Starlight eternity . 6コメント

1 桜猫. id:GftjdSs1

2011-12-04(日) 16:47:16 [削除依頼]
星明り永遠に.:*:☆

いつまでも君が幸せでありますように

わたしは星に願った
  • 2 桜猫. id:GftjdSs1

    2011-12-04(日) 17:00:09 [削除依頼]
    ???*:;;;:*重要人物紹介*:;;;:*???

     黒崎 サラ (クロサキ-
     16歳
     月影高校に通う1年生
     エメラルド・グリーンの長く綺麗な髪の毛と
     きれいな瞳で注目をあびている
     容姿がとても整っており
     月影校内ではモテモテの存在
     

     神崎 劉 (カンザキ リュウ
     16歳
     月影高校の一年生
     サラとは昔から仲のいい男友達
     とても整っている容姿で
     女子はいつもつきまとっている
     ちょっとS。

     
     陽挿 奈優 (ヒサシ ナユ
     16歳
     月影高校1年生
     サラといつも講堂をともにする
     康祐のことが好き
     
     葉咲 康祐 (ハザキ コウスケ
     17歳
     月影高校2年生
     サラたちと仲がよくよき先輩
     優しい性格から人気がある
     
  • 3 桜猫. id:GftjdSs1

    2011-12-04(日) 17:31:02 [削除依頼]
    -サラ


    「奈優、そんなに悩んでちゃだめだよ」
    「だって〜。うぅ、私がサラほど
     美人でかわいかったらいいのに……」

    昼休み、大好きな友達とお話中
    先輩に恋した奈優は机にべたーっとしながら話してる
    いまさっきから うーうー 唸ってる

    まさに、青春だよね
    って思ってるんだけど
    わたしはこれといった恋はないなぁ

    「しつれいしまーす」

    教室に入ってきたのは
    康祐先輩と劉
    康祐先輩は奈優の好きな人
    わたしたちが先輩と仲がいいのは
    幼馴染、劉と部活が一緒だったから
    そこからつながりがある。

    隣から ばっ という音が聞こえた
    奈優をみるとものすごく背筋がいい
    そしてかわいい笑顔で

    「あ、せんぱーい// こっちどうですかー?」

    そんなのこと言いながら手招きしてた

    「ありがと、今日もやさしいね〜」

    にっこり笑う先輩に見とれてる奈優
    みてて面白い
    すごいデレデレ状態。
    さっきの状態とはまるで別人
    でも、これくらいが普通なんだけどね

    「あ、サラちゃん。俺のクラスのやつらが
     こないだよびだしたっしょ」
    「一蹴…… しようかと思った」
    「野蛮女だな。サラは」
    「なっ失礼!!」

    劉がよこから話に参加してくる
    意地悪な笑顔をうかべてる
    顔が整っているためか
    すごい、なんていうか かっこいい 

    「一蹴とか、ないから」
    「しようかと考えただけだし」

    わたしは劉と昔からいつもこんなかんじだった
    あ、前はそんなでもなかったかな
  • 4 桜猫. id:ELFxh5x/

    2011-12-04(日) 18:34:55 [削除依頼]
    「奈優ちゃん、ちょっとお願いあるんだけど」
    「なんでしょう!! 自分にできることならなんでもします!」

    奈優は元気よく立ち上がった
    先輩は笑顔を崩さない
    そしてニコニコしながら言った

    「なんでもいいからノート貸して♪」

    奈優はそれを聞いてきょとん、としている
    「そんなに簡単なこと?」みたいな顔してる

    「ノート、ですか……?」
    「うん。そう。ノート貸して〜」
    「はーい」

    奈優は机からノートを取り出そうとした

    「あれ、これ。さっきまでなかった……」

    ノートと一緒に取り出した手紙
    わたしたちはその手紙を見た

    【陽挿奈優
     
     今日の放課後、裏門に来い】

    この一文以外、とくになかった
    2重書きしてあってちょっと汚い字に見えた

    「なにこれ、だれがいれたんだろ」
    「男子か女子かもわかんねぇな」

    劉はその手紙を見ながら言った。
    まあ、たしかに
    2重書きって女子もするし
    男子がしない、ってわけでもない

    「とりあえず、放課後に行ってみれば?」
    「1人で??! 嫌だよ」
    「じゃあ、みんなでいって俺たちは隠れて見とく」

    先輩の提案で奈優はまた笑顔になった
    わかりやすい。

    「んで奈優。ノートはいいの?」

    わたしがそういうと奈優がはっとしたように

    「あっ、えとどうぞ!!」

    と言って、先輩にノートを渡した

    「ありがと」

    先輩はそれを爽やか(だと思われる)笑顔で受け取った
    奈優はノートになんのようがあるのか
    みたいな顔してる
    表面はすごい笑顔だけどね
    やっぱりわかりやすい。
  • 5 桜猫. id:UKr.kh/.

    2011-12-05(月) 18:57:17 [削除依頼]
    「えと、……」
    「ああ、ごめんごめん。はい」

    奈優の言葉に反応して
    先輩がノートを返した

    「……結局なにがしたかったんだろうな」
    「さあ、わたしには分からないわ」

    わたしは先輩のおかしな行動に呆れる
    毎日こんな感じで困る

    まあ、奈優の笑顔があればいいんだけど?

    「……」

    なにかないかなみたいに
    ノートをめくる奈優
    かわいいぞ、困った顔とか
    こういうとこ奈優すごいかわいい

    「ノート自体には何もしてないよ♪」
    「!!//////っ〜〜〜……」

    奈優の行動を見て耳元で
    意地悪そうな笑顔で先輩が言った
    奈優はそのときちょっと赤面
    恋する女の子だねぇ
    そしてそれとともにノートを机にしまった
    あたふたしてる? 困ってるのかな? 
    どっちにしろ、動揺してるのかな

    「奈優、外いくか」
    「いってら〜」
    「んじゃ、あとでね〜奈優ちゃんサラちゃん」

    わたしは奈優を誘って外にいくことにした
    奈優は先輩に手を振って出た

    「ねぇ、なんで急に外に行くの??」
    「話、というか話題がなくなるから」
    「……え、それなら「あと、なんか苦しそうだったから」

    わたしは奈優をみてにこり、と笑って
    それ以上は言わなかった
    奈優は、なんでわかるの
    みたいな顔をしてた
  • 6 桜猫. id:9xPODke.

    2011-12-06(火) 20:09:56 [削除依頼]
    「ずるいなぁ、サラは」
    「なにが」
    「色々と。ずるすぎるんじゃないの?」

    前を向いて、奈優が言ってきた
    もちろんなにがずるいんだかよく
    わからなかったけど。

    「……なんだそれ」

    わたしはちょっと笑いながら
    奈優を見た。
    ちょっと、さみしそうな目だった
    それから奈優はこっちをバッとみて

    「ね、どうせ外いがいにいっていいならさ
     花壇のとこ、いこうよ」
    「花壇……あぁ、あのあったかいとこね。いいよ」

    わたしたちは最近できた
    花壇のある部屋にいくことにした
    見た目はほとんど外だけど
    実際は校内っていうとこで
    講堂ちかくにある

    そんなとこに、何のようがあるんだ?
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
医療事務管理士 装道部 エクササイズ・ヨガ スキー部 相撲部 キルト アーチェリー部 写真・カメラ 釣り 映画研究部

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。