*おそっちゃってもいいですか?*41コメント

1 ミイシャ* id:8C3mtkl1

2011-11-20(日) 21:55:27 [削除依頼]

 確信犯ではと思うほど鈍感で草食系な彼氏。
 どんなこともサラリとかわす、困った彼氏です。

 「ねぇ、私のこと………好き?」
 「ん?好きだよ。じゃなきゃまず付き合わないしね」

 ……………はい、撃沈。
 えぇ!
 もう『ドキッ♥』とさせてみせますよッ!!
  • 22 ミイシャ* id:cUGAd5b0

    2011-11-21(月) 20:52:08 [削除依頼]
    「空哉、プリント有難う♪ おかでげ超助かった☆」
     私に挨拶しておいて返事も聞かず再び空哉君にベッタリです。
     皆様、この女子に殴りかかっても許されますよね?
     
     一、私がクラス(最終的には学校)の純情系お姫様だから。
     一、彼女の前で彼氏にベタついているから。
     一、私との相性が絶対に悪そうだから。

     最後のは女の勘ですが当たってますね。
     僅かにこちらを見て睨みつけてきましたから、このおば様(怒)。

     「んじゃ直(なお)、また後で」
     空哉君の髪を散々撫で繰り回して服の袖を引っ張りまくる謎の少女の名前は直らしいです。
     しかも空哉君が呼び捨てにしましたよね?
     私の聞き間違いではありませんよね??

     「じゃぁね、美仔ちゃん♪」
     しっかり私にまで挨拶していく直というやから……。
     売られた喧嘩は買ってやろうじゃないですかッ!
     
     「美仔ちゃん?どうかした……?」
     「え?なんでもないよッ☆」

     頬に手をあて可愛く言ってみる。
     私、じつは百面相が得意かもしれませんね(笑)。
     まぁ、一向にときめく気配がない空哉君はいつも通りですが……。
     
     「ねぇ、そういえばさっきの直って誰……?」
     空哉君はなんとも思わないと思うので直球で聞いてみます。
  • 23 りいか id:qmWKMba.

    2011-11-22(火) 17:42:09 [削除依頼]
    〉17

    いや、空哉ってランナウェイにいるから(カトゥ−ンの上田君)
    そうなのかな。。。とおもいまして^^

    がんばってください^^

    続きわくわくしてまってます^^
  • 24 パミュ id:WrBRCmq/

    2011-11-22(火) 17:59:58 [削除依頼]
    面白いです!私も、小説書きたいなぁ〜。
  • 25 パミュ id:WrBRCmq/

    2011-11-22(火) 18:03:55 [削除依頼]
    書きたいけど、どうすれば書き込める?
  • 26 ミイシャ* id:dn4y0md1

    2011-11-23(水) 20:01:49 [削除依頼]
    りいか様
     なるほど!
     頑張らせていただきます^^

    パミュ様
     下のほうに立てるための場所?みたいなものがありますよ。
     お互い面白い小説が書けるよう頑張りましょうね^^*
  • 27 ☆レピナ☆ id:Fqykvaz/

    2011-11-23(水) 20:05:35 [削除依頼]
    超超超おもしろいですね!
    私はいじめ〜貧乏人vsお嬢様〜っていうのかいてるので
    良かったら来てアドバイスなんかも…
    お願いします( ´ ▽ ` )ノ
  • 28 ミイシャ* id:dn4y0md1

    2011-11-23(水) 20:09:45 [削除依頼]
    レピナ様
     超が三つ!!
     そこまで面白いなんてことありません(/////*)
     アドバイスとまでは行かないと思いますが後日必ず行かせてもらいますね^^/
  • 29 ミイシャ* id:dn4y0md1

    2011-11-23(水) 20:10:01 [削除依頼]
    「ん?直のこと?幼馴染だよ。家が隣だからよく侵入してくるんだ」
     「しっ侵入!?!」

     はい、びっくりですよ、びっくり!!
     空哉君の家へ侵入することもビックリですがなにより笑いながらそう言える空哉君にもビックリです……。
     
     「……さ、先に教室行ってるね」
     彼氏を放置して先に教室へと行ってしまう彼女。
     自分で悪いと思いながらもダッシュで教室へっ!!
     だってだって酷くないですか、皆様!
     私ともあろう彼女がいて侵入を許すなんて浮気じゃないですか!?

     「おはようっ!!!」
     教室のドアをあけ、おもわず大きな声に。
     クラスメイトが一瞬静まり返った。
     
     「お、おはよう美仔ちゃん♪」
     「おはよう!」
     でもそれはたかが一瞬です。
     次の瞬間男女ともからの盛大なおはようコール♪

     「美仔ぉ、今日さぁ、合コン手伝ってくんない?」
     「え?」

     席に着けば親友の涙がやってきます。
     でもってお願いされている内容がよく分からない……。
  • 30 ミイシャ* id:dn4y0md1

    2011-11-23(水) 20:16:53 [削除依頼]
     「だからぁ、美仔ってね、他中でも人気なんだよ☆ 美女中学生って♥」
     「そ、そうだったの?」
     自分でも気づきませんでしたよ、美仔さん。
     うわー…私の美貌って凄い(笑)
     お母さん、美人に生んでくれて有難う♪(笑)

     「えっ……でも私には彼氏が…」
     
     そうです、忘れちゃいけません。
     我が王子、空哉様のことを!
     
     「そんなのだいじょーぶだって! ね!? 美仔がいると男子も結構集まるの!」

     手を合わせて必死にお願いする涙。
     う〜〜…。
     私は友達に押されると断れないのですよ…?。

     「わ、分かったよ。どうせ合コンって帰りが早い今日でしょ?」
     はい、今日は短縮日課なのです!
     どうせチャットをやってもメンバーはいつも通りんの時間ですし。
     ちょっと遊んできてもいいですよね?
     どうせ空哉君は…………(泣)。

     「おはよう」
     ……なんてグレてると空哉君の声が!
     どうやら教室到着したみたいです。
  • 31 ミイシャ* id:dn4y0md1

    2011-11-23(水) 20:22:03 [削除依頼]
    「おはよう」
     ……なんてグレてると空哉君の声が!
     どうやら教室到着したみたいです。

     「あ、空哉君、今日は美仔借りていくから!!」
     「!?」

     笑顔で直接言う涙。
     く、空哉君の反応は…!?

     「あ、いいよ。じゃぁ今日は帰り別?」
     「?!!?!?」

     あっさりOKしましたよ、私の彼氏さん。
     合コンとは言ってませんがちょっとくらい考えてもよくないですか?

     「そうなるね。話の分かる彼氏でよかったよ☆」

     上機嫌な涙。
     そりゃぁ恋大好き人間ですからね。
     
     「んじゃ、放課後ヨロシクね、美仔☆」
     「……了解」

     ウキウキ涙ですね。
     はい、分かります。
     はぁ………………Orz


     『きりーつ、さとうならー!!』

     そして気づけばはやくも放課後です。
  • 32 ミイシャ* id:dn4y0md1

    2011-11-23(水) 20:27:48 [削除依頼]
    もうちょっと授業長くても良かったのに……。
     「美仔、行くよっっ☆」

     廊下に出れば涙にぐいぐい引っ張られる。
     「涙、早いってば!」
     せかす涙さん。
     そんなに楽しみなんですね。
     はははは……。

     「美仔、あんたちょっと浮気しなさい」
     「!?」

     待ち合わせ場所に向かっている途中、いきなりの涙。

     「二股くらいしなさいよ!」
     「な、何?いきなり…」
     
     「あんな鈍感王子に美仔はもったいない!!」
     「今日の女子は私達だけだから!」

     えぇぇぇええええええ!?
     そんなこと聞かされてませんよ!!

     「あんたちょっと浮気をして鈍感王子に嫉妬させる!!どお!?」
     「な、なるほど……」

     関心しちゃいましたよ、私。
     でも、涙が言っていることも間違ってはいない………?。
  • 33 ミイシャ* id:dn4y0md1

    2011-11-23(水) 20:34:29 [削除依頼]
    そして私は涙の作戦?にのることに……。

     「おまたっせ♪この子が噂の美子ちゃん♪」
     「は、初めまして…」

     お、男の子に囲まれるのは初めてです…(照)。
     う、浮気頑張りますっ…。

     「美子ちゃん、噂以上に可愛いね。俺、仁(じん)。よろしく」 
     「よ、よろしく」
     「あ、!俺もー♪仁の親友の大輝(だいき)でっす♪大輝って呼び捨てでいいよ☆」
     「あ、だ、大輝君よろしく」
     
     「俺は李廼(りだい)大輝の双子の兄貴な」
     「よろしくお願いします」

     とまぁ、こんな感じで十人近くと挨拶終了。
     
     「ねぇ、美子ちゃんはどんな男が好き?」
     「っ!?////」

     大胆なことを聴いてきたのは軽そうな大輝君です。

     「えっ……と。鈍感じゃない人、です」
     「んじゃ俺オッケーだ♪♪」

     はい、今の彼氏の正反対ですね。
     しかも大輝君、軽く彼氏立候補です。
  • 34 ミイシャ* id:dn4y0md1

    2011-11-23(水) 20:40:46 [削除依頼]
    「そんなにビクビクしなくていいよ」
     
     優しく言ってくれたのは李廼君です。
     しょ、正直言ってカッコいい………です、ね。
     で、でも私には空哉君がっ!

     「美子ちゃんきょうだいは?」
     「あ、いないです」
     
     聞いてきたのは仁君。
     うーん、皆タイプが違うなぁ…。

     「私、氷取ってきますね」
     
     大きなコップに入った氷がもうほとんどない。

     「あー、そんなのいいのに。それより俺と話そうよ」
     
     大輝君……。 
     皆が困っちゃいますよ?

     「大丈夫です。じゃぁ戻ってきたら」
     
     軽く逃げました。
     確かに、大輝君は面白いけど、ちょっと苦手かも…。

     「じゃぁ俺が手伝う」
     「え?」

     立ち上がって付いてきてくれたのは李廼君。
     うん、やっぱり紳士だなぁ…。
  • 35 ミイシャ* id:dn4y0md1

    2011-11-23(水) 20:45:31 [削除依頼]
    「あ、髪ひっかかってるよ」
     「え??」

     いつのまにかドアに引っ張られていました。
     そして抜けない…。

     「俺が抜いてあげるよ」
     「あっ…」

     李廼君の大きな手が優しく私の髪に触れた。
     優しくて、やっぱり紳士。

     「ほら。取れた」
     「あ、ありがとう…」

     やばいです。
     超ど級にカッコいいです…。

     「……?李廼君?」
     ぽヶ~としていればいつの間にか見つめられています!?
     いや、これは気のせいじゃないですよ!?!?!

     そ、そして顔がち、近いですっ////

     「ねぇ……あのさ、」
     「え…?」

     きょ、距離が近いです。
     私、もう後ろ壁ですよ?
  • 36 ミイシャ* id:dn4y0md1

    2011-11-23(水) 20:51:11 [削除依頼]
     ―――ッ

     「んっ……」

     柔らかいものがぶつかった。
     李廼君の顔が正面に……。

     …ってえぇ!?
     く、唇を唇で塞がれました。

     「んっ…ぁあっ……」
     「…可愛い」

     やばいです。
     脳が蕩とけちゃいそうなくらい…き、気持ちいいです。
     って私は変態かッッ!!!!

     「んぁ……」
     
     唇が離れれば液が流れ落ちた。
     
     「っ!!ごめん!つい可愛くって……」
  • 37 ミイシャ* id:dn4y0md1

    2011-11-23(水) 21:31:55 [削除依頼]
    「あ、こっちこど止めないで御免なさい」
     
     ついつい謝ってしまった。
     あぁ!!
     私には空哉君がいるのにっ!!

     「じゃ、じゃぁ俺は氷とってくるから先戻ってて!」

     急いで氷を取りに向かった李廼君。
     ああ、ここがレストランで良かった…。
     よくわかんないけど(笑)

     「美子!お帰り〜♪」
     「あ、ただいま」

     もどればワイワイ騒いでいる涙が迎えてくれた。

     「あれ?李廼は?」
     「っ……!!こ、氷をとりに…」
     「ふ〜ん」

     す、鋭いです、大輝君。
     ば、ばれてないよね…?。

     「え?二人でとりに行ったのに?」
     「ふぇ?えぇ?あ、そう、そうだったんですね、確か」
     
     仁君の質問にバリバリうろたえてます。
     私って隠し事が苦手らしいですね。
  • 38 ミイシャ* id:dn4y0md1

    2011-11-23(水) 21:42:47 [削除依頼]
     「美子ちゃんって李廼が気になる……?」
     「えぇっ!?」

     だ、大輝君?
     いきなりすぎではありませんか?
     
     「あー、やっぱり?俺もそう思ってた」

     なぜか仁君がのってきました。
     しかも楽しそう……。

     「ちょっと、それやだよ!!」
     「きゃっ…!?」
     
     首を横に振る大樹君に腰を掴まれちゃいました。
     はい、気づけば大輝君の膝の上……。

     あー軽くてよかった(笑)
     なんて言っている場合ではないですね。
     しっかりうで回されちゃってますけど大丈夫でしょうか!?
     
     「だ、大輝君?お、重いからおろしていいよ」
     「ん?美子軽いから大丈夫だよ♪」

     いつのまに呼び捨て!?
     たしかに重くはありませんけどっ……。

     「おー、大輝やるぅ♪そんなに軽い?」
     仁君……どうやら悪乗りが好きらしいですね。
     「軽いよー♪でも仁にはあげない」
     「うあぅ!?」

     く、苦しいですが……。
     腕に力入れましたよね!?
     背中からすごい抱きつかれてますよ?今の私。
  • 39 ミイシャ* id:dn4y0md1

    2011-11-23(水) 21:51:47 [削除依頼]
     「えー、俺も抱っこしてみたい」
     「!?/////」

     なぜ立ち上がったの、仁君!!
     えーと、私、もしかして抱っこされちゃうのでしょうか!?
     
     「おい、何してんだよ」
     「あ……」

     グッドタイミングです、李廼君!!
     そう、氷を持った李廼君がきました。

     ……て何期待してるの!?
     ごめんなさい、皆様。
     どうやら美子はバカらしいですね。
     空哉君がいるのによからぬ期待をしてしまったようです…。

     「おー!李廼じゃん。美子、軽いよ☆」
     「……あそう」

     なおも私に抱きつく大樹君。
     それを覚めた瞳で見つめる李廼君…。
     うう、クールですね。

     「じゃなくて俺にも貸して♪」
     「ほぇ!?」

     いきなり体が浮いたと思ったら仁君の腕の中です。
     い、いきなりのお姫様だったこですか!?
  • 40 ミイシャ* id:dn4y0md1

    2011-11-23(水) 21:58:16 [削除依頼]
     「お♪本当だ、軽い☆」
     「え、あ、おっおろして…」

     じつは私、高いところ、駄目だんです…(泣)
     やばい、泣きそう。

     「仁そこまで」
     「なんだよ、止めんなよ李廼!」

     無理矢理私を下ろしてくれた李廼君。
     でも仁君ちょっと怒ってる…?

     「美子は俺の彼女だから」
     [!?!?!?]

     えぇぇえええええ!?
     全員で固まっちゃいました!?
     わ、私には王子がっ……。

     「ちょ、まて。いつのまに!?」
     詰め寄る仁君。
     ですよね、私も気になります。

     「いや、別に………」
     「おい、ちょっと待てよ!!」

     もう反発したのは大輝君。
     よく分かりませんがとてつもなくお、怒ってる…?

     「大輝、そうことだから…」
     「俺は認めない」

     い、いきなり空気が険悪に…!?
     えーと、これって私のせいでしょうか………。
  • 41 yu id:.wW3dYr.

    2011-11-24(木) 00:56:13 [削除依頼]
    面白いですッ!

    続きがめっちゃ気になります★


    fightです!!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
食べ歩き ラジコン 自転車部 地学部 福祉住環境コーディネーター 居合道部 工芸 カヌー部 相撲部 マッサージ

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。