図書室恋愛15コメント

1 緋奈 id:zZ4FviL/

2011-11-17(木) 19:16:14 [削除依頼]
はじめまして。
緋奈(ひな)と言います。
初めて書くので、文章のおかしいところが多々ある
と思いますが、楽しんでいただけると嬉しいです。
  • 2 緋奈 id:zZ4FviL/

    2011-11-17(木) 19:26:09 [削除依頼]
    プロローグ

    西館三階のつきあたり、最上階であまり人目につかない
    この場所は、私の最も愛する場所・・・・
  • 3 ぷ〜サン id:OWqJTRv.

    2011-11-17(木) 19:31:25 [削除依頼]

    文学少女?? 出てきたり??

    (笑)

    面白そう☆★

    頑張れ〜〜(*^^*)
  • 4 緋奈 id:zZ4FviL/

    2011-11-17(木) 20:06:43 [削除依頼]
    「おはよ〜! 今週はどの本がおすすめ?」
    「今週はぁ、この『あつまれ図書クラブ!』なんて、どう?」
    「わぁ、おもしろそうじゃんっ。あっ、でも、これって
     さりげなく文芸部の勧誘はいってない?」
    「はいってないからっ!ほんと、面白いんだってば〜。」
    「その必死さが、怪しい〜」
    キーンコーン
    「予鈴だ。じゃあね、れな。」
    「うんっ。私も行かないと。」
    慣れた手つきで図書カードを片付ける。

    私は、星南中学校に通っている、
    二年四組 神崎 礼奈 
    『礼奈』とかいて『れな』と読む。
    私はかなりの本好き。愛しているといってもいい。
    図書委員をしており、文芸部所属だ。

    親友の伊藤美咲は、こんな私に飽きずにつきあってくれる
    とてもいい子だ。本と同じくらい大好きだ。
  • 5 緋奈 id:FCHi7351

    2011-11-17(木) 20:44:53 [削除依頼]
    ぷ〜サン、ありがとう〜。
    続くかどうか、自信ないけど、頑張ります☆
    たまに見てやってください^^
  • 6 緋奈 id:w6BA.5Z1

    2011-11-18(金) 18:15:37 [削除依頼]
    「雨、止まないね」

    「こういうときこそ、図書室で時間をつぶすべきだよ〜」

    「頭の中は本のことだけですか」

    「美咲のこと、好きだよ?」

    「そーいうことじゃなくって。ってか、よく、そんな恥ずかしいこと
     いえるね。」

    「そう?」

    ガラガラッ

    「あっ、優木先生」

    「はい、みんな席について〜。STはじめるよ〜」

    ショート・タイム 、略してST。
    これはホームルームと同じようなもので、星南ではSTという。
    一年の頃、初めて聞いたその言葉は、なんだかかっこよく思えたんだっけ。

    「優木先生っ、席替えしよー!」

    こいつは、中島 海斗。
    クラスの人気者で、頭はいいらしい。おまけにバスケ部のレギュラー。
    関西にいたのか、関西弁をしゃべっている。

    「そうだね〜。じゃあっ、しちゃおっか!」

    「やったぁー!!」

    席替えは、くじ引きできめることになった。

    「礼奈は何番?」

    「7番」

    「やったっ!礼奈の前の席だっ」

    一番後ろの窓側の席。
    えらく端っこの席になったなぁ。
    でも、美咲が近くでよかった。
    隣の席は誰だろう・・・

    「神崎やん。よろしくなっ」

    「よ、よろしく」

    な、中島・・・
    一年の時も同じクラスだったが、あんまりしゃべったことがない。
    でも、朝によく図書室でみかける。

    寝ているすがたを。

    図書室では冷暖房がついている。
    まぁ、気持ちよくなるのはわかるけどね。

    「おぉ、陸!」

    あ、和田 陸 。
    大人びた感じのやつで、よく中島といる。
    優しいって人気である。

    美咲のとなりか・・・
    一瞬、かわってほしいと思ったが、暗い顔しているわけにもいかないよね。

    「あのさ、中島って図書室で寝てるよね?」

    「えっ、あぁ。朝は眠くて。前は教室で・・・一応勉強してるんやで?」

    「図書室でも?」

    「少しは」

    「そうなんだ」

    「朝も図書室開いてるのって、いつから?」

    「それは・・・実はわたしのせいなんだ。」

    「どうゆうことなん?」

    「わたしが、その、本が好きで、先生に開けてもらえるように頼んだんだ」

    「へぇ。いつも開けてんの?」

    「わたしが朝早く来たときには。7時40分までに来たら、開けてもいい
     ことになってる。」

    「そうなんだ〜」

    初めてこんなにしゃべった。
    今日は、雨が降り止まないかもしれないなぁ。
  • 7 緋奈 id:joOhNt9.

    2011-11-18(金) 20:25:36 [削除依頼]
    それ以来、わたしはときどきしか来ていなかった‘朝の図書室’に
    ほとんど行くようになった。
    なんでだろう。

    ・・・・中島が来るかもしれないと、思っているのかも。

    ・・・・中島と話せて嬉しかったのかも。

    わたしは、あんまり男子としゃべらない。
    それは、わたしが本を読んでばかりだから、というのが原因のひとつ。
    ──もうひとつは

    小4の頃、
    わたしが好きな子におもいきって告白したら、

    「ごめん、読書女はちょっと・・・」

    こんなこと言われるなんて。
    ただ本が好きでよんでただけなのに・・・・
    このとき、こんなわたしに親しくしてくれている
    美咲は変わってる子だと気づいたのだ。

    このことがあって、男子とはしゃべらなくなった。
    そして、相当ショックだったんだとおもう。
    テニススクールと合気道を習い始めた。
    最初は、まったくのド素人だったから全然うまくなかったけれど
    今では、かなり上達している。
    得意なことといえる。
    負けず嫌いなわたしは、内心、あの男子に勝った気がして、すごく
    すっきりした。
  • 8 緋奈 id:joOhNt9.

    2011-11-18(金) 21:20:46 [削除依頼]
    6月下旬、そろそろ暑くなってきた。

    「あっ、いた・・・」

    中島は、前からちょくちょく‘朝の図書室’に来ていたが、
    初めてしゃべったその次の日から、よく来るようになった。

    「40分にくれば待たなくてもすむのに」

    わたしは、だいたい35分ぐらいに開けてある。

    「いいねん、別に」

    「でも冬になったら寒いでしょ?」

    「まだ先やんっ」

    「わたしの気がすまないから、30分に来るよ」

    「いやっ、そんなことせんでいいよ!
     わかりました。35分に来ます。」

    「えっ?」

    「それやったら同じくらいにはいれるやろ?」

    「う〜ん。それだったらいいよ。」

    わたしは、図書室に入ったらまず本の返却をする。
    それから新刊本のチェックだ。

    「なぁ、そんなに本読んでて飽きへんの?」

    「えっ、別に。だって楽しいし。」

    「ふ〜ん」

    「ねぇ、中島が関西弁なのって、まえに関西のほうに住んでたから?」

    「そうやで。小6の頃こっちにきてな、陸と仲良くなってん。」

    「そうなんや〜」

    意外。中島と和田は昔から仲いいと思っていた。

    ・・・・? 
    なにこの雰囲気・・・・

    「お前って、関西弁しゃべってたっけ?ちゃう・・よな?」

    「っ!!」

    はっ!!
    しまったーーーーっ!!!

    「えっと、こっこれはその・・・」

    「その?」

    「実は、小3の頃まで神戸に住んでて」

    「えっ神戸出身なん?俺もや。」

    「そうなん!?」

    あっまた・・・

    「なんで関西弁しゃべらんの?」

    「こっち来たらみんな標準語でしゃべってて。
     なんだか素を出すのが怖くって・・・・」

    「伊藤は知ってるん?」

    「うん」

    「べつに、素でもかわいい思うけど・・・」

    「かっ、かわいいっ?」

    「あっいや、べつに。 あっ!!そろそろ行かんとっ」

    「ねっ、このこと誰にも言わないで」

    「・・・わかった。誰にもいわへん」

    「ありがとう」

    「じゃぁ、いこか」

    「うん」

    ばれてしまったけど、まぁいいか。
    ばらすような人じゃないと思うし。
  • 9 緋奈 id:Q9VkAwH1

    2011-11-19(土) 15:19:26 [削除依頼]
    〜昼休み〜

    「ねぇ、礼奈。あんた、中島とよくしゃべってるよね」

    「っえ?そう・・・かな?」

    「男子、あのことがあって以来、だめなんじゃ・・」

    「中島はそんなに悪い人じゃないよ」

    「そーなんだ。好きなの?」

    「・・・っえぇ!?」

    「好きなんでしょう?」

    「そんな、わたしはっ・・・」

    中島を好きだなんて・・・そんなこと思ってなかった。
    でも、中島といるときは楽しい。
    それは、わかっていた。
    好き・・・なのかな?

    「何の話してるん?」

    中島っ!!

    「別に〜。ね、礼奈。」

    「う、うん」

    「なんだよ。教えてくんないのかよ〜。あっ、陸!!」

    和田も来た・・・
    ん?美咲・・・?

    顔、少し赤いような・・・照れてる?
    もしかして。

    「海斗って、ほんとアンパン好きだな」

    「おいしいねんもん。神崎は?」

    「え、好きだよ。でも、さすがに毎日はちょっと」

    「ほら、海斗だけだ」

    「なんだよ〜」

    「わっ、和田は甘いもの、好き?」

    美咲照れてるし・・・
    可愛い〜

    「うん。けっこう甘党だな〜」

    「へぇ〜」

    キーンコーン

    「やばっ、まだアンパン食ってない!」

    「「早くしろよっ!!」」

    美咲と和田がつっこむ。

    この四人組は、いつしかわたしの大切なものとなっていった。
  • 10 美里 id:tHY4bO10

    2011-11-19(土) 18:31:40 [削除依頼]
    こんにちは。
    この小説、読みました。
    面白いです!
    今後どんな進展があるのか・・・
    楽しみです☆
    これからも、更新がんばってください。!
  • 11 緋奈 id:AelJJzf0

    2011-11-19(土) 18:48:08 [削除依頼]
    美里さんっ!
    ありがとうございます☆

    面白いだなんて・・・
    わたしにはもったいないくらいです///

    更新、頑張っていきたいと思います♪
  • 12 緋奈 id:suyiGLz.

    2011-11-20(日) 00:34:18 [削除依頼]
    「ねぇ、美咲って、和田のこと好きでしょ」

    「なんでっ」

    「みてたらわかるよ〜」

    「はい。認めます。好きです。
     ってか、礼奈こそ、中島のこと好きでしょ?」

    「うん、まぁ。最近気づいた」

    「よかったよかった」

    「何でよ」

    「このまま男子とずぅーっと距離を置いて、
     一生関わらず、
     深入りせず、
     そして結婚もしないのか─────    」

    「あのねぇっ!!
     わたし、そこまで男子嫌いじゃないから!!」

    「まぁ、立ち直ってよかった
     これで心配せずにすむ  」


    「心配しなくても立ち直ってましたっ」

    「はいはい」
  • 13 緋奈 id:5BfQTsN.

    2011-12-26(月) 19:05:49 [削除依頼]
    うわぁ〜(>0<)
    更新さぼってたわぁ〜

    ちょくちょく書けるようになろ・・・・
  • 14 緋奈 id:/AIZVuK/

    2011-12-26(月) 19:25:37 [削除依頼]
    ミ〜ンミ〜ンミーーーーン・・・・

    梅雨があけ、夏が近づいてきた。
    もう、セミが鳴いている。

    「あっつーい」
    と、下敷きであおる。

    「こんなんでへばってたら、8月になったら死ぬよ?」
    と美咲。なんだ、和田の前でも口数減らなくなったな、このやろ〜
  • 15 緋奈 id:/AIZVuK/

    2011-12-26(月) 19:25:49 [削除依頼]
    ミ〜ンミ〜ンミーーーーン・・・・

    梅雨があけ、夏が近づいてきた。
    もう、セミが鳴いている。

    「あっつーい」
    と、下敷きであおる。

    「こんなんでへばってたら、8月になったら死ぬよ?」
    と美咲。なんだ、和田の前でも口数減らなくなったな、このやろ〜
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
キャンプ 失恋 テコンドー部 ファイナンシャルプランナー 太極拳部 ウィンドサーフィン部 ビーチバレー部 切絵 スケート部 手芸・ハンドクラフト

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。