所詮、ただのクラスメイト―。12コメント

1  まり id:fweBNXo1

2011-11-08(火) 22:31:52 [削除依頼]
「ずっと、親友でいようね!」

青空の下、
無邪気に指切りをする子供たち。
見ていて誰もが、
微笑ましいと思う光景だと思う。


―私はこの言葉が大嫌いだ。
  • 2  まり id:fweBNXo1

    2011-11-08(火) 22:35:54 [削除依頼]
    朝学校へ行くといつもと変わらない
    クラスメイトが挨拶をしてくる。
    授業の間の十分休みには、
    親友の元へ駆け寄りギリギリまで話す。
    給食の時間はみんなで
    「うるさい」と言われるまで騒ぐ。
    昼休みは親友たちと
    図書室で本を読んだりして過ごす。
    この何でもない、
    普通の日常が私にとっては、
    かけがえのない宝物だった。

    だけど私の宝物は、
    ある日を境に壊れてしまった―……。
  • 3  まり id:fweBNXo1

    2011-11-08(火) 22:44:38 [削除依頼]
    「3時間目、理科ー?」

    後ろの黒板を見ながら、
    千々石凛は木の机から
    理科の教科書とノート、
    ファイルを取り出す。

    「らしーよ、早く理科室だって」

    古森美怜はそう
    教室の前のドアから大声叫ぶと、
    凛と私を手招きしながら呼んだ、

    「じゃあ、急がなきゃ!」

    私―椎名榛花は、
    そう言うと小走りで、
    親友の凛と美怜の隣に並んだ。
    中学校に入学したときからの親友―。
    いつも一緒にいた。
    私が部活のない日は、
    ほとんどと言っていいほど遊んでいる。

    誰もが認める仲良し三人組―だった。
  • 4  櫻井まり id:fweBNXo1

    2011-11-08(火) 22:52:27 [削除依頼]
    理科室には授業が始まる
    5分前に着いた。
    理科室はいつものように、
    薬品の匂いが鼻にくる。

    「じゃ、後でねー」

    理科室では私と凛が同じ班。
    美怜だけ別の班だ。
    まぁ、出席番号順だから
    仕方ないんだけど。

    授業が始まると、
    各班で実験をすることになった。
    毎回どの班でも、
    実験をするのは男子。
    女子はおしゃべりタイムとなっている。
    私はいつものように、
    凛と他愛もない会話を楽しんでいた……。

    「でさぁ……」
    「凛ちゃん、ちょっといいー?」

    私の言葉を遮るように、
    クラスのリーダー格―蘭野有紗が、
    凛を呼んだ。
    いつもは全くと言っていいほど会話をしない。
    私も凛も不思議に思った。

    「あ、ちょっと行ってくるね」

    凛はそう一言告げると、
    有紗ちゃんのところへ向かった。
    私はその様子をチラチラと見ていた。
    だけど普通に会話をしているだけ、
    と言った雰囲気だった。

    だけど、心の中で何か引っかかっていた。
  • 5  まり id:fweBNXo1

    2011-11-08(火) 22:56:46 [削除依頼]
    凛が有紗ちゃんに、
    手を振りながら戻ってきた。

    「なに話してたの?」

    私はとりあえず凛に尋ねてみた。
    怪しいことじゃなかったら、
    言えるよね?

    「あー、嫌いな人聞かれた」

    理科の実験用プリントに、
    観察のメモを取りながら、
    凛は笑顔で言った。
    ……嫌いな人?

    「そうなんだ」

    苦笑いしながら返事をしたが、
    内心、有紗ちゃんがとても怖かった。
    ただ嫌いな人を聞かれただけかも知れない。
    私は何も関係していないかも知れない。

    私は一気に背筋に冷や汗をかいた。
  • 6  櫻井まり id:fweBNXo1

    2011-11-08(火) 23:02:50 [削除依頼]
    それから理科の時間は、
    凛と一言も話さなかった。
    ……というより、
    何て声を掛けたらいいのか
    分からなかった。

    「りーん、はーるか!
      教室一緒に戻ろう」

    美怜が少しスキップ気味で、
    私たちの班へやって来た。
    私は「いいよー」と言うと、
    シャーペンを缶ペンに詰め、
    凛が片付け終わるのを待った。

    「あれ? 美怜、スカート上げた?」

    私はふと目線を下ろすと、
    美怜のスカートがいつもより
    5cmほど短いことに気づいた。

    「うん!
     有紗ちゃんが上げてくれたんだ」

    美怜が嬉しそうに話す。
    私は何も言えなかった。
    少し沈黙が続いていると、
    片付けを終えた凛がやって来た。
    私たちは理科室を出たが、
    3人とも何も話さなかった。
    誰も一言も言葉を発さなかった。

    ねぇ、何があったの……?
  • 7  櫻井まり id:fweBNXo1

    2011-11-08(火) 23:13:04 [削除依頼]
    教室に戻ると、
    すぐにチャイムが鳴った。
    そのため何も分からないまま、
    4時間目の社会が始まった。
    いつものように、
    面白味も何もない授業。
    私は理科の時間のこと、
    入学してからのこと、
    いろいろと考えていた。

    いつのまにか、
    有紗ちゃんと凛たち、
    仲良くなってたのかな?
    私が深く考えすぎなのかな?
    とか。
    こんなことを考えているうちに、
    授業が終わった。
    私は急いで学習道具を机に直すと、
    凛と美怜の席に向かおうとした……。

    すると、美怜の席に、
    クラスの女子全員が円になっていた。
  • 8  櫻井まり id:fweBNXo1

    2011-11-08(火) 23:16:57 [削除依頼]
    私が円に入ろうとしても、
    入る隙間がないくらいに
    ビッシリと隙間を空けずに。

    「え、女子どうした?」

    いつもは女子になど気に
    かけない男子まで不思議に思う光景だった。
    私が円に入ろうとしても、
    入れさせてもらえない。
    そんな雰囲気だった。
    私は自治委員だからクラス全員を
    廊下に並ばせないといけない。
    とりあえず一人で、
    廊下の窓から外を眺めていた。

    背後に感じた。
    女子全員からの鋭い目線が―……。
  • 9  櫻井まり id:3hRuP6y.

    2011-11-09(水) 18:51:23 [削除依頼]
    給食のとき、私の隣は凛だ。
    だけど、一言も話さずに、
    ただ黙々と給食を食べた。
    昼休みはいつも
    凛と美怜と遊ぶのだが、
    当然、遊べるわけがなかった。

    「ごちそうさまでしたっ」

    給食委員の挨拶とともに、
    給食の時間が終わる―。
    私はいつも通り食器を返し、
    凛と美怜を呼びに行った。
    ……だけど、
    凛と美怜はすでにいなかった。

    少し予想はしていた。
    さきに教室行ってたりするかな、
    とか。
    まさか……、
    本当にこうなるとは思わなかった。
  • 10  櫻井まり id:3hRuP6y.

    2011-11-09(水) 20:09:47 [削除依頼]
    教室に一回戻ったが、
    4時間目終了後と同様、
    女子は大きな円になっていた。
    私はその様子を一目見た瞬間、
    教室に入れなかった。
    心は強がっていても、
    実際、悪口を言っている近くで
    黙って座っていられない。
    私は教室に入らず、
    図書室に向かった。

    いつもなら三人で歩いていた廊下、
    いつもなら三人で行っていた図書室、
    いつもなら三人で眺めていた風景―。

    一つ一つが懐かしく思えた。
  • 11  櫻井まり id:3hRuP6y.

    2011-11-09(水) 20:15:33 [削除依頼]
    「椎名ちゃん!」

    独り廊下で歩いていると、
    後ろから聞き覚えのある声がした。
    振り返ると同じ部活の優希先輩だった。

    「あ、こんにちは」

    私はその場で軽く一礼すると、
    図書室に入ろうとしたが、
    優希先輩に右腕を突然掴まれた。

    「え、先輩どうしたんですか?」

    私が不思議そうに尋ねると、
    優希先輩も不思議そうにこう言った。

    「何で今日は、椎名ちゃん一人なの?」

    優希先輩のその一言が、
    いまの私にとっては、
    すごく暖かい言葉だった。
    本当は優希先輩に、
    話すつもりなんてなかった。
    だけど優希先輩は、
    心配そうな目で私を見る。

    「クラスでハブかれたんですよ」

    言うつもりなんてなかったのに、
    自然と口が動いていた。
  • 12 美羽 id:H4XERmt.

    2011-11-11(金) 22:05:01 [削除依頼]
    すっごくおもしろいです!!
    がんばってください(^^)
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
ファイナンシャルプランナー ゲートボール部 アーチェリー部 杖道部 部活動のけが・トラウマ プログラミング ウエイトリフティング部 洋裁 ダイビング部 ITパスポート試験

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。