あたしの愛情4コメント

1 色蓮 id:G9XcNb2.

2011-11-27(日) 20:28:18 [削除依頼]
不安だった。
あの人と結婚して、幸せだったけど一つ。

子供が欲しいと言ったこと
子供を作って家族を増やそうと言ったこと

案の定、正解だった。 


こんな筈じゃあなかったのに。
本当は子供なんて要らなかったのに。
あの人さえいれば、それで幸せだったのに。   


ごめんね、
ごめんなさい、


「ま...まま........?」


こんなままをどうか許して
  • 2 色蓮 id:G9XcNb2.

    2011-11-27(日) 20:51:59 [削除依頼]
    「またですか?酒田さん」

    からから、とひよこやらうさぎやらが貼られた透明の入り口から
    顔を出したのは、迷惑そうな顔をした保育士だった。

    「一昨日もでしたよね
     今、何時だと思ってるんですか?」

    園内の時計は登校時間の約2時間後を指している。

    「...すみません」

    「すみませんじゃないですよ
     あまり遅くなると歩美ちゃんも
     園児の輪に入れなくて可哀想なんですよ」

    ーそれをどうにかするのがあんたたちの仕事だろうが!!

    弾けるようなうさぎの笑顔にとてつもなく苛立った。
    ばらばらに破いてやりたくなった。

    「それに....」

    「よろしくお願いします」

    なにか言いかけた保育士を遮って
    さりげなく頭を下げてくるりと方向転換する。

    ー行ってきます、もないのか
    可愛くないガキだな

    汚れたスモックの端を握ったまま
    にこりともしない歩美の背中を押して、園内を後にする。
  • 3 色蓮 id:G9XcNb2.

    2011-11-27(日) 21:13:20 [削除依頼]
    とにかく苛立って帰り際にもう一度園を睨んだ。

    ー帰ってこなければいいのに

    そんなことを一度だけ思って。


    昼。
    伸びて美味しくもないカップラーメンを啜りながら
    テレビをつけた。

    『痛いよ!ママぁぁぁぁ!!』

    「なにこれ...?」

    『汚いんだよ!
     このガキ!!!』

    母親らしい女がその子供に暴力をふるっている。

    私は夢中になって見た。


    虐待。

    『あはははははは!
     なんて楽しいの!!
     最高よ!可愛気のないあんたにぴったりだわ!!』

    「虐待....」

    その言葉に胸がなんだかざわめく。

    これ.....


    「見つけた...
     私の最高のストレス解消法」


    久しぶりにたまらなく興奮した。

    そうよ

    あたしにぴったりかもね


    その薄型の画面に少し微笑んだ。
  • 4 色蓮 id:G9XcNb2.

    2011-11-27(日) 21:21:35 [削除依頼]
    「ありがとうございました」

    さよならとも言わない娘を見て、また苛立った。
    けど、これもきっとすぐにおしまい。
    だってアバンチュールはこれからだもの。

    思わせぶりに笑うと、
    痛いほど歩美の手を握った。

    さあ、まず、どんなことをしようか?


    歩美の手はまだ、暖かかった。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
進路相談 ボウリング部 いじめの悩み相談 食べ歩き ガーデニング・家庭菜園 ウォーキング・散歩 テコンドー部 太極拳部 ウクレレ 部活あるある

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。