―いじめられっ仔―23コメント

1 (o'ω')o結花♪*. id:i-.5.FvV9/

2011-11-16(水) 21:50:38 [削除依頼]

悲しいよ
苦しいよ

でも、こうしてあたしがいじめられてるのは
全部あたしが悪いからだよね

ごめんなさい

だから……もうやめてよ……
  • 4 (o'ω')o結花♪*. id:i-.5.FvV9/

    2011-11-16(水) 22:17:48 [削除依頼]
    続きはまた明日書きます(^ω^)!*.
    こめんと/アドバイスくれると嬉しいなー…なんt(殴
    それでは、堕ちます*/
  • 5 (o'ω')o結花♪*. id:i-Sm9Ff/Y.

    2011-11-17(木) 13:13:55 [削除依頼]
    てすと期間で早帰り*/
    ここで、訂正があります(汗;

    上の更新で、入学して3ヶ月、6月だ。と書いてある所がありますが、正しくは
    入学して3ヶ月、7月だ。です。

    間違えました(笑)←ぉぃ
  • 6 (o'ω')o結花♪*. id:i-Sm9Ff/Y.

    2011-11-17(木) 13:34:19 [削除依頼]
    ――……
    ここは、神寺中学校 ((かみでらちゅうがっこう)) 1年3組の教室だ。
    莉恋や紗憂のクラスである。 紗憂はもうとっくに登校していたが、莉恋はまだ来ていない。
    「ねーねー、今日はどんな風に
    あいついじめようか?」
    紗憂はにやりとしながら、結菜にそう聞いた。
    「やっぱぁ……水掛けるとか!?」
    結菜は笑いながら言った。 周りの人は、この会話が聞こえていても知らんふり。 誰一人、紗憂達には文句を言わない。
    「あぁ〜良いねぇ♪
    それならさぁ……」
    紗憂はこそこそと結菜に耳打ちをした。
    「……それ最高!!」
    結菜はにやりと笑いながら、楽しそうに言った。
    その時、教室に一人の女の子が入ってきた。 佐々木 美唯 ((ささき みゆ)) だ。
    「あ、美唯おはよん♪」
    「あ、2人ともおはよー。
    って……何でそんなににやにやしてるのよ?」
    「それはね……」
    紗憂は美唯に、さっき錬ったばかりの作戦を教えた。
    「うわお……それ…本当にやるの…?
    あいつ…泣いちゃうんじゃない?」
    美唯はまるで心配しているような声のトーンだったが、顔はにやにやと笑っていた。
    「いいのよ、
    あいつに意地悪したいもの」
    「そうよ、
    あいつの泣く顔が早く見たいわ♪」
    紗憂と結菜は口をそろえて言った。
    「…じゃあ、
    やっちゃおうか…♪」
    「うん!
    それで……いつやる?」
    「放課後で良いんじゃないかしら?」
    「そうね、
    じゃあ、放課後で!!」
    「おっけー♪」
    3人は、話しを終えると
    それぞれの席へと帰って行った。
  • 7 有 id:oC0WwBk1

    2011-11-17(木) 14:36:57 [削除依頼]
    結花s見に来ました☆彡


    頑張ってね(U´Д`)ワンワン
  • 8 (o'ω')o結花♪*. id:i-Sm9Ff/Y.

    2011-11-17(木) 14:41:17 [削除依頼]
    *).有さん
    わー(∀*)
    来てくれてありがとうございます(^ω^)!*.
    はい、夜あたりに更新すると思いますので……頑張りますね!*.
  • 9 (o'ω')o結花♪*. id:i-Sm9Ff/Y.

    2011-11-17(木) 18:42:38 [削除依頼]
    ガララララ……
    教室に、一人の女の子がうつむきながら入ってきた。 莉恋だ。
    「あっらー、
    今日も来たんだぁ♪」
    紗憂はぶりっこみたいに語尾をあげて、莉恋に向かって言った。
    クラスが少しざわついた。
    「あらあら、
    うつむいちゃて、どうしたのー?」
    紗憂に続いて、結菜がわざとらしく聞く。
    クラスの中では、
    「また始まったな」
    「あいつら、
    小学校のときから桜井いじめやってるらしいぜ」
    等と、莉恋のうわさをヒソヒソと話している人が何人もいた。
    「…………」
    莉恋は黙ったまま、扉の前から動かない。 相変わらずうつむいている。
    「桜井さぁん、
    無視はひどいんじゃなぁい?
    何様のつもりー?」
    美唯は莉恋を挑発するように、語尾をわざと伸ばし、大きめな声で言った。
    またクラスがざわつく。
    「おい、
    なんかい「「きーんこーんかーんこーん」」
    ((なんか言えよ))そう言おうとした時、チャイムが鳴った。
    「ちっ……、
    ……桜井さん、放課後…楽しみにしててね?」
    紗憂は小さく舌打ちをした後、莉恋にそう言った。
    クラスのみんなは、だんだんと席に着き始めた。
    紗憂も、莉恋をいじめている時に先生が来ると困るから、おとなしく席に戻っていった。
    紗憂からのいじめを免れて安心したのか、莉恋もおとなしく席に着いた。
  • 10 (o'ω')o結花♪*. id:i-Sm9Ff/Y.

    2011-11-17(木) 18:53:13 [削除依頼]
    ガララララ……
    チャイムが鳴ってから少し、担任の先生が入って来た。
    丸山 由美子 ((まるやま ゆみこ)) 先生だ。
    「はい、
    では朝学活を始めましょうか」
    先生の指示が入り、日直が号令をかける。
    「きりーつ、礼」
    「「おはようございます」」
    「着席」
    挨拶した後、先生が今日の予定の確認をしてくれた。
    「(1時間目から数学か…)」
    莉恋は数学が大嫌いだ。 テストも数学だけはどうも上手くいかなかった。
    「それでは、
    これで確認は終わりです」
    「きょーつけー、礼」
    「「ありがとうございました」」
    莉恋がぼんやりしているうちに、朝学活は終わった。
  • 11 (o'ω')o結花♪*. id:i-Sm9Ff/Y.

    2011-11-17(木) 21:26:49 [削除依頼]
    朝学活が終わると、莉恋は早々に数学の準備をした。
    その後机に突っ伏して、こんな事を考えていた。
    「(紗憂が言っていたのは一体何だろう?
    放課後に何かされるのかな……)」
    そう考えると、莉恋は恐くてたまらなくなった。 どうしても、悪い光景ばかりが目に浮かぶ。
    その時。
    「あら〜、
    桜井さん、寝てるのぉ?」
    紗憂がまた話し掛けてきた。
    「…………」
    もちろん私は何も言わない。 …違う、“言えないんだ”
    「…ちょっとぉ、
    何か言いなさいよ……」
    紗憂は低い声で言う。
    「…………」
    「…あんたねぇ、
    人を無視するなんて……最悪よ。
    いいわ、
    放課後たっぷりいじめてやる」
    紗憂はそう言い放ち、結菜のところへ駈けていった。
    「(……どうしよう。
    放課後……恐いなぁ……)」
    莉恋は恐くて恐くてたまらなかった。 何をされるか分からない、きっと酷い事をされるんだろう。
    等と、頭の中がぐるぐるかき乱されていた。
  • 12 (o'ω')o結花♪*. id:i-Sm9Ff/Y.

    2011-11-17(木) 21:41:11 [削除依頼]
    誰か読んでくれないかなぁ*/
    …やはり駄作過ぎるのでしょうか?(汗;
    更新少ないですが、何とぞよろしくお願いします。
  • 13 ユキ☆ id:/MeIsPt.

    2011-11-17(木) 21:48:20 [削除依頼]
    頑張って下さい!

    ゆきゎいつまでも・・・永遠に・・・ってやつ書いてるんで、良かったら来て下さい!
  • 14 (o'ω')o結花♪*. id:i-Sm9Ff/Y.

    2011-11-17(木) 21:52:23 [削除依頼]
    *).ユキさん
    ありがとうございます(*´`).+
    頑張りますね*/
    はい、今読みに行きます!←
  • 15 ヾ(・ω・。)。.:*☆ゆいか☆*:.。(。・ω・)ノ゙  id:hGADCJa/

    2011-11-18(金) 00:43:32 [削除依頼]
    がんばってください!
    すごくうまいです

    私もいじめ小説書いてます!

    いろいろあるんだけど、たぶん私の中で1番人気があるのは
    「復讐ゲーム 〜いじめ〜」です!

    良かったら見に来てね(^_-)-☆
  • 16 neo id:Z/POBnx/

    2011-11-18(金) 00:54:20 [削除依頼]
    がんばれ〜!

    あたしも小説書いてるよ^^
    『桜が咲くとき』です♪

    機会があれば読んでね☆
  • 17 (o'ω')o結花♪*. id:i-Jomhf/W0

    2011-11-18(金) 18:53:20 [削除依頼]
    *).ゆいかさん
    こめんとありがとうございます!*.
    上手くないですょ!(笑* はい、頑張りますね(^ω^)!*.
    …!← よ、喜んで行かせていただきます!(日本語変
  • 18 (o'ω')o結花♪*. id:i-Jomhf/W0

    2011-11-18(金) 19:00:24 [削除依頼]
    *).ネオさん
    こめんとありがとうございます!*.
    はい、これからも頑張ります*+.
    今度読みに行きますね^^*
  • 19 (o'ω')o結花♪*. id:i-9YDsXAz0

    2011-11-19(土) 09:11:54 [削除依頼]
    何とももやもやした気分。 莉恋は放課後の事ばかり考えている。 もちろん、悪い想像だけ。
    「(今までも
    いっぱい辛い思いしたのに……まだやるの?
    ……私が悪いのかな)」
    莉恋は自分を責めていた。 ……ここで一つ、莉恋達の小学校時代の話をしよう。
  • 20 (o'ω')o結花♪*. id:i-9YDsXAz0

    2011-11-19(土) 09:23:56 [削除依頼]
    莉恋がいじめられ始めたのは、小学校3年生の中頃。 こんな事をきっかけにして、いじめは始まったんだ。

    ――……
    莉恋はその日、友達と遊ぶ約束をしてたんだ。 その友達っていうのは紗憂の事。
    学校が終わったら、近くの公園で待ち合わせ。 という予定だった。
    莉恋は友達と遊ぶなんて事があまり無かったから、その日は早く帰ったんだ。 簡単に支度を済ませて、公園に向かおうとした時。
    「莉恋ー、
    今からおばあちゃん来るから
    顔見せてやりなさい」
    お母さんがこう言ったんだ。
    「え、
    でもあたし……約束があって……」
    莉恋は心配そうに聞いた。
    「もうすぐ着くわよ、
    少しで良いから待っていてくれない?」
    お母さんは莉恋に言った。
    「う〜ん……、
    ほんとにほんとに少しで良いの?」
    「ええ、良いわよ」
    「それなら……、
    待ってるね」
    この時の莉恋の判断は間違っていたんだ――……
  • 21 ☆レピナ☆ id:MY5SyQP/

    2011-11-22(火) 20:29:48 [削除依頼]
    わあっ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
    小説書くの.上手いんですね!
    私はいじめ〜貧乏人vsお嬢様〜を今日はじめたので、
    ぜひ来て.コメください(>人<;)
    私一人じゃさみしいですっ(´・_・`)
    アドバイスをくれたらうれs((黙れ
    あと呼びためokです(^O^☆♪
  • 22 さーちゃん id:4PfbdT61

    2011-11-30(水) 16:14:19 [削除依頼]
    これおもしろーーーい
    うちは、「イジメ〜いつまで一人なの…〜」を書いてます
  • 23 sorube♪ id:Rg4Ody9.

    2011-12-18(日) 16:14:50 [削除依頼]
    脱出できるかなぁ?


    レオ「あれぇー?もうげんかいなのー?」
    あい「えっ…なにっ、するの…!?」
    レオはあいの首をしめた…
    あい「うっ…!」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
映画研究部 サバイバルゲーム 電子工作 囲碁 トールペイント 介護支援専門員(ケアマネージャー) ウィンドサーフィン部 地学部 アーチェリー部 ヨット部

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。