恋愛をシュミレーションしてみた。4コメント

1 藍理 id:K/5l.6d/

2011-11-28(月) 15:46:21 [削除依頼]
凄い思い付きで投稿する事にしました。
色々、意味不明な文章を書く可能性もありますが、頑張るので、よろしくお願いします。
  • 2 藍理 id:K/5l.6d/

    2011-11-28(月) 16:01:05 [削除依頼]
    ♯01
    4月。
    義務教育が終え、ほとんどの人達が高校に進学する。

    「おい、そこの女子生徒っ」

    「何ですか?」

    私、綾瀬由梨も、高校に入学していた。

    「ネクタイが長過ぎる。もっと短くせんか」

    生活指導だと思われる50代の教師は私のネクタイを指差した。
    私は改めて、自分の胸元を見る。
    特に長くないと思うが。

    「それに入学式に遅れてるぞ。お前、新入生だろうが」

    「あ、そう言えば、そうですね。何か新入生代表の言葉とか、言わなきゃ行けなかったぽいですけど」

    「お、お前が綾瀬由梨か?」

    「はい。そうですけど?」

    その後、私はこの教師に怒られる事になった。
    別に遅刻したって、他の人に迷惑掛けてないし、良いんじゃないかと思うんだけど。
  • 3 藍理 id:K/5l.6d/

    2011-11-28(月) 16:11:45 [削除依頼]
    入学して、数週間。
    クラスの人間関係も落ち着いて来た頃、私は1人でいた。
    クラスメイトの呼び方も、綾瀬さんで……嫌、名前すら、覚えてない奴等もいるだろうな。

    「時雨くーん、此処、分かんないんだけど」

    「わたしもわたしもっ」

    教室の真ん中で、女子生徒達が1人の男子生徒を囲んで、きゃーきゃー言っていた。
    所謂、人気者って奴か。
    そう、最近の言葉で言うと、リア充。
    明らかに現実を充実している奴だ。
    時雨三咲。
    名字と名前が入れ替わっていても、あまり違和感がない、そんな名前の優等生。

    「あ、綾瀬さんっ」

    読んでいたライトノベルから顔を上げると、丁度本人が立っていた。

    「何ですか?」

    「嫌、俺等、日直だからさ。綾瀬さんは日誌してくれる?」

    そう言って、日誌と書かれたノートを手渡される。

    「なら、時雨君は何をやるんですか?」

    「俺は教室の戸締りとか」

    絶対、その方が楽に思えるのだが。

    「戸締りは私がやりますので、時雨君は日誌をやって下さい」

    「え、あ、何で?」

    まさか、理由を聞かれるとは思わなかった。
    流石に面倒だからとは言えず、私は咄嗟に、

    「もう良いです。全部私がやります」

    意味分からない事を言ってしまった。
    嫌、さっきまでの会話とあまり噛み合ってないし、それに何より、

    「そう?じゃあ、やって貰えるかな」

    日直の仕事を全て引き受けてしまった。
    これだから、現実世界は嫌いだ。
    やっぱ、進学した事が間違っていたのだろうか。
  • 4 能天気@なみだうさぎ id:cnGzFqE.

    2011-11-28(月) 16:15:54 [削除依頼]

    どうも、初めまして!能天気っていいます。
    題名に惹かれーの、やってきました(∀`●/)

    良かったら、藍理って呼んでも良いかな?
    ウチのことも能天気って呼んでくださいな。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
医療事務管理士 彫刻 ローラースケート部 地学部 写真・カメラ スキー部 タッチフットボール部 マッサージ キルト 不登校

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。