃっていいやつか。笑」
「うん、いいやつ」

「…大野先輩。」
かっこいいと思うけどなぁ.
陽奈は、、
「どこが〜」
、まじすか笑
まぁ、人それぞれって事で笑

でも、次の陽奈の一言で不安になった。
「てかな、大野って彼女おるらしい。」
…!!
「え、まじ?! 意外ー」

…ううん。
ほんとは彼女いる感じした。
彼女くらい居てもおかしくない。
でも認めたくなかった。

24 ゆい  [id : gBOZGV9/] [2016-07-06(水) 18:03:33] 削除依頼

彼女の存在を知ったときからと言うもの、

先輩と、目は自然に合わなくなっていた。

先輩には私の知らない誰かがいて、

その人は先輩が好きで、

先輩も好き。


目が合うだけで気になったりした自分が情けなく感じた。
それと、先輩の彼女にも申し訳ない。


『もう…追っても仕方ないんだ。…』

心の中でため息をつき、呟いた。


そうだ。私は龍也を大切にしてなかった。最低だね…。

…これからは龍也を大切に思い続けよう。

そう、心に決めた。

25 時雨革命海月隗月魔王歩獲歩獲死  [id : XHn/GGe0] [2016-07-06(水) 18:18:48] 削除依頼

久しぶりに書いてくれたんですね!
嬉しいです、これからも頑張って下さい!

二回もコメントすみません。

26 ゆい  [id : gBOZGV9/] [2016-07-06(水) 22:20:35] 削除依頼

(((二度のコメント嬉しいです!!
なかなか書ける時がなくて..
少し遅くなってしまいました( ; ; )
ありがとうございます*

27 たったかタカ二郎エンジェル  [id : 2i9gyFF/] [2016-07-25(月) 22:16:13] 削除依頼

あげっす!

28 ゆい  [id : qCyYjkk1] [2016-08-22(月) 08:47:56] 削除依頼

_お母さんなんて嫌い。


 お父さんのとこに逃げようか。


 さっさと家出して違う未来に飛び出したい。

 幸せなんかじゃない。

 毎日が辛かったり、苦しかったり。

 息苦しいこの世界。

 こんな世界を、

 人々は、“平和“って呼ぶんだって。


 あの頃の私は、もうとっくに、
壊れてたのかもしれない_

29 夏夜  [id : 0T8p3eF1] [2016-08-22(月) 10:31:18] 削除依頼

続き!待ってまーす

30 ゆい  [id : KU.8mQa/] [2016-08-23(火) 08:45:12] 削除依頼

((ありがとうございます !!
これからも頑張って書いていきますね#

31 ゆい  [id : KU.8mQa/] [2016-08-23(火) 09:10:01] 削除依頼

龍也とクラスが離れ、話す事が減った。
寂しいなぁ。目は会うのに..。

そこで私は、龍也としてた交換ノートを開いた。

懐かしい会話に思わず笑顔が溢れる。

次々に読み進んでいく。
「 ・・・ 」  

「あっ・・」

最後のページ。

実は、最後のページだけ無い。

私は前に見つけてしまった。

龍也は最後のページだけに、
私に向けた歌詞が書かれていた事を。

ばれないように隠されていたけど、
バレバレです笑

なんかしてくれるんかな?
ちょっと期待…*

てことで、気づいてる事は今だに、言ってません笑((マジで

でも、結果的に、そのページは剥がしてあって、ついに…

「なんか貼ってたの?」

「別に何も貼ってない」

…って……嘘つけコノヤロー

そう、龍也だけ真実を知らないってゆーやつね。

まあ、いいけど?

その歌詞、凄く嬉しかったから。

必要としてくれてる感じあって。

懐かしながら、私は、ノートを閉じた。

32 ゆい  [id : gt0uBsn/] [2016-10-27(木) 22:21:08] 削除依頼

(((来れなくてすみません´`
親に没収されてて…来れませんでしたぁ。ほんとにごめんなさい!!
また書きます(*_*)

33 ゆい  [id : Uz.fZDG1] [2016-11-17(木) 22:19:29] 削除依頼

頬を伝って滴が流れた。

私が久々に涙を流したのは、
龍也にふられて、わずか10程後の出来事だった。

どうして…。二度目の失恋。
寂しくなんかないょ…。なんて頭で言ってるのに、
心では、好きだったなーなんて呟いてる。

* * * * * * * * * * * * * * * * *

プルルルル。朝からなり響く着信音。
眠たい目を擦りながら電話にでた。

そこから聞こえる声は、私の想像を超えた言葉が乗せられていた。

「俺。俺だよ。ゆい、別れよう。」

…。は?。ぇぇ?ちょ、え、あ?
うーんと、第一声目がそれ?
でも私は、、「うん、分かったー」

わざとらしく明るく振る舞った。
込み上げるいろんな感情を押し殺しながら。

…そんな私の声に、龍也は気づいてくれなかった。

34 ゆい  [id : Uz.fZDG1] [2016-11-17(木) 22:23:08] 削除依頼

なんか不思議だな。

今まで恋に没頭してきた私が

こんなにも恋を失っただけで

心がカラカラに乾いて。

まるで枯れきった花みたいに。

もう元には戻れないと思うんだ。

35 ゆい  [id : vGhC0IaA] [2016-12-06(火) 22:05:29] 削除依頼

恋ってなに?

それすらわからなくなるくらい

私は乾ききっていた。

36 夜月志乃  [id : U4OTXMnP] [2016-12-07(水) 13:09:02] 削除依頼

すごい!きになる!



夏夜
!?
イエイだお!おひさ!小中の夏夜!?




がんばってください!

37 ゆい  [id : vGhC0IaA] [2016-12-23(金) 23:09:17] 削除依頼

((おそくなりました✌
ありがとうございます♡
がんばります♡

38 ゆい  [id : vGhC0IaA] [2017-01-02(月) 11:23:57] 削除依頼

「好きな人がほしい~。」
そういつも嘆いてる。笑

なんだかんだ別れてすぐ、好きな人もできないものだよね。

最近、

きっと私は龍也が好きすぎたから、
他の人を好きになれないんだ-って思う。
そりゃ、ダメな所も嫌な所も直してほしい所も…って全部一緒か笑
まあ、あるけど、やっぱり本気で好きになっちゃった人だったんだ。理想の人って感じ♡

だから、私は龍也を忘れることもできず、龍也以上の人を見つけることができない。

カッコいい人や性格いい人がいても、好きにはなれない。
なら、龍也がいいなって。

龍也が持っていないものを、持っている人なんて、どこにでもいるはずなのに。龍也じゃないと好きにはなれないの。

バカだなぁ。私。ほんとに。

名前:

(書き込む前に利用規約の確認を) 掲示板ガイドと利用規約 (投稿前にお読みください)
あなたを好きになれたなら - 最新50レスだけ見る。
このスレッドの投稿を全表示 - ここの書き込みをぜんぶ一気読み。
小説投稿投稿掲示板に戻る