どらごんと青と柳21コメント

1 むつめ id:Ar8TiIO.

2011-11-13(日) 22:17:29 [削除依頼]
腕時計が動いた

動いたというのは別に長針とか短針が動いた
わけではなく
まして、秒針が動いたわけでもない

腕時計そのものが   動いたのだ
  • 2 むつめ id:Ar8TiIO.

    2011-11-13(日) 22:39:12 [削除依頼]
    俺が8歳の誕生日を迎えたとき
    たつみが俺の誕生日プレゼントに腕時計をくれた

    たつみは俺の姉貴

    その腕時計はそこらへんにありそうな
    黒いごく普通の腕時計だった

    初めてもらった自分だけの腕時計は
    そりゃもう嬉しかった
    どのくらい嬉しかったかというと
    歯に挟まったいちごのたねがとれた時の嬉しさと
    等しい

    それをたつみに言ったら頭突きされたことを
    今でもよく覚えている
  • 3 むつめ id:Ar8TiIO.

    2011-11-13(日) 22:53:24 [削除依頼]
    そして6年後の今。
    つまり俺が14歳の今。
    その14歳の俺に今、とんでもない
    衝撃が走った
  • 4 むつめ id:Ar8TiIO.

    2011-11-13(日) 22:58:20 [削除依頼]
    俺は今、実の姉であるたつみと2人で食事をしている

    衝撃が走ったとはこのことではない
    たつみと2人で食事なんてしょっちゅうだ


    俺は毎朝占いをみている
    占いによれば今日の俺のラッキーアイテムは
    腕時計らしい

    となればたつみからもらったあの腕時計があるじゃないか
  • 5 むつめ id:Ar8TiIO.

    2011-11-13(日) 23:03:57 [削除依頼]
    ということで俺はもう壊れて動かない腕時計を身につけている
    実は三ヶ月くらい前に壊れていたのだ

    壊れていてもこれしか腕時計を持ってない
    俺にはしょうがなかった
    そもそも腕時計というものにはかわりないのだからいいだろう
  • 6 むつめ id:Ar8TiIO.

    2011-11-13(日) 23:19:35 [削除依頼]
    ごく普通に腕時計をしながら食事をする俺
    すると
    「食事の時くらい腕時計外しな、行儀わるいわ」

    たつみめ・・・
    食事中に腕時計してるどこが行儀悪いってんだ
    内心そう思いながらおとなしく従って
    俺は腕時計を食卓の隅においた

    そうでもしないと俺のこのきれいなおでこに
    たつみが頭突きを食らわすと察したからだ
  • 7 むつめ id:Ar8TiIO.

    2011-11-13(日) 23:30:04 [削除依頼]
    さて、そろそろ本題に入ろう
    衝撃が走ったとは

    そう
    その
    俺のラッキーアイテムである腕時計が 動いた
    動いたというのは別に長針とか短針が動いた
    わけではなく
    まして、秒針が動いたわけでもない

    腕時計そのものが  動いたのだ
  • 8 むつめ id:Ar8TiIO.

    2011-11-13(日) 23:42:45 [削除依頼]
    左に3cmほど
    まるで透明人間が動かしているように
    腕時計は  動いた

    「ん?え?はぁぁ!!?っっぐふッげほブっッ」

    俺は一瞬にして静かな食卓を奇声で壊した
    おまけにむせた
    さらに食べていたきゅうりの漬け物が俺の口から
    食卓を挟んで向かい合っているたつみの顔に

    飛んだ
  • 9 むつめ id:Ar8TiIO.

    2011-11-13(日) 23:53:07 [削除依頼]
    殺される


    一瞬で自分のおかれた状況をのみこんだ俺は
    一瞬で自分のやるべきことを把握した

    逃げる・・・!!

    俺の考えが顔にでていたのか
    たつみは俺の服の裾を力強く掴んだ

    「食べ物粗末にすんなぁぁぁぁぁ!!!!!」

    え・・?あ、そっち!?
    顔にきゅうり吹き飛ばされたことはいいの!?
    内心そう思った俺。
  • 10 むつめ id:ALJ25ta.

    2011-11-14(月) 00:04:36 [削除依頼]
    たつみは両手で俺の顔を自分の顔に近づけた

    この状況を知らない人が見たら
    キスでもするのか  とか思うかもしれないが
    そんな甘いもんじゃない

    俺はたつみが俺になにをするのかがすぐわかった

    頭突きだ・・・!!

    たつみの頭突きはやばい。
    3回連続本気のやつを食らったら即死だ
    というくらい痛い

    腕時計がひとりでに動いたことなんてもう頭の中になかった
  • 11 むつめ id:ALJ25ta.

    2011-11-14(月) 17:07:04 [削除依頼]
    俺は必死に抵抗したがどうやらたつみのばか力には勝てなかった
    あぁ俺のこのきれいなおでこにまたあの憎きたんこぶができるのか
    もう諦めていた


    「このきゅうりの漬け物おいしいですね」


    ピタ。
    俺のおでことたつみの石頭の距離が3mmのところで
    たつみの動きが止まった

    「え・・?今、しゃべったの誰・・?」
    止まっていたたつみがやっと口を開いた

    「わたしですが」
    俺とたつみは声が聞こえた方に振り向く
  • 12 みねね id:5GyarwG/

    2011-11-14(月) 17:14:40 [削除依頼]
    「ねーねー、 桑原さんはさー、どうして私服?」

    休み時間になると、さっそく加瀬は彼女に話し掛ける。

    「……制服のサイズの在庫がなくて……間に合わなかったの」

    「そーなんだー。はやく見たいなあ、ウチの女子の制服可愛い

    からさ〜。あ、彼氏とかいる? いなかったら、俺なんかど

    お? 今度の休み、デートしなーい? オンナノコとデートする

    の大好きなの俺、買い物でもなんでも付き合うよ」

    この、誰よりも速攻な語り掛けに真澄は戸惑った表情をする。

    それを見て女子が加瀬と真澄を取り囲む。

    「ちょっと、ナオ、あんた控えなさいよ。びっくりしてるわ

    よ、彼女」

    ナオと、加瀬の名前らしい。

    加瀬は下唇をすぼめて、彼女達を見る。

    「そーそーちょっと、どいてよ」

    女子生徒数人が、加瀬を押しのけて話し出す。

    「もう、驚いちゃうよね、気をつけな、コイツほんと、女った

    らしだから」

    加瀬をそう云いさした少女は、真澄と変わらぬ高身長な女子生

    徒だった。。

    「……でも、よく、女の子だって……わかったなって思う。ほ

    ら、髪も短いし声とかもちょっと低めだし、身長も高いから」

    「背が高いとか、髪が短いとか、声が少し低いとか、胸がない

    とか、そーゆー女子でも、あの加瀬はね、性別当てられるの

    よ」

    通学時とか遊びに行った時、街で、綺麗なお姉さんだなーと男

    子が騒いでも、ああ、ニューハーフだけどねと、性別を言い当

    てるツワモノ。

    筋金入りの女好きだよと、背の高い女子が言い放つ。

    「もう、ビョーキみたいなもんだからー」

    「あう、ひどい、翔子ちゃんたら」

    そういいつつも、自分の目の前に女の子がいる――――その状

    況だけでにやけてしまう加瀬である。

    「あたし達が案内してあげるよ、校舎」

    「そうそう、加瀬についてっちゃだめだよ――――、即食われ

    るから」

    「?」

    椅子に座った 真澄は、自分を取り囲む彼女達をキョトンとした

    カンジで見上げる。

    その様子を見て、彼女達は 真澄を気に入ったようだ。

    真澄は柔らかい表情で彼女達を見つめて、椅子から立ち上が

    る。

    立ち上がる仕草も、どこか少年ぽさがある。

    「桑原さんにいうなら、カワイイてより、カッコイイよね」

    「あ、その形容詞はマル」

    「うん、実はよく言われるんだよ」

    「だーよーねー」

    「きゃあ」

    彼女達は真澄を取り囲んで、教室を出て案内を始めた。
  • 13 みねね id:5GyarwG/

    2011-11-14(月) 17:15:20 [削除依頼]
    書く場所間違えました…(´;ω;`)

    スミマセン(;>_<;)

    ほんとにごめんなさい(つд;*)
  • 14 むつめ id:ALJ25ta.

    2011-11-14(月) 17:22:01 [削除依頼]
    いや、そんなあやまんなくていいっス
    大丈夫っスよ(^ー^)
  • 15 むつめ id:ALJ25ta.

    2011-11-14(月) 18:13:00 [削除依頼]
    母は出張。
    父は三年前に家を出たっきり帰ってこない。
    家には俺とたつみだけしかいない。

    俺の声でなければたつみの声でもない  じゃあ誰の声なんだ・・?
    俺とたつみは声が聞こえた方に振り向く

    きっと俺だけじゃなくてたつみも驚いただろう

    半透明  白装束  目が隠れるくらい長い黒髪  真っ白な肌

    このすべてに当てはまるもの
    そう それは
  • 16 むつめ id:ALJ25ta.

    2011-11-14(月) 18:24:56 [削除依頼]
    「ゆぅ・・れ・・ぃ・・・?」
    たつみが今にも消えそうな声でつぶやいた

    「はい、そうです、幽霊です」

    俺とたつみは顔を合わせた
    「ぇ   ぇぇえええええええええええええ!!!!!??」
    なんとも息のあった叫び声だった
  • 17 むつめ id:ALJ25ta.

    2011-11-14(月) 20:05:46 [削除依頼]
    俺たちはこれ以上大きな声は出ないんじゃないか
    というくらい大声で叫んだ後、幽霊らしきものをまじまじと見た

    自分から幽霊ですなんて名乗る幽霊を初めて見た
    いや、別に私は幽霊じゃありませんなんて言う幽霊にもあったことはない

    てゆうか、幽霊を見てここまで冷静な俺はすごいなと感心した
    てゆうか、幽霊なのか、これ
    てゆうか、こいつ何勝手に人の家のきゅうりの漬け物食ってんの
    てゆうか、幽霊って物食えんのか

    俺の頭の中でさまざまな疑問が飛び交う中たつみは何をしてるかというと

    幽霊らしきものと交流を深めていた
  • 18 むつめ id:ALJ25ta.

    2011-11-14(月) 21:26:54 [削除依頼]
    ・・・?

    あれ?なんか勝手に仲良くなっちゃってるよ?
    え?ってか俺が考え事してるあの短時間でどんだけ仲良くなってんだよ

    「でしょ?この漬け物うまいっしょ?あたしがつくったの」
    「そうなんですか、私 漬け物はあまり好まないんですが
     これはとてもおいしいです」
    「いやー、てれるわー」
    「今度なすの漬け物つくってくださいよ」
    「あたし、きゅうりよりなすの漬け物の方が得意なんだ」

    つっこめよ!!たつみ!つっこめよ!!
    それ半透明だよ!白装束きてるよ!?

    なんだか仲間はずれにされている感じで腹がたった
    これが疎外感というやつか
    やばい、なんか泣きそう

    俺は涙をこらえ二人の間に割り込んだ
  • 19 むつめ id:q0aXqoV.

    2011-11-15(火) 13:48:22 [削除依頼]
    割り込んだはいいが何話すか全っっ然考えてねぇっ!!
  • 20 むつめ id:q0aXqoV.

    2011-11-15(火) 13:52:07 [削除依頼]
    やばいな、これ

    何話せばいいんだ
    そうだ・・!自己紹介・・!ベタだけど!!

    俺の名前は五十嵐りゅう☆
    超元気な中学生だぴょんっ☆
    特技は片手でたまごを割れるんだにょん
    ちなみに彼女募集中だZE☆
  • 21 むつめ id:q0aXqoV.

    2011-11-15(火) 13:59:44 [削除依頼]
    無理だ!!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
棒術部 ローラースケート部 数学研究部 部活あるある イラスト・絵画 MOS 医療事務管理士 自転車部 クレイクラフト いじめの悩み相談

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。