クラスルームの空気くん156コメント

1 モンスーン id:yRgRq9H.

2011-11-10(木) 18:03:41 [削除依頼]
どうしようもない作者による
どうしようもない主人公の
どうしようもない日常の話です。

どうしようもなく暇な時にでもどーぞ。
  • 137 X id:qv9GUNf.

    2012-01-04(水) 21:41:47 [削除依頼]
    「……パ…………パト」
    目の前には二本の後ろ足をフンばって教会の床に直立した愛しい俺の家族がたたずんでいた。
    その光景に思わず何度も自分の目を疑ってしまう。これは……まさしくアレだ。
    「パトラッシュが立った!!」
    ……某世界的有名アニメが混ざってしまったが、それはこの際どうでもいい。
    人の言葉を取得して会話出来るようになっただけに収まらず、なんと人間の歩き方まで真似るなんて……パトラッシュ、おまえはなんていい子なんだ!
    「パトラッシュ…」
    「ーーーー新井さんっ」
    駄目だ、もう涙のダムが決壊してしまう。
    俺は感情の赴くままに、精一杯、腕を広げて我が愛犬に抱きつこうとする。
    「パトラァァァァァシュ!!」
    後はもう止まらない。その勢いのままパトラッシュに突っ込むがーーーー
                  ペチン。と乾いた音が教会に響いた。
    それと同時に感じた右頬に走る、わずかな痛み。
    この時の俺は、状況をうまく捉える事ができなかった。
    「ーーんっーー新井さんっ」
    呆然とした俺の思考を断ち切ったのは、俺を呼ぶパトラッシュの声とーーーー
    「パトラッーーーー」
                  べシッ!
    ーーーービンタだった。
  • 138 モンスーン id:qv9GUNf.

    2012-01-04(水) 21:46:27 [削除依頼]
    HN、またやってしまった。 ……弟にキッツく言っておきます。 >137のXは季節風です。すみませんでした。
  • 139 ちーば id:xEVKQOX0

    2012-01-06(金) 15:06:24 [削除依頼]
    パトラッシュwwww

    更新が待ち遠しい!
    今年も更新がんばってください!
  • 140 モンスーン id:9lHh.S2/

    2012-01-08(日) 16:24:00 [削除依頼]
    >ちーばs

    上がっていたことに気づかなかった。……なんたる不覚。
    ハイ、あけましておめでとうございます。
    季節風は今年もがんばりますよ。
    3月あたりには新作も投稿する予定ですし。←ちゃっかり宣伝。
    では、今年もよろしくお願いしますww
  • 141 モンスーン id:NhDeA6O0

    2012-01-10(火) 17:07:29 [削除依頼]
    時は少し遡る。

    青柳真里は保健室のイスに座り、読書にふけっていた。
    彼女には[保健室利用者の名簿を付ける]という仕事が存在するのだが、現時刻はAM7:13分。運動部の朝練すらも、まだ始まっていない頃合の為、ここを訪ねて来る生徒など滅多にいない。
    要するに、今はヒマな時間なのだ。
    それ故、彼女はいつものようにハードカバーのページをめくる。そして時折、コミカルな場面に微笑し、シリアスな場面に真剣な顔をする。
    少し消毒液臭いが、気が安らぐこの場所で物語の世界に入り込むこの時間が真里は好きだった。
    しかし、今日のその時間にはイレギュラーな事が起きた。
    「邪魔するぞ」
    澄んだ声と、ガチャリという音が聞こえ、保健室の扉が開かれたのである。
  • 142 モンスーン id:/eqBLDJ.

    2012-01-13(金) 20:32:04 [削除依頼]
    確かにそれは[イレギュラーな事]だったが、特に真里は取り乱したりなどしない。彼女には先刻の声に、はっきりと聞き覚えがあるからだ。
    真里はハードカバーにしおりを挟み、ゆっくりと開かれた扉付近に視線を向ける。
    そこには、やはり真里が予想した通り、見覚えのある女教師がすでに保健室に足を踏み入れていた姿があった。
    艶のあるロングヘアに、くっきりとした眉の下で鮮やかなブラウンの瞳が冴えざえとした輝きを放っている。服装は女教師にしては珍しく、しっかりと黒のスーツを着こなしていた。
    よく知った保健室への訪人に真里は薄く笑みを浮かべながら言葉を掛ける。
    「おはようございます、桐原先生」
    「ン、おはよう青柳。君は今日も朝早いのだな」
    女教師ーーーー桐原は簡単にあいさつを済ませると、扉付近に設けられたソファーに深く腰を下ろしたのち、ため息をついた。タバコでも吸っているのかと思うほど深くて長いため息だったが、桐原がタバコを吸わない事を真里は知っている。
    ……それ故、「桐原に灰皿で頭殴られた!」と、この場に駆け込んでくる生徒の言葉は嘘に決まっている。と真里は思う。
  • 143 バタコ☆ id:wdSGKxS1

    2012-01-14(土) 00:21:04 [削除依頼]
    灰皿で頭、殴られたことがあるのは
    新井くんだけじゃなかったのかw
  • 144 ジャック id:Pb7w1lM.

    2012-01-14(土) 09:21:51 [削除依頼]
    青柳に反応してしまったジャックですww

    新井君の夢は、もう尊敬に値しますね。
    桐原先生のアリバイが成立する瞬間だった。

    更新頑張って
  • 145 モンスーン id:wuU/qXG.

    2012-01-14(土) 16:40:46 [削除依頼]
    >バタコ☆s

    この学校に存在する、問題児の数は桐原先生に殴られた数と
    イコールで結んでしまっても間違いはないでしょうww
    新井くんは恐らく、回数だけならトップですね。

    >ジャック

    ニートはカッコいいなぁ。と最近思うようになってしまった。
    でも、もう自分の気持ちに素直になろうと思う。
    ニート王に俺はなる!
    嘘ですww はい、更新がんばります!
  • 146 モンスーン id:/fpWp1R0

    2012-01-17(火) 21:17:57 [削除依頼]
    桐原はソファーの背もたれに体を預ける。その際にギシッとソファーが抗議の声を上げる。これを傍目に真理は、まぁ結構古くからある用具だから仕方ないか。ぼんやり思った。
    女教師は再び息をつくと、少しの間、目の焦点を定めずにボーッとしていたが、その後は何か暇そうに長い黒髪を整え始めた。
    そんな光景が視界に入った真理は、自分も物語の世界に帰るべくして、手近な机の上に置いたハードカバーに手を伸ばす。
    しかし彼女は指先が本に触れる直前、あることに気付いた。
    「……あれ? 桐原先生、何か御用だったのでは?」
    まさかここに、くつろぎに来たなんて事はないだろう。
    そんな意図から発展し、生まれた疑問を桐原にぶつけると、彼女は髪に手櫛をかけていた状態のまま、真理を凝視して2回まばたきをする。一瞬を置いて質問を飲み込んだらしい桐原は、なぜかバツの悪そうに視線を落として、目を泳がせながら呼応した。
    「そ、そうだった。実はな、また私の目の前でーーーー」
    「生徒が頭から派手に転んでしまった?」
    「う、うむ。その通りだ」
    桐原の顔に張り付いているのはもちろん、引きつった苦笑いだった。
  • 147 角煮 id:vDO0ug4/

    2012-01-28(土) 13:04:57 [削除依頼]
    うふふ、みぃつけた☆
    という訳で来ました。ワタクシでございます。
    書くの結構上手いんじゃない?
    今日は宿題やって来いよ? じゃあ執筆頑張ってw
  • 148 モンスーン id:vDO0ug4/

    2012-01-28(土) 19:16:43 [削除依頼]
    >角煮s

    うふふ、見つかっちゃいましたww コメントありがとう。
    しゅ、宿題? あ、うん。やってくよ。
    ……でも季節風お腹痛くなる予定だから。
    ハイ、最近忙しいから更新できへんけど、なんとか頑張るわ。
  • 149 モンスーン id:8cZYZrv/

    2012-01-31(火) 20:19:41 [削除依頼]
    「そうなんですか……うーん。いっぱいいますね、桐原先生の周りで転んじゃう人。何ででしょう?」
    「…………なぜ、なのだろうな。私にも良く分からないよ……ハハハ」
    もちろん、真理の言葉には桐原を糾弾するニュアンスなど微塵も含まれていない。が、それ故、桐原のメンタルが抉られる部分は小さくはない。
    真理に対しての罪悪感で押し潰されそうになった女教師の視線が向かう先は、もはや完全に保健室の白い床である。
    「では、桐原先生は包帯でも取りにいらっしゃったのですか?」
    きょとんとした顔の真理は小首を傾げた。
    その言葉と仕草が桐原にとってトドメの弾丸になる事も、彼女は、やはり知る由もない。
    一瞬にして苦笑い……いや、ただ単に苦い顔に桐原は癖なのか、前髪をいじる。今の彼女は悪いことを親に見つかる寸前の子供そっくりだ。
    真理の質問から約5秒。たっぷり間を置いた女教師は腹をくくったらしい。真っ直ぐではないが、真理を見据えるとゆっくり口を開いた。
    「……いや、違うんだ」
    「…………?」
    相変わらず、きょとん顔の真理を一瞥すると桐原は諦めの意が詰まったため息をついた後、言葉を続ける。
    「その派手に転んだ生徒、ドアのすぐそこに居るんだ」
  • 150 匿名 id:8Ss1YYy.

    2012-02-17(金) 15:17:44 [削除依頼]
    『匿名によるコンテスト』から来ました。

    二次選考突破です。おめでとう御座います
  • 151 ちーば id:A9dAwXH1

    2012-03-04(日) 21:08:26 [削除依頼]
    お久しぶりです

    更新まだかな〜

    待ってますね^^
  • 152 モンスーン id:f9f9ZhC.

    2012-03-08(木) 13:28:51 [削除依頼]
     桐原が重く、固い口をこじ開けて紡いだ言葉に真里は流石に面食らって口を半開きにしたまま発言の張本人をしばらく見つめていた。
     「……ええっと、ドアのすぐそこに例の派手に転んでしまった生徒がいるんですか?」
     つい先程、耳にした声とほとんど内容的な部分が相似しているのは、捉えた情報のイレギュラーさに思わず自らの聴覚を疑ってしまったからだろう。
     「あ、うん……そうなるな」
     「はへっ!? それって……」
     そう分かるや否や、彼女らしくない素っ頓狂な声を漏らしてしまう。
     「……ごめんなさい。でもその人ケガとかしてないですか?」
     羞恥に軽く頬を赤く染めながら、真里はおなじみのもっともらしい事を目の前のソファーで苦い物でも食べたかのような表情の教師に尋ねた。
     「…………うん、してるな……」
     「どのくらいですか?」
     「……ガッツリ」
     「ガッツリ!?」
     桐原もまた、おなじみの奇奇怪怪な言葉で切り返す。
     それを真正面にインパクトされた真里の慌てぶりと言ったら<パニックになったドラえもん>の彷彿とさせた。
  • 153 モンスーン id:f9f9ZhC.

    2012-03-08(木) 19:37:24 [削除依頼]
    〜ラクガキ〜

    ええと、お久しぶりです。季節風です。
    一ヶ月ぶりくらいの書き込みになってしまいました。
    ……いや、別に意図的にほったらかしていた訳では無いんですよ。
    書き込みたくても書き込めなかったと言いますか……

    はい、つまる所、アク禁にかかっておりましたw

    弟が他の板で利用契約違反をウハウハやってたらしく、それに季節風は巻き込まれたのですw
    ……まぁですが、その間に受験だの何だのあったんで「集中しろ」と神様が言っているのでしょう。季節風はそれを受け止め、アク禁期間に勉強に打ち込んで入試を受け、そして迎えた合格発表。季節風の受験番号が記入された封筒に入った紙は案の定----

    漢字3文字でした。神様何やってんだバカヤロー。

    それから、2週間を経て季節風はキャスに帰ってこれましたw
    匿名さんのコンテストで銅賞を受賞したりとビックリしたこともありましたよ←自慢w
    はい、このアク禁を機に心機一転してまたここでヒソヒソと活動していこうと思っておりますので心の優しい読者の皆様、再び宜しくお願いします!


    >ちーばs

    これだけほったらかしておいてまさか待っててくれるとは……
    季節風はコメントを読んで泣きそうになりましたよw
    はい、PSPのアク禁はまだ解けないので更新ペースは上がりにくいとは思いますが、最大限頑張る所存であります。
    これからも応援ヨロシク。
  • 154 角煮 id:/OYz570/

    2012-03-12(月) 16:36:34 [削除依頼]
    お、アク禁解けたの?
    じゃあ、また頑張ってね。応援してるよ。
    新井くんが再登場するときを待ってるさ。
  • 155 バタコ☆ id:YV5bPSc1

    2012-03-13(火) 02:15:05 [削除依頼]
    おおっ!?
    モンスーン様ではありませぬか!(←誰だよ

    アク禁なってたんですね。
    でも、戻って来られて良かったです♪
    これからも楽しみにしてます(*´∀`*)/
  • 156 モンスーン id:jnEG9Ft1

    2012-03-13(火) 18:34:38 [削除依頼]
    >角煮s

    はい、応援ありがとう!
    うん、まあ、はい、解けたよ。PCの方はね……
    でもPSPのが解けんのだよ。ただそれが痛いなぁってねw
    新井くんはパトラッシュと一緒に帰って来させるさww

    >バタコ☆s

    はい、アク禁でしたww
    指をくわえて見てる事しかできないっていうのは結構きつかったっす。
    でも、やっとこうしてアクセスの経路が取れたんでまた頑張りますよ。
    これからも、応援ヨロシクお願いします。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
ウクレレ 応援歌 絵葉書・絵手紙 学生寮 声楽 パワーリフティング部 ファイナンシャルプランナー 電子工作 自転車部 ダーツ

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。