史上最悪のライバル。8コメント

1 詩織 id:m3enIde/

2011-11-19(土) 20:45:59 [削除依頼]


もし、
妹と好きな人が同じだったら
あなたはどうしますか?


A、諦める
B、諦めない


     *史上最悪のライバル*
  • 2 詩織 id:m3enIde/

    2011-11-19(土) 22:02:41 [削除依頼]


    私には妹がいる。
    可愛くておしゃれで
    モッテモテの‥‥


    それに比べて私は、
    すべてが″並″


    頭もスポーツも顔も。


    ―そんなある日―…


    「おねぇちゃん!
     私好きな人できた!」


    沖田友莉 オキタ ユウリ*
    私の自慢の妹。


    それを
    軽く流しながら聞く私、

    沖田愛莉 オキタ アイリ*


    「中島優斗って人!!」


    えっ―…
    中島、優斗?


    それは、
    私の好きな人‥‥


    まさかあんなにも
    切ない恋をするなんて
    想いもしなかったよ
  • 3 詩織 id:m3enIde/

    2011-11-19(土) 22:54:19 [削除依頼]


    「どうかした?」
    「えっううん!」


    まさか友莉と
    同じ人だなんて…


    「おねぇちゃんと
     同じクラスでしょ?」
    「まぁ、ね」
    「今度紹介して!」


    紹介!?


    「そ、それは‥‥」
    「おーねーがーい!」


    友莉は決めたことを
    絶対曲げない人。


    断っても
    しつこいんだろうなぁ…


    「…分かった。
     言っとくね」


    自分の好きな人を
    こんな可愛い妹に
    紹介するなんて―…


    「ありがと♪」


    どうか、
    二人をくっつけないでください。
  • 4 詩織 id:m3enIde/

    2011-11-19(土) 23:07:31 [削除依頼]


    「お前の妹と?」
    「うん…」


    嫌だって言って…
    お願い…


    「いいよ、
     あの子可愛いし」


    ‥…あぁあ。
    やっぱりだめか。


    「ありがと!
     友莉も喜ぶよ」
    「おぅ」


    悲しいけど
    二人はお似合いだと思う。


    「諦めんの?」
    「……」


    今までのことを
    すべて親友の
    岩井亜季 イワイ アキに
    話した。


    「まさか
     友莉ちゃんがねぇ…」


    予想外すぎて
    頭がついていけない。


    「私さぁ
     友莉のこと応援するよ」
    「えっ!?」


    友莉は私の
    可愛い妹。


    私が邪魔するなんて
    そんなのできないよ……
  • 5 詩織 id:m3enIde/

    2011-11-19(土) 23:15:32 [削除依頼]
    友莉side*


    「私好きな人ができたの!」
    「ふぅ〜ん」


    興味なさそうに
    私の話を流すおねぇちゃん。


    「中島優斗って人!!」
    「えっ‥‥」


    私が名前を出すと
    急に顔が曇った。


    ごめんね、おねぇちゃん。
    先輩のこと好きなんでしょ?


    知ってるよ。
    見てれば分かるもん。


    「紹介して!」
    「それは‥‥」
    「おーねーがーい!」


    おねぇちゃんが
    断れないのを知ってる私は、
    駄々をこねた。


    最低だね‥‥。


    でも、
    恋に遠慮も何もないからね。


    私は絶対、
    優斗先輩を振り向かせる。


    おねぇちゃんになんか
    負けないんだからね。
  • 6 詩織 id:m3enIde/

    2011-11-19(土) 23:38:50 [削除依頼]
    愛莉side*


    「ハァ…」


    なんでこうなるんだろ…
    好きなのに。


    「諦めるなんて
     無理だよ―‥‥」


    あぁ〜どうしよう。


    「おねぇちゃん?
     何してんの?
     バイトは?」
    「友莉!?」


    ベットでバタバタしてると
    友莉が帰ってきてた。


    「あっバイトは今から」
    「そっか。
     ところでさぁ…」


    友莉が
    だんだん迫ってくる。


    「先輩のことは
     どうなったの?」
    「い、いいって」


    その途端、
    友莉の顔が明るくなった。


    「ありがとう!!
     おねぇちゃん大好き♪」
    「うん‥‥」


    友莉本当にうれしそう。
    私本当にどうすればいいの?
  • 7 詩織 id:HAy9NqD.

    2011-11-20(日) 09:24:19 [削除依頼]
    ―高校1年の夏―‥‥


    「うひゃー…
     雨だよ雨!!」
    「傘持ってきてない」


    天気予報見るの
    忘れてたなぁ‥‥


    「亜季もいないし
     どうすればいいの〜?」


    完全に
    テンションの下がった私。

    そんな時だった…


    「貸してやろうか?」
    「えっ?」


    横を見ると
    同じクラスの優斗がいた。


    「優斗が濡れちゃうじゃん」
    「じゃぁ二人で入る?」


    フッと鼻で笑って
    傘を差し出してきた。


    「一緒でいい」


    私のせいで風邪ひいたら
    たまったもんじゃないしね…


    「今日の数学やばい!」
    「あぁ私もダメだった!」


    最初は緊張してたけど
    今はもう大丈夫。

    普通に話せてる、よね?


    「あの先生やばいだろ」
    「教え方下手だよ…ね」


    私が優斗に目をやると
    優斗の肩は
    びしょびしょだった。


    あれ?
    でも私の肩は
    全然濡れてないよ?


    もしかして―‥‥


    「バカだなぁ…」
    「ん?」
    「何でもない♪」


    優斗の優しさに
    優斗の声に
    私はどんどん
    惹かれていった。
  • 8 詩織 id:HAy9NqD.

    2011-11-20(日) 10:19:57 [削除依頼]


    チャラチャラチャッチャ♪


    「ん…」


    朝…ではない。
    夜?


    「バイト!?」


    寝ちゃってた!!
    最悪…


    私はバイトさきへと
    大急ぎで向かった。


    「あの!
     本当にすいませんでした!」
    「…気をつけてね?」


    バイトに遅刻なんて…


    「今からでも
     やらせてください!」
    「遅くなるわよ?」
    「構いません」


    一日でもさぼったら
    生活できなくなっちゃう。


    「よろしくお願いします」


    いくら働いても
    バイト代は少ない。


    がんばんないと―…
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
ビーズ 部活動のけが・トラウマ 家庭部 失恋 部活あるある エアロビクス部 スキー部 棒術部 ビリヤード部 洋裁

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。