Long Love87コメント

1 RiI id:h6kVdf7.

2011-11-19(土) 14:02:54 [削除依頼]
初めまして,
初小説でドキドキですが…
見てくださると嬉しいです★
  • 68 RiI id:04b/PFI.

    2011-11-26(土) 21:33:35 [削除依頼]
    042.

    「お願いします!」
    皆、顔を下げる。

    「じゃあ、基礎中の
     ドリブルから見よ
     うか」
    この先生は、基礎を
    中心にやるようだ。

    私は、先生が言って
    いる大事なことを、
    ノートに書く。

    「もうちょっと、
     リズミカルにぃ 
     -!!」
    先生は、オカマっぽ
    い声をだす。

    「ふふふっ」
    私は、口を手で隠し
    て笑った。

    ここの体育館は、す
    ごく広い。

    参加人数は、計80
    人。

    それに対して先生は、
    1人?

    どうやって、全員を
    見るんだろう?

    「はいっ。じゃあ、
     休憩!」

    「はい!」
    80人もいるから、
    声がすごく響く。

    それにあわせて、
    私も動く。

    飲み物とタオルが
    入った箱を、体育館
    の隅からもってく
    る。

    お、重い……。
    私の手が痺れる。

    「大丈夫?」
    私は、顔を上げる。

    「柊先輩…!」
    先輩は、軽く箱を
    持ち上げる。

    「こういうときは
     男に頼らなきゃ
     いけないって。
     蘭ちゃんは、
     モデルなんだか
     ら」
    先輩は、ニッと笑
    う。

    「あ、ありがとう
     ございますっ」
    私も笑う。

    先輩の後をついて
    いく。

    「おいっ!」
    急に肩をつかまれ
    た。

    私は、後ろを振り
    むく。

    「あっ!」
    正体は聖也だった。

    「あっ!じゃね‐よ
     ちょっと、来い!」
    聖也は、私の手を
    引っ張って体育館か
    ら出る。

    皆が注目しているの
    がわかる。

    この状況、2回目…。
  • 69 ゆうな id:TM9Iwrp1

    2011-12-13(火) 18:15:05 [削除依頼]
    続き、楽しみにしてます!!!
  • 70 Ri I id:lDSpTQo0

    2011-12-14(水) 19:17:44 [削除依頼]

      ゆうな様→*。
     
      ありがとうございます―♪♪
  • 71 Ri I id:lDSpTQo0

    2011-12-14(水) 19:31:05 [削除依頼]
    043.

     「何か、あったか?」
     水飲み場付近の薄暗い所
     に連れて行かれた。

     「そ、っそんなわけ
      ない……」
     聖也には、何もかもお見通
     しかっ…。

     クシャクシャ

     急に、聖也に髪をぐしゃっ
     とされて戸惑う。

     聖也は、私の頭に手を置い
     たまま。

     う、動けない……
     何だろう…?どきどきする。

     「お前、分かりやすい。
      何か、あったんだろ?」
     聖也の言葉がやけに優しく
     て、涙がこぼれる。

     「っ」

     小さい涙が、頬を伝った。
  • 72 ゆうな id:OpoUqd71

    2011-12-17(土) 18:00:50 [削除依頼]
    最近、この小説を、見るのが楽しみです。。。

    ”隣のアイツ”も、更新待ってます^^
  • 73 Ri I id:A/Hd2VZ0

    2011-12-17(土) 18:50:43 [削除依頼]

      ゆうな様→b

      嬉しいですっ!
      ありがとうございます☆
      更新,頑張ります
  • 74 Ri I id:A/Hd2VZ0

    2011-12-17(土) 19:04:34 [削除依頼]
    044+

     「今日,心友に知られ
      ちゃって……」
     間が空いた。

     「いつかは,付き合って
      たこと知られるはず
      だったんだけど,
      心友は私がまだ卓哉
      を好きってこと
      気付いちゃって」
     「………」
     聖也は,今何を思ってい
     るんだろう?
     さっきから,黙った
     まま…。

     「それで,ちょっと
      関係がギクシャク
      しちゃって…」
     「……」
     まだ,何も話してくれない。

     「な,何かないの?
      さっきから,ずっと
      黙ったまんまで…」
     「……あおう」

     聖也が,何か言った。
     けど,聞き逃してし
     まった。

     「えっ……?」
     「付き合おう」
     聖也は,私をジッと
     見る。

     「はあっ!?」
     正気ですか…?
     急に何言っちゃってんの?

     「私に好きな人
      いるってこと
      知ってるでしょ?」
     「だからだよ」
     聖也の言ってること
     が分からない。

     「なおさら。
      そいつを忘れるため
      に俺と付き合えばい
      いじゃん」
     「…っ,聖也は
      いいの?私と
      付き合っても…」
     聖也の話を理解した
     けど,私と付き合う
     ことなんかできるの?

     「ああ。俺,今
      好きな奴いないし…」
     聖也は,頭をさわる。

     「……本当にいいの?」
     聖也は,頷いた。

     「お前は?どうすんの?」
     私は……
     
     「分かった。聖也,
      付き合おう」
     聖也を使ってしまう
     ことになった。

     
  • 75 ゆうな id:V9EmwXP1

    2011-12-19(月) 02:21:46 [削除依頼]
    続きが楽しみです。


    聖也カッコイイです!
  • 76 Ri I id:oi.l7ob.

    2011-12-19(月) 21:22:45 [削除依頼]
       ゆうな様+*

     はいっ!
     聖也かっこいいです★
  • 77 ゆうな id:7DXqW3i1

    2011-12-31(土) 01:49:57 [削除依頼]
    更新、待ってます!!!!!
  • 78 ゆうな id:AZ1d18Y0

    2012-01-09(月) 01:47:04 [削除依頼]
    更新、待ってます
  • 79 Ri I id:zjjkwY00

    2012-01-09(月) 16:36:10 [削除依頼]
    045+

     「あの……、
      李紗いますか??」
    私は決心をした。
    今は、隣のクラスのドアに
    私ははりついている。

    李紗、お願いだから来て!
    そう願うことしか出来なかった。

     「……何…」

    李紗は、きてくれた。
    だけど、目がいたい……。
    とにかく、ここでは話せない。
    別の場所に移動しよう。


     「蘭、何?」
     「あ、えーっ、と」

    先ほどチャイムが鳴り、
    1時間目が始まった。
    でも、私たちは無視して屋上に
    来た。

     「私ね、確かに卓哉と付き合ってた。
      だけどね、それはずっと前の話だよ?
      言わなかったのは、嬉しそうにしている
      李紗に言うのは申し訳ないなと思ったの」
     「……言ってくれたほうがよかった」

    李紗……。
    私の気遣いは、必要なかったんだね。
    なんで、言わなかったんだろう。
    って後悔しても遅い。

     「私、もう卓哉のこと好きじゃないから」
     「……」

    私は、手すりにつかまって、
    グランドを見た。あ、今は3年生が
    体育をやっている。
    涼しそう。

     「……李紗??」

    李紗は、うつむいている。
    耳を傾げてみると、泣き声が
    聞こえた。

     「……っ嘘!!
    蘭だって、まだ好きでしょ?」
     
    今、李紗、何て言った?

     「何?蘭だって、って?」
     「……あっ……。
      ……もういいよ。私、気付いたの。
      卓哉はね、蘭のことまだ好き
      なんだよ。邪魔なのは、私なんだよ。
      だから、もう……」

    李紗の顔は、涙で真っ赤だった。
    私、何で、李紗を泣かせちゃうんだろう。
    ねえ、私、李紗のこと大好きなんだよ。
    だから、私から離れていかないでよ。

     「ま、待って!!」

    ドアに向かって駆け出した李紗を
    私は呼び止めた。

     「私、付き合ってるの。
      聖也と。だから、だから……。
      李紗、そんなこと言わないで。
      卓哉がもしそうだったら、
      李紗とは付き合ってない。
      卓哉は、李紗のことが本当に
      好きなんだよ。黙っててごめんね。
      ……李紗ぁ。私から離れていかないで!」

    今度は、私も泣けてきた。
    私にとって、2人は、本当に大切。
    だから、どちらも失いたくない。

    2人が大好きだから。

     「……ぅっ、ずるいよ、蘭。
      私だって、離れたくない!!」

    李紗は、私のほうに走ってきた。
    そして、私に抱きついた。


     「ごめんね、蘭」
     「ううん、私の方だよ。
      ごめん、李紗」

    こうして、李紗とは仲直りして
    一件落着しました。
  • 80 Ri I id:zjjkwY00

    2012-01-09(月) 16:38:04 [削除依頼]

      ゆうな様。

      更新遅れてすみません!
      いつもありがとうございます♪
      
  • 81 ゆうな id:HjRRNbE1

    2012-01-20(金) 00:45:39 [削除依頼]
    あー

    仲直り出来て良かった
  • 82 Noa id:lX1q6Mq0

    2012-01-20(金) 19:37:04 [削除依頼]


     週末、
     南中学校との
     練習試合が
     あった。


     もちろん
     男バスの…


     少し周りを
     見回してみる
     と、誰かに
     頭を叩かれた。


     ぼすっ…―


     「痛ったぁい!」


     私の頭に
     当たったのは
     ボール。


     誰だよ、
     ぶつけたの!?


     
     「あ……」


     鋭い目つきで
     振り返ると
     微笑んでいた
     のは


     聖也。
  • 83 Noa id:lX1q6Mq0

    2012-01-20(金) 19:37:39 [削除依頼]


      ゆうな様←

      ほんとに
      良かった
      です♪♪
  • 84 ゆうな id:ZdueG080

    2012-02-08(水) 23:51:20 [削除依頼]
    更新お願いしますp(^_^)q
  • 85 Noa id:Dg.wtpx.

    2012-02-09(木) 11:44:35 [削除依頼]



     「あの……
      仲直りしたの。

      李紗と」


     “ありがとう”と
     言おうとしたけど
     私が言う前に聖也
     が何かを言いかけた。


     「あり……」
     「どうする?? 」


     えっ!?
     どうするって何を??


     「俺たちもう
      付き合わなくても
      いいじゃん」


     そっかぁ。
     そうだよね。


     あ!!
     でもちょっと
     待って。


     今すぐ別れたら
     李紗が不自然に
     思わないかな??


     そしたらまた
     李紗が……
  • 86 Noa id:Dg.wtpx.

    2012-02-09(木) 11:45:19 [削除依頼]



     ゆうな様


     ありがとう
     ございます!!
  • 87 ゆうな id:K3gPR7d1

    2012-03-08(木) 20:59:07 [削除依頼]
    頑張ってね
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
なぎなた部 ステンドグラス 絵葉書・絵手紙 工芸 ローラースケート部 介護支援専門員(ケアマネージャー) 手芸・ハンドクラフト アイスホッケー部 居合道部 カヌー部

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。