俳句

俳句投稿掲示板より。


1    梅花  [id : e8tjx9b0] [2013-06-23(日) 01:52:28] 削除依頼

私は最近俳句にハマりました。
中でも、

観覧車 回れよ 回れ
想い出は 君には一日 我には一生

という俳句が大好きです。

みなさんも、お気に入りの俳句は
ありますか?
あれば教えて下さい♪
また俳句を作りましょう!

2 kiyosi  [id : PkDsrRG.] [2013-08-11(日) 19:16:55] 削除依頼

主に、詩を詠みます。
レスもあります。
気が向けば俳句も詠みます。
俳句は、いろんなレスに詠んでます。

3 こころ  [id : 1BSqALq1] [2013-08-12(月) 18:04:05] 削除依頼

巻き上げた 君のほのかな

髪の先  夏の暑さも  忘れるほどに

4 kiyosi  [id : zUenbEy1] [2013-08-14(水) 14:20:18] 削除依頼

朝顔が 萎む訳には 明日がある

5 kiyosi  [id : zUenbEy1] [2013-08-14(水) 14:52:00] 削除依頼

雨上がり 潤いをもつ 花々よ

6 kiyosi  [id : zUenbEy1] [2013-08-14(水) 18:43:05] 削除依頼

懐かしい 歌が流れる 居酒屋に

7 なり。  [id : dgvyIO/0] [2013-08-15(木) 11:42:34] 削除依頼

なんでそんなにおもいつくんですかああ!?

8 kiyosi  [id : PerbgEr1] [2013-08-15(木) 14:18:54] 削除依頼

夏の日に スイカを冷やし 食べるかな

9 kiyosi  [id : PerbgEr1] [2013-08-15(木) 18:39:30] 削除依頼

風呂上り グラスに注ぐ 缶ビール

10 kiyosi  [id : Sf7L4QN/] [2013-08-16(金) 10:04:07] 削除依頼

なりさんへ
無理に書こうとしないで
下さい。
気楽な気持ちで
書きましょう。

11 (*´∀`*)  [id : Tkkcv3m.] [2013-08-16(金) 15:43:03] 削除依頼


だれかー

中2女子が考えそーな俳句作ってー

季語は入れてー

どの季節でもいいんでー


たのんます!w

12 kiyosi  [id : C9ePQdV0] [2013-08-17(土) 12:58:31] 削除依頼

頑張って描いて下さい。
応援していま〜す

13 まいく  [id : e.VxVp6/] [2013-08-18(日) 22:53:03] 削除依頼

田舎にて暑さあっても遊ぶのだ

14 kiyosi  [id : W2dik61.] [2013-09-09(月) 19:46:51] 削除依頼

秋の夜の 虫の鳴き声 酔いしれる

15 kiyosi  [id : W2dik61.] [2013-09-09(月) 20:54:06] 削除依頼

ピストルの 音で駆け出す 子供たち

16 名監督  [id : Ek9YQvT.] [2013-09-15(日) 00:51:53] 削除依頼

夏休み 終わりを告げる 茜空

17 みみ  [id : lMG79/e0] [2013-09-15(日) 09:43:29] 削除依頼

秋の朝 せみの声 なくなった                         

18 みみ  [id : lMG79/e0] [2013-09-15(日) 09:47:40] 削除依頼

秋なりて ここちよい風 通りすぐ    なんて。      

19 kiyosi  [id : EzdzDeM0] [2013-09-19(木) 20:23:56] 削除依頼

秋空に 飛ぶ赤とんぼ 寂しさよ

20 頭脳が芋  [id : AXf3C1I/] [2014-02-07(金) 21:03:01] 削除依頼

好きな俳句書き込んでいいんだね?いいんだね?

田中常矩の
呑みし乳を かへすぞ目より 五月雨

各務支考の
歌書よりも 軍書にかなし 芳野山
叱られて 次の間へ出る 寒さ哉

松尾芭蕉翁の
五月雨を 集めて早し 最上川

向井去来の
葉がくれを こけでて瓜の 暑さかな

忌部路通の
芭蕉葉は 何になれとや 秋の風

井原西鶴の
大晦日 定めなき世の 定め哉

がかなり好きです。芭門が本当に素敵すぎてどうしよう…いや、本をもっと読めばいいのだけれど。

21 やもり  [id : AXf3C1I/] [2014-02-07(金) 21:19:47] 削除依頼

自作。

水底で
仰ぎ見るるは
上弦の月
意味:空を見上げて見た空が、青白い上、ぼやけた月が出ていたので、水の底から見た様だった。

あとこの句は直す前と後があるので両方のせます。


御籤にて
積む白雪ぞ
紅椿
           意味は両方とも、          
後      『椿の木に括られた御神籤が、雪のようにみえて、
おみくじの  まるで椿の木に雪が積もってるようだった。』
雪の積もった          という意味です。
椿の木

22 やもり  [id : aKk5X7c1] [2014-02-08(土) 09:48:31] 削除依頼

暖にあたり
積もりし雪を
見ゆるけり

降りしきる
雪で全てが
真っ白け

23 やもり  [id : aKk5X7c1] [2014-02-08(土) 13:17:54] 削除依頼

手に取った
雪の結晶
消えてゆく

雪が降り
凍った地面で
スケートだ

積む雪に
我が足跡を
刻むなり

靴底に
入った雪で
肌寒い
         雑
雪降れば    商店街  
空も地面も   どこから香る  
真っ白け    香のかおり

雪が降り
白い地面に
鳩が二羽

雪踏めば
ざっざっざっざ
音がする

24 やもり  [id : aKk5X7c1] [2014-02-08(土) 13:21:19] 削除依頼

雑の句ですが
?どこから?
ではなくて        連続レスごめんなさい。
?どこからか?
です。

名前:

(書き込む前に利用規約の確認を) 掲示板ガイドと利用規約 (投稿前にお読みください)
俳句 - 最新50レスだけ見る。
このスレッドの投稿を全表示 - ここの書き込みをぜんぶ一気読み。
俳句投稿掲示板に戻る