僕と君 *笑顔*15コメント

1 о(U●´ωココアω`○U)о☆メイプル☆+ id:8sh6y0p0

2011-11-11(金) 21:29:13 [削除依頼]

…好きなんだよ…??

君の全てが大好きなんだよ…??

僕は君の太陽のような笑顔のせいで…
普通に僕に接してくれたから…


好きになったんだ


だから君の僕への気持ちを教えて
ちゃんと受け止めるから

でも君とつきあったら悲しむ人がいる…
1人でも悲しむ人がいるなら

僕はつきあいたくない
君がそれでもいいなら…


どうかこんな僕を好きになってください
  • 2 о(U●´ωココアω`○U)о☆メイプル☆+ id:8sh6y0p0

    2011-11-11(金) 22:28:10 [削除依頼]


    『あ~おいしぃ~…』

    「佑歌のお母さん料理上手いから羨ましいな~…卵焼きも-らいッ!!」


    『あああああぁぁぁあ!!!!!!!!
     僕の卵はとらないでえぇぇええ!!!!!
     卵は友達なんだよ!!!智佳ひどいや最低だよおお!!!』

    「しょうがないなあ~
     私の卵焼きあげるから許して…『おっけ-!!じゃあもらい-♪


    いつも通りの高校生活
    今はお昼休み

    親友の智佳と一緒にお弁当を食べています


    そしてこれが僕が君に恋した特別な時です.
  • 3 о(U●´ωココアω`○U)о☆メイプル☆+ id:8sh6y0p0

    2011-11-11(金) 22:33:47 [削除依頼]
    え-っと…読者の皆様へ★w

    初心者作者からの読む前のメッセージ


    えぇ~…ゴホン…
    初心者作者のココアやで-!!!w

    最初に注意言わせてもらうなッ?!


    1.実話やでぃッ!!
    2.キスシーンないからなぁ??w
    3.駄作やでぃッ!!
    4.2作目やでぃッ!!
    5.実話やけど名前とかは変えてるからな!

    終わり0-
    まあ特に言う事はないから
    読みたい人は読んじゃっていいでw

    んじゃ最新いっくでぃ
  • 4 о(U●´ωココアω`○U)о☆メイプル☆+ id:HiqZOEQ1

    2011-11-12(土) 00:01:04 [削除依頼]
    ごめんなあ

    最新は明日できたらするわ…

    じゃあ皆さんおやすみーw
  • 5 о(U●´ωココアω`○U)о☆メイプル☆+ id:HiqZOEQ1

    2011-11-12(土) 12:01:35 [削除依頼]

    「佑歌ー」
    『…ふぁーい
     だべべぶば??』

    「ちゃんと喋れよ!」
    『あ,ごめんなさい…
     それで誰ですか??』

    「俺だよ!恒星だよ!」
    『ああ-…恒星か…な-んだ
     それで何~??』

    「な-んだ…って言うな!
     用は俺らもココで食べいいか?」
    『なんでぇ…』

    「俺らが食べるとことられちゃってさ
     だからココ来た」
    『あっそじゃあ座り …俺ら?』

    「颯太もいる」
    『なるへそ,幼なじみが勢揃いだあ』

    「そういえばそうだった」
    『え』
  • 6 о(U●´ωココアω`○U)о☆メイプル☆+ id:HiqZOEQ1

    2011-11-12(土) 12:09:07 [削除依頼]
    最新

    僕の名前は『星鈴 佑歌』
    ほしすず ゆかだよY

    そして僕の目の真ん前にいる男子が
    『鶴岡 恒星 つるおか こうせい』

    そして僕の親友が…
    『薮川 智佳 やぶかわ ともか』

    颯太ってのは…
    『山吹 颯太 やまぶき しょうた』

    僕達は幼稚園からずっと一緒
    幼なじみなのです
  • 7 о(U●´ωココアω`○U)о☆メイプル☆+ id:HiqZOEQ1

    2011-11-12(土) 12:14:59 [削除依頼]

    「じゃあさっそく卵焼きも-らいッ!!!」
    『え』

    『いやいややめてよおおお!!!!!!
     颯太もとるな!!
     もう返して返して返してよおお!!!!』
    「じゃあ俺らの卵焼き…『もらう-♪♪』

    「……なあ颯太」
    「ん?」

    「佑歌って天然だなアホだし」
    「今頃気づいたのか?
     俺は幼稚園の時から分かってたけど…」

    「俺は気づかなかった」
    『何こそこそ話してるの-??
     それにしても美味しいねぇ?
     皆の卵焼き?』

    「アホ」
    『あん!?』
    「「恒星のせいで佑歌を喧嘩女王にさせてしまった」」

    『もうだいじょぶ-♪』

    「やっぱりアホだ…」
    『口をつつしめ』
  • 8 о(U●´ωココアω`○U)о☆メイプル☆+ id:HiqZOEQ1

    2011-11-12(土) 12:24:19 [削除依頼]
    そうやっていつも通りの会話が始まった


    『ちょっとお茶買ってくるね』
    「うん.気をつけて……」
    いつも出かけるときに言われるこのコトバ

    もう高校生なんだから大丈夫だって!


    『きゃあッ!!!』

    …僕は足元を見た
    そこには小石が転がっていた
    …こんなところに小石なんておかないでよお…


    「はあ…またか…
     気をつけてって言ったのに…それも真ん前で転ばないで…」

    智佳のあきれた顔
    ごめんなさい…

    『う~…』
    肘[ひじ]が痛いよ…


    「ホント馬鹿だな…大丈夫か?」

    恒星はそう言って僕に心配そうな顔をしながら
    手を差し出してくれた


    僕の王子様みたいに…
  • 9 о(U●´ωココアω`○U)о☆メイプル☆+ id:HiqZOEQ1

    2011-11-12(土) 21:26:58 [削除依頼]

    『お…王子様だ…
     恒星が王子様だ……』

    まさか恒星が王子様なんて思ってなかったけど…
    王子様だったなんて…

    「は? 何言ってんの…」
    恒星はひくわ~って言いながらそう言った

    『恒星が王子様なんだよ!!
     僕の王子様!!ずっと探してたんだよ?!』

    そう…僕は僕だけの王子様を探してた
    小さい頃に読んだ王子様の絵本を見てから…

    「だから何で王子様なんだよ!!」
    驚いた顔で言った

    『王子様のオーラをだしてるから!』

    「何だよそれ~俺がお前の王子様?
     あり得ないって
     てか王子様を探してるとか高校生にもなってか?!」
    恒星はフっ…と鼻で笑いながらそう言った

    『そっ…そうだけど…
     もうココまで来たんだからあきらめられなかったんだもん…』

    やっぱり恒星が王子様とかあり得ないかなぁ…
    僕が間違えただけかもしれない…

    「はあ…俺が言えることを言う
     俺は王子様じゃない,わかったか?」

    ………そうだよね
    恒星が王子様な訳ないもんね…
    見つかったと思ったのに…


    残念だなぁ…


    『う…うん…わか…った…』
    僕はそう言ってしまった…

    この頃はまだ恒星が僕にとってなんなのか分からなかったんだ

    「分かればよし
     ほら,手かしてやるから」
    そう言って僕にもっかい手を差し出してくれた

    『あ…り…がと…』

    『じゃっ…お茶買ってくるねっ…』

    僕は何故か逃げるように走った


    僕の目から涙が出たから

    皆に心配をかけたくなかったから

    でもなんで涙なんかでたの?


    恒星があきらめられなかったから
    王子様なのに*わかった*と言ってしまったから

    ほんとは言いたくなかった
    だけど恒星のコトバを聞いて


    悲しかった
    嬉しくなかった


    でも何故か僕は言ってしまった
    怖かったんだ


    恒星に嫌われるのが


    最低だな,僕

    嘘ついちゃった


    嘘は嫌いなのに……
  • 10 о(U●´ωココアω`○U)о☆メイプル☆+ id:bVWM6uU.

    2011-11-13(日) 19:03:15 [削除依頼]
    すいません

    最初っからやり直しますわw
  • 11 о(U●´ωココアω`○U)о☆メイプル☆+ id:bVWM6uU.

    2011-11-13(日) 19:05:18 [削除依頼]
    『あ~おいしぃ~…』

    「佑歌のお母さん料理上手いから羨ましいな~…卵焼きも-らいッ!!」


    『あああああぁぁぁあ!!!!!!!!
     僕の卵はとらないでえぇぇええ!!!!!
     卵は友達なんだよ!!!智佳ひどいや最低だよおお!!!』

    「…しょうがないなあ~
     私の卵焼きあげるから許して…『全然おっけ-!!じゃあもらうね-♪


    いつも通りの高校生活
    今は昼休み

    親友の智佳と一緒にお弁当を食べています


    僕にとっては昼休みは特別な時間

    昼休みは僕が恋した甘い恋の時間
  • 12 о(U●´ωココアω`○U)о☆メイプル☆+ id:bVWM6uU.

    2011-11-13(日) 20:56:01 [削除依頼]


    ここは桜吹雪高校!!


    この学校には春になると満開の桜が綺麗な吹雪みたいに舞うので
    そう名付けられたそうだ


    僕は今その桜吹雪の下でお弁当を食べています!!

    『美味しーーーーーーーーーー!!!!!!!』
    「ちょっうるさいなあ!!静かに食べなって-!」

    『えへへ♪ごめんなさ〜い♪』

    僕は*星鈴 佑歌*!!
    16歳のぴちぴち高校2年生でっすbb

    そんな僕もと-ぜん!!恋をしています

    恋のお相手は恒星!
    僕と恒星と颯太と智佳は幼なじみ

    あっ颯太ってのは智佳の好きな人♪♪
    やっぱり女の子は恋だよね!


    僕は小学生の頃.恒星の太陽みたいな笑顔に
    ココロを奪われたんだ

    智佳は好きになった理由教えてくれないからよく分からないんだ

    …とそこで僕は喉が渇いたから財布を持って智佳に
    こういった

    『あっちょっと喉かわいたからお茶買ってくるね』

    ほんとはすいとう持ってきてるはずなんだけど
    僕おっちょこちょいだし忘れん坊だから

    すいとう家に置いてきちゃったんだ…!
    嗚呼…お金がもったいない…


    「すいとう忘れたんだね?
     おっちょこちょいだもんね…はは…
     早く帰ってきてよ-?
     途中で転ばないよ-に!!」

    さすが親友だね…
    僕の事まるわかりだあ-

    『も-子供じゃないんだから大丈夫だって!!
     行ってきま-す♪』

    僕は財布を持って自動販売機へと向かった


    佑歌は…

    「何か嫌な予感がする……大丈夫だよね…」

    智佳のそのコトバを知らないで走って行った
  • 13 о(U●´ωココアω`○U)о☆メイプル☆+ id:bVWM6uU.

    2011-11-13(日) 21:02:52 [削除依頼]

    『あっ階段だ』


    そう僕の目の前には階段があった
    この階段を下ればすぐそこに自動販売機がある

    『こんな階段なんかひとっ飛び~♪♪』


    佑歌は階段が10段あるとも知らずに飛んだ


    『えっ…』


    何コレ…
    こんなにながかったの?!

    えっちょっどうしよう!!

    戻らないと…っ

    …だめだッ!!
    もう飛んじゃった…
    どうしよ…もう僕死んじゃうのかな…

    僕は恐怖を感じそのまま意識を失った

    体が暖かい…そんな感じがしたまま
  • 14 о(U●´ωココアω`○U)о☆メイプル☆+ id:bVWM6uU.

    2011-11-13(日) 21:08:40 [削除依頼]
    >>13 修正 『あっ階段だ』 そう僕の目の前には階段があった この階段を下ればすぐそこに自動販売機がある 『こんな階段なんかひとっ飛び~♪♪』 佑歌は階段が10段あるとも知らずに飛んだ 『えっ…』 何コレ… こんなにながかったの?! えっちょっどうしよう!! 戻らないと…っ …だめだッ!! もう飛んじゃってたんだ… どうしよ…!!もう僕死んじゃうのかな… 『誰か助けてっ…』 地面が近づいてきた… もう終わりだ…死んじゃうんだ… 死んじゃうんだ……… 体が暖かい あれ?…何で暖かいんだろ…? あ.そっか 天国なんだココ…だから暖かいんだ… 怖いよ…皆に会えなくなっちゃうんだ… 僕 死んじゃったんだ………      僕は恐怖を感じながら意識を失った
  • 15 о(U●´ωココアω`○U)о☆メイプル☆+ id:bVWM6uU.

    2011-11-13(日) 21:10:30 [削除依頼]
    変な小説だけどごめんなさいね

    恋愛小説苦手なんです…


    最後まで見てくださると嬉しいですねw


    まだコメントもないガキが作った小説ですが…

    はあ…
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
ファイナンシャルプランナー ウォーキング・散歩 物理部 スケート部 装道部 ローラースケート部 絵葉書・絵手紙 サバイバルゲーム 日本拳法部 テコンドー部

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。