株式会社削減削除シーズン261コメント

1 時雨 id:ez-UwSoE8e0

2016-02-09(火) 19:27:47 [削除依頼]
こんにちは、時雨です。株式会社削減削除という作品ですが、あまりにも長くだらだらなため一旦切ってシーズン2という形で改めて始めることにいたします。あまりにも中途半端なところから始まりますので、読まれる際は前作からお願いいたします。
  • 42 時雨 id:ez-8NqRtm2/

    2016-04-29(金) 23:32:44 [削除依頼]
    もじつく女性にイライラしてきたのか、桜木がムッとした表情で
    「あのさぁ…引き取るなら引き取ってさっさと帰ってくんなぁい?眠いんだよねぇ、こっちだって。」
    と非常に失礼な発言をする。寝起きでかなり不機嫌なのかもしれないが、女性はすっかり怯えた表情になってますます黙ってしまった。
  • 43 時雨 id:ez-xGe6n9A/

    2016-04-30(土) 10:33:20 [削除依頼]
    「…怯えさせたら逆効果でしょ」
    小声で桜木を叱って女性を宥める。
    「ゆっくりで大丈夫ですので、お話ください。」
    女性はすう、と小さく息を吸って言葉を紡いだ。
    「…を…っ」
    しかし、また黙ってしまう。そして、話題を変えるように突然笑顔を浮かべて言った。
    「あの、あの。母と話をした方に、会いたいんです!」
  • 44 時雨 id:ez-xGe6n9A/

    2016-04-30(土) 10:37:26 [削除依頼]
    「え?」
    予想外な話題に、思わず拍子抜けしてしまう。桜木が小さく
    「絶対今考えた話題でしょぉ……」
    と呟いたのが聞こえたが、女性には聞こえなかったらしい。
    「ぜひ、会わせて頂けませんか!? あ、でもこの時間じゃ……」
    言った後に後悔が滲んできたのか、また下を向く。
  • 45 時雨 id:ez-xGe6n9A/

    2016-04-30(土) 10:43:02 [削除依頼]
    掛ける言葉に困って桜木を見ると、桜木はつい、と階段を指差した。人格変換のついでに咲哉さんを連れてくれば良い、とでも言いたげだ。
    「……いえ、起きていますから。中でお待ちください。咲哉さんも一緒に連れてきますので。」
    女性にそう告げて、階段を上がった。
  • 46 時雨 id:ez-xGe6n9A/

    2016-04-30(土) 10:46:54 [削除依頼]
    ***
    チェンジサキ
    『一番右の部屋で咲哉さんが寝てると思うから。お姉さんの所へ連れていって。絶対に二重人格だとバラさないように』
    几帳面な文字で書かれたメモに、思わず溜め息が零れた。
    「何でこう下らねぇ事で呼び出すかなぁ……」
    つか初対面で馴れ馴れしくないかあの女……。
  • 47 時雨 id:ez-xGe6n9A/

    2016-04-30(土) 10:49:53 [削除依頼]
    文句を溢した所で何も始まらないのは解っているが、言わずには居られなかった。それに、俺とアイツでは人格以外何も変わらない。それこそ、「同じ人だ」とつつかれたら言い訳のしようが無い。
    ……まあ、ここでぐだぐだ言っていてもらちが明かないので、咲哉を起こしに行く。
  • 48 時雨 id:ez-xXRhiga/

    2016-06-04(土) 11:51:58 [削除依頼]
    「え……姉さんが?」
    気が動転したのか、ベッドから落ちた姿勢のまま固まる咲哉。
    「そ。ほら、来いよ。早く。」
    半ば引きずるような感じで扉を開けて階段へ向かう。
    「え、ちょ、痛いです! うわ!」
    「立って歩きゃ良いだろ。」
    文句を言っている咲哉を引きずりながら咲哉の姉の所へ連れていくと、咲哉の姉が小さく声をあげた。
  • 49 時雨 id:ez-xXRhiga/

    2016-06-04(土) 11:55:50 [削除依頼]
    「咲哉……! 良かった、私、心配して……!」
    すると、咲哉の姉は俺に目を向けた。
    「あの……母と話をした方は?」
    「……」
    言葉が出てこずに無言になる俺を見かねてか、桜木がフォローを入れた。
    「この人だよぉ。さっきの人とそっくりだけど〜。さっきの人の双子の……お姉ちゃん。」
  • 50 時雨 id:ez-xXRhiga/

    2016-06-04(土) 11:59:08 [削除依頼]
    双子は叶達だけで十分だろ、と言いたくなるが、せっかくのフォローを台無しにしたくはないので乗っかる。
    「えーっと…はい、そうなんです。」
    不自然に敬語を使う俺を咲哉の姉はじっと見る。
    …冷や汗が止まらない。
    小刻みに震える両手を軽く握る。
    「そうなんですか……服装も一緒なんてすごいですね。」
    そりゃそうだろ違うのは人格だけなんだから。
  • 51 あみみん id:DjEfkuQ.

    2016-07-11(月) 12:56:46 [削除依頼]
    いぇーい 久しぶりに来れたぜー 凄い更新してないね...?
  • 52 時雨 id:ez-pSEI5xJ1

    2016-07-19(火) 20:54:11 [削除依頼]
    そう思っていると、桜木がまたフォローを入れた。
    「仲良しなんだよぉ〜」
    良くねぇよ。
    「いーっつも一緒に居るもん。ねぇ?」
    一緒に居られる訳が無い。フォローなのかすら怪しくなってきた。内心のツッコミの量が尋常では無くなってきた。一旦黙らせようと再び乗っかる。
    「そうなんです! 妃…ちゃんとは…いつも…っ…一緒で…」
    もうどうにでもなれ、とツッコミにストレスを感じた俺が大嘘を口走ると、桜木は笑いを堪えきれないのかクスクスと笑い声を漏らした。
  • 53 あみみん id:mu19lvY0

    2016-07-24(日) 11:03:59 [削除依頼]
    私も桜木さんと同じく笑うわwww やっと来れたですん!
  • 54 時雨 id:ez-Kk9CShs1

    2016-07-25(月) 21:32:52 [削除依頼]
    「えっと! それで……お、じゃない、私に何か?」
    咳払いをして無理矢理口角を引き上げ俺が言うと、咲哉の姉はハッとしたように姿勢を正した。
    「は、はい! 実はっ……その……咲哉の部屋にここのチラシか何か置いてあって……ひょっとしたら、って思って来たんですが……」
    咲哉の姉はしどろもどろに言葉を紡ぎながらぎゅっと目を瞑った。
  • 55 時雨 id:ez-Kk9CShs1

    2016-07-25(月) 21:39:59 [削除依頼]
    「ここは……この会社は……人の心を削除してくれるんですよね……」
    「そう、ですけど」
    咲哉の姉に俺がそう返すと、何かを決意したように咲哉の姉は大きく息を吸い込んだ。
    「……を」
    「「はあ?」」
    桜木と二人同時に聞き返してしまい、よく聞こえないんですけど、と返そうとした瞬間。
    咲哉の姉が良く通る声で怒鳴った。
    「依頼を、したいんです! 私の学校の教師を、削除してほしいんです!!」
  • 56 時雨 id:ez-x90ThRO.

    2016-09-24(土) 16:44:44 [削除依頼]
    『お前の専門分野。依頼はお前の仕事だろ。それと一つ。次に人格替える時は絶対桜木を側に置くな。あいつだけは駄目。byサキ』
    「……何かされたのかしら」
    サキからのメモを読み終わった私は思わずそう呟いた。サキは滅多な事ではメモを残さない。『桜木を側に置くな』と書いてある以上、桜木と何かあったのだろう。
    後で桜木に聞こう、と決めてからメモの上の方を注視してため息をつく。
  • 57 時雨 id:ez-x90ThRO.

    2016-09-24(土) 16:45:31 [削除依頼]
    訂正
    56は妃視点となります。すみません
  • 58 時雨 id:k7NDTQGF

    2016-12-29(木) 09:49:29 [削除依頼]
  • 59 時雨 id:bemNXadC

    2017-01-16(月) 18:17:24 [削除依頼]
    『依頼内容…学校教師の削除。理由…女子生徒に対する暴.言、差.別』

     サキが書いた物なのだろう、簡潔に記されたメモはストーカーと同じくらいに嫌悪感を感じる内容だった。このご時世によく生き残れる、と褒めたくなるような典型的な差.別教師だが、褒めてはいけないのは解りきった事実だ。

    「学校教師……内容は、差.別、暴.言、ね」

     対象が女子生徒に絞られているのがなんとも不気味だが、適当に言い訳して下の階で待たせているであろう依頼人を待たせる訳にも行かない。赤ペンで『受諾』とだけメモに記して壁に貼ってから、急ぎ過ぎて転ぶ醜態を演じないように階段を駆け足で降りた。
  • 60 あみみん id:S5HAlELO

    2017-01-16(月) 18:26:17 [削除依頼]
    最近ちょっと見てなかった...
  • 61 木野辛幸 id:CvJusFl6

    2017-01-17(火) 00:12:44 [削除依頼]
    やっとここまで読んだじぇ

    面白い…好き…
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません