スクール・ストーリー24コメント

1 くまさん! id:4nfCSYJ.

2011-11-06(日) 15:17:32 [削除依頼]
第1章  悪魔との出会い


私は斉藤郁美。
今日、父親の仕事の都合で東京に引っ越して来ました。
今日から新しい生活が始まります。

しかし、これが切っ掛けで、私は普通では無い生活を、送る事になりました……


私は今、教室の前に居る。
今日から通う新しい学校の教室の前に。

「──では、転校生の方に入ってもらいましょう。 どうぞ!」

─ガラガラ─

「初めまして、斉藤郁美と言います。これからよろしくお願いします」
  • 5 くまさん! id:4nfCSYJ.

    2011-11-06(日) 22:57:44 [削除依頼]
    綺麗な位、綺麗……。
    カラーコンタクト…だよね?

    イスに座って、
    「よろしくね」
    と言った。
    「…………」
    しかし、何も言わずにただこっちを見ているだけだった。
    (………無視ですか?)
    心の中でそう思ったが、言わなかった。
    本当は、「無視しないで」って言ってやりたいけど、転校初日からイメージを悪くしたくなかったから。


    帰り道──

    私は新しくできた友達の、佐々木出雲(ささきいずも)と一緒に帰っていた。

    「ねぇ、出雲…気になる事があるんだけど…」
    「なぁにー?」
    ずっと気になっていた事を、思い切って聞いてみる事にした。
    「私の席の隣の子の事なんだけど……」
    「あぁ、閻魔(えんま)の事?」
    私の隣の席の人の名前は、閻魔……八雲(やくも)。
  • 6 しょめ id:L8jNctK0

    2011-11-06(日) 23:29:46 [削除依頼]
    4>
    いや〜ww
    なんとなく?ww
  • 7 くまさん! id:6OTExLY1

    2011-11-08(火) 18:05:34 [削除依頼]
    しょめ…

    なんとなくって…

    nextからはちゃんとしたコメントお願いします(^_^;)
  • 8 くまさん! id:6OTExLY1

    2011-11-08(火) 18:17:25 [削除依頼]
    「そう。 閻魔って何で目が赤いの?」
    「あぁ…そっか…郁美は引っ越して来たんだもんね」
    出雲が少し考える素振りをして、
    「閻魔ね…あの子、普通の人間じゃないんだ……」
     人間じゃない 
    その言葉を聞いて、正直…意味が解らなかった。
    「人間じゃ…ない…?」
    「そう。あの子は─────」


      郁美の部屋

    郁美は考え事をしていた。
    勿論、閻魔の事。

    まさか………閻魔が───

          


           悪魔の落胤(らくいん)だったなんて──
  • 9 くまさん! id:6OTExLY1

    2011-11-08(火) 21:08:41 [削除依頼]



         翌日──


    「おはよう、郁美!」
    教室に入るなり、出雲が声を掛けて来る。
    「おはよう」と素っ気なく返事を返す郁美。
    昨日の夜、閻魔の事が気になってあまり眠れなかった。
    席に着き、眠気と戦っていたら、ホームルームの時間になっていた。
    ふと、閻魔の席に目をやると……
    まだ閻魔は来ていなかった。
  • 10 くまさん! id:6OTExLY1

    2011-11-08(火) 21:26:01 [削除依頼]
    「うぅ〜〜っ……気持ち悪いぃぃ〜っ」

    お昼の時間、出雲が急に吐き気を訴えてきた。
    「大丈夫?保健室に行く?」
    今は昼休みだから教室を出てもいい時間。


       保健室

    「失礼します」


    出雲は風邪をひいたらしい。

    「38度2分……佐々木さん、もう帰った方がいいわ。待ってて、今あなたの家に電話してくるわね」
    そう言って保健室から出て行った保険医。
    「どうしよう、郁美ぃぃ…」
    半泣きでこっちを見てくる出雲。
    「しょうがないよ…今日はもう家に帰って休んだ方がいいよ」
    「うん…ぐすん、早く治して学校に来るから……」
    泣きながら抱き着いてくる出雲の頭をなでながら、2人は保険医が戻って来るのを待った。
  • 11 くまさん! id:6OTExLY1

    2011-11-08(火) 21:48:04 [削除依頼]
    しばらくしてから出雲のお母さんが迎えに来た。
    「ばいばい、郁美…絶対治してくるからね!」
    「うん、ばいばい…お大事にぃ……」
      


    下駄箱まで送りに行って保健室に戻ると、保険医が荷物をまとめていた。
    「あれ、先生どこか行くんですか?」
    「ええ。ちょっと出張にね…」
    急ぎ気味でカバンを持ち、
    「じゃあ、さよなら」
    「さよなら…」
    あいさつを交わし、私も保健室を後にしようとしたら……
    「んん…」
    ……え? 今の声って……
    郁美は声のする場所に行ってみると──

    ───居た。

    朝、教室に居なかった──

             閻魔八雲。

    眠そうな目をこすって、ベッドから起き上がる彼に、
    「閻魔…何でここに居るの?朝居なかったよね?」
    「ん?何だっていいじゃん。いいんだよ。俺は自由だから」
    「悪魔だから?」
    郁美がそう聞くと、閻魔はガバっと起き上がり、何で知っているんだという顔でこっちを見て来る。
  • 12 しょめ☆銀さん id:OdEqHkg/

    2011-11-09(水) 20:23:34 [削除依頼]
    よっす!!
    くまさん!(ワラワラ

    〜コメント〜
    ここ、知ってるww(当たり前か)
    えっと・・・。
    がんばってちょ♪

    あと、俺の小説んとこ、来いよ。
    あ、銀魂のスレにもなww
  • 13 くまさん! id:s6u4vbd/

    2011-11-10(木) 16:41:18 [削除依頼]
    しょめ〜コメントありがとう(^−^)
    頑張るね!!


    桜うんぬん&銀魂も行くね!
    他に何の小説があったっけ?

    まぁ、とりあえず行きます(^−^)b
    コメント書いとくね!
  • 14 くまさん! id:s6u4vbd/

    2011-11-10(木) 17:02:57 [削除依頼]
    「あのね、昨日聞いたの」
    「……誰からだ?」
    驚く程低い声で聞いて来た。
    ……「出雲から聞いた」とは、わざと言わなかったんだ。
    出雲がどうなるか…解ったもんじゃ無い。
    「……閻魔の解らない人。それに、そんなの関係無いじゃん」
    少し黙ってから、「それもそうだな」と言った。
    「あまり人に知られたくないから、最近悪魔の力使ってなかったんだが……」
    そうだったんだ……
    「なんで?」
  • 15 集 id:S.5rB2Y.

    2011-11-10(木) 19:26:10 [削除依頼]
    くまさん!面白いですね!
    悪魔の力が気になります!
    続き期待してます!
  • 16 しょめ☆銀さん id:kahsVMn.

    2011-11-11(金) 17:30:32 [削除依頼]
    13>
    ないよww
    早く、2つとも来いよ!ww
    来ないと、次の学校の時、どうなるかわかってるよなぁ・・・?

    まあ、続き、がんば!!^^b
  • 17 くまさん! id:U02N2HT1

    2011-11-20(日) 15:57:22 [削除依頼]
    集さん、来てくれてありがとうございます!!

    お待たせしました!
    今から スクール・ストーリー 続きを書きます!
    待ってて下さいね(^−^)b
  • 18 くまさん! id:U02N2HT1

    2011-11-20(日) 16:20:15 [削除依頼]
    「悪魔の力が世間に知られてみろ、警察共が黙ってないぞ」
    「つまり、メンドーな事になるのを避ける為……つて事?」
    「ああ」
    そんな事になったら大変だろうね…。
    てゆーか、悪魔の力なんて使わなくても困る事とかないんだから、滅多に使わないでしょ…。
  • 19 くまさん! id:U02N2HT1

    2011-11-20(日) 16:21:59 [削除依頼]
    しょめ、お久〜☆
    今さっき銀魂んトコ行ったんだけど。
    気付いたかな?
  • 20 女王 しょめ☆銀さん id:LRvJMKU/

    2011-11-25(金) 00:15:17 [削除依頼]
    ガンバ〜w
  • 21 くまさん! Happy☆ id:LLsOddp/

    2012-01-21(土) 23:25:35 [削除依頼]
    久しぶりの更新☆

    頑張りますww
  • 22 くまさん! Happy☆ id:LLsOddp/

    2012-01-21(土) 23:33:13 [削除依頼]
    「…他言するなよ?」
    「しないよ、一応」
    「一応だぁ?」
    閻魔は眉間に皺を寄せる。
    「言わないから、それでいいでしょ?」
  • 23 超甘党女王しょめ id:5b.63cf1

    2012-04-01(日) 18:44:08 [削除依頼]
    がんば〜w
  • 24 くまさん! Happy☆ id:TYfABxU/

    2012-04-02(月) 09:59:13 [削除依頼]
    しょめ、あんがちょ(^^*)
    頑張る^^
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?
最近作られた掲示板
フラダンス ビリヤード部 応援歌 スキー部 ウクレレ カヌー部 エアロビクス部 失恋 キックボクシング・ムエタイ部 編み物

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。