もしも僕が・・・5コメント

1 那奈 id:VXzEC/z/

2011-12-11(日) 17:26:12 [削除依頼]
もし

僕が、この世に存在しなかったとして・・・

もし

僕が、みんなの記憶から消えたとして・・・

もし

僕が、突然いなくなったとして・・・


     その時


    誰か・・・僕のことを


    探してくれる人は、いるんだろうか。


     孤独・・・孤独・・・こどく・・・コドク・・・


 


  
  • 2 那奈 id:VXzEC/z/

    2011-12-11(日) 17:33:40 [削除依頼]

    少年は、静かに

    窓の外を眺めていた。

    葉が散り、さみしくなった木。

    あまり天気のよくない、空。

    いまにも降り出してきそうな、雪。


    だいぶ寒くなった、この季節・・・


    少年は、一人・・・


    病室にいた。


    とくに、なにも喋ることなく

    「寒いな・・・」

    そう呟く。


    カーテンを閉めて、再びベットに潜り込んだ。


    この冬も・・・何度目だろうか・・・。


    この病室ですごした冬は・・・。


    病室は、シンと静まり

    まるで、少年を閉じ込めているようであった。
  • 3 那奈 id:VXzEC/z/

    2011-12-11(日) 23:13:01 [削除依頼]

    はじめまして^^
    那奈ともうしまするwww

    あたたかい目で、見てくださいww((
  • 4 那奈 id:5L4Zwgi1

    2011-12-20(火) 22:27:48 [削除依頼]

    「心配することない。絶対に、君はよくなるよ。」


    もう、聞き飽きた・・・

    その言葉も、何度言われたことか。


    「先生は、そればっかりだね。

    本当は、治らないんだよね。僕の病気も」


    ベットに座ったまま、先生に問いかける。

    「そんなことない。絶対に治る・・・いや治してみせるよ。」


    「うん。・・・」


    とくに、感情を顔に表すわけでもない。

    ただ、窓の外を見つめていた。


    「じゃ、ゆっくり休むんだよ。」


    そう言って、先生は病室から出ていった。


      治してみせる・・・か。


    「どうせ・・・どうせ・・・」


    少年は、静かにつぶやき

    ため息をついた。
  • 5 那奈 id:5L4Zwgi1

    2011-12-20(火) 22:36:32 [削除依頼]
    第一章 僕


    僕は、大和田 珀斗(おおわだ はくと)

    昔から心臓が弱く、

    幼い時の記憶は、病室でのことしか思い浮かばない。


      だから・・・

    いつも一人だったんだ。

    医者は本当のことは言ってくれない。

    親も何も話してくれない。

    残酷な現実でもいい

    僕は・・・死ぬんだろ?


    べつに、この世に

    未練なんかないんだ。

    でも・・・


    僕の存在が

    みんなの記憶から消えていく。


    それだけが


    たまらなく苦しい。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
編み物 クレイクラフト 洋裁 社会科学部 切絵 ウクレレ ガーデニング・家庭菜園 ダイビング部 杖道部 電子工作

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。