狂愛7コメント

1 奏 id:3e0/dte.

2011-11-28(月) 20:22:38 [削除依頼]



「聖也くん…あたしのこと好きって言ったよね?」


一人の女の子の嫉妬から起きた醜い恋の物語――
  • 2 ゚+レ ェ ナ+゚ id:mZuZI1v/

    2011-11-28(月) 20:26:24 [削除依頼]
    面白そぉぉ〜♪

    (●`ノv´*){*カ ゙ ン ハ ゙ ァ -*} です。
  • 3 奏 id:3e0/dte.

    2011-11-28(月) 20:39:59 [削除依頼]
    …ピピ…ピピピピ…ピピピピピ…

    ピピピピピピピピピ!!


    「ん…っせえな……」

    寝ぼけながら目覚ましのアラームをとめ、時刻を確認した。

    「……7時40分!? やべえ遅刻する!」

    俺の家から学校まで15分。走れば10分くらい。ギリギリ間
    に合うかどうか…。
    すばやく制服に着替えて朝食もとらずに玄関を出た。

    「行ってきまーす!」

    猛ダッシュで学校へ向かう。

    「やべええええええええええええええええええ!!」

    叫びながら校門へ通ろうとした瞬間。
    キーンコーンカーンコーン。
    俺の遅刻を示すチャイムが鳴った。
    神代聖也高校2年生、生まれて初めて遅刻をしました。
  • 4 奏 id:3e0/dte.

    2011-11-28(月) 20:40:34 [削除依頼]
    >>2 ありがとうございます^^ 頑張ります
  • 5 奏 id:3e0/dte.

    2011-11-28(月) 21:00:42 [削除依頼]
    学校の中へとぼとぼ歩いていると、長髪の女子が玄関当た
    りでウロウロしているのが目に入った。
    俺は人見知りをしないタイプだから、話しかけてみる事に
    した。

    「どうした?」

    そう言って女の子の顔をみた。

    「……っ!」

    声が出なかった。
    ほっそりしていて透き通るような肌。子犬のような丸くて
    愛らしい目。足が長くて細身。
    可愛すぎて言葉が出なかった。

    「あ…えと……んと…あの…」

    女の子は照れているようだった。そこがまた愛らしい!
    一人でテンションがあがっていた。

    「えっと…職員室がどこにあるかわからなくて」

    こんな可愛い子なんかほっておける男がいるか!

    「じゃあ俺が案内するよ」

    「うん…ありがとう」

    かわいいいいいいいいいいいい!!!
    やばい、俺惚れちゃいそう…。
  • 6 ヾ(・ω・。)。.:*☆ゆいか☆*:.。(。・ω・)ノ゙ id:hTUWKMk.

    2011-11-28(月) 21:03:04 [削除依頼]
    すいません
    私の小説に更新されてるんですけど・・・
    間違いですよね?
  • 7 奏 id:9CxfYf00

    2012-05-03(木) 17:32:30 [削除依頼]
    どの小説ですか?
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
物理部 エクササイズ・ヨガ ビーチバレー部 マッサージ 映画研究部 居合道部 失恋 ウィンドサーフィン部 ファイナンシャルプランナー 相撲部

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。