適当に小説・SSを載せようか ?224コメント

1 ブランディー id:OTOtXH//

2016-05-21(土) 20:22:51 [削除依頼]
前スレ「適当に小説・SSを載せようか」の続き
利用規約を守り、自由にお使いください
  • 205 技血の慈悲ヴェリン id:Dms1faLC

    2017-03-06(月) 09:50:58 [削除依頼]
      ss『戦神のアリーナで…』

    AC2のアリーナを舞台のss。主人公はボヘミア。あるキャラとあるキャラを足して二で割ったような奴だと妄想、気に入ったので主役に。

    ・アリーナ紹介文
    パイロット名:ボヘミア /AC名:ナルキッソス/ランク15
    某大富豪の息子で、浪費と快楽の限りを尽くして生きる。高額なパーツで構成された機体はけして見掛け倒しではなく実力と才能にも恵まれた実力者。アリーナには余興で参加。

    ・AC:ナルキッソス
    軽逆に腕バズ・背部プラキャ・ミサイルデコイ装備。腕10発、背中10発の驚異的な弾数不足と荷重オーバーという謎アセン機体。使ってみると荷重オーバーの割に良く動く。軽量機としては…うん…

  • 206 技血の慈悲ヴェリン id:Dms1faLC

    2017-03-06(月) 09:56:13 [削除依頼]
    オリキャラ紹介
    ・じいや:ボヘミア専属じいや。ぼっちゃま第一。アリーナ危ないからぼっちゃまが心配。

    ・受付:アリーナの対戦受付担当。ランカーの心のオアシス。

    ・オヤヂ:アリーナ観戦マニア。長年の観戦からくる彼のランカー評価は下手な専門家より的確な上に語るの大好き。そのため、対戦相手の情報収集のために彼を訪れるランカーは多い。(2未経験の方のためにランカーのアセン、戦法を説明するコーナー用のキャラ。この人の言ってる事がそのままゲーム内でのランカーの動きと思っていただきたい…作者視点の分析なので的外れかも)

    ・ゲーム登場キャラはその都度紹介
  • 207 技血の慈悲ヴェリン id:l7ysr1xg

    2017-03-20(月) 17:55:43 [削除依頼]
       『第一話 天才は注目されすぎて辛いよね~』

    ボヘミア (以下、ボヘミ):
    「僕を一言で表すなら…天才、かな」
    「何でも出来て何でも持ってる。だから人生イージーモードさ」
    「暇潰しにアリーナに出たら…ハハ、ACの才能もあったみたい」
    「さて、今日のお勉強も終わったしアリーナに行こうかな」
  • 208 技血の慈悲ヴェリン id:l7ysr1xg

    2017-03-20(月) 18:01:46 [削除依頼]
      アリーナ 受付


    受付:「あら ボー君じゃない。いらっしゃい♪」


    ボヘミ:「おい、その呼び方はやめろと何度も…」


    受付:「今日も対戦? でもごめんね~」
       「突然来られても、ろくなカード組めないわよ~」


    ボヘミ:「話を聞け!…まったく」
       「だいたいこの僕が来たんだぞ!他は無視すればいいんだ」


    生活環境と才能に恵まれたボヘミアは基本、自己至上主義である


    受付:「無茶言わないでよ まったく…」
       「あ、そういえば~この前の試合、好評だったわよ~」
       「是非、ボー君に挑戦したいって人がいたわ~」
       「ボー君がよければいつでも戦いたいって~」


    ボヘミ:「何、それを早く言え!…僕に挑戦なんて身の程知らずだね」
       「でもまあ、当然かな。僕のテクを見たら挑みたくもなるか」
       「で、どこの誰だい?」


    受付:「え~と 名前は…フレイアちゃんね~」
     
  • 209 技血の慈悲ヴェリン id:l7ysr1xg

    2017-03-20(月) 18:03:15 [削除依頼]
         第一回・オヤヂのランカー紹介コーナー
    オヤヂ:
    「む? あんちゃん、見ない顔だね…え?最近仕事で火星に来た?」
    「此処も初めて?…そうかそうか!なら色々教えてやるよ!」

    「そうだな…まずは次の試合に出るランク23、フレイアについてだ」

    「軽量四脚を操り、相手の頭上を取る戦法は空を優雅に舞うかのよう」
    「華麗な戦いとそのツラのおかげで黄色い歓声が絶えないな。」

    「確かにフワフワ浮いてたのがOBで視界から突然消えるのは見応えある。」
    「だがそれに拘るあまり、武装は低負荷でお粗末。」
    「決め手に欠けるせいで今のランクに甘んじているって印象だな」

    「俺に言わせりゃ、素人にしかウケない二流芸人ってとこだ」
    「お! そろそろはじまるぜ!」
  • 210 技血の慈悲ヴェリン id:l7ysr1xg

    2017-03-20(月) 18:06:16 [削除依頼]
       アリーナ.エキシビジョンマッチ 

    ランク15:ボヘミア AC:ナルキッソス
       vs
    ランク23:フレイア AC:スウィートエデン

    フィールド:バトルドーム


    観客(女)A・B・C:「キャーーー!!フレイア様ーー!!」


    フレイア:「アハハハ (白い歯キラーン)」手フリフリ


    ボヘミ:「・・・」イラッ
       「キミがフレイアか。僕に目を付けるとは見る目あるじゃん」
       「でも、ちょっと調子に乗ってるよね?」
       「格の違いってやつを・・ってオイ!!」

    自分のAC上で向かい合っていたボヘミアとフレイア…
    しかし、フレイアは話の途中でACの中に引っ込んでしまった。
  • 211 技血の慈悲ヴェリン id:l7ysr1xg

    2017-03-20(月) 18:08:37 [削除依頼]

    ボヘミ:「ぼ…僕の話の途中でだと? うん?通信?」


    機体内蔵の通信機にコールが入る…


    フレイア:「初めましてボヘミアく~ん」
       「いや、ホント…君に挑戦できて良かったよ」


    ボヘミ:「そ そうかい。でも、わざわざ通信でなくとも…」


    フレイア:「だって君、アリーナの評判最悪だからね~」
       「嫌味なボンボンとか…何それ、テンプレ?」(笑)


    ボヘミ:「 なっ 」ピク


    フレイア:「君を華麗に負かすところを観客に見せて…」
       「イメージアップさせてもらうよ!じゃ、よろしく~」プツン


    軽薄な口調で一方的に通信をきるフレイア…


    ボヘミ:(僕をダシにする? 僕に勝てる気でいる? …この僕に?)
       「フッ…フフ…久しぶりだよ、僕を怒らせるお馬鹿さんは」
       「見せてもらおうじゃないか。華麗な戦いとやらを・・」


         カーーン!!  
    程なくして試合開始の合図が鳴った!
  • 212 技血の慈悲ヴェリン id:l7ysr1xg

    2017-03-20(月) 18:09:48 [削除依頼]

    フレイア:「フッ…華麗に飛翔…」キラーン☆


    スウィートエデンは開始と同時に舞い上がった
    ナルキッソスはというと・・

    ボヘミ:「大言言いやがって…なら手並みを見せてみなよッ」


    アリーナに身を沈め、両肩から二本の長大な砲身を構えた!
    二門連装のプラズマキャノンである!


    フレイア:「ププ…ちょっとちょっと~ボヘミアく~ん?」
       「今からその大砲、全弾外して僕を輝かせてくれるの~?」
       「サービス良いですね~?本当は良い人なんですか~?」ヘラヘラ


    ボヘミ:「ハッ! 躱しきってから言うんだね!」

  • 213 技血の慈悲ヴェリン id:l7ysr1xg

    2017-03-20(月) 18:12:26 [削除依頼]

       Zgaaan!!
    絶大な破壊力を誇るプラキャが二門同時に放たれる……が


    フレイア:「・・ふふん♪」 スウィートエデンは難なく回避する!


    観客(女)A・B・C:「キャーー!!カッコイイーー!!」


    途端に湧き上がる黄色い歓声!


    ボヘミ:「・・・」イライラッ


    フレイア:「ボヘミアく~ん、ど~お?僕の華麗n  ボヘミ「そこをぉ!!」


       Zgaaan!!


    フレイア:「 へ!? 」


    迫る光弾を辛うじて躱す!


    フレイア:「ふ…ふ~~、危ない危ない。今のはs  ボヘミ「もう一発!!」


       Zgaaan!!


    フレイア:「みぎゃッ!!」


    続けて放たれた光弾がスウィートエデンの左腕を焼く!

  • 214 技血の慈悲ヴェリン id:l7ysr1xg

    2017-03-20(月) 18:14:42 [削除依頼]
    フレイア:「ちょ…ちょっとやりすぎなんじゃ…!」


    ボヘミ:「チッ! 腕に掠っただけか…でも、まだまだいくよ!」


    フレイア:「ひ…ひぃーーー!」
       (コ…コイツの射撃、正確すぎる!)
       (金に飽かしたコケ脅しじゃないの!? ほ…本物!?)


    ナルキッソスの砲門に光が灯る
    そして弾切れまで止めるものかとばかりに猛攻を仕掛ける!


    フレイア:「こうなったら…!」
     
  • 215 技血の慈悲ヴェリン id:l7ysr1xg

    2017-03-20(月) 18:17:17 [削除依頼]

    ボヘミ:「 む!」


    突如、スウィートエデンは超加速!アリーナの端まで飛退く!


    フレイア:「このOBの超加速についてこれるかな!?」ドヤッ!


    ボヘミ:「…このナルキッソスの射程を甘くみるなよ…」


    フレイア:「 え?」


    ボヘミ:「アリーナ程度の広さなら動かずともカバーしきれる」
       「安全地帯なんてあると思わないでほしいな!」


    フレイア:「う うわーーー!!」


    アリーナの対端にいるスウィートエデンに対し、さらに砲撃!
    スウィートエデンは再度OBを起動し、アリーナ中を逃げ回る

  • 216 技血の慈悲ヴェリン id:l7ysr1xg

    2017-03-20(月) 18:18:45 [削除依頼]

      アリーナ・観客席

    観客1:「おい!逃げてんじゃねーぞ!」
    観客2:「戦えやー! つまらねーぞ!」


    観客(女)A:「あ…フレイア様が…」
    観客(女)B:「が…頑張ってーフレイア様ー!」


    声援虚しく、スウィートエデンは逃げ回るのみ・・。


    フレイア:「お 落ち着け! 落ち着くんだ僕!」
       「プラズマキャノンは弾数が少ない!」
       「すぐ弾切れだ!その後が僕の華麗なターン!」グッ


    実際その考えは正しい
    ナルキッソスの背武装「ZWX-E90/MAC」の弾数は二門合わせ20発、つまり使用回数は10…ナルキッソスの継戦能力は決して高くない

  • 217 技血の慈悲ヴェリン id:l7ysr1xg

    2017-03-20(月) 18:21:37 [削除依頼]

    Zgaaan!!… Zgaaan!!… Zgaaan!!… カチャ…カチャ…


    ボヘミ:「当たれー!って、あれ?弾切れ?」
       「ちぇ 全部で…3発?しか当たらなかったな~」


    フレイア:「え…終り? フ…フハハ! さあ、今から僕n」


    必死に逃げ回っていたスウィートエデンは今こそとばかりに反撃に打って出る!…が…


    ボヘミ:「じゃ、飽きたし終わらせよっか」


    砲身を収めたナルキッソスはふいに跳躍しスウィートエデンに接近!
    そして構えるは両腕から伸びる腕部一体武装のバズーカ!


    フレイア:「 え? 」キョトン


    ボヘミ:「『え?』って、まさか忘れてたわけじゃないよね?」ニヤニヤ
       「さあ、今度も避けてごらんよ、もっとも…」
       「OBの蒸しすぎで浮いてるのがやっとみたいだね」
       「至近距離、避けられるかな~?」
     
  • 218 技血の慈悲ヴェリン id:l7ysr1xg

    2017-03-20(月) 18:23:01 [削除依頼]


    フレイア:「ま 待って!こんなの見世物としてどうなのかな~?」
       「君は随分暴れたし、そろそろ僕の見せ場も・・


    ボヘミ:「はぁ~ もういいから消えなよ、道化クン」


    フレイア:「ど…道化!?この僕にむk  うぎゃーーー!!」


    宙に浮くスウィートエデンへ砲弾を浴びせかける
    スウィートエデンは激しい爆炎に包まれた!

    Zgaaan!! Zgaaan!!  Zgaaan!!

    砲撃は続き、その度に爆炎は大きくなる!
    十数発もの砲弾を受けた頃、スウィートエデンはスクラップ同然の姿となって煙の中から堕ちていった・・。


        カーン! カーン! カーン!


    リングに叩きつけられたスウィートエデンを確認し、勝敗を決するゴングが鳴る!


    ボヘミ:「あ~、またやりすぎちゃったかな~」
       「壊しすぎるのがナルキッソスの『唯一』の欠点だね」ハハ!
     
  • 219 技血の慈悲ヴェリン id:l7ysr1xg

    2017-03-20(月) 18:24:30 [削除依頼]

    観客1:「おいおい、終わっちまったぜ!」
    観客2:「この試合でフレイア、一発も攻撃してなくね?」
    観客3:「おう、そうだな ププ…ダサ!よわっ!」


    観客(女)A:「フレイア様・・」
    観客(女)B:「カッコ悪い・・」
    観客(女)C:「…でも、あのボヘミアってちょっと良くない?」
         「若いし…ボンボンだし…顔そこそこだし…」


    観客(女)A・B:「・・・」
    観客(女)A・B・C「キャーー!!ボヘミア様ーーー!!!」


    黄色い声援を我がものとしながらボヘミアは宣言する


    ボヘミ:「フ・・完全勝利さ」


    観客「ウオォォォォ――!!」ヒュー!ヒュー!
     
      … …  … …

  • 220 技血の慈悲ヴェリン id:l7ysr1xg

    2017-03-20(月) 18:27:26 [削除依頼]

       試合後・受付


    ボヘミアが試合後の手続きのため受付を訪れると、そこには既に先客がいた


    ??:「また負けちゃいました~・・」


    受付:「ま まあ、今日は結構イイ線いってたわよ~」


    ??:「ほ ほんとですか!?ありがとうございます!」
       「次はもっと頑張ります!」グッ


    受付:「ええ、応援してるわ~」(…健気な娘 ) ホロリ


    ボヘミ:「おい、お前 邪魔だぞ」


    ??:「え? あ!す すいません 今どきます!」サッ


    待つ事の方が間違いと言わんばかりの尊大さに、受付と話していた少女は思わず場所を空けた


    受付:「ちょっとボー君。『順番は守ろう』なんて」
       「子供でも守れる最低限のマナーよ~」


    ボヘミ:「フン 知らないね。マナーは対等な相手にするものだ」
       「こんな下賤の・・・キミ、見ない顔だね」マジマジ


    ようやく相手の顔を見たボヘミアは、一見アリーナには不似合いな容姿に目が止まる…
     
  • 221 技血の慈悲ヴェリン id:l7ysr1xg

    2017-03-20(月) 18:29:03 [削除依頼]

    ??:「は はじめまして エネです」ペコリ
      「ボヘミアさんですよね?さっきの試合、凄かったです!」


    彼女はランク45:エネ  AC:ピースフルウィッシュを操るランカー
    年端もいかない可憐な少女はランカーには珍しく、また未熟ながらも幾度もアリーナに臨む姿が相まって一部の観客から人気を得ている…が、それをボヘミアが知るはずもなかった


    ボヘミ:「僕が凄いだって?…ハッ!」
       「そんな当然な事、わざわざ言わないでくれる?」フフン


    エネ:「いえ、本当に凄かったです!もう同じ人間とは思えないくらいで」


    ボヘミ:「ハッハッハ、下賤なりに弁えてるね!気に入ったよ」


    エネ:「いや~それ程でも…」テレ


    受付:(全然噛み合ってないわね~ この二人)
      「もういいわ~ …で?ボー君は何しにきたの~?」


    ボヘミ:「ボー君って呼ぶな。次の試合の申請にきただけだよ」

  • 222 技血の慈悲ヴェリン id:l7ysr1xg

    2017-03-20(月) 18:30:12 [削除依頼]


    受付:「あら、いつもそう事前にしてくれるとお姉さん助かるわ~」


    ボヘミ:「『お姉さん』…ねぇ?」


    受付:「な~に?」ニコ~


    ボヘミ:「べ 別に。それより、この時間で登録するから適当にやっとけ」


    彼女はアリーナ受付を長い間勤めているのは確かだが、いつからかは誰も知らない…そして誰も詮索しない、知らない方が良い事は何処にでも有るものである


    受付:「はいはい、受理しました~  他には~?」


    ボヘミ:「無いよ 僕は忙しいんだ。済んだなら行くさ」
     
  • 223 技血の慈悲ヴェリン id:l7ysr1xg

    2017-03-20(月) 18:31:51 [削除依頼]


    エネ:「あ あの!次の試合も頑張ってください 応援してます!」


    ボヘミ:「ん? まだいたんだ・・フン、言われるまでもないよ」スタスタ


    エネ:「あ!さよーならー!またいつかお話しましょー!」手フリフリ


    最後までイマイチ噛み合わないまま、二人は別れた…そのやりとりを見て、周囲が俄かに騒ぎ出す

    周囲1:(んで あんなのがエネちゃんと話してんだよ…)ギギギ
    周囲2:(応援だと!? ボンボンのくせに!ボンボンのくせに!)ギギギ
    周囲3:(エネちゃん prpr )…フヒ


    一部のランカーの間でもエネは注目されていた…が、エネ自身はそれを知らない


    受付:「…はぁ~ イイ男っていないのかしら?」
       「さて…お仕事、お仕事っと」


    何の変哲もないアリーナの一日
    しかし、二人の出会いから全てが始まる…

            第一話・終

  • 224 サファイア id:2W63FqSZ

    2017-03-21(火) 23:38:51 [削除依頼]
    いいね、こういうノリのAC
    RAVENWOOD以来の出来だよコレ
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?