クールライフ17コメント

1 集 id:XfQ133k.

2011-11-06(日) 17:32:26 [削除依頼]
ピピピピー
頭の横から目覚ましの音が聞こえてきた
起きようにも目が開こうとしない
仕方ない二度寝しよう


と、思ったけど今日は聖王高校の入学式だ
俺、坂井真矢は、今年からそこに通う
高校に行ければいい、そう思ってた俺は、名前がかっこいい、という理由でここを受け、そして思ったより楽に受かった
しかし、受かったはいいが、俺の知り合いにここを受けている奴は、いなかった
つまり、友達がゼロスタートの高校生活だ、不安にもなる

「いつまで寝てんのー?ご飯できてるよー」

この声は、妹の真奈だ
この家では、両親は共働きで、年に数回しか帰ってこない
だから、料理は当番制で作っていた
が、俺の料理のセンスには、常識が通じなかった
そのため、今は毎朝妹が作っている


そして、俺は米を炊くことすら禁じられた。
  • 2 集 id:XfQ133k.

    2011-11-06(日) 17:42:16 [削除依頼]
    妹でようやく目が覚めた
    今日は絶対に遅刻はできん
    なぜなら
    1、入学式遅刻
    2、不良と思われる
    3、友達できない
    4、孤独死
    という最悪のビジョンしか浮かばない
    布団を飛ばし、すばやく制服を着て、リビングに向かった
    そこには、ご飯をよそっている妹がいた

    「早く食べなよ、今日は入学式でしょ」

    「そんなことは俺が一番知ってるよ」

    俺は席に座るなりすぐに、ご飯を食べ始めた

    「さすが俺の妹、この味噌汁はうまいな」

    「それは褒め言葉になっていない」

    「俺が料理下手って言いたいのか?」

    「それ以外何があるの?」

    朝からガラスのハートが砕けそうになった
  • 3 集 id:XfQ133k.

    2011-11-06(日) 18:23:50 [削除依頼]
    「ごちそうさま」

    食器を片付け、すぐに真奈と家を出た
    真奈とは、学校の方向が違うから一緒には投稿できない

    「じゃ、いっていきます」

    「いってらしゃいー」

    と、普段どおりの挨拶を交わし、そろそろ時間が無いので俺は走り出した

    「ハァハァ・・」

    普段あまり運動しない俺は、すぐに息が切れた

    「永遠に疲れない無限の体力が欲しいなぁ」

    そんなくだらないことを考えていたら、目の前に曲がり角が見えた
    そのとき、俺は気がついた、この状況に
    入学式の日、遅刻しそうで走っている俺、目の前には曲がり角
    そう、これは出会いの予感!

    「今の俺に曲がれない曲がり角など、無い!」

    そして曲がり角に差し掛かった

    「うおおおおー」


    ドン!


    誰かとぶつかった
    きた!狙い通り!
    笑顔で前を見るとそこには


    ガラの悪そうなおにーさんが尻もちをついていた。
  • 4 もも id:PVjWZSE0

    2011-11-06(日) 18:26:39 [削除依頼]
    おもしろーいww
  • 5 集 id:XfQ133k.

    2011-11-06(日) 18:39:49 [削除依頼]
    >>4 初コメありがとう 駄文だけど頑張ります
  • 6 集 id:XfQ133k.

    2011-11-06(日) 19:26:21 [削除依頼]
    わかりにくいからセリフの隣に名前を入れます


    おにーさん「痛ってえな」

    く、予想外だ!
    出会いは出会いだけど違う!
    俺の計画だと女の子とぶつかる予定が!
    どこで間違えた!


    いや、まずは落ち着け紳士的に対応しないとな
    今にも殴りかかってきそうだし、よし!

    真矢「ちょっとー急に飛び出して危ないですよ?気をつけてくださいよー」

    よし、紳士的に対応した!

    おにーさん「あぁ?」

    真矢「すいませんでしたぁー」

    どうやら失敗したらしい

    おにーさん「この服高いんだよ?こんなに汚してどうしてくれんの?」

    真矢「いくらぐらいですか?」

    おにーさん「5万だ。しっかり弁償してくれんだよな?」

    真矢「ははは、冗談が上手ですねー」

    おにーさん「そんなに面白いか?あぁ?」

    真矢「いえ、まったく面白くなかったです」

    真矢「でも、お互いに走ってたしお互い様ってことで」

    おにーさん「は?俺は歩いてたし、お前が走りながら叫んでたんだろ」

    真矢「すいません、僕が10割悪いです」
  • 7 集 id:XfQ133k.

    2011-11-06(日) 19:41:57 [削除依頼]
    まずい、このままだと俺の財布が一足先に冬を迎えることになる
    それだけは阻止しないと

    真矢「あ、後ろにUFOが!」

    おにーさん「あぁ?」

    おにーさんが後ろを向いた
    ふっ、こんな古典的な手に引っかかるとは、バカめ!

    真矢「あっ、飛行機と間違えましたぁー」
    そういいながら俺は全力で走り出した
    なんとかなったか、一時はどうなるかと思っt

    おにーさん「まてコラァー」

    全力で追いかけてきてるぅー

    「くそー捕まってたまるかー」


    真矢「すいません・・遅刻しました・・」
    そして俺は遅刻した
  • 8 集 id:XfQ133k.

    2011-11-06(日) 21:16:24 [削除依頼]
    教師「入学式から遅刻か、まったく・・・まあいいちょうど自己紹介しているところだ。次はお前だ。」
    いきなり俺かよ
    何も考えてない
    自己紹介って、名前と特技や趣味を言えばいいんだよな?よし!

    真矢「俺の名前は坂井真矢、特技は・・・・特に無い、趣味は・・・・趣味もありません。1年間よろしくお願いします・・・」

    クラスメイトA「特技も趣味も無いとか、そんな奴いんのかよ」ヒソヒソ

    クラスメイトB「しかも平気で遅刻してくるし、顔も悪そうだし、もしかして不良?」ヒソヒソ
    ぐあああーここで俺の予想通りの展開かよぉーー
    顔が悪そうなのは疲れてるだけーー
    俺の平凡な高校生活がーー


    いや、こういうときほど冷静にならなくては
    今日1日おとなしくしていれば問題は無いはず
    とりあえず家に帰ったら特技と趣味を探そう・・・


    ガララッ
  • 9 集 id:xPGXiUC0

    2011-11-07(月) 18:24:36 [削除依頼]
    女子生徒「すいませーん、寝坊しちゃいましたー」
    ドアのほうを見ると腰ぐらいまである黒い髪の女の子が立っていた
    こいつも遅刻か、俺は一人じゃなかった

    教師「またか。入学式を何だと思ってるんだ」

    女子生徒「えーと、入学式?」
    俺にはわかる、こいつはバカだ
    教師はため息を吐くと

    教師「君も今、自己紹介しなさい」

    女子生徒「はーい。私の名前は清川未来、特技はしりとりで趣味は天体観測です。」
    やばいこの子痛いよ。特技がしりとりって、俺よりも可哀相じゃね?

    教師「えーと、お前らの席はあそこだ」
    そういって指を指したのは、窓際の列の一番後ろだった

    ん?お前ら?

    未来「よろしくねー」


    痛い子が隣だった。
  • 10 集 id:xPGXiUC0

    2011-11-07(月) 19:21:17 [削除依頼]
    未来「君の名前は?」

    真矢「坂井真矢だ」

    未来「じゃあ、坂井君の特技は何?」

    真矢「くっ」
    知らないとはなんと残酷なことだろうか
    あぁ、神よどこまで心を傷つけるのですか?
    特技がしりとりでも、無いよりはマシなはず・・・たぶん
    しょうがない普通に言おう

    真矢「えーと、特技はn

    未来「私はしりとりなんだ!」
    いや、人の話を聞けよ。あとそれさっき聞いた。

    真矢「へーそうなんだー」棒読み

    未来「坂井君の特技は?」
    いやー、無視しといてまた聞きますか

    真矢「いやだから、俺の特技はn

    未来「わかった!しりとりだね!」


    何がわかったのかわからなかった
  • 11 集 id:TjGj42m0

    2011-11-08(火) 19:43:12 [削除依頼]
    未来「特技が同じなんて奇遇だね!」
    あーもうめんどくさい、しりとりが特技でいいや

    真矢「バレたかー。でもなんでわかったの?」

    未来「しりとり得意そうな顔してたから」
    えぇー俺ってしりとり得意そうな顔なのー
    ていうかしりとり得意そうな顔ってどんな顔だよ!
    もしかしてこいつ、天然?

    未来「じゃあ、どっちが強いか勝負しようよ!」


    うん、天然だ。間違いない。

    真矢「一人でやれよ」

    未来「一人じゃあんまり面白くないよ〜」

    真矢「いや、一人でやってんのかよ!」

    未来「うん、家だと一人でしりとりしてるよ」


    ・・・なんか可哀相になってきたな・・・
    友達になってあげようかな・・・

    教師「おい、そこしりとりの話をやめろ」


    ふと気がつくと、みんなの視線が痛かった
  • 12 集 id:TjGj42m0

    2011-11-08(火) 19:58:29 [削除依頼]
    クラスメイトA「おい、あそこの二人、高校生にもなってしりとりで注意されてるぞ」ヒソヒソ

    クラスメイトB「はずかしー」ヒソヒソ
    ちょっと待て、ギリギリしりとりはしてなかったぞ!

    教師「おーいうるさいぞー静かにしろー。HR始めるぞ」
    クラスが静まり返った

    教師「えーと、俺の名前は福原広治だ。一年間お前らの担任だ」
    なんかこのクラスの担任適当にやってるだろ

    福原先生「えーと、もう言いたいことは無いのでHR終了。帰っていいぞ」
    いや、適当すぎだろ
    これを聞いた瞬間に、クラスは騒ぎ始めた

    クラスメイトA「今日どっか行こうよ」

    クラスメイトB「駅前行く?」

    クラスメイトC「ゲーセン行こうぜ!」
    早くもみんな打ち解けていた
    俺には何の誘いも来なかった。・・・虚しい


    ま、まあ俺には家でやることあるからいいか

    未来「ねぇ、しりとりは〜?」


    こいつは変わらなかった
  • 13 集 id:IuYOoEB.

    2011-11-09(水) 19:57:25 [削除依頼]
    特に居てもやることが無いので、俺は学校を出て帰路についていた
    だが、残念なことにこいつもついてきていた

    未来「帰り道も一緒だなんて、びっくりだね」
    ということである
    今は隣でのんきに鼻歌を歌っている
    まったく、何がうれしくて、痛い子と帰っているのだろう
    俺の計画では、何人かの友達と愉快に帰っているはずなのに
    そんなことを考えながら歩いていると、いつの間にか痛い子が居なくなっていた
    周りをよく探しても居なかったが、あまり気にせず家に帰った

    真矢「ただいまー。おーい妹ー」
    そういいながらリビングにいくと真奈がソファーで横になってくつろいでいた

    真奈「何?」
    すごくだるそうな声で聞かれた
    ここで遠慮はしない

    真矢「今から家族、いや兄妹会議を始めるぞ!」
    めちゃくちゃテンションをあげていった

    真奈「え?」

    真矢「いや、だからこれから兄妹会議を始めるぞ!」

    真奈「え?」

    真矢「・・・・・え?」


    なにこれ、新手のいじめ?
  • 14 くまさん! id:s6u4vbd/

    2011-11-10(木) 17:29:52 [削除依頼]
    集さん、とても面白いです!
    続きが気になります!!

    これからも頑張って下さい!!
    応援してます(^^)b

    くまさん!の、スクール・ストーリーに来てくれたらとても嬉しいです!ww
  • 15 集 id:S.5rB2Y.

    2011-11-10(木) 19:31:08 [削除依頼]
    くまさん!応援ありがとうございます!
    下手くそですが頑張ります!
  • 16 集 id:O.sWzVT1

    2011-11-14(月) 19:39:01 [削除依頼]
    やっと書き込めたー!!!
  • 17 くまさん! id:U02N2HT1

    2011-11-20(日) 16:00:34 [削除依頼]
    スクール・ストーリー 来てくれてありがとうございます!!

    お互いこれからも頑張って行きましょう!!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
学生寮 ビーズ マッサージ 落語部 エクササイズ・ヨガ ITパスポート試験 地方公務員 不登校 いじめの悩み相談 ダーツ

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。