• TOP
  • 弓道部
  • 悪いところを教えたのに、言うこと聞かない
悪いところを教えたのに、言うこと聞かない6コメント

1 miu id:hhxWRGg0

2014-01-12(日) 20:31:18 [削除依頼]
同級生の子の手の内が、
小指一つ分の隙間がなく、弦うちの練習でも、
親指が全部入っている状態なので、
離れで親指が滑らず手首を振っているのです。
なので、親指入れすぎやで。と言ったのですが
ウチ小指短いから、中指と薬指だけでも
いれなあかんねん。と言うのです。
確かに小指は短いのですが、
1度小指の位置に2本の指を合わせて、
つまぞろえを合わせてやってもらったんですが
それでピッタリだったんです。
いけるやん。って言ってもその子は
ウチはウチのやり方でやるからというばかりです。

その子は、押手を極度に前に振るので、
後ろをねらっているのですが、
ウチねらいここであってるし。とか言って
押手を直そうとしません。
もう自分のやり方でしかしないんです。
先生に後ろねらいすぎと言われていても直しません。
的中ばっかり気にして、直しません。
その子は後ろをねらっても
下の前しか飛ばないんですけど。

何かいうことを聞かせるいい教え方はないですか?
  • 2 のぎのぎ id:wmFSqen1

    2014-01-16(木) 00:46:47 [削除依頼]
    正直なところ、
    人から指導されてすぐに射形を直そうとする気のない人は、
    部員からも先生からも嫌われるタイプの人です。

    そうゆう人は今は中りがいいかもしれませんが、
    中りが悪くなって来た時に、基本に戻ることができず、
    ずっとスランプのままという可能性が高いだろうと。

    うちの学校では射形重視の方針なので、
    試合のメンバーは射が綺麗な人順で部員が投票して選んでいます。
    なのでそういう制度に変えてみると、嫌でも言うことを聞いてくれるのでは?
  • 3 miu id:/2OIiVH1

    2014-01-16(木) 20:37:57 [削除依頼]
    >2
    すごくいいですね。いっとき、8キロの時に
    いっぱいあてていたのですが、10キロになって
    から、スランプなのかあたっていないようです笑
    腕筋もないので、押手が勝手に負けてぶれて、
    前に振って落ちていてあたらなくなっています。
    20射0の時もよくあります。
    射形第一、正射必中を心がけるように、先輩に
    も頼んで、言ってもらうようにします。
    ありがとうございました!
  • 4 カナリア id:WOZOSf1/

    2014-10-28(火) 01:24:27 [削除依頼]
    その子は、直そうとしているんですけど、どう直せばわからないのではないでしょうか?
    もし、わかっていて直さないんであればまずその子が
    出来ていないところをどうなおるかその子に考えさせてみては
    どうですか?
    一番大事なのが優しく教えることです。
    そしたら、相手もよい気持ちになれると思います。
    こっちでは2人ずつになって一人が打ってもう一人が
    打っている子を見て何処が悪いか見ます。
    打ち終わった子に何処が悪かったかその子に言います。
    これを交互にこっちの高校ではしています。
  • 5 八寸的 id:50hRCzq1

    2014-10-30(木) 22:14:59 [削除依頼]
    それはまずいですね。
    うちの後輩も同じ人います。先輩大丈夫です!とか言いながら直さないんですよね
    そういう人には、注意する点、直さなきゃいけない点を言い
    しつこいと言われてもしっかり言うことです。
    または師範の先生に言ったり、先輩、または同級生などを
    集めて、みんなで対応すればその人も事の重大さに気付くのでは
    ないでしょうか。
    弓道は中りだけでなく、射型、そして当てたいと言う自分の
    心に勝てる、このすべてがそろって弓道なんだと自分は思ってます
    中りだけを見てるその人は弓道でなく、当てっこです。
    当て射はいつか行き止まり崩れます。直さないといけません
    と言っても、向こうが聞く気が無いならその通りやらせておけば
    良いと思います。
    あえて注意せず、自分から気づいてもらうことも、また優しさだと
    思います。
    偉そうに長々とすみません。
  • 6 的 id:m9InXW31

    2015-01-14(水) 17:38:16 [削除依頼]
    教え方にも色々ありますが、その子が聞かないのであれば仕方がありません。
    教える、教えてもらう以前の問題でもあります。
    射は個人個人の性格が射に表れます。
    この弓道の世界に完璧な射をする人は一人として居ません。
    射の技術は完成はされていますが、実際に行うのは無理です。
    ではどうすればいいのかと言うと、射法八節に自分がどれだけ近づけるか
    と言うことです。
    射法八節が肝心なのです。
    いくらその人が聞かなくても、その人が理解してくれる教え方を考えるのが指導の大事な所です。
    私も教えていますが、
    「しどう」という言葉には自分は3つあると思います。
    「指導」 「支導」「死導」この3つです。
    なのでわからないときには、色々な人の意見をきいて、
    解決できるといいですね。
    頑張って下さい。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?