Mなんです7コメント

1 m id:bzzrt.u1

2011-12-08(木) 11:49:05 [削除依頼]
  
  
 
「その冷たい目で僕を見てください!
 いやむしろ見ないでください!
 あ、僕なんかが上から目線なんてうざいですよねっ
 このことは忘れて下しぁっ・・・っ痛・・・」

いやいやいやいや
色々ツッコみたいところはあるけど
その前に・・・・

お前誰だよ。

   
  • 2 m id:bzzrt.u1

    2011-12-08(木) 12:10:39 [削除依頼]
       
       
    4時間目終了のチャイムが鳴ったと同時に
    隣のクラスからやってきた。

    コイツは誰だ?

    私、森川由奈(もりかわ ゆな)は
    馬鹿なりに考え出した当たり障りのない返事で返す。


    「えーっと・・・いきなりどうしたの?」
     
    「あ、えと、いきなりすいません!
     僕だいぶ前・・・入学式のときから
     由奈さんのことが好きだったんです!」

    「えぇ!?」


    入学式はもう1年と7ヶ月前に終わったはず・・・
    一言も話したことないから、もしかして一目ぼれ?
    いやでも私お世辞でもそんな可愛くはないよな・・・


    「由奈さんみたいな小柄で、気の強そうな人・・・
     すごくタイプでして・・・・」

    「ありがと・・・?」

    「普段は割りと明るい性格なのに
     変態の人に対するその冷たいまなざし!」

    「いや変態を前にしたら皆そうだろ・・・」

    「だからたまに見かけるたびに思うんです。
     ・・・この人に見下ろされたいなぁって・・・」

    「ありが・・・・ぇえ!!?」

    「とにかく、付き合ってください!」

    「・・・・・・」


    この場合どうすればいいんだろう?
    断ったらストーカーとかになるのかな・・・
    いやそれは・・・でも、予想以上の変態だしなぁ・・・


    「・・・だめですか?」


    彼が高い背をかがめて下から私を見上げる。
    地味にイケメン!
    だめだ可愛い!
    もう変態でも・・・・・・


    「いい・・・ですよ」

    「・・・!!!! やったぁあーーーー!!!」


    こうしてアタシと変態との交際が始まった。


       
  • 3 m id:bzzrt.u1

    2011-12-08(木) 19:42:40 [削除依頼]
       
       
    ・・・ほんとによかったのかな?
    不安になるけど、
    まぁ悪い人じゃなさそうだし大丈夫だよね
    (変態だけど)

    そう考えてたら後ろから声が聞こえた。


    「おーい!由奈ご飯食べないのーっ?」


    ストレートロングの奇麗な髪をなびかせて
    私を呼んでいるのは、中学からの友達 笹倉エリナ(ささくら えりな)。
    お母さんがイタリア人のハーフですごく肌が白い。
    世話好きなところとか、優しいところとか、
    とにかく私の自慢の友達。


    「あっごめん!今行くねー!」

    私は適当に返事をかえしてから
    変態くんを見上げた。
    ・・・そう言えばコイツの名前聞いてないな

    「えと・・・君の名前は・・・」

    「あ!まだ言ってませんでしたね。
     僕は、飯島慧(いいじま けい)です!
     慧って読んでください」

    「は、はぁ・・・」

    「由奈さんのことは何て呼べば・・・?」

    「んっと、由奈でいいよ」

    「分かりました。由奈ちゃんで行きます。」

    「いやここでボケるなよ!!」


    またコイツの新しい面発見。
    飯島慧は以外にノリがいいやつだった。

         
  • 4 m id:bzzrt.u1

    2011-12-08(木) 19:44:13 [削除依頼]
    ミス・・・
    「慧って読んでください」じゃなくて
    「慧って呼んでください」ですね(´`;)
  • 5 きりりん id:zwOdI/D1

    2011-12-08(木) 19:52:19 [削除依頼]
    何か面白そう(笑
    更新ガンバです(#^.^#)
  • 6 m id:bDfhsgr1

    2011-12-10(土) 15:00:39 [削除依頼]
    >5 きりりんさん ありがとうございます! 頑張って面白くしますねっ
  • 7 m id:bDfhsgr1

    2011-12-10(土) 15:13:05 [削除依頼]
     

    「それじゃ、私もう行くね」

    「はっはい!・・・・・あ。」

    「?」

    「・・・・今日、もしよかったら一緒に帰りませんか?」


    いきなりの誘いでびっくりした。
    てゆうかコイツと一緒に帰るって・・・色々大丈夫なのかな?
    あ、いや 別にうぬぼれてるわけじゃないけど。

    んー・・・


    「別にいいよ」

    「やった!じゃぁ下駄箱のとこで待ってますね!」

    「・・・・あ、てかさ 敬語じゃなくていいよ?」


    同級生なんだし、ってつけくわえたら
    慧は目を見開いて私を見たあとに はぁ、とため息をついた。
    若干むかつく。


    「由奈ちゃんにタメで話すなんて無理です!」

    「・・・・・・・・・じゃぁ ちゃん付けやめてほしいな」

    「すいませんでした」


    なんだコイツはって思ったけど
    まぁ別に相手がいいならそれでいいかな?


    「由奈ー!早くおいでよーっ」

    エリナが私のことを呼ぶ。
    今行くとか言ったのに結局話しちゃったな
    なんて反省しながら、返事をした。

    「あ!ごめんすぐ行く! 慧もごめん、またね」

    「ハイ、いきなりすいませんでした!
     あと、ありがとうございます・・・」

    「(何がだ・・・?)
     いや 全然大丈夫だよ。 バイバイっ」


    そうして慧は隣のクラスに
    私はエリナのもとへと帰っていった。


      
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
ダーツ 落語部 ローラースケート部 ダイビング部 鉄道研究部 フラワーアレンジメント 応援歌 調剤事務管理士 アーチェリー部 進路相談

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。