二人で5コメント

1 茜空 id:Bw5tPmy/

2011-12-11(日) 14:58:29 [削除依頼]
このまま二人で遠くまで


誰にも見つからない、とおい、遠い場所に


行ってみようか……
  • 2 茜空 id:Bw5tPmy/

    2011-12-11(日) 15:00:17 [削除依頼]
    桜が咲くころ、


    きっとあなたは私のことを


    『遠い昔に愛した者』と呼ぶでしょう


    それでもいい。


    私があなたの頭の中にいるのなら――…
  • 3 茜空 id:d1zfei/0

    2011-12-13(火) 16:20:31 [削除依頼]
    『畑山 裕斗先輩』

    その名前が周りから耳に入ってくる度に私の好奇心メーターがぐんぐん上昇していく。


    いつからだろう。


    私がここに入学してからまだ1カ月しか経ってないのに、いつからその名前を聞いたのか思い出せない。


    ああ、そうだ。


    確か、入学式に挨拶してた、あの人だ。


    この高校の生徒会長の…


    畑山 裕斗先輩。


    一度、会ってみたいなぁ――…
  • 4 茜空 id:d1zfei/0

    2011-12-13(火) 16:33:49 [削除依頼]
    そんな私のささやかな願いは、すぐに叶えられた。


    「少し早いけど、行ってきまーす」


    そう言って私は、いつもより10分早く家を出て、学校へ向かった。


    玄関のドアノブを開けて、春の気持ち良い空気を思いきり吸う。


    そこには。


    背が高くて、すらっとしたモデル体型の高校生の姿。
    偶然にも同じ制服を着ている。
    …誰?


    そんなことをぐるぐると考えながらまじまじと見つめていると、
    私の視線に気づき、一言。


    「おはよう。一年生?」


    ・・・おはよう?
    私の知っている人?
    もしかして同じクラス?

    ・・・いやいや、こんな人見たことないし。
    それにこんな容姿の整った人同じクラスになんか…

    それに、一年生?って…。

    もしや、他学年か?

    わかんないよー・・・。


    「…?」

    私を見て不思議そうな顔をする彼に、私はどう反応していいのか分からず、


    「え、あ?あの、おぉ…おはようございます…えっと…。」


    行ってから後悔する私。


    なんだこの意味不明な返答はっ!!

    そんな私を見て、彼はクスッと笑った。


    ―――――…っ―――…。
  • 5 茜空 id:d1zfei/0

    2011-12-13(火) 16:42:23 [削除依頼]
    「ごめん、ごめん。いきなりだと困るよな。俺、畑山 裕斗。三年生で、生徒会長やってます。」


    …!?

    この人が皆がキャーキャー言ってる畑山 裕斗先輩?
    「あなたが…。」

    「ん?なんか言った?」

    「あっいえ、何でも…。」

    「そう?なんか困ったことあったら、いつでもいいなよ。」


    しっかりしてそうな人。
    いや、生徒会長をやっている時点で相当しっかりしてる人だよね。


    その立ち位置から一歩も動こうとしない彼に、

    「あの…学校行かないんですか?」

    って聞いてしまった。

    失礼だよね、こんな言葉…

    今度からよく考えて言葉を発するようにしようと心に決めた私。


    「行くよ。一緒に行かないの?」

    一緒に行くのが当然!みたいな顔して言う彼に、私は何も言えず、二人で学校へ向かうことになった…。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
彫刻 パワーリフティング部 タッチフットボール部 サーフィン部 医療事務管理士 装道部 イラスト・絵画 編み物 ビーチバレー部 洋裁

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。