いつかつかむ雲9コメント

1 むーちん♪ id:qPDXg2t1

2011-11-12(土) 22:37:55 [削除依頼]

体験談を書きたいと思います(・∀・)♪
下手だけど読んでいただけたら嬉しいですっ!
  • 2 むーちん♪ id:qPDXg2t1

    2011-11-12(土) 22:46:00 [削除依頼]

    ぷろろーぐ

    恋ってこんなに楽しいものだっけ?

    恋ってこんなに苦しいものだっけ?

    手に届かないって分かってても
    いつかは雲だって
    つかめる、そう思えるんだ・・・。
  • 3 むーちん♪ id:qPDXg2t1

    2011-11-12(土) 23:02:05 [削除依頼]

    第一章『叶わぬ恋』


    いつものように学校へ行き、
    いつものように馬鹿やって、
    一つだけ違ったのは、
    貴方に恋をした事かな…?

    「ねえっ愛、真里菜聞いた?」
    いつも一緒に居る奈菜が
    思い出したように口を開いた。

    「竜と亜美付き合ってるんだって!」

    ねぇ…神様は意地悪なのですか?
    貴方の事好きかもって、
    そう思えた時に…どうして?

    「まじっ?クラス内恋愛じゃん!
    どっちからどっちから〜?」

    面白そうに笑えてたかな?
    心の中では、心臓が引き裂かれたような
    気持ちだったんだよ?

    好きになったのは竜からだった。
    亜美のことを可愛いと言って、
    クラスの女子からメアドをゲットし、
    告白したらしい。

    早かった恋…
    叶わないって思った瞬間、
    私、貴方達の事応援するって決めたんだよ。
  • 4 レイカ id:0y7bc4S0

    2011-11-12(土) 23:30:12 [削除依頼]
    めっちゃ惹きつけられます!!
    でも切ないですね…

    あ、初めまして「初恋アリア」という小説を書いているレイカと申します。

    これからも頑張ってください!
    応援してます
  • 5 桃☆ id:qPDXg2t1

    2011-11-12(土) 23:47:36 [削除依頼]

    第二章「メール」

    貴方への想いを心に封じ込め、
    二人を微笑ましく見ていたよ。
    苦しい…から
    頑張れっ!に変わっていった。

    はずなのに…

    ある日同じクラスの拓也から一斉送信でメールが届いた。


    TO 拓也
    本文:皆〜同じクラスの
    メンバーとしてメアド分かっておいた方が
    いいだろ?♪
    竜 ・・・・・・・・・・・・
    岬 ・・・・・・・・・
    智明 ・・・・・・・・・
    愛 ・・・・・・・・・・・
    真里菜 ・・・・・・・・・・
    奈菜 ・・・・・・・・
    太郎 ・・・・・・・・・・・
    綾香 ・・・・・・・・・・・


    そこには竜のメアドも入っていた。
    メールしようかな?
    迷っていたら・・・いつの間にか寝てしまっていた。

    「愛っ!おきなさい!
    今日は運動会でしょ?」
    「ふぁ〜・・・はいはい今起きますよっ」

    おもむろに手を伸ばして携帯をとると
    メールが4件はいっていた。
  • 6 桃☆ id:qPDXg2t1

    2011-11-12(土) 23:49:56 [削除依頼]

    レイカさん♪
    読んでくれてありがとうございます(>∀<)!
    「初恋アリア」
    読んでみますねー★
    また読みにきてくださいっ
  • 7 むーちん♪ id:tiEdWHd/

    2011-11-13(日) 07:39:08 [削除依頼]

    桃★わ私です!名前まちがいましたw
    続き書きたいとおもいます☆


    そのうちの三件は
    拓也から送られてきたメアドを
    見て送られてきたやつだ。
    適当に返事をして、
    残りの一件を見る・・・

    竜からだった・・・・・・・・・。

    TO: ・・・・・・・・・・
    本文:竜だよー♪
    愛だよね?
    登録よろしく!


    この、たった3行のメールが
    とてつもなく嬉しかった。
    すぐに竜のメアドを登録し、
    返事を返した。

    TO:竜
    本文:竜ーっ!
    メール見るの遅くなってごめんね!
    登録OKです☆

    ぱたん・・・
    携帯を閉じ、いったん深呼吸をした。

    用意されていた朝ごはんに気づき
    手をのばした。
    そのとき、

    ぴるるるるる♪
    竜からだ。

    TO:竜
    ありがとう☆
    運動会絶対がんばろうなっ!

    ねぇ竜・・・・・・・。
    諦めようって頑張ってきたのに・・・。

    竜からのメールが来なければ、
    私の恋は終わっていたはずなのに。
  • 8 レイカ id:4uvJT8M.

    2011-11-13(日) 10:19:34 [削除依頼]
    むーちんさん、来ていただいてありがとうございます!!

    これって実話なんですよね?
    なんか…キュンってきます(・ω・)

    これからもちょくちょく見にきてイイですかね?
  • 9 むーちん♪ id:mZ9Fv3S1

    2011-11-13(日) 20:52:45 [削除依頼]
    レイカさんっ
    ありがとうございます♪
    ぜひ見に来てください(・∀・)☆
    実話ですじょー
    続きかきたいと思いますっ

    第三章「つのる想い」

    運動会も無事終わり、
    私達のクラスはよりいっそう団結力が高まった。

    ―――次の日―――

    ピルピルピル♪
    竜からメールが届いた。

    TO:竜
    本文:やっほー♪
    メールしようぜ!

    何で・・・?
    何で私の心を掻き乱すの?
    メールなんてしないでよ・・・
    素直に喜んでしまう私って
    馬鹿なのかなぁ?

    TO:竜
    本文:いいよー☆
    暇だったしー♪

    「ふぅ…送っちゃった。」

    私どうしたらいいんだろう・・・
    応援したいと思う気持ちとは裏腹に
    心臓は鼓動をどんどんあげてゆく。

    「苦しいよぉっ。」

    ピルピルピル♪

    TO:竜
    本文:やったー☆
    前、愛が遊んでるとき可愛かったよ!

    ねえ竜。
    彼女以外に可愛いなんて
    言っちゃ駄目だよ。
    私舞い上がっちゃうよ。

    それから何度か竜とメールするようになった。

    ――ある日――

    休み時間に、
    「竜と亜美別れたらしいね!」
    クラスの女子、京香が口を開いた。
    「えっ・・・?今なんて・・・」

    話を聞くと、
    亜美が竜にあき、振ったらしい。
    竜も別れようとしていたみたいだ。

    「竜、あんなに亜美の事すきだったのにね・・・」

    キーンコーンカーンコーン♪
    あっ授業始まっちゃうっ

    「じゃあまた後で話そう!」

    あの二人が別れた・・・。
    最低だ。嬉しいと想ってしまう自分がいる。
    ねぇ竜。大好きだよ?
    届いてよ・・・っ
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
ダーツ プログラミング 電子工作 ウクレレ ローラースケート部 テコンドー部 クレイクラフト 家庭部 工芸 フラダンス

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。