キド受け小説書いてください!((55コメント

1 魔理沙 id:9dRqVlU.

2014-08-08(金) 18:10:38 [削除依頼]
キド受け成分がたりない…
このままでは死んでまう…

ってことで誰かキド受け小説書いてください〜((泣
  • 36 死神 id:QI.dXtI0

    2014-08-15(金) 11:32:23 [削除依頼]
    ごめんっ!すっごい遅れた!
    じゃあ、続き!!
    〜カノ目線〜
    キドまだかな〜?全体可愛いんだよな〜♪だって、自分の部屋でスカートはいてたし…w
    キド「…き///…着た…ぞ…///?」
    な…なんか声まで可愛い!?…てか、見たい!
    カノ「じゃあ、出ておいでぇ〜♪」
    キドは赤面で少しずつ出てきた……可愛いなぁ…♪
    キド「ど…どうだ?…///に…似合わないだ…ろ?」
    いやいやいや!?すっごい似合ってますって!
    ってヤバイ!今、僕すっごい顔赤いよね!?欺かなきゃ!
    カノ「可愛いよ!?すっっっごい!可愛いよ!?」
    キドは女の子らしいフリルが結構ついた緑のワンピースを着ていた。
    腕にはパールが綺麗にかがやいた。チ
    キド「か…可愛くなどないっ!///」
    可愛いよ!?今、その格好でしたら、倍可愛いよぉう!?
    カノ「ふふっ(笑)じゃ、行こっか♪……あとさ…なんか…デートみたいだね♪」
    キド「デデデデ///デートぉう!?//」
    カノ「うん♪デートぉ!♪♪♪」
    キド「………/////」
    可愛い!?てか、今日何回可愛いって
    言ったんだろ!?可愛いすぎるよぉ!?
    キド「じ…じゃあ行くか…」
    カノ「……うん!(手をつなぐ)」
    キド「…ち…ちょ!?…まぁ…いいが…//」
    〜キド目線〜
    モモ「……こんにちは〜!((ニコ」
    ん…キサラギだ…
    カノ「おはよぉう!」
    なんか…カノ…顔が赤く見えるな…
    もしかして…キサラギのこと…!?
    (手を強く握る)
    カノ「…じゃ、行こっか…」
    キド「………お…う」
    カノ「……?…」
    続くよ!
  • 37 死神 id:QI.dXtI0

    2014-08-15(金) 11:38:29 [削除依頼]
    36で間違いが!!
    腕にはパールが綺麗に輝いた。です!
    ごめんなさい!最近来れなくなります!かも!
  • 38 死神 id:QI.dXtI0

    2014-08-15(金) 11:47:11 [削除依頼]
    明日は小説書けないかも!てか、書けない!頑張ってできるだす早く書くよ!あと、この話は…………………
    モモ→カノ→←キド…みたいな?感じです!で、キドはカノはモモが好きと思ってます!長文失礼しましたぁ!
  • 39 ミカヅキ id:w-PKmoRKC0

    2016-02-06(土) 07:00:03 [削除依頼]
    はじめまして!ミカヅキです。小説読ませてもらいました。 神降臨。 上手すぎです。 あ、リクエスト良いですか?(私文才無いので読む側) 良かったらヒビキド書いてください!(書けなかったらいいです) 
  • 40 ココア id:2vxTsFx/

    2016-08-09(火) 17:04:22 [削除依頼]
    はじめまして♪ココアともうします 。小説を書くのがとてもお上手なんですね!! 感激しました♪これからも頑張ってください!
  • 41 コノハ id:KCon5Wf0

    2016-09-17(土) 20:44:29 [削除依頼]
    はじめまして。僕も書いていいかな?
  • 42 るな id:7nkoMp91

    2016-10-17(月) 10:02:16 [削除依頼]
    初めまして。俺もかいていいですか?小説書くの好きなんで。よろしくお願いします!
  • 43 るな id:7nkoMp91

    2016-10-17(月) 13:39:49 [削除依頼]
    ヒビキド書いてみます!よろしくお願いします。

    ヒ「こんにちはー」
    キ「お、ヒビヤか。」
    ヒ「団長、今日おばさ……、モモいないの?」
    キ「あぁ。あいつは今カノとセトとマリーとシンタローとエネで買い物にいったぞ。あと、今キサラギをおばさんと言いそうになっただろう。」
    ヒ「うっ、」
    この人はメカクシ団団長のキドさん。男みたいに話すけど、完璧な女性だ。カノっていう団長によく殴られている人によれば、こっそりリンスを変えたり、実はフリルのスカートを持っていたりと意外と女の子らしいのだ。
    そして、この個性豊かな団員達をまとめる苦労人だ。
    ヒ「団長は一緒に行かなかったの?」
    キ「まぁな。今みたいに人が来たりしてもいいようにアジトにいることにした。…………」
    ヒ「どうしたの?団長?」
    キ「いや………キサラギがな、最近カノのことを好いてる気がしてな。たまにカノと話しているとキサラギがこっちをじっと見てるんだよ。」
    ヒ「団長……………」
    この人はきっと自分では気付いていないけどおじさん(カノ)が■■なんじゃないのかな。
    モ「ただいまです!」
    キ「おう お帰りキサラギ。【コソッ】今の話は秘密だ、ヒビヤ。誰にもするなよ。」
    なんていって普通におばさ………モモに接する。すごいな。この人。流石団長といったところかな。
    僕がアジトに来たのがお昼頃だったから、昼食を今いるメンバーで食べることになった。
    キ「昼飯できたぞー」
    今日の昼食はオムライスだった。みんな話が盛り上がり、楽し気だった。と、
    モ「皆さんに報告があります!」
    と、いきなりおば………モモが立ち上がった。
    モ「私、カノさんと、……付き合う事になりました!」
    え?モモがおじさん(カノ)と、付き合う!?じ、じゃあ団長は?
    キ「よかったじゃないかキサラギ。…カノも。おめでとう。」
    だ、団長!?いいの?
    それからモモとおじさん(カノ)の話になった。
    話を簡単にまとめると
    ・ モモは初めて出会ってテロのときにおじさん(シンタロー)のところへ行った時からなんとなく意識してた。
    ・ 告白はモモから。返事は『良いよー』らしい。
    団長は笑顔を作っていた。他の人達は気付いていなかったけど、僕とおじさん(カノ)だけは団長の作り笑顔に気付いていた。
    話も終わり、それぞれが好きな事をやり初めてから、僕は団長のところに行った。
    ヒ「団長、いいの?あれで。」
    キ「ヒビヤか。まぁカノの意思だろ。あいつがいいならいいんじゃないのか?」
    団長は寂しそうだ。
    ヒ「違うよ僕が聞きたいのは、そういうのじゃなくて団長はいいのかだよ」
    キ「ヒビヤ………。」
    ヒ「一人で悩まずにいつでも僕の事を頼ってよ。」
    僕はそれだけ言ってその場を去った。
    ヒ「ねぇおじさん。」
    カ「それ、僕の事言ってる?」
    ヒ「あんた以外に誰がいる?」
    カ「おやおや ずいぶんお怒りですねー。そんなに僕がキサラギちゃん取ったの気に入らない?」
    ヒ「そんなことじゃないよ。本当は団長の事好きで、団長の気持ちに気付いていたくせに。」
    カ「おやおやスルドイねぇ、ヒビヤくん」
    続く。


    なんかすいません。本当に。ヒビキドっていってたのにカノキドかもしれません。カノキドLOVEなので………。
    まだ書きたい事があるので、まだグダグダ続きそうですね。すいません。
    面白くないわ こんなもの!という人は、とばしてもらえればと思います。
    面白いといってくれている天使樣、これからもぜひ読んでください。
    本気で書いていきます。よろしくお願いします!
  • 44 るな id:kSuda3E0

    2016-10-22(土) 17:44:37 [削除依頼]
    続き二回書いたのに二回とも消えた。
    やる気失せた(=_=)
    続きは書く。うわーん<泣>
  • 45 るな id:6E1c2Gw0

    2016-10-29(土) 15:28:13 [削除依頼]
    やる気なくなったなぁ書く気0ダゼ。
  • 46 エネ id:WFmAOPdU

    2017-02-12(日) 17:31:05 [削除依頼]
    初めまして皆さん!わたしはエネです。よろしくお願いします〜
  • 47 エネ id:WFmAOPdU

    2017-02-12(日) 17:44:37 [削除依頼]
    カノ「いきなりの〜」
    エネ「王様ゲーム〜」
    カノ&エネ「「かいま〜〜く」」
    シンタロー「俺はそんなのやらなi..エネ「秘蔵フォルダ...」‼︎今すぐやろう。めっちゃやりたくなってきた」
    キド「俺もパス..カノ「フリルの〜スカート」パスしないぞ!」
    エネ「じゃ、始めましょう!」
    全員『王様だーれだ』
    コノハ「僕だ...じゃあ2番がねぎま100本買ってくる」
    シンタロー「(^p^)←←」
    エネ「ご主人の顔文字きもいですよ」
    モモ「お兄ちゃんキモいよ」

    中途半端ですがここで一度きります。
  • 48 るな id:3c8JGB1h

    2017-02-12(日) 17:54:48 [削除依頼]
    うお!久々にくると人が!どうも。るなです。俺って言いますが女です。そこはあんまり突っ込まないで下さいね……。
  • 49 るな id:3c8JGB1h

    2017-02-12(日) 18:07:58 [削除依頼]
    小説の続き投下!!    
    あーもう!なんなのこの人!しゃべり方といい、ペースといい、すっごいイラッとする………。   
    ヒ「ねぇおじさん。」  
    カ「なぁに?」   
    この裏のある笑顔とか………。本当、団長はこんなのに惚れたの………?僕としてはあり得ないよ………。   
    ヒ「あんたって、絶対団長のことが好きだよね?」   
    カ「あらバレた?」   
    ヒ「やっぱり…………。」   
    じゃあ、何でおばs………モモと………?」   
    カ「何で僕がキサラギちゃんと付き合うか知りたいみたいだね?」   
    覚悟は決めた。   
    ヒ「そうだけど。」   
    カ「じゃ、教えたげる。」   
    続く。       
    …………。オチと言うか、続きすらもかけるか怪しい………。と、言うわけで、駄作者るなでした。
  • 50 エネ id:qJrbmwoG

    2017-02-15(水) 20:25:25 [削除依頼]
    王様ゲーム
    シンタロー「買ってきたぞ」
    コノハ「ありがとうシンタロー」
    『王様だーれだ』
    セト「俺っす
    じゃあ、5番が俺と5分間密室っす」
    キド「あ〜、夕食の準備するから俺は抜けるぞ」
    エネ「あ、団長さん5番ですね」
    キド「ギクッ」
    セト「じゃあキド行くっすよ(ズルズル)」
    キド「やめろ〜」

    一旦ここできります
  • 51 るな id:3c8JGB1h

    2017-02-16(木) 22:15:44 [削除依頼]
    続き   
    カ「んー、何から話そうかなぁ………。」   
    ヒ「どうでもいいから早くしてくれる?」   
    カ「おやおや、最近の小学生はお手厳しいことで。」   
    本当、この人なんだろう。何でこんなに、人の神経逆撫でする感じの喋り方できるのかな……。ある意味天才じゃん。   
    カ「僕さぁ、人の気持ち、あんまり断れないんだよね。特に女の子の純粋な思いを踏みにじりたくないんだ。」   
    ヒ「でもさぁ、あんたの優しさも、自分の一番大切な人を傷つけてるんだよ。」   
    カ「知ってるよ。キドの事言ってるんでしょ?」   
    なんだよ。話通じるやつじゃん。性格の割には。   
    カ「キドの事は好きだよ。恋愛感情として。でも……こんな僕があの子の傍に居ちゃいけないんだよ。あの子は、もっといい男と結ばれて、幸せになるべきなんだ。」   
    ………………そういう事か。愛しているからこそ、自分と結ばれてはいけないって思ってるのか。   
    なんだろう。凄いいい人に思えてきた……。   
    続く
  • 52 來羅 id:cfBYh5JD

    2017-03-05(日) 21:10:55 [削除依頼]
    こんにちは。暇があったら書いていくので
    よろしくお願いします
  • 53 來羅 id:cfBYh5JD

    2017-03-06(月) 18:14:41 [削除依頼]
    書きます。アヤノ目線です

    ...最近、つぼみがちょっと変だ。
    今までは、コーヒーはブラックでも飲めてたのに、急に「砂糖入れた方が女の子っぽいから...」
    とか言って、飲めなくなっちゃったし...。しかも、
    「2人だけで話したい。」とか言って、
    いま隣にいるし...。
    「つぼみ、話したいことって?」
    「えっと...。」
    しばらく黙っていたけど、つぼみは
    覚悟を決めたように言った。
    「あ、あのさ!兄弟ってさ!
    け、結婚できないの!?」
    「?!?!?!!」
    な、
    なに言っちゃってんのこの娘!

    つづく。
    すいません、ちょっと切ります。キド受けじゃなくなるかもです。
  • 54 るな id:65OkzecK

    2017-03-06(月) 21:43:52 [削除依頼]
    続き



    「あ~あ、僕ってなんでこんなに嫌なやつなんだろうね?本当、自分が大っ嫌いだよ。」
    この人、笑ってない……。いつもなら、絶対笑って返してくるのに。
    凄い真顔。というか、怒りすら含んだような顔だよ。眼光が鋭い。いつもだけど。今は普段にも増してこの人に嘘がつけないな。
    「せっかくいい顔してんのにキャラ崩壊してるよあんた。」
    美形なのに。この顔でちょっと洒落た喫茶店でバイトでもしてみろ。女がキャーキャーだぞ。しゅうやくーんなーんて呼んで馴れ馴れしく寄られるな。
    「ヒビヤ君もかっこいい顔なのにねぇ。君って結構お人好しだよね?放っておけない的な?」
    「そう?」
    「まぁそんな感じ。」
    へぇ。僕ってそんな風に思われてたんだ。実際、この人って鈍感に見えて……というか見せて、本当は凄い冴えてるところがあるんだよな。
    てか、いつまでもこの人といても何も変わんないし。
    「あんたどうすんのこれから。」
    「………うーん………どうしようか……。」
    はっきりしてくれ。もう、なんなら
    「分かんないなら、僕が団長貰ってもいい?」
    最後の作戦。これで決まらなかったら、僕にはどうしようもない。本心は団長とこの人はくっつくべきだと思う。
    団長が好きだからこそ、近くにいれないなんて言ってたけどさ、団長の傍にいるのは、おじさん以外考えられないし。
    「僕に団長取られたくなかったら、先に団長を自分の物にするんだね。」
    「っ~………!」
    うわ、あからさまに動揺してる。瞳に迷いが滲み出てる。何だかんだ言って、分かりやすい時は分かりやすい人だな。
    「まぁ、判断はあんた次第だから。ちなみに僕は本気だよ。遊びじゃないから。」
    そう言い残してその場に背を向ける。
    どうするかは、あんた次第。

    続く………かな?
  • 55 來羅 id:cfBYh5JD

    2017-03-11(土) 18:13:57 [削除依頼]
    つぼみ...?いったい何処の誰がうちの
    可愛い妹をこないにしたんどすかぁ...?
    ー取り調べ室ー
    ア「お前だな!」
    セ「...?姉ちゃん、なんの事っすか?」
    ア「とぼけるな!お前がつぼみをたぶらかした
    証拠はここに揃ってんだ!」
    セ「...?証拠って、その手に持ってる
    プリンの事っすか?」
    ア「ウグッ...、これは、私のおやつ。」
    セ「...。そんな目で見なくても、プリンを
    取ったりはしないっすよ?...カノなら知らない
    すけど。」
    ...修哉か...。
    セ「おかーさーん!ヤバいっす!姉ちゃんが
    犯罪に走ろうとしてるっす!」
    ア「しゅーうーやー...?」
    セ「に、に、に、逃げろーっす!」

    つづく。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません