真実って、何なんだろう8コメント

1 おんぷ id:2lIFjdl.

2011-11-13(日) 19:13:54 [削除依頼]



私は、1年前に大きな事故にあったらしい
それによって私は記憶を失った

今は両親と名乗る人たちの家で暮らしている

事故の直後、周りにいた人たちに私の過去はどんなものだったか聞いたけど、「事故に遭った」としか聞かされなかった


原田 舞 16歳

ワタシハイッタイ、ナニモノナノ?
  • 2 おんぷ id:2lIFjdl.

    2011-11-13(日) 19:26:50 [削除依頼]
    気に入っている黒のローファーを丁寧にはいて、家を出る

    「行ってきます、……お母さん。」

    「まだ慣れないならいいのよ?おばさんで。」

    ニコニコと笑ってくれるのは、原田洋子さん42歳
    私のお母さんらしいけど、1年前に初めて会ったから、まだなんとなく慣れない

    「いえ……もう今日から高校生だし。
     行ってきます、お母さん。」

    お母さんに笑いかけ、家を出た

    去年は中3だったけど、記憶喪失で自宅療養、ということになっていた
    でも今年からは高校生だし、普通に学校へ行こうということになり、受験をして受かったのが、今日から通う泉高校

    実質、私にとっては初めての学校で、小学1年生のような気分だったりする


    「よし!!」


    気合を入れて、私は学校へ向かった
  • 3 おんぷ id:2lIFjdl.

    2011-11-13(日) 19:38:50 [削除依頼]
    「あ、見えてきた。」

    泉高校の『入学式』という大きな文字が見える

    家を出たときはそんなに緊張してなかったのに……
    なんでこんなに緊張するんだろう……

    私は、手をギュッと握りしめる

    その時だった


    __ドンッ

    背中に大きな衝撃が走った
    私はびっくりして後ろを向く

    そこには、女の子が立っていた
    大きいクリクリの目に肩まで伸びたサラサラの髪
    小柄で華奢な体
    リスみたいな女の子だった

    「あんたも泉高校の新1年生なん?」

    女の子は、くしゃっとしたかわいい笑顔をこちらに向けて質問した
  • 4 おんぷ id:Pp8AJZI0

    2011-11-16(水) 15:37:30 [削除依頼]
    「え、あ、はい。そうですけど……。」

    女の子は、にっこり笑った

    「うちも新入生!!椿 晴菜(ツバキ ハルナ)ゆうねん!晴菜ってよんでな!これからよろしくー!!」

    晴菜という子は、小さなかわいい手を差し出してきた

    「あ、あたし、原田 舞(ハラダ マイ)です。よろしくね。」

    あたしも、小さな手を握り返した


    わぁ……気さくな子
    あたしは内心、初めての友達に胸を高ぶらせた

    「舞ちゃんやね!1人なん?1人なんやったら一緒にクラス表見に行かへん?」
    「えっ、いいの!?」
    「いいに決まってるやん。うちも1人やし、丁度いいやろ?」

    あたしたちは、2人でクラス表を見に行った
  • 5 おんぷ id:Pp8AJZI0

    2011-11-16(水) 15:45:13 [削除依頼]
    「んっ!!舞ちゃん、うちら同じクラスやん!」
    「ホントッ!?やったぁ!」

    クラス表を見て、それが本当だということにすごく嬉しかった
    あたしと晴菜ちゃんは1年5組
    男子22人、女子18人の40人クラスだった


    そのあと、晴菜ちゃんと一緒に教室へ向かうと、さっそくもう自己紹介タイムが始まっていた
    あたしは、晴菜ちゃんに強引に連れられてその輪に入った

    きっと、晴菜ちゃんがいなかったら輪に入ることもできなかったんだろうな……
    晴菜ちゃんと友達になれてよかった

    心から、あたしはそう感じた
  • 6 おんぷ id:RiBWyJY/

    2011-11-19(土) 21:48:35 [削除依頼]
    チャイムが鳴り、みんながぞろぞろと席に着く
    あたしも、自分の席に着いた

    隣の席は男の子で、黒髪のさわやかボーイって感じ

    運動とかすごく出来そうなんだろうな……


    隣の男の子を少し見てたら、急にその人がこちらを向いた

    「あのさ、あんた原田舞?」

    なんであたしの名前を知ってるんだろう
    名札? や、今すぐ見て言ったからそれはないだろう
    じゃあクラス表? でも席は出席番号で黒板に書かれてるし、そんなめんどくさいことしないだろうし……

    「……なんで知ってるんですか?」

    男の子はニカッとはにかんで、理由を教えてくれた

    「俺、晴菜と同じ中学でさ、今さっき教えてもらったんだ。‘原田’でいいか?」
    「あ、うん、よろしくね。えっと……」

    男の子は優しく笑った

    「戸田隆介(トダ リュウスケ)」
  • 7 おんぷ id:RiBWyJY/

    2011-11-19(土) 22:02:05 [削除依頼]
    入学式が終わった後の自由時間、あたしはぼーっとしていた

    「戸田くん……かぁ。」

    「戸田って、隆介のこと?」

    「うん……ってうわぁ!!」

    独り言をつぶやいていたのに、いつのまにか晴菜ちゃんが目の前にいた

    「い、いつの間に!」

    「いつの間にって……さっきからここにおるやん。」

    全然気づかなかった……

    「舞ちゃんさっきから窓の外見てぼーっとしよったから脅かそう思ったのに……肩いきなり叩いてもビクともせんし、どうしたん?」

    ……だからさっき体が揺れるなーと思ったんだ……

    「やぁ、ぼーっとしてて……」

    「隆介のことが気になるん?」

    「えっ!?いやいや、決してそういうわけでは……!」

    「あッ!!そうなんやー!」

    晴菜ちゃんはにやにやしてあたしの肩をツンツンする

    ち、違うのに……
  • 8 おんぷ id:RiBWyJY/

    2011-11-19(土) 22:13:37 [削除依頼]
    その日は、入学式が終わってすぐ家に帰った

    「ただいまー!」
    「ワンッ!!」

    家に帰ってすぐ、うちの家の犬が飛び出してきた
    名前はリリーって言って、2歳のメス
    名前は洋風だけど柴犬
    あたしがこの家に来たときは、全然なついてくれなかったけど、今ではいつも飛びついてくれる

    「舞ー!おかえり。」

    リリーの声を聞いて、お母さんが笑顔で外に出てきた
    あたしも笑顔で答える

    「ただいま。」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
医療事務管理士 ガーデニング・家庭菜園 囲碁 物理部 ウィンドサーフィン部 サーフィン部 釣り いじめの悩み相談 トールペイント 棒術部

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。